(プロ)
平成29年1月~5月


無断転載厳禁!

ファームの個人成績発表内容は各球団により異なります
試合結果も翌日発表になることもあります
3軍戦は数日遅れて発表になる場合もあります
ご了承ください


2017公式戦日程
セントラルリーグ・パシフィックりーグ日程
交流戦
オープン戦
フェニックスリーグ日程
ファーム公式戦
ファーム春季教育リーグ
ファーム練習試合
5月28日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 5番手登板

HAWKS
BUFFALOES
【Bu】山本、斉藤、山崎颯、高木、根本、榊原-赤松
【H】長谷川宙、モイネロ-九鬼
▼本塁打 杉本3号(Bu)

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者3 球数12 被安打0 奪三振3
与四死球0 失点0 自責点0
イースタンリーグ
5月28日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対北海道日本ハム戦 4番手登板

10
FIGHTERS
LIONS
【L】玉村、福倉、南川、豊田、○松本-藤沢
【F】吉田、瀬川、榎下、●田中豊-郡
▼本塁打 山田3号(L)

★豊田拓矢 投球結果
1 2/3イニング 打者6 被安打2 奪三振0 与四死球0
失点1 自責点1 防御率2.00
大竹寛 22期 現:巨人

公示

5月26日
1軍出場選手登録抹消
大竹寛 22期 現:巨人
巨人・大竹寛 ローテ落ちも…今季最短3回6失点KO 村田H否定せず
巨人・大竹寛が6失点で今季最短の3回KO。甲子園での伝統の一戦で、同一カード3連戦3連勝を逃した。
開始わずか8球で2長短打を浴びて先制を許すと、二塁・中井のトンネルで傷口を広げ、キャンベルに2ランを浴びるなど初回に4失点。
3回にも2失点を重ね、復調できなかった。

「相手投手を考えても、初回から決定づけるような形にしてしまい申し訳ない。投げきるところに投げきれなかった」と大竹寛。
不振も考慮され中7日でのマウンドだったが、最近3試合は1勝2敗、16失点で防御率9.22となった。
高橋監督は「まだはっきりとは言えないところ」と濁したが、開幕から守ってきた先発ローテーション落ちの可能性もあり、
村田ヘッドコーチも「(降格させるなら)代わりも考えないといけないし相手も見ないといけない」と否定はしなかった。

2017年5月26日 スポーツニッポン掲載

巨人・大竹寛、背信3回6失点…ローテ再編の可能性も
背信の投球だった。巨人は先発の大竹寛が3回8安打6失点(自責点4)と打たれ、連勝が3でストップ。高橋監督の口調は厳しかった。

「(最近3試合は)同じような投球が続いている。当然(失策に)足を引っ張られた部分もあるんですけど」

一回が全てだった。制球、球威ともに甘く、キャンベルに1号を献上するなど4失点。二塁手・中井の失策もからんだ。
5回4失点した17日のヤクルト戦(東京ドーム)から中7日と間隔を与えられても失投が目立った。

3敗目(4勝)を喫した右腕は「相手がメッセンジャーなのに申し訳ない」と反省。
次回登板について指揮官は「まだはっきりといえるところではない」と明言を避けたが、ローテを再編する可能性が出てきた。

2017年5月26日 サンケイスポーツ掲載
セントラルリーグ
5月25日
大竹寛 22期 現:巨人
対阪神戦 先発登板

GIANTS
TIGERS
【G】●大竹寛、池田、桜井-小林、相川
【T】○メッセンジャー、マテオ-梅野
▼本塁打 キャンベル1号(T)

★大竹寛 投球結果
8試合4勝3敗0S
3イニング 打者20 球数73 被安打8 奪三振2 与四死球2 失点6 自責点4 防御率5.15
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発

5月25日
甲子園 18:00
Tメッセンジャーx
G大竹寛
イースタンリーグ
5月24日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対千葉ロッテ戦 5番手登板
今季3セーブ目

LIONS
MARINES
【L】誠、○中塚、福倉、南川、豊田-上本、中田
【M】●スタンリッジ、黒澤、益田、松永-宗接、江村
▼本塁打 呉2号(L)

★豊田拓矢 投球結果
15試合1勝1敗3S
1イニング 打者3 被安打0 奪三振0 与四死球0
失点0 自責点0 防御率1.65
ウエスタンリーグ
5月24日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 代走出場

HAWKS
BUFFALOES
【H】●伊藤祐、岡本、児玉-斐紹
【Bu】○吉田凌、赤間、佐藤達、鈴木優-飯田
イースタンリーグ
5月23日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対千葉ロッテ戦 3番手登板
今季2セーブ目

LIONS
MARINES
【L】○キャンデラリオ、野田、S豊田-藤沢、中田
【M】関谷、●酒居、安江、宮崎、田中靖-江村、柿沼

★豊田拓矢 投球結果
14試合1勝1敗2S
1イニング 打者3 被安打0 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率1.76
ウエスタンリーグ
5月23日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 代走出場

HAWKS
BUFFALOES
【H】○山田、野沢、嘉弥真-斐紹
【Bu】岸田、比嘉、塚原、●ウエスト、海田-伏見
▼本塁打 園部1号(Bu)
ウエスタンリーグ
5月21日
坂本一将 29期 現:オリックス
対広島戦 スタメン出場

BUFFALOES
CARP 16
【Bu】●澤田、戸田、佐藤世、海田、赤間、佐野、比嘉-飯田
【C】○高橋樹、辻、オスカル、今井、飯田-坂倉
▼本塁打 バティスタ14号 高橋大3号(C)

★坂本一将 打席結果
3打数 1安打 打点1 打率.200
イースタンリーグ
5月20日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対東北楽天戦 2番手登板

LIONS
EAGLES
【L】○岡本、豊田-藤沢
【E】●横山、今野、小山、鶴田-下妻、堀内
▼本塁打 山川6号(L)

★豊田拓矢 投球結果
1イニング 打者3 被安打0 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率1.88
ウエスタンリーグ
5月19日
坂本一将 29期 現:オリックス
対広島戦 代打出場

BUFFALOES
CARP 14
【Bu】●西、赤間、ウエスト、比嘉、海田、戸田-伏見、飯田
【C】○塹江、藤井、今井、横山、オスカル-坂倉、松浦

★坂本一将 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.194
セントラルリーグ
5月17日
大竹寛 22期 現:巨人
対東京ヤクルト戦 先発登板

SWALLOWS
GIANTS
【G】●大竹寛、池田、篠原、櫻井-小林、實松
【S】○由規、ルーキ、ギルメット-中村

★大竹寛 投球結果
7試合4勝2敗0S
5イニング 打者25 球数90 被安打10 奪三振2 与四死球1 失点4 自責点4 防御率4.65
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発

5月17日
東京ドーム 18:00
G大竹寛-S由規
ウエスタンリーグ
5月14日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 スタメン出場

DRAGONS
BUFFALOES
【D】○柳、佐藤-赤田
【Bu】●吉田凌、澤田、金田、近藤-伏見

★坂本一将 打席結果
4打数 0安打 打点0 打率.197
ウエスタンリーグ
5月12日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 スタメン出場

10
DRAGONS
BUFFALOES
【D】藤嶋、祖父江、佐藤、ロンドン、浅尾、金子-赤田
【Bu】東明、金田、ヘルメン、小林-伏見

★坂本一将 打席結果
4打数 0安打 打点0 打率.209
ウエスタンリーグ
5月11日
坂本一将 29期 現:オリックス
対広島戦 スタメン出場

CARP
BUFFALOES
【C】●加藤、佐藤、永川、中崎-船越、中村亘
【Bu】○山田、澤田、近藤-山崎勝

★坂本一将 打席結果
3打数 1安打 打点1 打率.222
大竹寛 22期 現:巨人
巨人・大竹、大乱調もトップタイ4勝「負担をかけてしまっている」
先発の大竹寛は5回2/3を投げ、5安打6失点。打線の援護を受け、同僚の菅野らリーグトップに並ぶ4勝目(1敗)を挙げた。
6四死球を与えるなど、大荒れの内容に笑顔はなく「ストライクゾーンで勝負しきれなかった。(途中降板で)負担をかけてしまっている」と反省。
次回登板に向けて「ボールが高めに浮いた。そこを修正できたら」と前を見据えた。

2017年5月11日 サンケイスポーツ掲載
セントラルリーグ
5月10日
大竹寛 22期 現:巨人
対阪神戦 先発登板
今季4勝目

TIGERS
GIANTS
【G】○大竹寛、山口、マシソン、池田、カミネロ-小林
【T】●岩貞、松田、藤川、高橋、岩崎-梅野、原口
▼本塁打 阿部6号 坂本5・6号 マギー6号 長野1号(G)中谷3号(T)

★大竹寛 投球結果
6試合4勝1敗0S
5 2/3イニング 打者27 球数107 被安打5 奪三振4 与四死球6 失点6 自責点6 防御率4.29
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発

5月10日
東京ドーム 18:00
G大竹寛-T岩貞祐太
イースタンリーグ
5月9日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対東京ヤクルト戦 4番手登板
今季1勝目

10 11
SWALLOWS
LIONS
【L】キャンデラリオ、南川、福倉、○豊田-藤沢、駒月
【S】田川、久古、風張、土肥、中島、村中、●山本-山川
▼本塁打 山川5号(L)

★豊田拓矢 投球結果
12試合1勝1敗1S
1イニング 打者4 被安打1 奪三振0 与四死球0
失点0 自責点0 防御率2.03
交流戦
5月9日
今成亮太 26期 現:阪神
対中日戦
今季2号本塁打

TIGERS
DRAGONS
【T】○岩田、守谷、山本、伊藤和、高宮、メンデス-坂本
【D】●小熊、小川、金子、祖父江、浅尾-赤田、武山
▼本塁打 今成2号(T)近藤2号 石川1号(D)

★今成亮太 打席結果
4打数 1安打(本塁打) 打点2 打率.289
ウエスタンリーグ
5月9日
坂本一将 29期 現:オリックス
対広島戦 スタメン出場

CARP
BUFFALOES
【C】中村佑、中崎、○藤井、佐藤、永川、飯田-坂倉
【Bu】山本、●斎藤、小林、澤田、金田、八木、比嘉、佐藤達、ヘルメン-山崎勝
▼本塁打 バティスタ9・10号(C)山崎勝1号(Bu)

★坂本一将 打席結果
4打数 1安打 打点0 打率.217
イースタンリーグ
5月7日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対北海道日本ハム戦 2番手登板

LIONS
FIGHTERS
【L】佐野、●豊田、松本、岩尾-中田、藤沢
【F】エスコパー、○吉田-石川亮、大嶋
▼本塁打 藤沢2号(L)

★豊田拓矢 投球結果
11試合0勝1敗1S
1イニング 打者4 被安打2 奪三振1 与四死球0
失点1 自責点1 防御率2.19
ウエスタンリーグ
5月7日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 スタメン出場

TIGERS
BUFFALOES
【T】●青柳、山本、石崎、田面-小宮山
【Bu】○吉田凌、佐藤達、小林、近藤-山崎勝

★坂本一将 打席結果
3打数 0安打 打点0 打率.214
ウエスタンリーグ
5月6日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 スタメン出場

TIGERS
BUFFALOES
【T】○小野、伊藤和、高宮、メンデス-長坂
【Bu】●青山、金田-山崎勝、赤松
▼本塁打 伊藤隼3号(T)

★坂本一将 打席結果
3打数 1安打 打点0 打率.226

★今成亮太 26期 現:阪神 打席結果
3打数 0安打 打点0 打率.291
ウエスタンリーグ
5月5日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 スタメン出場

10
TIGERS
BUFFALOES
【T】竹安、浜地、藤谷、才木、●メンデス-坂本、長坂
【Bu】東明、ヘルメン、塚原、○大山-山崎勝

★坂本一将 打席結果
4打数 2安打 打点0 打率.220

★今成亮太 26期 現:阪神 打席結果
5打数 3安打 打点0 打率.303
ウエスタンリーグ
5月4日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 スタメン出場

BUFFALOES
HAWKS
【Bu】●山田、比嘉、近藤、ヘルメン-山崎勝
【H】○松本裕-栗原

★坂本一将 打席結果
4打数 0安打 打点0 打率.196
大竹寛 22期 現:巨人
大竹、マウンドで絶叫!筒香、ロペスの裏かく直球勝負!
力を出し切った。大竹寛は最大のピンチで真っ向勝負した。2点リードの6回1死一、二塁、筒香を内角直球で見逃し三振。
スライダー、チェンジアップの選択肢もある中、女房役・小林が出したサインを信じた。
裏をかかれたように、主砲のバットはピクリとも動かなかった。続くロペスも直球で空振り三振。
2回に先制ソロを浴びた時と同じ球でねじ伏せ、マウンドで絶叫した。

「あそこは抑えないといけないところだった。腕を振れるだけ振りました」

7回無死から連打を浴び降板したが、6回0/3を99球、6安打9奪三振、1失点の好投で3勝目を挙げた。

後輩の奮闘が刺激になっている。先月19日のヤクルト戦(鹿児島)、育成から支配下登録された篠原が初登板初勝利。
自宅のテレビで見届け、すぐにLINEで「おめでとう 長崎を思い出したよ」と祝福のメッセージを送った。

3月、大竹寛は長崎でソフトバンクとのオープン戦に登板。育成選手ながら、篠原もこの試合に帯同していた。
試合後、ともに登板機会なしのため、福岡に移動したチームを離れて帰京。長崎空港のレストランで語り合い、1軍での活躍を誓い合った。

「ちゃんぽん、かた焼きそば、カステラを一緒に食べながら、篠原の苦労話を聞いたり、いろんな話をした。
彼は独立リーグの時に肩の手術をして、そこからはい上がった。肩は時間がかかる。すごく意志が強いなと感じます。
長崎のことを思い出して、うれしくてラインを送ったんです」

広島時代の2010年、右肩を痛めて長期離脱。投げられる喜びは痛いほど分かる。
「僕なんか篠原に比べたら症状は軽かった」というが、リハビリの苦悩に共感した。
夢中で腕を振る篠原を見て原点回帰した16年目の33歳。この日のピンチで、全力で腕を振った。

今季は自身13年ぶりの開幕2連勝と春先から好調を維持。
「7回を投げきれなかったのは歯がゆい」と反省したが、勝負所で力勝負を制した。

2017年5月4日 スポーツ報知掲載
セントラルリーグ
5月3日
大竹寛 22期 現:巨人
対横浜戦 先発登板
今季3勝目

DeNA
GIANTS
【G】○大竹寛、山口、マシソン、カミネロ-小林
【DB】●水野、田中、須田、砂田、進藤-戸柱
▼本塁打 ロペス5号(DB)

★大竹寛 投球結果

5試合3勝1敗0S
6 0/3イニング 打者25 球数99 被安打6 奪三振9 与四死球1 失点1 自責点1 防御率3.30


巨人・大竹寛 プロ16年目の意地3勝目
初登板初先発ドラ2水野に投げ勝つ
プロ16年目の巨人・大竹寛投手(33)が6回0/3を6安打1失点、9奪三振。
プロ初登板初先発のDeNAドラフト2位・水野に投げ勝ち、3勝目(1敗)を手にした。

吠えた。3―1で迎えた6回。1死一、二塁で4番・筒香を見逃し、2回に先制ソロを許した5番・ロペスを空振りと
いずれも直球で連続三振に斬った。7回、連打を浴びて交代となったが、5回途中で降板のルーキー水野に投げ勝った。

打線も2回に女房役・小林の2点打で逆転。3回には2番に入った橋本到の適時打で右腕を盛り立て、
チームは連勝で4カードぶりの勝ち越しを決めた。

2017年5月3日 スポーツニッポン ネット配信

巨人・大竹寛、悔しさ残る3勝目
イニングの途中での降板に「自分が歯がゆい」
巨人の大竹寛には3勝目を挙げてチームに貢献した喜びだけでなく、ちょっぴり悔しさも残った。

二回にロペスに先制ソロを許したが、失点はそれだけ。六回までは「走者を出しながらも粘り強く投げられていた」と納得の投球だった。
ただ、七回に先頭打者の倉本と田中浩に連打を許して交代。
今季はイニングの途中で降板してばかりで「この回を投げ切らないといけないと分かっていながら、できなかった自分が歯がゆい」と反省した。

2017年5月3日 サンケイスポーツ ネット配信
ウエスタンリーグ
5月3日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 スタメン出場

10
BUFFALOES
HAWKS
【Bu】佐藤世、小林、赤間、塚原、大山-山崎勝
【H】高橋、伊藤祐、野沢、島袋、加治屋-斐紹
▼本塁打 杉本1号(Bu)長谷川勇1号 江川1号(H)

★坂本一将 打席結果
6打数 1安打 打点0 打率.214
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発

5月3日
東京ドーム 18:00
G大竹寛-DB水野滉也
イースタンリーグ
5月2日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対横浜戦 3番手登板

DeNA
LIONS
【DB】○綾部、高崎、林、国吉-嶺井
【L】●松本、南川、豊田-駒月、藤沢
▼本塁打 山川3号(L)

★豊田拓矢 投球結果
2イニング 打者8 被安打2 奪三振3 与四死球0
失点0 自責点0 防御率1.59
ウエスタンリーグ
5月2日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 代打出場

BUFFALOES
HAWKS
【Bu】斉藤、小林、近藤、大山、●比嘉、ヘルメン-山崎勝
【H】笠原、○岡本、加治屋-栗原
▼本塁打 ジェンセン8号(H)

★坂本一将 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.222
ウエスタンリーグ
4月30日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 スタメン出場

BUFFALOES 11
DRAGONS
【Bu】○吉田凌、赤間、近藤、金田、塚原-山崎将
【D】●若松、阿知羅、笠原、木下雄、福谷、アラウホ-藤吉、武山

★坂本一将 打席結果
5打数 4安打 打点4 打率.229
イースタンリーグ
4月29日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対東北楽天戦 3番手登板

LIONS
EAGLES
【L】本田、ガルセス、豊田、●岩尾、小石-中田、藤沢
【E】菊池、○今野、横山-下妻

★豊田拓矢 投球結果
1 0/3イニング 打者5 被安打2 奪三振1 与四死球0
失点1 自責点1 防御率1.93
ウエスタンリーグ
4月29日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 代打出場

BUFFALOES

DRAGONS

降雨コールド
【Bu】●山崎福-伏見
【D】○柳、武藤-藤吉
▼本塁打 松井佑2号(D)

★坂本一将 打席結果
2打数 0安打 打点0 打率.133
ウエスタンリーグ
4月28日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 スタメン出場

BUFFALOES
DRAGONS
【Bu】青山、赤間、小林、ヘルメン、比嘉、●金田、大山-伏見
【D】八木、小熊、金子、阿知羅、小川、○アラウホ、浅尾-藤吉、武山
▼本塁打 野本2号 遠藤1号(D)

★坂本一将 打席結果
2打数 1安打 打点0 打率.143
ウエスタンリーグ
4月27日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 代打出場

BUFFALOES
TIGERS
【Bu】●東明、大山、赤間、ウエスト-赤松、伏見
【T】竹安、才木、○浜地、藤谷、守屋、高宮、柳瀬、メンデス-岡崎、小豆畑

★坂本一将 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.115

★今成亮太 26期 現:阪神 打席結果
3打数 1安打 打点0 打率.314
大竹寛 22期 現:巨人
背信の巨人・大竹寛…逆転負けに高橋監督「もったいない」
前夜にエース・菅野の快投でつくった流れをつなぐことはできなかった。
二回までに3点を奪い主導権を握った巨人だが、先発・大竹寛らの乱調で逆転負けを喫し、首位浮上を逃した。
高橋監督は「失点の仕方がもったいなかった。打たれたならしょうがないけど」と渋面を作った。

先頭への四球が命取りになった。
同点とされた四回、勝ち越された六回、1点差に追い上げながらも突き放された七回。
いずれも先頭打者を歩かせ、傷口を広げた。六回無死からの四球で大竹寛の交代を決断した指揮官。
「経験のある投手ですから、何とか粘ってほしいとは思う」と注文をつけた。

今季初黒星を喫した大竹寛は「智之がいい流れをつくってくれたのに、つなげられなかったことが悔しい」と肩を落とし、
登板4試合目にして初失点を喫した篠原も「(先頭への)四球がすべてです」と唇をかんだ。
打線は最後の最後まで粘り腰を発揮した。それだけに、悔いが残る敗戦となった。

2017年4月27日 デイリースポーツ掲載
セントラルリーグ
4月26日
大竹寛 22期 現:巨人
対広島戦 先発登板

GIANTS
CARP
【G】●大竹寛、池田、篠原、乾-小林
【C】○福井、藪田、ジャクソン、今村-會澤
▼本塁打 中井3号(G)

★大竹寛 投球結果
4試合2勝1敗0S
5 0/3イニング 打者22 球数94 被安打5 奪三振6 与四死球2 失点4 自責点4 防御率3.75


巨人大竹寛6回途中4失点「そこが失点に」四球悔い
巨人先発の大竹寛投手(33)が、6回途中で降板した。先頭の鈴木を四球で歩かせたところで降板を告げられた。5回0/3を投げ5安打4失点。

首位攻防、第2ラウンドの先発を託されたが自身3勝目を手にすることなくマウンドから去った。
4回、6回と先頭打者に四球を与え「そこが失点に結びついてしまった。(菅野)智之がいい流れをつくってくれた中で
つなげられなかった。申し訳ない」と悔しさをにじませた。

2017年4月26日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発

4月26日
マツダスタジアム 18:00
C福井優也x
G大竹寛
ウエスタンリーグ
4月25日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 代打出場

10
BUFFALOES
TIGERS
【Bu】山田、赤間、近藤、塚原-伏見
【T】榎田、安藤、伊藤和、山本、メンデス、柳瀬、高宮、石崎-長坂

★今成亮太 26期 現:阪神 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.313
大竹寛 22期 現:巨人
菅野、大竹寛、宮国の右3人“奪首ローテ”でコイに3タテ返しだ!
由伸巨人が24日、先発陣を再編し、1・5差で追う広島へのリベンジローテを組んだ。
25日の3連戦初戦(マツダ)は不動のカード頭、菅野智之投手(27)。2戦目は中9日で大竹寛投手(33)、
3戦目は3年ぶりの先発となる宮国椋丞投手(25)を抜てき。前回11~13日の東京D3連戦は菅野、内海、吉川光で3連敗したが、
今回はエースから右3枚を配置。いずれもシュート系の球を操り、打線のポイントとなる右打者の内角をえぐる投球が期待される。

2週間前の雪辱を果たすため、由伸監督は現状で最善の先発陣をそろえた。菅野に好調の大竹寛、宮国。右3枚を並べて必勝態勢を整えた。
羽田空港で広島3連戦について取材に応じた指揮官は、初戦に全力を注ぐ考えを示し、エースに大きな期待を寄せた。

「相手を崩すような投球をしてほしい。菅野は破壊力がある投手だと思う。本人が持っている力さえ出してくれれば。
同じ打者に打たれないこと。前回は菊池に打たれた。そういうことがないようにしないと」

先陣を切る菅野は気合十分だ。11日の広島戦(東京D)は6回途中125球5失点。黒星はつかなかったが、チームは敗れた。
最速153キロで5回まで無失点も、6回に2安打2四球と味方の守備の乱れもあって5失点。敵地でのリベンジマッチは相当な覚悟で臨む。

2017年4月25日 スポーツ報知掲載

2戦目・大竹寛は古巣斬りを 3戦目・宮国「気負わず」
巨人にとって広島3連戦の2戦目となる26日は大竹寛、27日の3戦目は宮国が先発する。
開幕からのローテーションでいけば大竹寛は23日阪神戦(東京ドーム)の先発だったが、古巣との一戦に回った。

尾花投手コーチは「どこで投げても安定した力を発揮する」と説明し、右腕は「勝つんだ、という強い気持ちを持つ」と力を込めた。
宮国は3年ぶりの先発に「強力打線ですけど、気負わずに」と冷静に話した。

2017年4月25日 スポーツニッポン掲載
イースタンリーグ
4月20日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対千葉ロッテ戦 2番手登板

LIONS
MARINES 16
【L】●佐野、豊田、本田、藤原-藤沢、駒月
【M】信楽、宮崎、土肥、金森、○東條-江村、宗接
▼本塁打 山川1・2号 藤沢1号(L)柿沼1号 中村3号(M)

★豊田拓矢 投球結果
1 1/3イニング 打者6 被安打2 奪三振0 与四死球0
失点0 自責点0 防御率1.08
ウエスタンリーグ
4月20日
坂本一将 29期 現:オリックス
対広島戦 スタメン出場

BUFFALOES 10
CARP
【Bu】○青山、ヘルメン、東明-赤松、伏見
【C】●福井、辻、佐藤、江草-船越、磯村
▼本塁打 庄司1号 バティスタ2号(C)

★坂本一将 打席結果
5打数 1安打 打点0 打率.120
ウエスタンリーグ
4月19日
坂本一将 29期 現:オリックス
対広島戦 代走出場

10
BUFFALOES
CARP
【Bu】松葉、○塚原、ウエスト-伏見
【C】塹江、一岡、永川、●オスカル、小野-船越
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】大竹がまた竜倒!自身13年ぶり開幕連勝
強気に、果敢に攻めた。両軍無得点で迎えた6回2死二、三塁のピンチ。
大竹寛がカウント1―1から平田に投じたのは、内角へ食い込むシュートだった。力のない打球が遊撃に転がる。チェンジだ。
一打で2失点が危ぶまれた場面も、堂々と抑えた。「相手より先に、何とか点を取られないよう、粘りで投げました。
丁寧に丁寧に投げられた結果だと思います」。7回途中を無失点。83球の熱投を終え、大粒の汗を拭った。

吉見との投手戦。一歩も引かなかった。立ち上がりは完璧。
初回、わずか7球で上位打線を3者凡退に打ち取ると、4回まで1人の走者も許さず、相手打線を沈黙させた。
6回には1死一、三塁の危機を招くが、無失点のまま継投陣へとバトンタッチ。先発として今季初の完封リレーに貢献し、
「こういう試合をどんどん作れていければ良い。どんどん勝っていきたい」と充実感を漂わせた。

投手として、円熟味を増した姿を見せつけた。春季キャンプのブルペンで取り組んだのは、縦変化のスライダーやカーブの精度向上。
スライダーやシュートを軸にした昨季の投球から幅を持たせるために磨きをかけた。この日の試合では、試合前のミーティングで小林と配球を確認。
縦の変化と緩急を使って凡打の山を築き「(小林)誠司と意思疎通がしっかりできた。強気のリードに応えられて良かった」と女房役をたたえた。

それでも「7回の壁」が宿題として残った。今季ここまで3登板は全て7回途中での降板。この日も7回2死一塁と走者を置いて降板した。
「7回に最後まで投げきることができなかった。それが今後の課題」。気を緩めず、さらなる向上を誓った。

2017年4月17日 スポーツ報知掲載
セントラルリーグ
4月16日
大竹寛 22期 現:巨人
対中日戦 先発登板
今季2勝目

GIANTS
DRAGONS
【G】○大竹寛、山口鉄、森福、宮國、カミネロ-小林
【D】●吉見、岩瀬、田島-木下拓

★大竹寛 投球結果
3試合2勝0敗0S
6 2/3イニング 打者24 球数83 被安打3 奪三振3 与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.84


巨人・大竹寛、投手戦で力投「誠司も強気のリードをしてくれた」
巨人の大竹寛は吉見との投手戦で一歩も引かず、七回途中まで4安打無失点と力投した。
四回まで走者を許さず、六回1死一、三塁は亀沢、平田を内野ゴロに仕留めてピンチを脱した。

七回2死から藤井に安打を許したところで救援を仰いだが「丁寧に投げた結果。(小林)誠司も強気のリードをしてくれたので、
それに応えることができた」と今季2勝目に満足そうだった。

2017年4月16日 サンケイスポーツ ネット配信
ウエスタンリーグ
4月16日
阪神-オリックス戦
今成亮太 26期 現:阪神
今季1号3ラン
坂本一将 29期 現:オリックス
スタメン出場

TIGERS
BUFFALOES
【T】○榎田、柳瀬、伊藤和、島本、石崎-長坂
【Bu】吉田凌、●山田、比嘉、大山、ヘルメン、戸田、鈴木優-伏見、中道
▼本塁打 今成1号(T)

★今成亮太 打席結果
5打数 3安打(本塁打x1) 打点4 打率.275


★坂本一将 打席結果
2打数 0安打 打点0 打率.100
イースタンリーグ
4月16日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対巨人戦 3番手登板

GIANTS
LIONS
【L】平井、○玉村、豊田、野田、田村、藤原、岩尾-中田
【G】●与那原、田中大、大竹秀-河野、田中貴

★豊田拓矢 投球結果
1イニング 打者3 被安打1 奪三振1 与四死球1
失点0 自責点0 防御率1.29
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発

4月15日
ナゴヤドーム 14:00
D吉見一起x
G大竹寛
ウエスタンリーグ
4月15日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 守備交代出場

TIGERS
BUFFALOES
【T】○横山、安藤、伊藤和、山本、柳瀬、メンデス-小宮山
【Bu】●斎藤、小林、比嘉、塚原、ウエスト、佐野-赤松

★坂本一将 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.111
ウエスタンリーグ
4月14日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 代打出場

TIGERS
BUFFALOES
【T】●福永、安藤、守屋、石崎-小豆畑、小宮山
【Bu】青山、大山、○小林、山田、ヘルメン、戸田-山崎勝

★坂本一将 打席結果
0打数 0安打 打点0 打率.118


★今成亮太 26期 現:阪神 打席結果
5打数 1安打 打点0 打率.229
イースタンリーグ
4月13日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対北海道日本ハム戦 3番手登板
今季初セーブ

10
LIONS
FIGHTERS
【L】本田、○佐野、S豊田-藤沢
【F】斉藤、上沢、白村、●田中豊-石川亮
▼本塁打 石川亮1号(F)

★豊田拓矢 投球結果
6試合0勝0敗1S
1イニング 打者5 被安打0 奪三振1 与四死球2
失点0 自責点0 防御率1.50
セントラルリーグ
4月9日
大竹寛 22期 現:巨人
対阪神戦 先発登板

GIANTS
TIGERS
【G】大竹寛、●森福-小林
【T】能見、桑原、○マテオ、ドリス-梅野
▼本塁打 北條1・2号 上本1号(T)

★大竹寛 投球結果
2試合1勝0敗0S
6 1/3イニング 打者26 球数105 被安打5 奪三振6 与四死球2 失点3 自責点3 防御率4.38


巨人、大竹寛の続投が裏目…高橋監督「何を言われても仕方ない」
巨人は大竹寛の続投が裏目に出た。七回、3-1と逆転した後の好機で大竹寛に代打を送らず、その裏、同点2ランを許した。
難しい判断を強いられた高橋監督は「代える選択肢もあった。結果論。何を言われても仕方ない」と責任を負った。

マシソンとカミネロの他は救援陣が不安定で、七回を託せる投手がいないことも要因の一つだった。
結局、八回は2番手の森福が上本に痛恨の一発を浴びて勝ち越され、チームは2位に転落した。
移籍後の初黒星を喫した森福は「あの一球が勝負を分けた。本塁打が一番駄目。反省しなければいけない」と悔やんだ。

★大竹寛(3失点)
「打たれてはいけないところで打たれてしまった。せっかくの勝ち越しを台無しにした本塁打だった」

2017年4月9日 サンケイスポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】阪神戦先発へ大竹寛
「最後まで投げる」

巨人の大竹寛投手(33)が8日、先発する阪神戦(9日・甲子園)に向け、
救援不要の投球で勝利をつかみ取る決意を示した。「最後まで投げることが
できるように。なるべく長く投げることができれば、中継ぎ陣の負担も
減ると思う」と意欲を燃やした。

オープン戦最後の登板となった3月23日の日本ハム戦(東京D)では
大谷に一発を浴びるなど5回を10安打6失点。
だが、細かい制球をしっかり修正して迎えた開幕第3戦の中日戦
(2日・東京D)では7回途中を3失点と粘投。
今季初白星を手中に収めている。

昨季は阪神を相手に2試合に先発し、1勝1敗。防御率2・25と
苦手意識はない。猛虎には糸井や福留ら長打力のある打者が
名を連ねるだけに「失点はないのがいいけど、最少失点で抑えたい。
1イニングでも長く投げたい」と敵地での登板へ闘志を燃やした。

2017年4月9日 スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発

4月9日
甲子園 14:00
T能見篤史x
G大竹寛
イースタンリーグ
4月6日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対千葉ロッテ戦 3番手登板

MARINES
LIONS
【L】岡本、平井、豊田、●野田、松本-駒月、藤沢
【M】岩下、成田、土肥、○田中靖、阿部、黒沢-金沢、宗接
▼本塁打 細谷4号 萩野1号 宗接1号(M)

★豊田拓矢 投球結果
1イニング 打者4 被安打1 奪三振2 与四死球0
失点0 自責点0 防御率1.80
ウエスタンリーグ
4月5日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 スタメン出場

BUFFALOES
HAWKS
【Bu】●山岡、ヘルメン、塚原、ウエスト-赤松
【H】○摂津、飯田、小沢-斐紹

★坂本一将 打席結果

2打数 0安打 打点0 打率.118
セントラルリーグ
4月2日
大竹寛 22期 現:巨人
対中日戦 先発登板
今季1勝目

DRAGONS
GIANTS
【G】○大竹寛、森福、マシソン、カミネロ-小林
【D】●吉見、岡田、浅尾、岩瀬-木下拓、杉山
▼本塁打 ゲレーロ1号 平田1号(D)

★大竹寛 投球結果
1試合1勝0敗0S
6 0/3イニング 打者24 球数85 被安打7 奪三振3 与四死球0 失点3 自責点3 防御率4.50

打席結果
2打数 0安打 打点1 打率.000


巨人大竹寛うれし初勝利「苦しくても何とか粘れた」
巨人大竹寛投手(33)が、7回途中3失点で今季初先発初勝利を挙げた。

粘りの投球で味方打線の逆転劇を呼んだ。初回に中日ビシエドの適時二塁打で1失点。
4回にはゲレーロに甘く入ったチェンジアップをソロ本塁打されたが、低めを突く丁寧な投球で大量失点を防いだ。

6回3分の0で2本塁打を含む7安打を許したが、全85球とテンポのよい投球で6回の打線の4得点につなげた。

「7回は投げ切りたかったので悔しい気持ちがありますが、苦しくても何とか粘れました。
チームが勝ったのでよかったです」と、チームの開幕3連勝を喜んだ。

2017年4月2日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発

4月2日
東京ドーム 14:00
G大竹寛xD吉見一起
3軍戦
4月1日
榊原翼 37期 現:オリックス
対巨人戦 4番手登板

GIANTS
BUFFALOES
【G】長谷川、大江、高井-松崎
【Bu】東明、ウエスト、山崎颯、榊原、八木、神戸-赤松

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者4 球数24 被安打1 奪三振2
与四死球0 失点0 自責点0
イースタンリーグ
3月30日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対巨人戦 4番手登板

10
LIONS
GIANTS
【L】本田、藤原、キャンデラリオ、豊田、岩尾、●川越、松本-駒月
【G】今村、リャオ、乾、篠原、ソリマン、○巽-田中貢
▼本塁打 坂口1号(G)

★豊田拓矢 投球結果
1イニング 打者4 被安打0 奪三振0 与四死球1
失点0 自責点0 防御率2.25
大竹寛 22期 現:巨人
巨人の開幕1軍登録メンバー一覧
巨人の開幕1軍登録メンバーは以下の通り。(○は新人)

森福允彦投手 大竹寛投手★ 菅野智之投手 マシソン投手
マイコラス投手 ○谷岡竜平投手 カミネロ投手 山口鉄也投手
○池田駿投手 田口麗斗投手 中川皓太投手

小林誠司捕手 実松一成捕手 河野元貴捕手

寺内崇幸内野手 坂本勇人内野手 阿部慎之助内野手 脇谷亮太内野手
村田修一内野手 マギー内野手 岡本和真内野手 中井大介内野手
吉川大幾内野手 長野久義外野手

亀井善行外野手 重信慎之介外野手 石川慎吾外野手 立岡宗一郎外野手

※以上28人

2017年3月29日 日刊スポーツ ネット配信
ウエスタンリーグ
3月28日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 スタメン出場

BUFFALOES
TIGERS
【Bu】●ディクソン、大山、赤間、山崎福-山崎勝、伏見
【T】○藤浪、山本、伊藤和、メンデス-梅野、長坂
▼本塁打 陽川1号(T)

★坂本一将 打席結果

3打数 0安打 打点0 打率.133


★今成亮太 26期 現:阪神 打席結果
3打数 1安打 打点0 打率.231
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】ローテ完成!
ロケットスタートだ!
マイコ・田口・大竹寛・菅野・内海・吉川光
巨人の菅野智之投手(27)が開幕2カード目初戦、4月4日の
DeNA戦(横浜)に先発することが27日、決まった。

昨秋の時点で4年連続開幕投手に内定し、強い意欲を示していたが、
4月は週の前半にDeNA、広島戦が集中していることもあり、
由伸監督が総合的に「温存」を判断。大事な6連戦初戦となる火曜日に
エースを配置した。31日の開幕戦、中日戦(東京D)は来日3年目の
マイルズ・マイコラス投手(28)が初の大役を務めることも決まった。

開幕投手にマイコラス、2カード目初戦に菅野という骨格が
固まったことで、今季の“開幕ダッシュローテ”が見えてきた。

開幕2戦目となる4月1日の中日戦(東京D)には、昨季チーム最多
10勝を挙げ、オープン戦12球団トップの防御率0.90をマークした
田口の起用が濃厚。4月は中日、阪神と2度ずつの対戦が見込まれるが、
竜には昨季防御率2.11、虎には同防御率1.67で5勝0敗という
好相性を誇る。開幕3戦目は“キラー”大竹寛の先発が有力。
14年に9勝中6勝を同カードで挙げるなど、中日にめっぽう強い。

2カード目のDeNA3連戦(横浜)は菅野に続き、内海、吉川光の先発が
予想される。エース右腕から技巧派左腕の内海、本格派左腕の吉川光と続く
ローテは、相手に的を絞らせない起用といえる。宮国や杉内も控えており、
開幕後、自在に布陣を組み替えることも可能。状態と相性を組み合わせた
ローテでロケットスタートを狙う。

2017年3月28日 スポーツ報知掲載
ウエスタンリーグ
3月26日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 スタメン出場

HAWKS
DRAGONS
【H】高橋、●岡本、伊藤祐、加治屋-斐紹、九鬼
【Bu】○青山、小林、八木、比嘉、塚原-伏見
▼本塁打 奥浪1号(Bu)

★坂本一将 打席結果
2打数 0安打 打点0 打率.167
イースタンリーグ
3月25日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対東北楽天戦 3番手登板

LIONS
SWALLOWS
【E】●菊池、木村-下妻
【L】○十亀、川越、豊田、岩尾-藤沢、駒月
▼本塁打 内田2号(E)愛斗2号(L)

★豊田拓矢 投球結果
1イニング 打者6 被安打2 奪三振1 与四死球0
失点1 自責点0 防御率3.00
ウエスタンリーグ
3月25日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 スタメン出場

HAWKS
DRAGONS
【H】●松本裕、山田、野沢-栗原
【Bu】東明、○ウエスト、斉藤、小林、比嘉、塚原-山崎勝
▼本塁打 九鬼1号(H)

★坂本一将 打席結果
3打数 1安打 打点0 打率.200
大竹寛 22期 現:巨人
巨人・大竹寛、5回6失点「情けない結果になってしまった」
先発した大竹寛は一回の3失点など5回6失点の乱調。「情けない結果になってしまった。修正しないと」と肩を落とした。
被安打10のうち、大谷の本塁打を含めて7本が長打。
高めの球を痛打される場面が目立ち、尾花投手コーチは「調子はいいんだけどね。カウントは取れるのに、決め球が甘かった」と険しい表情だった。

2017年3月24日 サンケイスポーツ掲載
オープン戦
3月23日
大竹寛 22期 現:巨人
対北海道日本ハム戦 先発登板

FIGHTERS 11
GIANTS
【G】●大竹寛、中川、山口鉄、田原、谷岡-河野
【F】○有原、武田、鍵谷、井口-清水、石川亮
▼本塁打 大谷4号 森山2号(F)岡本2号(G)

★大竹寛 投球結果
3試合2勝1敗0S
5イニング 打者26 球数101 被安打10 奪三振3 与四死球1 失点6 自責点6 防御率4.50


巨人大竹5回6失点悔む「フォーム修正しなければ」
開幕ローテ入りを目指す巨人大竹寛投手(33)が、5回10安打6失点の乱調を悔やんだ。

初回に先頭の西川に右前打を許すと、レアードと横尾に連続適時二塁打を浴びていきなりの3失点。
5回には大谷にソロ、森山に2ランを浴びてこの回限りでマウンドを降りた。

「ボールが浮いて、ゴロを打たせることができなかった。フォームを修正しなければ」と反省しきりだった。

2017年3月23日 日刊スポーツ ネット配信
ウエスタンリーグ
3月23日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 スタメン出場

BUFFALOES
DRAGONS 10
【Bu】●山田、小林、大山、戸田、佐藤世、塚原-伏見
【D】野村、○阿知羅、福谷、武藤-杉山

★坂本一将 打席結果
3打数 1安打 打点0 打率.143


★赤坂和幸 28期 現:中日 打席結果
2打数 0安打 打点0 打率.000
イースタンリーグ
3月22日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対東京ヤクルト戦 3番手登板

LIONS
SWALLOWS
【L】○本田、松本、豊田、岩尾-藤沢
【S】●中尾、菊沢、風張、田川-井野、大村
▼本塁打 渡辺1号 広岡1・2号(S)愛斗1号(L)

★豊田拓矢 投球結果
1イニング 打者5 被安打1 奪三振0 与四死球1
失点1 自責点1 防御率4.50
ウエスタンリーグ
3月22日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 スタメン出場

BUFFALOES
DRAGONS
【Bu】○岸田、大山、ウエスト、塚原-山崎勝
【D】●若松、武藤、福、佐藤、岩瀬-杉山

★坂本一将 打席結果
4打数 0安打 打点2 打率.000
イースタンリーグ
3月20日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対東京ヤクルト戦 5番手登板

LIONS
SWALLOWS 17
【L】●玉村、平井、川越、松本、豊田、南川-駒月
【S】○由規、中島、岩橋、山本-西田、山川
▼本塁打 大松1号(S)

★豊田拓矢 投球結果
1イニング 打者3 被安打0 奪三振0 与四死球0
失点0 自責点0 防御率0.00
春季教育リーグ
3月15日
坂本一将 29期 現:オリックス
対広島戦 出場

CARP
BUFFALOES
【C】中村祐、永川、佐藤、今井-磯村、中村亘
【Bu】黒木、青山-若月、飯田、赤松

★坂本一将 打席結果
0打数 0安打 打点0
大竹寛 22期 現:巨人
大竹5回零封 シュートさえた「外に逃げる感じで良かった」
先発した巨人の大竹寛は5回3安打3奪三振無失点の好投を見せた。
2回1死一、二塁では釜元をシュートで遊ゴロ併殺に仕留め「外に逃げる感じで良かった。打者の反応を見ても、いいボールがあったと思う」
と振り返った。

開幕ローテーション入りに前進した右腕に、高橋監督は「ずっと調子がいい。これからも上げていってくれると思う」と期待した。

2017年3月15日 スポーツニッポン掲載
オープン戦
3月14日
大竹寛 22期 現:巨人
対福岡ソフトバンク戦 先発登板
今季2勝目

GIANTS
HAWKS
【G】○大竹寛、谷岡、池田、リャオ、戸根-宇佐見、實松
【H】●中田、松本裕、岩崎-鶴岡、甲斐

★大竹寛 投球結果
2試合2勝0敗0S
5イニング 打者18 球数66 被安打3 奪三振3 与四死球0 失点0 自責点0 防御率1.00


大竹寛、5回0封でチームの連敗をストップ
先発・大竹寛が5回を投げ3安打無失点の好投を見せ、連敗を4でストップさせた。

大竹寛は初回三者凡退の立ち上がりを見せ、2回には中村晃に中前安打を許した後、一塁阿部のエラーで2死一、二塁と
ピンチを背負うも、釜元を併殺に打ち取り難を脱した。以降も三塁を踏ませない投球をみせた。

3番手・池田、4番手・リャオが1失点と中継ぎ陣に課題が残った。

2017年3月14日 スポーツ報知 ネット配信
春季教育リーグ
3月14日
坂本一将 29期 現:オリックス
対広島戦 出場

CARP
BUFFALOES
【C】塹江、江草、小野、オスカル-坂倉
【Bu】岸田、齋藤、小林-伏見、飯田

★坂本一将 打席結果
1打数 1安打 打点0
春季教育リーグ
3月12日
坂本一将 29期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 出場

HAWKS
BUFFALOES
【H】斎藤、飯田、森ー栗原、堀内
【Bu】鈴木、佐野、比嘉、角屋、大山ー赤松、飯田

★坂本一将 打席結果
2打数 0安打 打点0
春季教育リーグ
3月11日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 出場

DRAGONS
BUFFALOES
【D】野村、丸山、福、阿知羅ー赤田、藤吉
【Bu】佐藤世、神戸、戸田、赤間ー山崎、赤松、飯田

★坂本一将 打席結果
2打数 0安打 打点0
春季教育リーグ
3月10日
坂本一将 29期 現:オリックス
対中日戦 出場

DRAGONS
BUFFALOES
【D】山井、伊藤、小川、祖父江ー加藤、赤田
【Bu】吉田凌、塚田、大山、赤間、角屋、佐野ー飯田、赤松

★坂本一将 打席結果
1打数 0安打 打点0
春季教育リーグ
3月7日
坂本一将 29期 現:オリックス
対阪神戦 出場

TIGERS
BUFFALOES
【T】福永、望月、柳瀬ー坂本、小豆畑、長坂
【Bu】佐藤達、大山、戸田、佐野、佐藤世ー伏見、飯田

★坂本一将 打席結果
1打数 0安打 打点0
オープン戦
3月7日
大竹寛 22期 現:巨人
対中日戦 先発登板
今季1勝目

GIANTS
DRAGONS
【G】○大竹寛、宮國、乾、田原、S西村-宇佐見
【D】●小熊、八木、三ツ間-杉山、木下拓
▼本塁打 岡本1号 村田1号(G)石岡1号(D)

★大竹寛 投球結果
1試合1勝0敗0S
4イニング 打者17 球数67 被安打37 奪三振4
与四死球1 失点2 自責点2 防御率2.25
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成、2ランも反省…「その前の打席がよくなかった」
教育リーグ(阪神5-0ソフトバンク、4日、タマスタ筑後)
「3番・三塁」で出場した今成が3-0の九回二死一塁で初球の103キロを振り抜き、右翼ネットを揺らす2ランを放った。
4打数1安打2打点で勝利に貢献したが「その前の打席(二ゴロ)がよくなかった。いろいろ試しながら、がらっと変えようと
掛布さんとやっています」と表情を引き締めた。打撃時のステップの仕方で試行錯誤を重ね、新たな姿で1軍に舞い戻る。

2017年3月5日 サンケイスポーツ掲載
今成亮太 26期 現:阪神
阪神、今季初のリレー 今成が大胆なショートカットで笑い誘う

阪神春季キャンプ(27日、沖縄・宜野座)恒例のリレー競走が紅白戦後のメイン球場で今キャンプ初めて行われ、若手野手らが参加した。
運動会の定番曲「クシコス・ポスト」が流れる中、金本監督もノックバットを手に目を光らせた。
3チームに分かれ、1本目では1チームが勝ち抜け。残りの2チームは2本目も走った。
今成が大胆なショートカットで笑いを誘い、あまりの激しさに北條らはグラウンドに倒れ込み、動けなくなるほどだった。

2017年2月28日 サンケイスポーツ掲載
プロ野球オープン戦が25日にスタート 3月26日まで計107試合
プロ野球のオープン戦は25日に沖縄県内で4試合が行われてスタートする。
3月31日のセ・パ両リーグの開幕に向け、各チームの調整が本格化していく。

25日は昨季日本一に輝いた日本ハムが名護市営球場で阪神と、セ・リーグで2連覇を目指す広島は北谷公園野球場で中日と対戦。
沖縄セルラースタジアム那覇では巨人-DeNA、浦添市民球場ではヤクルト-ロッテが行われる。
26日は中日-阪神など3試合が実施される。

オープン戦は3月26日まで、計107試合が予定されている。

2017年2月24日 サンケイスポーツ ネット配信
2017浦学OB選手参加春季キャンプ
(キャンプ開始後、予告なく変更になる場合がありますのであらかじめご了承下さい)

★巨  人 大竹 寛 22期 1軍:2月15日~25日 沖縄県那覇市 沖縄セルラースタジアム那覇
   休日 2月15・19・24日
2軍:2月1日~14日 宮崎県宮崎市 KIRISHIMAひむかスタジアム
   休日 2月5・10日
★埼玉西武 豊田拓矢 25期 B班: 2月1日~25日 高知県高知市 高知県立春野総合運動公園野球場
   休日 2月5・10・15・21日
★阪  神 今成亮太 26期 1軍:2月1日~29日 沖縄県宜野座村 宜野座村野球場
   休日 2月5・10・15・19・24日
★中  日 赤坂和幸 28期 2軍:2月1日~29日 沖縄県読谷村 読谷平和の森野球場
   休日 2月4・8・15・22日
★オリックス 坂本一将 29期
榊原 翼
 37期
2軍:2月1日~28日 宮崎県宮崎市 清武第2野球場
            (宮崎市清武総合運動公園)
   休日 2月5・10・15・19・26日
坂本一将 29期 現:オリックス
柴田恭兵と親交 オリ育成4位・坂本 実戦初安打「イメージ通り」
俳優柴田恭兵と親交のあるオリックス育成4位・坂本(BC石川)が実戦初安打を放った。

古巣のセガサミーとの練習試合に「7番・二塁」で出場。3回1死一塁から左前打を放った。
「三遊間を抜けるように、イメージ通り打てました」と実戦6試合目、10打席目で生まれた一打に手応え。
球際に強いなど守備に関する評価は上昇しているだけに、「バットの精度も上げていきたいですね」と意気込んだ。

2017年2月20日 スポーツニッポン掲載
大竹寛 22期 現:巨人
大竹寛、初のシート登板で緩急自在の投球 2年ぶり開幕ローテ入りアピール
巨人の大竹寛投手(33)が15日、沖縄・那覇キャンプでシート打撃に登板した。打者相手に投げるのは今年初めて。
5人と対戦して1安打と好投し、2年ぶりの開幕ローテ入りへ状態の良さをアピールした。

この日の投球結果は村田が右飛、ギャレットが遊ゴロ、マギーが中飛、クルーズが右失、長野が中前安打だった。
特に持ち味が光ったのはマギーとの対戦。カーブでストライクを取った次の球は、意表をつく配球で107キロのカーブを連投。
低めにわずかに外れてボールとなったが、続く高めの直球で詰まらせて中飛に打ち取った。

緩急自在の投球を見せた大竹寛は「初めての打者との対戦でしっかりカーブでストライクを取れたことは良かったです。
マギーのはセンターフライになりましたが、シーズン中だったら落ちていた(ヒットになっていた)と思う。
そういう細かいところを修正していきたいです」と引き締め、制球面のさらなる精度アップを求める姿勢を強調した。

宮崎での1次キャンプは2軍スタートだったが、14日からの那覇キャンプから杉内とともに1軍に合流した。
昨年の春季キャンプは2月2日に左太ももの肉離れで離脱。開幕2軍と出遅れ6勝6敗に終わった。
移籍4年目の今季にかける強い気持ちを胸に、元気にキャンプを過ごしている。

2017年2月15日 スポーツ報知 ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
巨人 大竹寛 1軍合流「今までしっかり基本を練習してきた」
巨人の大竹寛が那覇で始まった2次キャンプから1軍に合流した。早速ブルペン入りして51球。
実戦を想定してカーブやチェンジアップといった変化球を多く投げた。

低めに決まる球にうなずくなど納得のいく投球ができた様子。宮崎では2軍でじっくりと調整してきた。
「今までしっかり基本を練習してきた。実戦に向けてしっかりやっていきたい」と目標の開幕ローテーション入りへ表情を引き締めた。

2017年2月14日 スポーツニッポン ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】杉内&大竹寛は1軍、高木は2軍に降格…14日から那覇キャンプ
巨人は12日、沖縄・那覇で14日から行う2次キャンプのメンバーを発表した。

15年10月に右股関節手術を受け、今キャンプは2軍スタートとなっていた杉内が昇格。由伸監督は「実戦で投げられるかはわからないけどね。
いつも一緒にやっていたメンバーの中でやるのも(気分が)変わるだろうし。調整の一環として連れていこうと思う」。

同じく2軍からのスタートとなった大竹寛も1軍に帯同。この日の紅白戦で2回を2安打1失点だった高木が2軍降格となり、宮崎残留が決まった。

2017年2月13日 スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:巨人
読売巨人軍発表 那覇キャンプのメンバーについて
2月14日から沖縄セルラースタジアム那覇で行われる那覇キャンプのメンバーは以下の通りです。

【一軍 35名】
◆投手(17名)

森福允彦、澤村拓一、
◎大竹寛★、◎杉内俊哉、菅野智之、マシソン、吉川光夫、内海哲也、
宮國椋丞、桜井俊貴、田原誠次、マイコラス、カミネロ、山口鉄也、戸根千明、乾真大、田口麗斗
◎印那覇から合流

◆捕手(3名)
小林誠司、實松一成、宇佐見真吾

◆内野手(10名)
坂本勇人、阿部慎之助、クルーズ、村田修一、マギー、岡本和真、山本泰寛、柿澤貴裕、辻東倫、吉川大幾

◆外野手(5名)
ギャレット、長野久義、重信慎之介、石川慎吾、立岡宗一郎
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】長嶋さん「元気出そう」発案で「勝つ!勝つ!勝つ!勝つ!」
巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(80)=報知新聞社客員=が11日、宮崎キャンプを訪れ、ナインとともに「勝つ勝つ勝つ勝つ!」の
大合唱を展開し、チームを活気づけた。

サンマリンでのフリー打撃後には、木の花(このはな)ドームに移動して投手陣を激励。ミスターが「勝つ!」と声を上げると全員が呼応し、「勝つ!」と斉唱。ブルペンでは杉内、吉川光、山口鉄の投球に視線を送り、山口鉄には直接ゲキを飛ばす場面もあった。

やはり、オーラが違った。正午前、長嶋さんがサンマリンのグラウンドに登場すると、今キャンプ一番の拍手、歓声が起こった。
由伸監督や阿部、長野や村田らもすぐに駆けつけ、帽子を取った。慎之助とは数分の会話を交わし、「今年も勝とうな」などと左肩をたたいた。
フリー打撃中はケージ裏のタワーから目を光らせ、選手個々のスイングをチェック。徐々に、眠っていた闘志に火が付いてきた。

ミスターには、1つだけ心配なことがあった。
「巨人のキャンプはちょっと元気がないというの(報道)が出たし、そういう意味でキャンプ中盤から後半にかけてもっと元気を出そうじゃないかと」。
フリー打撃後、野手を集めて円陣を組んだ。中心に立ったミスターは「勝つ!」と声を張り、全員が呼応し「勝つ!」と4度繰り返した。

野手陣には、昨年3.63だった1試合平均得点を、4以上に目標設定し、伝えた。
昨年、リーグ優勝の広島は4.78と驚異的な数字を残したが、これに迫れというゲキだろう。
自身が監督だった2000年には「5点打線」を目指していたミスター。
高橋由、松井、江藤らを擁した強力打線に、今年も引けを取らないと実感したに違いない。

続いて向かったのが投手陣の待つ木の花ドームだ。由伸監督が掲げる「守り勝つ野球」に同調するように、ミスターの言葉は熱を帯びた。
練習を中断し、輪の形に整列した投手陣を前に強い口調で訴えた。

「野球は投手が大事。投手が頑張らないといけない。去年の数字(チーム防御率3.45)は立派だけど、2.80を目標に頑張ろう。
今年は絶対に勝たないといけない。みんなで『勝つ!』と言おう」

今度は左手を突き上げ、「勝つ!」と注入。投手陣も「勝つ!」と続いた。こちらでも計4度の繰り返し。
ミスターは「監督、コーチも一緒になって勝つ、勝つをやりました。僕もやりました。選手と一緒になってね。
巨人にとっても今年は勝たないといけない年でもあるし、非常に良かったと思います」と笑いアグレッシブに動いた
。2軍から一時合流した杉内の元へ。
捕手の真後ろなどから見守り、「非常に良かったよ。ボールの回転がいいよ」と復活を確信した様子だった。

新加入の吉川光、山口鉄、内海の投球もチェック。
杉内同様、2軍から一時合流した大竹寛の投球時には、右打席に立って周囲をどよめかせた。
バットのように左手を前に出し、「いいよいいよ!」と鼓舞。
「大竹は今日はまたすごいね~。(打席に立って)怖かったよ」とうれしそうだった。


例年以上に選手と会話し、アクションを起こした。元気いっぱいな姿に、ナインも圧倒されっぱなし。
「勝つ勝つ~」と由伸監督も声を張り、「口に出すことで意識も高まるし、より気持ちも強くなる」と同調。
恩師である長嶋さんの“巨人愛”に感謝していた。

2017年2月12日 スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:巨人
巨人大竹「光栄」長嶋茂雄氏と1球対決/今日の一番
巨人大竹寛投手(33)が、長嶋茂雄終身名誉監督の訪問日に、投手陣で1番の幸運に恵まれた。
2軍キャンプから1軍ブルペンに参加し、座った捕手に投球を続けていたところ「よし!」と笑顔のミスターが右打席に登場。
仮想対決は1球だけで終了したが、打席から発されるスーパースターのオーラを全身で味わった。
「すごく光栄でした。自分なりに一生懸命に腕を振ったので、ボールもよかったと思います」と、ひたすら巡り合わせに感謝していた。

2017年2月11日 日刊スポーツ ネット配信
坂本一将 29期 現:オリックス
育成ドラ4坂本、紅白戦で積極姿勢 福良監督「持ち味発揮してくれた」
オリックスの育成4位の坂本一将内野手(26)=BCリーグ石川=が8日、宮崎キャンプで行われた紅白戦に
「10番・DH」(特別ルール)で先発した。初打席は3回1死一、二塁から3年目の斎藤の初球を中飛。
第2打席は相手の失策で二塁まで進むと、駿太の振り逃げの間に三塁へ進塁する積極的な姿勢を見せた。

福良監督は「持ち味を発揮してくれた」と評価。俳優の柴田恭兵とも親交のあるルーキーは
「久しぶりの試合だったけど、硬くはならなかった。次はもうちょっと考えて、より実戦的にできるように準備したい」と闘志を燃やした。

2017年2月8日 スポーツ報知 ネット配信
坂本一将 29期 現:オリックス
オリ育成4位は球界最小兵1m62 親交ある柴田恭兵も活躍心待ち

オリックスの育成4位・坂本(BC石川)が8日の紅白戦で実戦デビューする。1メートル62の球界最小兵で、俳優・柴田恭兵と
親交のある異色のルーキーは「アピールに成功したらインパクトを与えられる。最初が大事だと思う」と決意を口にした。

田口2軍監督からの指名を受けた福良監督は「守備がいいと聞いているし、打撃も力強いと報告を受けている。
実戦の中でどういう働きをするか見てみたい」と抜てきの理由を明かした。途中出場の見込みだ。

幼少時から、かわいがってくれた名優が活躍を心待ちにしている。それでも「電話はしませんよ」と笑った。
当面の目標となる支配下登録に向けて、第一歩とする。

2017年2月8日 スポーツニッポン掲載


【オリックス】育成ドラ4の坂本ら抜てきし8日に2度目の紅白戦
福良監督「どれだけ出せるか」
オリックスは7日、悪天候が予想されるため9日に予定していた紅白戦(SOKKEN)を8日に前倒しすることを決めた。
今キャンプで2度目の実戦となる。野手では育成ドラフト4位の坂本=BC石川=や、育成2年目の赤松が途中出場として抜てきされ、
投手でも2年目の近藤や、阪神から移籍した金田らが登板する予定。
福良監督は「今やっていることをどれだけ出せるか。ピッチャーもほんとに競争だし、ここからが大事」と話し、
実戦の中で個々の能力を見極めていく。

2017年2月8日 スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:巨人
大竹寛、開幕ローテ入りを猛アピール
巨人の大竹寛投手(33)が7日、由伸監督の御前投球で開幕ローテ入りを猛アピールした。

この日は1軍と2軍がブルペン入りの時間が異なったため、由伸監督が2軍ブルペンに足を運んでファーム投手陣の仕上がり具合をチェック。
じっくり調整するために2軍スタートの大竹寛は、101球の熱投で状態の良さを披露した。

昨年はキャンプ序盤に下半身の故障で離脱して悔しいシーズンとなったが、今年は体調が万全。
「まっすぐをしっかりコースに投げられるように」と話した。

2017年2月7日 スポーツ報知 ネット配信
【オリックス】ドラ1山岡、干し大根で日本一だ
オリックスのドラ1右腕・山岡=東京ガス=が、宮崎県が生産量日本一を誇る干し大根の収穫を宮崎市内で行った。
新人14選手全員が竹で組んだやぐらへ上り、作業後は干し大根の漬物やゼリーに舌鼓を打った。

「こういう時しかできない貴重な体験だった。日本一? 取りたいですね」と、干し大根にあやかってのリーグVと日本一を誓った。

2017年2月7日 スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:巨人
菅野は当選確実、残るローテ5枠を16人で大争奪戦!
巨人投手陣の、開幕ローテ入りをかけた大争奪戦が“開戦”する。
尾花投手コーチが31日、宮国と高木を先発として競争させる方針を明かした。現状、6つの先発枠に確実に入るのは菅野だけ。
1~3軍総勢16人の先発候補が、残る5つの切符を取り合う、近年まれにみる激戦の構図となった。

超ハイレベルな先発争いだ。キャンプ地に入った尾花投手コーチが「宮国は先発させた方がいいと思っている。若いし経験もある。
高木も先発。新人はこれから(適性を)見ていきたい。先発投手はいっぱいいる」と構想の一端を明かし、うれしい悲鳴をあげた。

現状、ローテ入りが確実なのは、開幕投手の菅野だけ。昨季、10勝の田口やマイコラスも安泰ではない。
1軍スタートでは3年ぶりに先発復帰の宮国、昨季終盤はリリーフだった高木に加え、若手の桜井、新加入の吉川光、ベテランの内海もいる。
2軍にも大竹寛、杉内に新人の谷岡、池田ら若手が控え、右肩違和感で3軍の山口俊も開幕に照準を合わせて調整中。総勢16人の大激戦だ。

昨年の開幕ローテは菅野、高木、田口、ポレダ、桜井の5人。6人目の決定打に欠け、菅野が開幕2戦目から中5日で回った。
当初、期待した投手が故障や不振で出遅れ、5月までに平良(現DeNA)、長谷川がプロ初先発。序盤からフル回転した菅野に大きな負担がかかった。
尾花コーチが「今年の課題は菅野頼みからの脱却」と話すように、開幕ダッシュを決めるためにも強力な布陣を作ることが不可欠だ。

今オフの大補強と宮国の配置転換で、競争がより激しくなった。開幕の枠が6だとしたら、菅野以外の残り5枠を争う。
宮国は「厳しいと思いますが、勝ち残れたら今後自信にもなると思います。紅白戦で自分の球を投げられるようにしたい」と闘志を燃やした。

キャンプ中は1、2軍が同じ敷地内で練習しているため、いつでも入れ替え可能。
今回は休養日が異なるため、1軍首脳陣が2軍を電撃視察する可能性も十分ある。
2か月後に生き残っているのは誰か。近年まれにみるアピール合戦になりそうだ。

2017年2月1日 スポーツ報知掲載
オリックス 宮崎春季キャンプメンバー
オリックス・バファローズでは、2017年宮崎春季キャンプメンバーが下記のとおり決まりましたので、お知らせいたします。

▼一 軍 38名 投 手/20名 松葉・山岡・吉田一・佐藤達・平野・山崎福・
金子千尋・近藤・西・コーク・塚原・ウエスト・
ディクソン・小林・ヘルメン・海田・黒木・山田・金田・赤間
捕 手/ 3名 伊藤・若月・飯田
内野手/ 8名 中島・安達・モレル・西野・大城・小島・鈴木昂・園部
外野手/ 7名 駿太・ロメロ・吉田正・小田・T-岡田・武田・杉本
▼二 軍 37名 投 手/21名 岸田・東明・青山・比嘉・高木・山本・齋藤・澤田・根本・
山崎颯・佐野・八木・吉田凌・佐藤世・鈴木優・大山・塚田・
角屋・
榊原・戸田・神戸
捕 手/ 4名 伏見・山崎・赤松・中道
内野手/ 8名 宗・岩崎・小谷野・縞田・岡崎・奥浪・ジョージ・坂本
外野手/ 4名 宮崎・川端・吉田雄・張

2017年1月28日 オリックス公式サイトより転載
パ・リーグ、試合時間入り詳細日程発表
秋田市営八橋球場で15年ぶりに公式戦

パ・リーグは27日、試合開始時間が入った今季の詳細日程を発表した。

セ・リーグと同じ3月31日に開幕。日本ハム-西武(札幌ドーム)、オリックス-楽天(京セラ)、
ソフトバンク-ロッテ(ヤフオフドーム)の3試合がいずれも午後6時半開始で行われる。
5月16日の楽天-日本ハムの開催球場がこまちスタジアム(秋田)から、秋田市営八橋球場に変更となった。
同球場で行われるパ・リーグ公式戦は2002年6月16日(ロッテ-西武)以来15年ぶり。

クライマックスシリーズ(CS)はファーストステージ(3試合制)が10月14-16日、
ファイナルステージ(6試合制)が同18-23日の日程で行われる。

2017年1月27日 サンケイスポーツ ネット配信
24時間稼働ベースボール基地完成!“オリ”たちの30億円新不夜城
オリックスは26日、今年3月に移転するファームの本拠地、大阪・舞洲地区の球場、寮などの新施設を公開した。
室内練習場、トレーニングルーム、食堂、プール…すべてが24時間利用できるオールナイト営業。
総工費約30億円をかけた“眠らないベースボールタウン”で、オリックスが巻き返す!

1軍が最下位、2軍も最下位、交流戦最下位、オープン戦まで最下位のオリックスが「最弱」脱出の切り札として
大阪のベイエリアに建設した新施設がベールを脱いだ。

最大の目玉は「オールナイト」だ。最新施設を揃えた350平方メートルのトレーニングルーム、61メートル×61メートルと
ワイドになった室内練習場(神戸市にあった旧来施設が52メートル×52メートル)、プール、ロッカー…。
すべてが“24時間営業”なのだ。選手が希望すれば、早朝であれ、ナイター終了後であれ、1、2軍関係なく利用できる。
ちなみに食堂も調理担当者は食堂に隣接する一室に住み込みのため、夜食もOKだ。

球団側は「練習したい選手に、とことん練習してもらえる環境。ナイターが終わった後に競い合って使ってほしい。
使い放題が基本姿勢です」と野球漬けの生活を全面的に後押しする。

その室内練習場の人工芝は、クッションが効いた打球が弾みにくい材質に。西武プリンスドーム(今年3月からメットライフドーム)の
芝に似ており、実は来季から京セラドームもこの新素材の芝に張り替えられる。
本拠地にもかかわらず選手から不評だった芝が、ついに変わる。ここにも「選手ファースト」を感じさせる。

寮は全42室。そのうち5部屋だけが他の37室(18平方メートル)より約1・5倍広い“1軍部屋”。
実力で広い部屋を奪える仕組みで、オリ戦士の競争意識を助長する。

その4階建ての寮から見下ろせる両翼100メートル、中堅122メートルの「舞洲サブ球場」(仮称)は本拠地・京セラドームと同じ広さ。
2軍戦の舞台となる。その横には6人が同時に投げられるブルペン。25メートル×2レーンのリハビリ用走路も新設された。

眠らないベースボールタウンはまさしく「虎の穴」ならぬ「オリの穴」だ。

人気のない舞洲の夜。室内練習場から煌々と灯が漏れ、打球音が響き渡る日が多くなればなるほど、オリックスの巻き返しは現実味を帯びる。

2017年1月27日 サンケイスポーツ掲載

オリックスのサブ新球場に“スケスケ”バックスクリーン登場
オリックスが26日、大阪市此花区に完成した寮、室内練習場、舞洲サブ球場の内覧会を行った。

球場は両翼100メートル、中堅122メートルと京セラドームと同じ大きさで、黒土、天然芝のグラウンド。
その中でも目立ったのがバックスクリーンだった。通常の壁ではなく、黒くはためく布。夕方、太陽が西の空に落ちていくと
この布が透けて向こうの景色がうっすらと見えた。関係者によると海の近くにあるため、強風で倒れる可能性があり、布で代用しているという。

米国のマイナーリーグの球場ではよくあるというが、どうなのか。デーゲームの終盤になるとボールが見えにくくなる可能性もあるかもしれない。

寮には350平方メートルのウエートルーム、61メートル×61メートルという室内練習場には来年から本拠地で採用される
野球専用人工芝が敷かれた。ブルペンは屋根付き6レーンと充実。ほかにリハビリ施設やインフルエンザなどを発症したときに隔離できる
「体調管理室」まで完備。黒い布だけが心配か。

2017年1月27日 デイリースポーツ掲載

オリ選手寮に「体調管理室」
オリックスは26日、3月から運用が始まる大阪市此花区の2軍施設を報道陣向けに公開した。

室内練習場には、17年オフに京セラドームで張り替える予定で、今季から西武プリンスドームで使用されている「野球専用人工芝」が
敷き詰められており、本拠地での勝率を上げるアイデアもちらり。また選手寮の中には「体調管理室」が特別に設けられ、
球団は「ウイルス性の病気などにかかった場合、使用してもらうもの」と説明した。

2017年1月27日 スポーツニッポン掲載 一部抜粋
オリ、舞洲の2軍施設公開 選手寮やサブ球場など充実 総工費30億円
オリックスは26日、3月から運用が始まる大阪市此花区の2軍施設を報道陣向けに公開した。

約30億円の総工費をかけ、舞洲に選手寮やサブ球場を建設。
トレーニングルームには最新の機器が導入され、素早く栄養を補給できるようにとの現場の声を反映した「プロテインバー」も設置した。

室内練習場は現在のものより縦、横ともに約10メートル広くなり、人工芝は来オフに本拠地の京セラドーム大阪で
張り替えが予定されているものを先駆けて敷いた。

ブルペンは4レーンから6レーンに増え、マウンドが本来の半分の高さになったリハビリ用のレーンも新たに設けた。

2017年1月26日 スポーツニッポン ネット配信
セが開始時刻入り日程発表 デーゲーム9試合減
セ・リーグは26日、試合開始時刻が入った今季公式戦の詳細日程を発表した。

パ・リーグと同時開幕となる3月31日は、巨人-中日(東京ドーム)、ヤクルト-DeNA(神宮)、
広島-阪神(マツダスタジアム)の3試合がすべて午後6時開始のナイターで行われる。

今季はセ・リーグ主催(交流戦含む)のデーゲームが118試合になり、昨季の127試合から9試合減少。
クライマックスシリーズは、ファーストステージ(3試合制)を10月14~16日、ファイナルステージ(6試合制)を同18~23日に開催する。

2017年1月26日 日刊スポーツ ネット配信
5月30日から108試合「日本生命セ・パ交流戦」開催要項発表
日本野球機構(NPB)は25日、今季のセ・パ交流戦の時間入り詳細日程や特別協賛社、開催要項を発表した。
日本生命が13年連続で特別協賛し、公式タイトルは「日本生命セ・パ交流戦」とする。

開催日程は5月30日~6月18日で全108試合。パの本拠地で開幕する。巨人の開幕戦は5月30日の楽天戦(18時・コボパーク)。

昨年に引き続き、セ・パそれぞれのリーグ通算勝利数で勝ち越したリーグおよび最高勝率球団を表彰する大会形式とする。
勝ち越したリーグの6球団に、順位に応じて100万~1000万円の賞金が贈られるほか、最高勝率球団に500万円が贈られる。
また勝ち越したリーグの1位球団から1人を「日本生命セ・パ交流戦MVP」に選出し、賞金200万円が贈られる。

2017年1月25日 スポーツ報知 ネット配信
5月30日から108試合「日本生命セ・パ交流戦」開催要項発表
日本野球機構(NPB)は25日、今季のセ・パ交流戦の時間入り詳細日程や特別協賛社、開催要項を発表した。
日本生命が13年連続で特別協賛し、公式タイトルは「日本生命セ・パ交流戦」とする。

開催日程は5月30日~6月18日で全108試合。パの本拠地で開幕する。巨人の開幕戦は5月30日の楽天戦(18時・コボパーク)。

昨年に引き続き、セ・パそれぞれのリーグ通算勝利数で勝ち越したリーグおよび最高勝率球団を表彰する大会形式とする。
勝ち越したリーグの6球団に、順位に応じて100万~1000万円の賞金が贈られるほか、最高勝率球団に500万円が贈られる。
また勝ち越したリーグの1位球団から1人を「日本生命セ・パ交流戦MVP」に選出し、賞金200万円が贈られる。

2017年1月25日 スポーツ報知 ネット配信
巨人春季キャンプで選手の位置情報サービス導入へ
巨人がIT革命を起こす。春季キャンプで選手の現在位置情報をインターネットでチェックできる
「G選手レーダー(仮称)」を導入することが23日、分かった。

特に宮崎キャンプは敷地が広大で、これまでファンはお気に入りの選手を追い掛けるのも一苦労だったが、このサービスで利便性はグッと高まる。
今年は弾道測定機「トラックマン」を導入し、動作解析の積極的活用にも乗り出す。最新技術で球団を多角的にパワーアップする。

2017年1月24日 日刊スポーツ掲載
危険なスライディング、リプレー検証の対象に 悪質なプレーには警告
日本野球機構(NPB)と12球団によるプロ野球実行委員会が23日、東京・港区で開かれ、今季から実施される併殺崩しを狙った
危険なスライディングを禁止するルールについて、映像によるリプレー検証の対象とすることが決まった。

リプレー検証はスライディングが適正かを判断するために行い、アウトかセーフかのタイミングの判定には用いない。
悪質なプレーには警告が出され、同じ選手が2度警告を受けると退場となる。危険極まりないプレーと判断されれば1度で退場の場合もある。
昨季導入された本塁でのコリジョン(衝突)ルールも同じ運用となる。

NPBは25、27日に12球団の担当者への説明会を開く。

2017年1月24日 サンケイスポーツ掲載
阪神 大山ら3新人が1軍スタート キャンプメンバー発表
阪神は23日、春季キャンプ(2月1日から)の1、2軍メンバー振り分けを発表した。

沖縄・宜野座で行う1軍キャンプのメンバーは、FAで新加入の糸井のほか、新人ではドラフト1位・大山(白鴎大)、
同2位・小野(富士大)、同5位・糸原(JX-ENEOS)の3人も入った。
新人3選手の1軍スタートは、2010年の二神、藤原、俊介以来7年ぶりとなった。

1軍キャンプメンバーは以下の通り。

【投手19人】能見、横山、岩貞、藤浪、メンデス、岩田、藤川、歳内、小野、石崎、マテオ、高橋、秋山、
山本、青柳、メッセンジャー、松田、岩崎、島本
【捕手4人】坂本、梅野、岡崎、原口
【内野手9人】上本、鳥谷、北條、大山、キャンベル、糸原、
今成、荒木、植田
【外野手8人】糸井、福留、高山、横田、江越、中谷、板山、俊介

2017年1月23日 デイリースポーツ ネット配信
阪神 キャンプ練習試合の日程を発表
阪神 キャンプ練習試合の日程を発表

【一軍】 2月13日 DeNA(宜野座)13:00
16日 三星ライオンズ(宜野座)13:00
19日 日本ハム(宜野座)13:00
【二軍】 2月11日 四国銀行(安芸)12:30
12日 西武(安芸)12:30
18日 西武(春野)12:30
19日 JR四国(安芸)12:30
23日 西武(安芸)12:30
25日 ハンファイーグルス(安芸)12:30
26日 高知ファイティングドックス(安芸)12:30

2017年1月23日 デイリースポーツ ネット配信
ウエスタンリーグ、3月17日に開幕
最終的な消化試合数での勝率で順位を決定
日本野球機構(NPB)は23日、2017年度のウエスタン・リーグ日程を発表した。

3月17日に開幕。予定試合数は5球団各カード最大33回戦にファーム交流戦を加え、1球団最大はソフトバンクの137試合
(うち交流戦6試合)、リーグ戦のみは広島の132試合。中止による再試合は行わず、最終的な消化試合数での勝率で順位を決定する。
詳細日程はNPB公式サイトで。

2017年1月23日 サンケイスポーツ ネット配信
【西武】キャンプ振り分け…今井、平井、田村、源田の新人1軍
西武は23日、宮崎・南郷と高知・春野で行う春季キャンプA班(1軍)、B班(2軍)のメンバー振り分けを発表した。振り分けは以下の通り。

◆A班(宮崎・南郷)
▼投手(21名) 今井、増田、大石、菊池、高橋光、多和田、野上、十亀、野田、平井、
小石、佐野、牧田、田村、本田、シュリッター、武隈、ウルフ、国場、ガルセス、キャンデラリオ
▼捕手(4名) 森、炭谷、岡田、中田
▼内野手(8名) 浅村、源田、永江、山川、呉、外崎、中村、メヒア
▼外野手(6名) 栗山、金子侑、木村文、秋山、熊代、田代
合計39名

◆B班(高知・春野)
▼投手(14名) 
豊田、中塚、川越、藤原、岡本、岩尾、南川、玉村、誠、高橋朋、福倉、佐藤、松本、藤田
▼捕手(3名) 上本、駒月、藤澤
▼内野手(6名) 水口、鬼崎、渡辺直、山田、金子一、木村昇
▼外野手(6名) 大崎、鈴木、愛斗、斉藤、戸川、坂田
合計29名

2017年1月23日 スポーツ報知 ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
内海、大竹、山口鉄がG球場で合同自主トレ
巨人の内海哲也投手(34)、大竹寛投手(33)、山口鉄也投手(33)が22日、ジャイアンツ球場で合同自主トレを行った。

3選手は今月上旬から宮国ら後輩と「内海組」を結成し、沖縄で約2週間トレーニング。
前日21日の夕方に羽田空港に帰京したばかりだが、約16時間後のこの日午前8時にG球場を訪れ、午前中から練習。
移動の疲れも見せず屋外でのランニング、室内練習場でのキャッチボールなどで体を動かした。

内海は12月26日に胸腔(きょうくう)鏡による縦隔(じゅうかく)腫瘍摘出手術を受けたが、
驚異的な回復力で沖縄ではフルメニューを消化。帰京翌日のG球場での練習については「例年通りです」と話した。
また、自身初めて「内海組」の一員として自主トレに参加した大竹寛は「食事も栄養士の方に管理してもらって、
動きながら体を絞ることができました」と充実の練習を振り返った。

2017年1月22日 スポーツ報知 ネット配信
中日がキャンプメンバーを発表 ドラ1柳は1軍C参加
中日は21日、2月1日からスタートする春季キャンプの1、2軍の参加メンバーを発表した。
1軍は北谷組で、2軍は読谷組となる。ドラフト1位・柳(明大)は1軍メンバーに選ばれた。メンバーは21日現在で変更もある

▽北谷球場組
◆投手 田島、岩瀬、佐藤、又吉、柳、鈴木、吉見、野村、岡田、大野、福谷、丸山、山井、
福、三ツ間、バルデス、笠原、アラウホ、若松、小熊、伊藤、ロンドン、ジョーダン
◆捕手 木下、松井雅、加藤、杉山
◆内野手 高橋、阿部、森野、遠藤、石岡、ゲレーロ、溝脇、京田、亀澤、堂上
◆外野手 藤井、平田、大島、古本、ビシエド、近藤

▽読谷球場組
◆投手 小笠原、武藤、阿知羅、祖父江、浅尾、金子、藤嶋、小川、
八木、岸本、木下、浜田智、浜田達、山本、吉田、西濱
◆捕手 桂、武山、赤田、藤吉
◆内野手 荒木、石川、石垣、三ツ俣、福田、谷、岩崎
◆外野手 友永、井領、野本、松井佑、工藤、
赤坂、渡辺

2017年1月21日 デイリースポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
93選手に開幕戦チャンス…宮崎キャンプメンバー発表
巨人は19日、2月1日からの宮崎キャンプメンバーを発表した。
1軍は計35人で構成され、期待される“若手の突き上げ部門”からは宇佐見、石川、柿沢らを抜てきした。
支配下登録の外国人選手も全員入ったが、FAで加入した山口俊やレギュラー候補の亀井や橋本到らは外れた。

【一軍 35人】
◆投手(16人)森福允彦、澤村拓一、菅野智之、マシソン、吉川光夫、内海哲也、宮國椋丞、桜井俊貴、
田原誠次、マイコラス、カミネロ、山口鉄也、戸根千明、高木勇人、乾真大、田口麗斗
◆捕手(3人)小林誠司、實松一成、宇佐見真吾
◆内野手(10人)坂本勇人、阿部慎之助、クルーズ、村田修一、マギー、岡本和真、山本泰寛、柿澤貴裕、辻東倫、吉川大幾
◆外野手(6人)陽岱鋼、ギャレット、長野久義、重信慎之介、石川慎吾、立岡宗一郎

【二軍 30人】
◆投手(15人)
大竹寛、杉内俊哉、西村健太朗、谷岡竜平、山口俊、今村信貴、
與那原大剛、池田駿、江柄子裕樹、中川皓太、廖任磊、篠原慎平、大竹秀義、ソリマン、アダメス
◆捕手(3人)相川亮二、松崎啄也、田中貴也
◆内野手(6人)寺内崇幸、脇谷亮太、藤村大介、中井大介、増田大輝、坂口真規
◆外野手(6人)亀井善行、松本哲也、橋本到、堂上剛裕、北篤、青山誠

【三軍 28人】
◆投手(15人)畠世周、高田萌生、大江竜聖、巽大介、長谷川潤、山川和大、坂本工宜、
盆井俊、成瀬功亮、堀岡隼人、土田瑞起、橋本篤郎、矢島陽平、田中大輝、メルセデス
◆捕手(3人)河野元貴、鬼屋敷正人、高山竜太朗
◆内野手(5人)吉川尚輝、片岡治大、川相拓也、田島洸成、マルティネス
◆外野手(5人)和田恋、加藤脩平、高橋洸、松原聖弥、松澤裕介

2017年1月20日 スポーツ報知掲載


山口俊、杉内ら2軍スタート
コンディション不良のドラ1吉川尚は3軍
巨人は19日、宮崎春季キャンプのメンバー振り分けを発表し、DeNAに在籍していた昨季終盤に右肩の違和感で離脱した山口俊や、
右股関節手術から復活を期す杉内、ベテランの亀井、大竹寛は2軍スタートとなった。

新人合同自主トレで上半身のコンディション不良を訴えたドラフト1位・吉川尚(中京学院大)は3軍。
また、ベテランの阿部、WBCに出場予定の坂本勇、菅野らは1軍に入った。

2017年1月20日 スポーツニッポン掲載
【オリックス】
日本球界初のファンサービス専用ゾーン!2軍新本拠に設置
オリックスの2軍の新本拠地、舞洲サブ球場(大阪市此花区)に、日本球界で初めて、ファンサービスに特化した専用ゾーンが
設置されたことが18日、明らかになった。一塁側のベンチとブルペンの間に、フェンスで囲んだエリアを設けた。
縦約5メートル×横約20メートルの「ファンサービスゾーン」で、毎試合イベントを行う予定。
神戸から3月に移転する新本拠地で、選手とファンの“ふれ合い放題”が実現する。

おもにアマ野球で使用されている舞洲球場とは別に新設された舞洲サブ球場。
その一部が、オリ姫たちファンに開放されることになった。
2軍の試合前に、ファンをゾーンに招き入れ、トークショーやサイン会、撮影会などを行う。
規定により、試合中の客席とはできず、ファンサービスのためだけのぜいたくなスペースだ。
また、フェンスの一部は最下部をめくり上げることができる構造で、ファンが色紙などを差し出して
選手にサインをもらえるようにすることも検討している。

サービスゾーンは、米球団のキャンプ球場を参考にしたといい、球団関係者は「たくさんのファンを獲得するためです」と説明。
1、2軍ともに大阪を拠点とすることになったオリックスが、2軍から集客力アップを狙う。

2017年1月19日 スポーツ報知掲載

オリ、若手が新施設見学 山岡「トレーニング室がすごく広かった」
2軍施設が神戸市から大阪市此花区の舞洲に移転するオリックスは18日、寮生活の若手選手らが建設された新施設を見学した。

選手らは約30億円の総工費をかけて建設されたサブ球場や室内練習場、選手寮を見て回った。
ドラフト1位新人の山岡(東京ガス)は「トレーニング室がすごく広かった。ここの施設でたくさん練習して、
1軍で活躍できるように頑張りたい」と話した。

2017年1月19日 サンケイスポーツ掲載
榊原翼 3年
【オリックス】育成2位・榊原が独身寮で金縛り…高校時代も毎月悩まされていた
オリックスの育成2位・榊原=浦和学院=が、神戸市内の独身寮で金縛りにあったことを告白した。

13日の夜、自室で眠りについたところ、体が急に動かなくなって目が覚めたという。高校時代にも毎月のように悩まされていたと告白。
「うわー、って感じで、怖くて周りは見ていません」と振り返った。
お気に入りのテディーベアのぬいぐるみと一緒に寝ても、怖さは紛れず、熱い茶を飲んでから寝る、という対策を実行中だ。

2017年1月17日 スポーツ報知掲載
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成、糸井さんは順調「体も仕上がっていました」

グアムで阪神・糸井、ソフトバンク・柳田らと合同自主トレを行っていた今成が16日、甲子園のクラブハウスで自主トレを行った。
糸井の状態については「(グアムで)ティーやロングティーもしていましたし、順調そうでしたよ。体も仕上がっていました」と“証言”。
自身も、新外国人のキャンベル(前メッツ)らと争う三塁奪取へ、甲子園で牙を研いでいく。

2017年1月17日 サンケイスポーツ掲載
西武ドームの新名称は「メットライフドーム」3月1日から22年2月末まで
西武は16日、西武の本拠地・西武ドームのネーミングライツを大手外資系保険会社「メットライフ生命」が5年間取得することを発表した。

3月1日から2022年2月末まで同球場は「メットライフドーム」に名称が変更される。

2017年1月16日 スポーツ報知 ネット配信
中日キャンプ日程発表 1軍は2月26日まで
中日が15日、沖縄春季キャンプの日程を発表した。北谷球場で行われる1軍キャンプは2月1日~26日、
読谷球場の2軍キャンプは同1日~27日の予定。

休日は両球場とも同6日、13日、20日。

2017年1月15日 日刊スポーツ ネット配信
【オリックス】大阪・舞洲の新拠点にどこでもカメラ…
映像を首脳陣がタブレットでチェック

オリックスが今年3月から活動拠点とする大阪・舞洲(まいしま)の新球場と室内練習場に、計約15台のビデオカメラが
設置されることが11日、分かった。撮影された映像は昨季から全選手、首脳陣に配布されているタブレット端末で見ることができ、
打撃や投球フォームはもちろん、オフの自主トレや2軍公式戦などをいつでもどこでもチェック可能になる。

両翼100メートル、中堅122メートルの新球場では、約10台のカメラが内外野のさまざまな角度から選手の姿を記録する。
室内練習場では、打撃ケージ内にもカメラが取り付けられ、スイングしたその場で映像を確認することができる優れものだ。
球界ではソフトバンクに加え、阪神も今季から2軍本拠地に設置を予定している最新機器。
球団関係者は「強くなるためには、いろいろやらないと」と、バックアップ態勢を整えた。

記録された映像はタブレットを通じて選手、首脳陣に共有されることから、例えば福良監督が遠征中や移動中に
2軍の試合を“生観戦”し、イキのいい選手を即断即決で昇格させることも可能になる。
また、室内練習場はナイター後にも打ち込みなどができるように24時間開放されることが決まっており、
選手からすれば四六時中、カメラ越しの首脳陣の“目”にアピールするチャンスにもなる。

この新施設と新システムに、福良監督も「気の済むまで練習できる」と期待。
昨季は4年ぶりに最下位に沈んだオリックスが、新兵器導入で巻き返しを図る。

◆オリックスの舞洲新施設
現在の練習拠点である神戸市西区の室内練習場および選手寮「青濤館」の老朽化に伴い、大阪市此花区の舞洲に総工費約30億円をかけて
建設中の新施設へ3月に移転する。既存の舞洲野球場と、新たに造られた約500人収容のサブ球場を2軍本拠地として併用。
室内練習場と選手寮兼クラブハウスも新たに建設された。今回の移転により、大阪市西区にある本拠地の京セラDとも利便性が高まる。

2017年1月12日 スポーツ報知掲載
ゲッツー崩し危険スラ禁止に 違反で打者走者アウト
プロ、アマ合同の日本野球規則委員会が11日、東京都内で開かれ、併殺を阻止するための危険なスライディングを防ぐ規定が
公認野球規則に追加されることが決まった。昨年の米大リーグでのルール変更を受けた改正。

正しいスライディングの要件として、滑り込んだ後もベースにとどまろうとすることや、野手と接触する目的で進路を変えないことなどが定められた。
違反した場合は守備妨害が適用されて打者走者とともにアウトとなる。

プロ野球は23日の実行委員会で具体的な運用方法を決める。アマは2013年に定めた内規に同じ趣旨の規定があるため、実質的な変更はない。

また、ファウルグラウンドでの捕球後にベンチ内に入り込んだ場合、これまでは倒れ込まない限りプレーを続けられたが、
今後は踏み込んだ時点でボールデッドとなり走者が一つ進塁することが決まった。

2017年1月12日 日刊スポーツ掲載
NPB新人選手研修会
「2017年NPB新人選手研修会」が11日、東京都内ホテルで、新人選手、審判員ら116名が参加して行われました。

研修では、午前中に「野球殿堂博物館」を見学、野球の歴史を学びました。
午後からは「アンチドーピング活動・脳振とうについて」、「税の意義と役割」、「薬物乱用防止について」、「暴力団の実態と手口」、
「有害行為について」、「先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ」の6講義などが行なわれ、
新人選手たちは真剣な表情で講師の話に耳を傾けていました。

「先輩プロ野球選手からプロ野球の後輩へ」の講義では、昨年限りで現役を引退した元横浜DeNAの三浦大輔氏が講師を務め、
プロ野球選手としての心構えなど自らの体験談を語りました。

NPB公式サイトより転載
イチロー登場にオリックス新人大興奮 恒例ご対面今年は初日から!
オリックスの新人合同自主トレが10日、神戸市のほっともっと神戸でスタートした。
そこへマーリンズ・イチロー外野手(43)が突如現れ、自主トレを開始。一気に主役の座を奪った。
潰瘍性大腸炎のため静養中の育成5位・中道勝士捕手(22)を除く新人13選手は、スターとの思わぬ対面に大感激だった。

新人合同自主トレ初日。開始直後に静かなグラウンドを揺るがす存在が現れた。
右翼ポール際の通路からサングラスにジーンズの芸能人風のいでたちで登場したのはイチロー。
田口2軍監督、星野投手コーチら旧知のスタッフがすかさず見つけ旧交を温めた。

その姿に圧倒されたのは新人たち。
一塁ベンチ裏で青系のウエアにキャップ、下はハーフパンツにスパッツという自主トレスタイルに変身したスターを見つけると駆け寄った。
すると「イチローです。よろしく。(新人の)人数多すぎるからまた今度にしよう」と、まさかの自己紹介。
個別あいさつは次回に持ち越されたが、これだけで十分だった。練習の合間に同じグラウンドで動くレジェンドを横目で盗み見た。

ドラフト1位の山岡(東京ガス)が「ファン目線で単純にスゴイなと思いました」と言えば、
2位の黒木(立正大)も「体がスゴく柔らかい。自分も見習って息の長い選手になりたい」と興奮気味に話した。

福良監督だけは「なんで同じ日にするんや。隅っこでやっとけ」と苦笑い。
イチローと新人選手の対面は恒例だが、初日からの合体にあきれ顔だった。
最後は首脳陣ら約30人がイチローのフリー打撃を見守るという異例の事態も発生。狂騒曲は1時間ほどで幕を閉じた。

2017年1月11日 デイリースポーツ掲載
阪神情報
春季キャンプ日程決定 1軍は宜野座で2月28日まで
阪神が9日、春季キャンプの日程を発表した。

1軍は沖縄県宜野座市の宜野座球場で、期間は2月1日~28日まで。休日は6日、10日、15日、20日、24日。
雨天により変更の可能性もある。また、2軍のキャンプ日程も同様で、高知県安芸市の安芸市営球場で行う。

1、2軍のメンバー振り分けは、後日決まり次第発表される予定で、1月下旬に行われる合同コーチ会議で最終決定する。

2017年1月9日 デイリースポーツ ネット配信
坂本一将 29期 現:オリックス
柴田恭兵さんありがとう!オリ育成D4位・坂本、色紙と入寮
オリックス育成D4位・坂本一将内野手(BCリーグ石川)が8日、親交のある俳優、柴田恭兵の直筆で「ナメンナヨカズを!」と
書かれた色紙を持参し、選手寮「青濤館」に入寮した。亡き父・貢さん(享年57)が、柴田と同じ草野球チーム「あぶさん」に
所属していた縁から、交流がスタート。プロ入りが決まったときも「敬語を覚えてから入れよ」との金言をもらっており、
大物俳優からの熱いエールを胸にプロの世界に飛び込んだ。 

2017年1月9日 サンケイスポーツ掲載


育成4位・坂本、柴田恭兵直筆の「ナメンナヨ!」色紙持参で入寮
オリックスの育成4位・坂本一将(かずまさ)内野手(26)=BC石川=が8日、親交がある俳優・柴田恭兵(65)から
前日に贈られた色紙を携え、神戸市内の「青濤館」に入寮した。

2007年に亡くなった父・貢さんが漫画家・水島新司氏の草野球チームに所属していた縁で柴田と知り合い、
7日も都内で開かれた新年会で一緒だったという。その場で書いてもらった色紙には、柴田が主演した「あぶない刑事」の決めぜりふ
「関係ないね」ではなく、「ナメンナヨ カズを!」と熱い言葉が記されてあった。
「恭兵さんから『気負わずいつも通りやってこいよ』と言ってもらいました」と活躍を誓った。

柴田との意外な接点に加えて、水島氏の漫画「新・野球狂の詩」に本名の「坂本一将」役で一足早く“プロデビュー”していたことも判明。
中学時代の坂本をモデルにした登場人物は中日に所属し、俊足が売りの代走専門選手として描かれている。
身長162センチの球界最小兵は「育成じゃ描いてくれないと思うので、もっと頑張らないと…」。
「新・野球狂―」はすでに連載を終えているが、続編があれば、支配下選手登録を勝ち取りオリックスの坂本としての再登場を熱望した。

2017年1月9日 スポーツ報知掲載

オリックス育成4位坂本、水島漫画にもう1度出る
オリックスの新人3選手が8日、神戸市内の選手寮に入った。
育成4位の坂本一将内野手(26=BC石川)はすでに「漫画デビュー」していたことを明かした。
中3の時に水島新司の「新・野球狂の詩」に実名の俊足選手として登場していた。

水島率いる草野球チーム「あぶさん」に所属していたのが縁。坂本は「小さいときからずっとかわいがってもらってたので水島先生から
『出るか?』と。実際出てるのを見てマジで出てるよ、という感じでした」と笑った。ただし中日の選手として描かれていた。
「オリックスに入団した坂本一将として出してもらえたらうれしい。頑張ります」と誓った。

入寮には草野球のチームメートで親交がある俳優柴田恭兵のサイン色紙を持参。前日7日の新年会でもらったという。
「ナメンナヨカズを!」とのコメントが添えられている。

坂本は昨年12月の新入団会見で、柴田との交流が話題となった。
柴田は新聞に掲載されたことを喜び「今度は野球で載るように頑張れよ」と激励したという。
身長162センチと12球団で最も小柄なガッツマン。さまざまなサポートを受け、まずは支配下登録を勝ち取る。

2017年1月9日 日刊スポーツ掲載

オリ育成4位・坂本 水島新司氏の漫画再登場狙う
オリックスの育成4位・坂本(BCリーグ石川)が俳優・柴田恭兵の直筆サインを手に、神戸市内の青濤館に入寮。
1メートル62の球界最小兵は水島新司氏が手掛ける「新・野球狂の詩」で漫画デビューしていた。
「中学生の時に“(漫画に)出るか”と聞かれ、“いいの?”という感じで…」。

07年に急逝した父・貢さんは、水島氏率いる草野球チームに柴田と所属し、20年以上の親交がある。
作品では中日のルーキーとして実名登場しているが、「育成では描いてもらえないので、しっかり頑張りたい」と
今後は支配下登録となって漫画再登場を狙う。

2017年1月9日 スポーツニッポン掲載
大竹寛 22期 現:巨人
大竹寛 内海の回復力に驚き「手術をする前以上」
今年から「内海組」の自主トレメンバーに新加入した巨人の大竹寛は、内海の回復力に驚いた。
キャッチボールでパートナーを務め「腫瘍が見つかった人間ドックは一緒に行っていた。
球を捕ってみて、手術をする前以上だと感じた。凄い」と口にした。

自主トレ参加にあたって、内海から「若手に経験談などを話してほしい」との要望を受けた。
「自分も(広島での)若手の頃に黒田さんや先輩たちから多くのことを学んだ。時間を見つけて話をしたいし、
気づいたことはメモに書き留めている」。若手の成長に一役買う決意だ。

2017年1月9日 スポーツニッポン掲載


巨人・大竹寛“内海組”自主トレ初参加「練習は若手の方がすごい」
巨人・大竹寛が8日、初めて「内海組」で自主トレに参加した。今村や宮国もいて、内海からは若手に技術や経験談などの助言を求められている。

そのために手帳にも書きためているというが「練習は若手の方がすごい。こんなにやるんだっていうのが。僕の方が引っ張られてる」と笑顔を見せていた。

2017年1月9日 デイリースポーツ掲載
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】大竹寛、内海らとの自主トレに「こんなにやるのか…」
巨人の大竹寛投手(33)が8日、沖縄・那覇市内での自主トレを公開。
今年から内海、山口鉄らと汗を流す右腕は「まずは全力で動ける状態にすることが一番」と現段階のテーマを掲げた。

ランニングメニューでは内海や宮国、今村らに圧倒される場面もあり、「こんなにやるのか、と驚きました。
練習だけだと若手に引っ張ってもらっている感じ」と驚嘆。内海からは、若手に技術面などのアドバイスをするよう求められており、
「会話の中で何かしら伝えていけたらと思い、書きためています」とベテランの自覚は十分だった。

2017年1月8日 スポーツ報知 ネット配信


巨人大竹「全力で準備」55キロ重り引き肉体に負荷
巨人大竹寛投手(33)が8日、沖縄県那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で、内海らと行う合同自主トレを公開した。

6日から練習をスタートしており、この日は第1クールの3日目。
最大55キロの重りをロープで引くトレーニングなど、キャンプインに向けて体に負荷をかけ続けた。
「全力で走って、投げて、動けるように準備をしています。キャンプまでにブルペンにも入っていきたい」と意欲を伝えた。

2017年1月8日 日刊スポーツ ネット配信
第2のイチロー誕生へ環境は整った…オリックス新施設は24時間練習OK
オリックスが3月から移転する大阪市此花区に整備中の新施設が24時間練習OKの体制であることが3日、明らかになった。

神戸市にある青濤館の老朽化にともない、総工費30億円をかけ舞洲野球場北西用地に両翼100メートル、中堅122メートルのサブ球場、
61メートル×61メートルの広さでブルペン6レーンも備える室内練習場、350平方メートルのトレーニングルーム、プール、
1、2軍監督コーチ室などが完備された新選手寮が間もなく完成し、引き渡される。

福良監督は「ナイターが終わったあとでも練習できると聞いている。グリーンスタジアムのころは寮が近かったから
みんな試合が終わってから打ちに行ってた。そのぐらいやらないとなかなかレギュラーは難しい」と好環境を歓迎した。

新施設は京セラドームから車で15分ほどの場所にあり、ナイター終了後でも室内練習場で打ち込むことが可能となる。
イチロー(現マーリンズ)が在籍時に夜中でも毎日マシン打撃を続けていたのは有名な話。第2のイチローが生まれる環境は整った。

2017年1月4日 デイリースポーツ掲載