(プロ)
平成30年1月~5月


無断転載厳禁!

ファームの個人成績発表内容は各球団により異なります
試合結果も翌日発表になることもあります
3軍戦は数日遅れて発表になる場合もあります
ご了承ください


2018公式戦日程

セ・パリーグ日程
フェニックス・リーグ
交流戦日程
ウエスタンリーグ日程 イースタンリーグ日程
ウエスタンリーグ
教育リーグ日程
イースタンリーグ
教育リーグ日程
オープン戦日程
イースタンリーグ
5月26日
大竹寛 22期 現:巨人
対東北楽天戦 先発登板


EAGLES
GIANTS
【G】●大竹、篠原、山口鉄、大江-岸田
【E】○安楽、久保、福山、釜田-堀内
▼本塁打 石川3・4号 和田6号(G)山下1号 枡田5号(E)


★大竹寛 投球結果
5試合1勝1敗0S
5イニング 打者23 被安打5 奪三振1 与四死球4
失点5 自責点5 防御率5.21 
ウエスタンリーグ
5月26日
榊原翼 37期 現:オリックス
対広島戦 3番手登板

CARP
BUFFALOES
【Bu】●山崎福、佐藤達、榊原-西村
【C】○福井、高橋昂、横山-磯村、船越

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者4 被安打1 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率7.82
イースタンリーグ
5月17日
大竹寛 22期 現:巨人
対東京ヤクルト戦 2番手登板


10
SWALLOWS
GIANTS
【G】内海、大竹、山口鉄、篠原、○谷岡-岸田
【S】村中、山田大、大下、カランシティー、●梅野-松本
▼本塁打 藤井1号(S)


★大竹寛 投球結果
4イニング 打者17 被安打5 奪三振2 与四死球0
失点2 自責点2 防御率3.86
ウエスタンリーグ
5月11日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 4番手登板

HAWKS
BUFFALOES
【Bu】●金田、神戸、海田、榊原。鈴木優-西村
【H】○笠谷、大竹、寺原-堀内

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者6 被安打2 奪三振0 与四死球1
失点2 自責点2 防御率8.49
ウエスタンリーグ
5月9日
榊原翼 37期 現:オリックス
対阪神戦 5番手登板

10
TIGERS
BUFFALOES
【Bu】山崎福、神戸、海田、鈴木優、榊原、比嘉-伊藤、飯田
【T】望月、モレノ、伊藤和-長坂、岡崎

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者7 被安打3 奪三振0 与四死球1
失点1 自責点1 防御率7.59

★坂本一将 29期 現:オリックス 代打出場
1打数 1安打 打点0 打率0.310


★今成亮太 26期 現:阪神 代打出場
1打数 0安打 打点0 打率0.233
ウエスタンリーグ
5月6日
榊原翼 37期 現:オリックス
対中日戦 5番手登

BUFFALOES
DRAGONS
【Bu】東明、赤間、斉藤、大山。榊原、比嘉、岸田-西村
【D】山井、小川、岡田、福谷-武山、桂、加藤

★榊原翼 投球結果
2/3イニング 打者3 被安打1 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率7.45

★坂本一将 29期 現:オリックス 代打出場
1打数 1安打 打点0 打率0.300
ウエスタンリーグ
5月3日
榊原翼 37期 現:オリックス
対中日戦 4番手登板

BUFFALOES
DRAGONS
【Bu】●金田、赤間、斉藤、榊原、大山-伊藤
【D】佐藤、○大蔵、岡田、木下雄、又吉、福谷-A・マルティネス、杉山
▼本塁打 山足2号(Bu)

★榊原翼 投球結果
2/3イニング 打者4 被安打0 奪三振1 与四死球2
失点0 自責点0 防御率8.00

★坂本一将 29期 現:オリックス 途中出場
1打数 0安打 打点0 打率0.291
イースタンリーグ
5月1日
大竹寛 22期 現:巨人
対横浜戦 先発登板


DeNA
GIANTS
【G】大竹、○高木、西村、谷岡、アダメス-宇佐見
【DB】●熊原、野川、藤岡、福地-亀井、山本
▼本塁打 佐野1号(DB)

★大竹寛 投球結果
4イニング 打者18 被安打6 奪三振2 与四死球1
失点3 自責点3 防御率3.60
ウエスタンリーグ
4月26日
榊原翼 37期 現:オリックス
対広島戦 4番手登板

BUFFALOES
CARP
【Bu】山崎颯、K-鈴木、金田、●榊原、斉藤-飯田
【H】塹江、横山、オスカル、永川、○戸田、藤井皓-中村奨
▼本塁打 宮崎1号(Bu)

★榊原翼 投球結果
9試合1勝2敗1S
2/3イニング 打者4 被安打1 奪三振0 与四死球0
失点2 自責点2 防御率8.64

★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
3打数 2安打 打点0 打率0.301
イースタンリーグ
4月23日
大竹寛 22期 現:巨人
対東北楽天戦 2番手登板
イースタン 今季1勝目

EAGLES
GIANTS
【G】高田、○大竹、谷岡-河野、宇佐見
【E】菊池、石橋、●久保、今野-足立、細川

★大竹寛 投球結果
2試合1勝0敗0S
3イニング 打者10 被安打2 奪三振2 与四死球0
失点1 自責点1 防御率1.50
ウエスタンリーグ
4月22日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 4番手登板

BUFFALOES 11
HAWKS
【Bu】青山、○大山、K-鈴木、榊原、岸田-飯田
【H】古谷、●小沢、尾形、岡本-谷川原、市川
▼本塁打 園部2号 武田1号 山足1号(Bu)
江川2号 黒瀬1号(H)

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者5 被安打1 奪三振1 与四死球1
失点1 自責点0 防御率7.04


★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
5打数 0安打 打点0 打率0.286
ウエスタンリーグ
4月21日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 2番手登板

BUFFALOES
HAWKS
【Bu】○松葉、榊原、山本、岸田-伊藤
【H】●高橋純、笠原、伊藤-張本、谷川原

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者3 被安打0 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率8.10


★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
5打数 2安打 打点2 打率0.308
イースタンリーグ
4月17日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対東京ヤクルト戦 2番手登板


10
LIONS
SWALLOWS
【L】相内、豊田、福倉、○伊藤、松本-駒月、中田
【S】小川、館山、菊沢、松岡、中沢、●沼田、久古-古賀、西田
▼本塁打 駒月2号(L)


★豊田拓矢 投球結果

2/3イニング 打者3 被安打1 奪三振0 与四死球0
失点0 自責点0 防御率3.38
ウエスタンリーグ
4月17日
榊原翼 37期 現:オリックス
対阪神戦 3番手登板
今季1勝目

BUFFALOES
TIGERS
【Bu】小林、K-鈴木、○榊原、海田、山本、岸田-飯田
【T】望月、青柳、山本、●尾仲、守屋、斎内-長坂
▼本塁打 陽川1号(T)

★榊原翼 投球結果
6試合1勝1敗1S
1イニング 打者3 被安打0 奪三振0 与四死球0
失点0 自責点0 防御率9.53

★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
5打数 1安打 打点0 打率0.308
ウエスタンリーグ
4月14日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 6番手登板

HAWKS 11
BUFFALOES
【Bu】吉田凌、大山、鈴木優、斉藤、佐藤達、●榊原、戸田-西村
【H】高橋純、渡辺健、○大竹-谷川原、高谷
▼本塁打 グラシアル2号(H)

★榊原翼 投球結果
2/3イニング 打者8 被安打3 奪三振0 与四死球3
失点6 自責点5 防御率11.57


★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
5打数 2安打 打点0 打率0.319
大竹寛 22期 現:巨人

公示

4月13日
1軍出場選手登録抹消
大竹寛 22期 現:巨人
巨人・大竹、5失点…2軍で再調整
先発の大竹が4回9安打5失点で今季初黒星(1勝)。
一回に新人の神里に先頭打者本塁打を浴び、さらにロペスに2ラン、
投手の東にも適時打を喫するなど打者一巡で5点を奪われた。
「チームに申し訳ない」と肩を落とした右腕は、
2軍での再調整が決まった。

2018年4月13日 サンケイスポーツ掲載
セントラルリーグ
4月12日
大竹寛 22期 現:巨人
対横浜戦 先発登板

DeNA
GIANTS
【G】●大竹寛、田原、宮國、篠原-小林、大城
【DB】○東、須田、エスコバー、三上、井納、山崎-戸柱
▼本塁打 マギー1号(G)神里1号 ロペス2号(DB)

★大竹寛 投球結果
2試合1勝1敗0S
4イニング 打者22 球数88 被安打9 奪三振4 与四死球1 失点5 自責点5 防御率6.00


大竹の初回5失点重く6連敗 DeNAに逃げ切られる
巨人は先発・大竹の初回5失点が響きDeNAに敗れ、6連敗となった。
打線は初回にマギーの1号3ランで反撃したが、その後は得点圏に走者を進めてもあと1本が出ず。
8回裏に長野と中井の連続二塁打でようやく1点を返したが、DeNAに逃げ切られた。

大竹は初回、ルーキー・神里にプロ初本塁打となる先頭打者弾。
その後1死一塁でロペスに2号2ラン、2死一、二塁で投手の東に中前適時打、
さらに2死一、二塁で倉本に左線適時打と、いきなり5点を献上した。

巨人打線は初回1死一、二塁で、DeNA先発のドラフト1位・東から4番・マギーが、
クリーンアップ今季初本塁打となる1号3ランを左中間に放って反撃した。

その後も4回、5回、6回と得点圏に走者を進めたが、あと1本が出ず。8回には3番手・宮国が1点を失った。

8回の攻撃では2死から長野と中井が連続二塁打を放って1点を入れ抵抗したが、最後はDeNA守護神・山崎に抑えられた。

大竹は4回9安打5失点。2番手の田原は2回完全と好投した。3番手・宮国は2回1失点(自責0)、4番手・篠原は1回無失点だった。

巨人は13日から東京ドームに広島を迎えて3連戦。13日は菅野の先発が予告されている。

2018年4月12日 スポーツ報知 ネット配信

巨人6連敗 大竹が初回に5失点
巨人が2カード連続の同一カード3連敗で、6連敗を喫した。

初回の大量失点が最後まで響いた。
先発・大竹がDeNAの新人神里にプロ初本塁打となる先頭打者弾を浴び、さらに1死一塁からロペスに看板直撃の2ランを被弾。
先発・東に中前適時打、倉本にも左前適時打を浴びて5点を失った。

その裏、打線は奮起。今季初の4番に座ったマギーが東から左中間に1号3ランを放ち反撃。
八回には追加点を奪われた直後に、2死から中井の適時二塁打が1点を加えたが、DeNAのリリーフ陣を打ち崩せず。

DeNAは5連勝。東は5回1/3を6安打3失点でプロ初勝利。

2018年4月12日 デイリースポーツ ネット配信
イースタンリーグ
4月12日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対北海道日本ハム戦 2番手登板


10 11
FIGHTERS
LIONS
【L】玉村、福倉、豊田、大石、松本-斎藤誠、中田
【F】高良、立田、高山、石井裕、井口、新垣-郡
▼本塁打 斎藤誠1号(L)


★豊田拓矢 投球結果

1イニング 打者4 被安打4 奪三振3 与四死球0
失点0 自責点0 防御率4.50
ウエスタンリーグ
4月12日
榊原翼 37期 現:オリックス
対広島戦 3番手登板

BUFFALOES
CARP
【Bu】山崎颯、海田、榊原-山崎勝
【C】中村祐、タバーレス、オスカル、藤井皓-中村奨
▼本塁打 庄司1号(C)

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者6 被安打1 奪三振2 与四死球2
失点1 自責点1 防御率2.25


★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
4打数 1安打 打点0 打率.310
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発
4月12日
東京ドーム 18:00
大竹寛xDB東克樹
イースタンリーグ
4月11日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対北海道日本ハム戦 2番手登板


10 11
FIGHTERS
LIONS
【L】佐野、豊田、川越、松本、中塚、国場-藤沢、中田
【F】鈴木、北浦、宮台、井口、公文-石川亮、市川
▼本塁打 杉谷1号(F)


★豊田拓矢 投球結果

1イニング 打者5 被安打2 奪三振0 与四死球0
失点1 自責点1 防御率9.00
ウエスタンリーグ
4月10日
榊原翼 37期 現:オリックス
対広島戦 3番手登板

BUFFALOES
CARP
【Bu】○山本、海田、榊原-飯田
【C】塹江、横山、戸田、飯田-坂倉、船越

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者4 被安打0 奪三振1 与四死球1 失点0 自責点0 防御率0.00


★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
4打数 2安打 打点1 打率0.364
榊原翼 37期 現:オリックス
オリックス・榊原翼 勝ち取った2ケタ番号と開幕一軍/今季はひと味違います
確かな成長と猛アピールで、榊原翼は支配下と開幕一軍を勝ち取った。

最速151キロを誇る高卒2年目右腕は、3月19日に支配下登録。
そして、オープン戦で鮮烈な一軍戦デビューを果たし、19歳にして開幕メンバーに名を連ねた。

「呼ばれたからには、チャンスをしっかりとものにしたい」。

 一軍マウンドで躍動し、さらなる階段を駆け上がる。

3月15日。開幕を前に球団から支配下登録が発表。
「本当にうれしいです。しっかり勝ちに貢献できるように頑張りたい」。
新人年の昨季、ウエスタン・リーグに13試合に登板し、2勝1敗3セーブ、防御率1.46の好成績。
最高球速も、浦和学院高の147キロから151キロに成長し、ポテンシャルの高さを示して2ケタ番号61を勝ち取った。

インパクトを与えたのは3月25日の阪神とのオープン戦(京セラドーム)。
7回に一軍戦初登板を果たすと、鳥谷敬を空振り三振、糸井嘉男を左飛、ロサリオ見逃し三振と上位打線を三者凡退に。
完璧な投球で福良淳一監督を「球も強いし、制球も悪くない。(一軍でも)大丈夫でしょう」とうならせた。

昨季から継続して行うのは、直球の質の向上。
フォームの微調整を行いながら体幹トレーニングなどで土台を築いてきた。
一軍での目標は「任されたところで、勝利に貢献できるようにするだけです」と謙虚さを忘れない。
一軍初登板となった4月1日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)では5失点と洗礼を浴びたが、
再びファームで腕を磨き、ひたむきに次のステップを踏もうとしている。

2018年4月10日 週刊ベースボール オンライン掲載
大竹寛 22期 現:巨人
巨人・大竹、現役最多タイ竜戦24勝
“竜キラー”の大竹が5回4安打1失点で今季初勝利。
一回、アルモンテに適時二塁打を浴びて1失点も、両サイドを丁寧につく投球で要所を締めた。
松坂との投げ合いも「自分のことにだけ集中していた」。
これで中日戦はヤクルト・石川に並ぶ現役最多タイの24勝目となったが、
「ここで満足してはいけない。必死に頑張ります」と表情を引き締めた。

2018年4月6日 サンケイスポーツ掲載


大竹、新球バックドアで1勝 得意の中日戦24勝目
野球人生をかけた挑戦が白星に結びついた。
大竹は今季初登板初先発で5回4安打1失点の好投。「テンポが良くなくて5回で代わってしまったことが反省です。
なんとかしのいだピッチングでした」とリリーフ陣に頭を下げたが、ベテランらしく冷静に、試合を作る役割を果たした。

序盤から、130キロ台中盤の、昨年まで見たことがない軌道の球を操った。
シュート気味に小さく沈んでバットの芯を外すツーシームだった。右打者の外角ボールゾーンから中に入る、通称「バックドア」と呼ばれる球。
今年から投げ始めた“新球”で打者を惑わせ、右の主軸、福田やビシエドに長打を許さなかった。

もともと、右打者内角、左打者外角へのシュートが最大の武器。
それに加え、チェンジアップとスライダー、カーブで勝負してきた。
プロ17年目、34歳で迎えた今年、1軍生き残りへ新たな取り組みに着手。
「キャンプからずっと練習してきました」という秘策が「バックドア」だった。

松坂に投げ勝って白星スタート。
沢村、上原、マシソン、カミネロの強力リリーフ陣について「頼ってばかりではいけないので頑張ります」と表情を引き締めた。
プロ通算97勝目で中日戦はカード別最多の24勝目。「ニュー大竹」の覚悟が詰まった78球だった。

2018年4月6日 スポーツ報知掲載


巨人・大竹 現役最多タイ中日戦24勝目 燕石川に並ぶ
巨人・大竹が5回4安打1失点で今季初勝利。
初回に1点を失い、4回は2死一、二塁のピンチも粘投し「決していいテンポでなかったけど、何とかしのげた」。

ヤクルト・石川と並んで現役最多タイとなる中日戦24勝目。松坂との投げ合いにも「やるべきことをやろうと思った」と振り返った。

2018年4月6日 スポーツニッポン掲載

巨人・大竹粘って初星「なんとかしのいだピッチングでした」
今季初登板の巨人・大竹寛投手(34)が5回1失点で初勝利を飾った。

1点リードの初回に同点とされたが、以降は持ち味の粘り強い投球を披露。
「テンポが良くなくて」という中で、丁寧にアウトを重ねた。「なんとかしのいだピッチングでした」と汗をぬぐった。

2018年4月6日 デイリースポーツ掲載
セントラルリーグ
4月5日
大竹寛 22期 現:巨人
対中日戦 先発登板
今季初勝利


GIANTS
DRAGONS
【G】○大竹寛、澤村、マシソン、上原、カミネロ-大城、小林
【D】●松坂、伊藤、祖父江、岩瀬、鈴木-大野

★大竹寛 投球結果
1試合1勝0敗0S
5イニング 打者20 球数78 被安打4 奪三振1 与四死球1 失点1 自責点1 防御率1.80


巨人・大竹、今季初登板で初勝利!松坂と投げ合いも「自分のことに集中」
今季初登板の巨人・大竹が中日相手に5回4安打1失点。今季初白星を挙げた。

投げ合った相手先発は中日に移籍後初登板となった松坂。
ナゴヤドーム全体が異様なムードとなったが「きょうまでしっかりと調整をしてきたので、やるべきことをやろうと思った。
自分のことに集中していた」と振り返った。

最後まで1点を争う接戦に「チームメートを信じて応援した」とコメント。
今季は上原、沢村ら頼もしい救援陣が控えるが「1イニングでも多く投げたい。頼ってばかりではいけないので頑張りたい」と
次戦以降への意気込みを語った。

2018年4月5日 スポーツニッポン ネット配信

大竹が今季初勝利 2カード連続勝ち越し
巨人が中日を3―2で下し開幕から2カード連続の勝ち越しを飾った。

初回に1死一、三塁から4番ゲレーロの移籍後初打点で先制。
3回には無死満塁からマギーの併殺打の間に1点。相手の守備の乱れで得点をあげ1―3とリードを2点に広げた。

先発の大竹は、1回にアルモンテに適時打を許すも5回1失点の力投で降板。
2点リードの6回から2番手で登板した沢村は、1死からビシエド、福田の連打で一、二塁とし、高橋に右前適時打を許し1点を失った。
さらに1死満塁となったが、大野を二塁併殺打に仕留め、切り抜けた。

7回はマシソンが3者凡退。8回は上原が三塁・中井の後逸による走者を許すも無失点で切り抜けた。

9回は守護神のカミネロが2死一、二塁と一打サヨナラのピンチを迎えるも京田を投手ゴロに打ち取り逃げ切った。

日本で4209日ぶりの先発マウンドに上がった中日の松坂は5回3失点で黒星スタートとなった。

2018年4月5日 スポーツ報知 ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人

公示

4月5日
1軍出場選手登録
大竹寛 22期 現:巨人
巨人大竹 中日戦通算24勝なるか/セ見どころ
巨人の先発、大竹寛投手(34)は中日戦でカード別最多の通算23勝をマークする。
現役では石川雅規(ヤクルト)の24勝に次ぐ、勝利数を挙げている中日キラーだ。

昨年も2勝0敗だったお得意様を相手に好投し、チームを2カード連続勝ち越しに導けるか。

2018年4月5日 日刊スポーツ掲載
榊原翼 37期 現:オリックス
プロ初登板で防御率“∞”の屈辱 オリ2年目右腕が見せた意地のマウンド
防御率∞。プロ野球の世界ではあまり見ることのない数字を叩き出したのはオリックスの榊原翼投手だった。

開幕直前に育成から支配下に昇格し開幕1軍入りを果たした2年目右腕は初登板でプロの洗礼を浴びた。
4月1日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)の8回1死二塁から登板。
だが、ソフトバンク打線にメッタ打ちを食らい1死も取れず降板。0/3で4安打5失点でデビュー戦を終えた。

この時点で榊原の防御率は表示することができない「∞」。
アウトを一つも取れず0を割ることは不可能なため2年目右腕の防御率は“無限大”と表示する方法しかない。
本人も登板後に自身の数字をチェックしていた。

「前回のこともありましたから。ただ抑えるという気持ちでいきました。悔しさを晴らす思いで」

やり返すチャンスはすぐに訪れた。
3日のロッテ戦(京セラドーム)の9回に4番手としてマウンドに上がると
2死から荻野に左翼線二塁打を浴びたが後続を打ち取り無失点。
1イニングを1安打2奪三振無失点の好投だった。

先頭の清田を三振に打ち取り防御率135.00、続く江村を二飛に抑え防御率67.50、
そして2死二塁から藤岡を見逃し三振に打ち取り防御率を45.00まで改善させた。

★登録抹消も前向き、平井コーチも「次に上がってきた時が非常に楽しみ」
初登板とは見違える投球を見せた右腕だったが4日に出場登録を抹消。
それでも「真っすぐが持ち味ですが最初から上半身だけで投げて力んでいました。また一から整えてきます」と
悲観することはなく前を向いた。

育成から支配下に登録され、いきなり開幕1軍入り。
とんとん拍子に駆け上がっていった右腕に平井1軍投手コーチは「いいものは持っている。
けど、1軍で何が必要なのかを本人が分かる必要がある。この経験をどう生かすかが大事になる。
次に上がってきた時が非常に楽しみ」とさらなる成長に期待を込めた。

150キロに迫る直球にキレのあるスライダーで大器の片りんを見せた榊原。
再び1軍のマウンドに戻ってきた時、一体どのような投球を見せるか楽しみだ。

2018年4月5日 Full-Count掲載
大竹寛 22期 現:巨人
予告先発
4月5日
ナゴヤドーム 18:00
D松坂大輔xG
大竹寛
榊原翼 37期 現:オリックス

公示

4月4日
1軍出場選手登録抹消
パシフィックリーグ
4月3日
榊原翼 37期 現:オリックス
対千葉ロッテ戦 4番手登板

MARINES
BUFFALOES
【Bu】●金子、小林、金田、榊原-伊藤
【M】○石川、有吉、シェッパーズ-田村、江村

★榊原翼 投球結果
2試合0勝0敗0S
1イニング 打者4 球数19 被安打1 奪三振2 与四死球0 失点0 自責点0 防御率45.00
大竹寛 22期 現:巨人
大竹、松坂との投げ合いで「しっかり結果を出す」
巨人・大竹は先発する5日の中日戦(ナゴヤD)で松坂との投げ合いが予想される。

「与えられたところでしっかり結果を出す」との言葉通り開幕ローテ入りをつかんだベテランはこの日、同球場でランニングなどで調整。
2戦目の4日の同戦に先発予定の吉川光は、ナゴヤDの実際のマウンドから投球練習して準備した。

2018年4月3日 スポーツ報知掲載
パシフィックリーグ
4月1日
榊原翼 37期 現:オリックス
1軍公式デビュー戦

対福岡ソフトバンク戦 4番手登板

BUFFALOES
HAWKS 12
【Bu】●山岡、小林、金田、黒木、榊原、松葉-伊藤、若月
【H】中田、○石川、モイネロ、岩崎、田中-甲斐
▼本塁打 マレーロ2号 吉田正(Bu)中村晃1号(H)

★榊原翼 投球結果
1試合0勝0敗0S
0/3イニング 打者5 球数19 被安打4 奪三振0 与四死球1 失点5 自責点5 防御率-


3月19日に支配下登録され、八回一死二塁からプロ初登板も
0/3回を4安打5失点のオリックス・榊原

「走者のいる場面からのスタートで力んで浮いた球を全部打たれた。
(プロ初登板は)うれしかったですけど、任された場面を抑えられず悔しい」

2018年4月2日 サンケイスポーツ掲載

オリックスが“投壊”で開幕カード負け越し 福良監督「もったいなかった」
オリックスは終盤の大量失点が響き大敗し、開幕カード勝ち越しを逃した。
1日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。6回に2点を先行しながらも、その裏に先発の山岡泰輔投手が逆転満塁弾を被弾。
8回にはリリーフ陣が次々に炎上し、1イニングで8長短打を集中されて大量8失点と試合を決められた。

山岡は150キロを超える真っ直ぐとスライダー、ストレートと30キロ近い球速差のチェンジアップを武器に
5回までソフトバンク打線を3安打に抑え込む好投を見せていた。
両チーム無得点で迎えた6回表、小谷野が死球で出塁すると、マレーロがソフトバンク先発の中田が投じた初球のカーブを左翼席へ。
2戦連発の2号2ランで先制した。

だが、その裏。右腕がつかまった。先頭の本多に右前安打、1死から内川には打ち取った打球だったが、右前に運ばれた。
デスパイネを四球で歩かせると、中村晃に痛恨のグランドスラムを浴び逆転を許した。
試合後、福良淳一監督は「山岡は良かったですよ。デスパイネへの四球、アレでしょう。もったいなかったですね」と、
1発を浴びる直前の四球を嘆いた。

2点差で迎えた8回にはセットアッパーの黒木を投入したが、デスパイネへの安打と犠打、松田の中越え適時打を浴びて降板。
さらに育成から昇格した榊原、松葉もソフトバンク打線につかまり、8点を失った。

指揮官は「2点差ですからね、まだ。球場が狭いから何が起きるか分からないから」と黒木投入の意図を説明。
プロ初登板となった榊原については「向こうに勢いが出てる時にいったからね。初めてだったし」とプロ初登板の右腕をかばった。

2018年4月2日 full-Count掲載
大竹寛 22期 現:巨人
大竹、3回0封!2軍戦で好投
4月5日の中日戦(東京ドーム)の先発が有力視されている大竹が28日、イースタン・リーグ、ヤクルト戦に先発し、
3回2安打無失点と好投。「テンポよく打ち取れた。ボールを低めに集められた」と手応えを口にした。
巨人に移籍後、中日戦は通算9勝3敗の“竜キラー”は、今季の公式戦初登板へ万全の状態をアピールした。 

2018年3月29日 サンケイスポーツ掲載

巨人の開幕2カード目は山口俊、吉川光、大竹が先発
巨人の開幕2カード目となる4月3日からの中日3連戦に初戦が山口俊投手(30)、
2戦目以降は吉川光夫投手(29)、大竹寛投手(34)の先発が決定的となった。

候補の1人だった中川皓太投手(24)が27日のイースタン・リーグ、ヤクルト戦で5回4失点で精彩を欠き、2軍調整が決定。
大竹はこの日の同戦で3回無失点だった。斎藤投手総合コーチは「(2カード目の先発は)考えます」と明言は避けた。

2018年3月29日 日刊スポーツ掲載

先発ローテ6人固まる 大竹&吉川光がラスト2枠に 中川は2軍調整
◆イースタン・リーグ 巨人0―2ヤクルト(28日・ジャイアンツ)
巨人の開幕ローテを担う6投手が28日、固まった。
先発5、6番手を大竹、吉川光、中川で争ってきたが、中川の2軍調整が決定。
菅野、田口、野上、山口俊に加え、残り2枠に大竹と吉川光が入ることになった。

大竹はこの日、イースタン・ヤクルト戦(G球場)に先発。
「テンポ良く打ち取ることがテーマでした」と3回47球で2安打無失点と好投した。
前回21日のヤクルトとの実戦形式の合同練習(東京D)も5回1失点と好投。
開幕2カード目の中日には通算96勝中、カード別最多の23勝と相性も良く、文句なしで確定した。

首脳陣は残る1枠を吉川光と中川で検討。中川は最終試験となった前日27日のイースタン・ヤクルト戦(G球場)で
5回107球7安打4失点(自責2)。24日の1軍楽天戦(東京D)で、2番手で4回1失点に抑えた
吉川光のほうが状態が良いと判断したようだ。

14日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で山口俊が好投した時点で、阪神との開幕3連戦が菅野、田口、野上
、2カード目の中日戦(ナゴヤD)初戦の山口俊まで確定。それ以降5、6番手は競争を続けてきた。
大竹と吉川光の順番は、山口俊から左右ジグザグを重視すれば吉川光、大竹となるが、
現状の調子を最優先とし、どちらを先に起用するか慎重に見極めていく。

2018年3月29日 スポーツ報知掲載
イースタンリーグ
3月28日
大竹寛 22期 現:巨人
対東京ヤクルト戦 先発登板


SWALLOWS
GIANTS
【G】大竹、●坂本工、田原、宮國-宇佐見
【S】ハフ、○田川、中尾、中沢、山本、松岡、風張-古賀

★大竹寛 投球結果
3イニング 打者11 被安打2 奪三振2
与四死球0 失点0 自責点0 防御率0.00
榊原翼 37期 現:オリックス
榊原、開幕1軍決定 19日支配下登録の高卒2年目右腕
オリックスの榊原翼投手(19)が27日、開幕1軍入りを決めた。
19日に支配下登録が公示されたばかりの高卒2年目右腕。25日のオープン戦・阪神戦(京セラD)では
鳥谷、糸井、ロサリオ斬りをして名を上げ、メンバー入りを勝ち取った。
京セラDでの練習後、ソフトバンクとの開幕戦(ヤフオクD)に向けて福岡行きのチケットを入手。
「ロッカーに置いてあった。博多って。(期待に)何としても応えたい」と、文字通り手にした1軍切符に闘志を燃やした。

昨季は届かなかった場所に、また一歩近づき胸を高鳴らせた。
「何もかも初めてなのでうれしい。来たな、と」。
25日には1軍戦初登板で最速148キロをマークし、阪神の2、3、4番を3者凡退の2奪三振。
福良淳一監督(57)は「(球の)強さもあるし、コントロールも大丈夫」と太鼓判を押し、1軍入りを決めた。

30日からのソフトバンク3連戦に向け、気合は十分だ。
対戦したい選手を問われ、「柳田選手ですね。フルスイングに対して、どれだけ自分が勝負できるか。
直球でどれだけできるか」と目を輝かせた。
猛スピードで現れた新星。シーズン開幕とともに、シンデレラストーリーも幕開けだ。

◆榊原 翼(さかきばら・つばさ)
1998年8月25日、千葉県銚子市生まれ。19歳。
浦和学院(埼玉)では2年春にベンチ入りしたが、センバツでの登板機会はなし。3年夏は埼玉大会4回戦で敗退した。
16年の育成ドラフト2位でオリックス入団。昨季はウエスタン・リーグで主に中継ぎとして13試合に登板し、
2勝1敗3セーブ、防御率1.46。最速151キロ。180センチ、82キロ、右投右打。年俸420万円。

2018年3月28日 スポーツ報知掲載

オリ榊原 開幕1軍決定 ロッカーに福岡行きチケット
育成入団で19日に支配下登録されたばかりの2年目、オリックス・榊原が開幕1軍入りを決めた。
福良監督が「入れるよ。(この日行った全体練習に)いるメンバーでいく」と明言した。

25日の阪神とのオープン戦で1回を3者凡退。
最速148キロの直球を軸に2三振を奪い、首脳陣に強烈な印象を与えた。
練習後のロッカーには、ソフトバンクと開幕カードを戦う福岡行きのチケットが置いてあり「何としても応えたい」と表情を引き締めた。

2018年3月28日 スポーツニッポン掲載

オリックス榊原、開幕1軍 25日阪神戦快投で抜てき
オリックスの榊原翼投手(19)が、開幕1軍に抜てきされることが27日、分かった。
19日に育成選手から支配下登録されたばかり。25日の阪神とのオープン戦で見せた快投が評価され、急きょ1軍入りが決まった。

ロッカーに置かれていた新幹線のチケットを見て、声が出た。
「行き先が博多になっていたので、オーッ!となりました」。
印字が名古屋なら2軍の遠征先。まさかの1軍切符に思わず興奮した。

当初は長いシーズンを見据えて、1軍相手にどんな投球ができるかという1試合限定のテストだった。
そこで鳥谷をフォークで空振り三振、糸井を147キロで左飛、ロサリオをスライダーで見逃し三振に斬った。

福良監督は「球の強さもあるし、1軍で投げてもバタバタするところがなかった。
去年の秋から投手コーチが『1番使いたい投手』と言ってたからね」と抜てきの理由を説明した。
近藤、黒木、増井とつなぐ勝ちパターンに加えて、快速右腕が加われば厚みを増す。
オープン戦登板がわずか1試合と相手にデータが少ないのも利点。いわば秘密兵器だ。

浦和学院から16年度育成ドラフト2位で入団した2年目は
「ソフトバンクはいい打者が多い。柳田さんに直球で勝負してみたい」と意気込んだ。

2018年3月28日 デイリースポーツ掲載


オリックス秘密兵器・榊原1軍切符 開幕タカ狩りだ
オリックスの2年目右腕・榊原翼投手(19)が、トントン拍子の出世だ。
19日に育成契約から支配下契約に切り替わり、25日のオープン戦阪神戦で鳥谷、ロサリオから三振を奪うなど1回無失点の好投。
そして27日、福良監督が開幕シリーズのソフトバンク3連戦(ヤフオクドーム)に「連れて行きますよ」と明言。
“秘密兵器”として開幕1軍切符をつかんだ。

京セラドーム大阪での全体練習を終えた榊原は、ロッカーに新幹線のチケットを見つけた。
「名古屋(2軍戦)じゃなくて、福岡行きでした。(開幕1軍入りは)何もかも初めてなので、本当にうれしいです」と笑みがはじけた。

指揮官は「球の強さがあり、コントロールも大丈夫。昨年、2軍でもしっかり投げていた。
使いたい投手だというのは、昨秋から投手コーチも言っていた」と高く評価している。

支配下登録され、1軍に合流しても「何でここにいるんだろう」と実感がわかなかったが、
今度は開幕1軍で、昨季日本一のソフトバンクと対戦する。
「素晴らしい打者がいっぱいいるので、その中で投げると思うとワクワクしますね」と登板機会を心待ちにし、
柳田との対戦があれば「あのフルスイングに対してどれだけ勝負できるか」と胸を躍らせる。

先日、2軍落ちしたベテラン岸田から「お前は頑張ってこいよ」と激励され「すごくグッと来ました」。
先輩の心遣いに応えるためにも、未知の世界に全力で挑む。【高垣誠】

◆榊原翼(さかきばら・つばさ)
1998年(平10)8月25日生まれ、千葉県出身。
浦和学院から16年育成ドラフト2位でオリックスに入団。
1年目の昨季は2軍で13試合に登板、2勝1敗3セーブ、防御率1・46。
今年3月19日に支配下登録された。180センチ、84キロ、右投げ右打ち。背番号61。

2018年3月28日 日刊スポーツ掲載
榊原翼 37期 現:オリックス
年俸420万円のオリ・榊原、鳥谷&糸井&ロサ計12億円斬り!
(オープン戦、オリックス1-1阪神=九回規定により引き分け、25日、京セラ)
開幕直前に19歳の新戦力が現れた。推定年俸420万円。
支配下登録されたばかりのオリックス・榊原が1軍初登板で虎の主軸をぶった斬った。

「鳥谷さんや糸井さんがいたので、楽しみでした。いつもより硬かったですけど、開き直っていきました」

衝撃のデビューは1-0の七回。2番手でコールされ、先頭の推定年俸4億円の鳥谷を直球で追い込むと、
133キロのフォークで空振り三振。続く推定4億円の糸井には147キロの直球で力勝負に挑み、左飛。
推定3億4000万円のロサリオも見逃し三振に斬った。

育成ドラフト2位で入団した昨季は2軍で13試合に登板し、2勝1敗3セーブ、防御率1・46。
今春キャンプ中の紅白戦でも2回ゼロ封とアピールし、今月19日に支配下登録された。

福良監督は「1軍で何かあったときに呼ぶ準備をしてもらうため、きょう投げさせた。きょうのを見たら大丈夫」と期待。
高卒2年目右腕も「阪神打線の上位を抑えて自信がついた。任されたところをしっかり抑えたい」と意気込んだ。

★榊原 翼(さかきばら・つばさ)

投手。1998(平成10)年8月25日、19歳。千葉・銚子市立第二中学校では軟式野球部に所属。
浦和学院高では2年の春に選抜出場。ベスト4も登板機会はなかった。2017年に育成ドラフト2位で入団。
今年3月19日に支配下登録され、背番号「124」から「61」に変更された。
1メートル80、82キロ。右投げ右打ち。背番号「61」

2018年3月26日 サンケイスポーツ掲載

年俸420万のオリ榊原“下克上”11億4000万虎トリオ斬り
【オープン戦 オリックス1―1阪神 ( 2018年3月25日 京セラD )】
19日に育成選手から支配下登録された高卒2年目のオリックス・榊原が、7回にオープン戦初登板。
2番から始まる打順で鳥谷を空振り三振、糸井を左飛、ロサリオを見逃し三振と1イニングを完璧に抑えた。

3人の推定年俸を合わせると11億4000万円。
リリーフで期待される推定年俸420万円の右腕は「任されたところで抑えていくだけです」とシーズンでの「下克上」へ意気込んだ。

2018年3月26日 スポーツニッポン 掲載

育成出身のオリックス・榊原が虎の11億円トリオを抑える「自信ついた」
オリックスの七回のマウンドに上がったのは19日に育成選手から支配下登録されたばかりのプロ2年目・榊原翼投手。

先頭の鳥谷にいきなり2ボールとなるが「開き直った」と攻めて追い込むと最後はフォークで空振り三振に斬った。
続く糸井には147キロの速球で左飛に打ち取り、最後はロサリオをスライダーで見逃し三振に仕留めた。

「最初は緊張しかなかったですけど、阪神の2、3、4番と対戦できると思うと楽しみになった」

浦和学院から育成ドラフト2位で入団して2年目。昨季は2軍で13試合2勝1敗3セーブ、防御率1・46だった。
支配下登録されたとはいえ年俸420万円の男が、鳥谷4億円、糸井4億円、ロサリオ3億4000万円の
合わせて11億超トリオに真っ向勝負で抑えた。

「投げる前からこの登板が勝負だと思っていたので。阪神の上位打線を抑えられたことは自信がつきました」

若武者の熱投に福良淳一監督も「去年から良かった。上で何かあったときのために準備をしとかないといけない。
そういう意味の登板でしたが、(1軍でも)大丈夫でしょう」と合格点を与えた。

残念ながら開幕1軍に入る可能性は低いが、1軍投手陣に不測の事態が起きた場合には真っ先に榊原の名前が挙がることになりそうだ。

2018年3月26日 デイリースポーツ掲載
オープン戦 最終順位

順位 球団 勝-敗-分
巨人 11-5-1
千葉ロッテ 8-4-2
東北楽天 9-5-2
横浜DeNA 8-5-2
北海道日本ハム 7-5-3
オリックス 7-5-2
埼玉西武 8-6-2
東京ヤクルト 6-6-4
中日 7-9-1
10 福岡ソフトバンク 5-10-1
11 広島 3-9-2
12 阪神 2-12-2
オープン戦
3月25日
榊原翼 37期 現:オリックス
1軍デビュー戦!

対阪神戦 2番手登板

TIGERS
BUFFALOES
【Bu】山岡、榊原、小林、増井-伊藤
【T】秋山、高橋聡、石崎、マテオ、藤川-坂本、梅野
▼本塁打 大山1号(T) 吉田正3号(Bu)

★榊原翼 投球結果
1試合0勝0敗0S
1イニング 打者3 球数11 被安打0 奪三振2 与四死球0 失点0 自責点0 防御率0.00


榊原翼 37期 現:オリックス
オリ、育成出身の榊原が好投「阪神の上位打線抑えて自信ついた」
(オープン戦、オリックス1-1阪神=九回規定により引き分け、25日、京セラ)
育成選手から19日に支配下登録されたオリックスの榊原が七回に登板し、1回を三者凡退に抑えた。
鳥谷を三振、糸井を左飛、ロサリオを三振に打ち取り「阪神の上位打線を抑えて自信がついた」と満面に笑みを浮かべた。

「緊張しかなかった」とマウンドに上がった直後は硬い表情だったが、一つ目のアウトを取ると
大きな雄たけびを上げて喜びを表現した。
高校出2年目の有望株に、福良監督も「もうちょっとバタバタするかと思ったが、落ち着いていた」と顔をほころばせた。

2018年3月25日 サンケイスポーツ ネット配信


榊原、1軍初登板で1回ピシャリ「阪神の上位打線抑えて自信付いた」
◆オープン戦 オリックス1―1阪神(25日・京セラドーム大阪)
今季から支配下登録されたオリックス・榊原翼投手(19)が25日、阪神戦で1軍初登板し、1回無安打無失点と好投した。

7回に2番手で登板し、先頭の2番・鳥谷を空振り三振。
続く糸井を左飛に打ち取ると、ロサリオを3球で見逃し三振に斬り、三者凡退に抑えた。最速は148キロをマーク。
「緊張しかなかったです。阪神の上位打線を抑えて、自信を付けました」と胸を張った。

19日に支配下登録されたばかり。
オープン戦最終戦で好投した新星に、福良監督は「良かったです。もうちょっとバタバタするかと思ったら、落ち着いていた。
(1軍で通用する?)きょうを見ていたら、大丈夫でしょう」とたたえた。
今後は2軍で調整し、1軍での出場機会を狙う。

16年育成ドラフト2位で浦和学院高(埼玉)からオリックスに入団。
1年目の昨季はウエスタン・リーグで13試合に登板し、2勝1敗3セーブ、防御率1・46の成績を残した。

2018年3月25日 スポーツ報知 ネット配信
榊原翼 37期 現:オリックス
支配下つかんだオリ榊原 実力に加え人柄後押し、背番号61が一歩踏み出す
「素直に…うれしかったです…」。
支配下登録をつかみ取ったオリックス・榊原翼投手(19)は目を潤ませ、歓喜の瞬間をかみしめるように振り返った。

「高校時代は先発でしたが、プロに入ってから後ろを任されて。そこで、与えられた1イニングに
“自分の持っているものを、ぶつける”という気持ちでやってきて、本当に良かったです…」。
3月15日の練習後、球団から支配下登録されることを通達された。
「家族にも連絡しました。“ケガしないで”“頑張って”と声をかけてもらいました…」。
グラウンドで人一倍声を張り上げる明るい男の感極まった姿にはグッとくるものがあった。

浦和学院(埼玉)から16年育成ドラフト2位で入団。
酒井育成コーチらの指導を仰ぎ、球速は高校時代から4キロアップの最速151キロを計測するまでに成長。
1年目の昨季は2軍で13試合に登板し、2勝1敗3セーブ、防御率1・46と結果を残してきた。
長村裕之球団本部長も「着実に成長している、レベルアップしている部分を(評価した)。これから。
1軍の戦力になれるように頑張ってほしい」と飛躍を期待した。

人柄も後押しする。今春キャンプ中の休養日だった2月上旬。
同期の岡崎、根本とともに宮崎市清武町にある「みなみのかぜ支援学校」を慰問した時のこと。
体育館で児童とストラックアウトに挑戦する企画で、手拍子を要求してコミカルな踊りを披露すれば、
わざと的を外すなど旺盛なサービス精神全開で笑いを誘い続けた。

明るく、周囲を気遣う性格は岸田護投手と重なる部分がある。
本人も「尊敬する選手は岸田さん。ストレートの球質も憧れですけど、本当に人間性が素晴らしい方。
僕も、いつも声を掛けてもらっています」とお手本にする。
岸田も「支配下登録の連絡があった直後に“おめでとう”って言いましたよ。
本当にいいヤツだし、直球も力強い、いいボールを投げる。頑張ってほしいですよね」とエールを送った。

チームは96年を最後に現12球団一、頂点から遠ざかる。
榊原は「任されたところで、しっかりやるだけです。本当にこれからだと思う。早く1軍の勝利に貢献したい」。
3桁の背番号は、もういらない。背番号61が、プロの一歩を踏み出した。

2018年3月24日 スポーツニッポン掲載
オープン戦
3月23日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対横浜戦 2番手登板


DeNA
LIONS
【L】○菊池、豊田、ワグナー、野田、増田-炭谷
【DB】●石田、国吉、砂田、パットン-戸柱
▼本塁打 浅村1号 山川2号 中村2号(L)

★豊田拓矢 投球結果

5試合0勝0敗1S
1イニング 打者4 球数13 被安打1 奪三振1 与四死球1
失点0 自責点0 防御率0.00
大竹寛 22期 現:巨人
巨人・大竹が開幕ローテ入り
4・5中日戦先発が濃厚
巨人の大竹寛投手(34)が開幕2カード目の3戦目、
4月5日の中日戦(ナゴヤドーム)に先発することが22日、
濃厚となった。

21日のヤクルトとの試合形式の合同練習(東京ドーム)で
5回1失点と好投。
開幕ローテーション投手としてのメドが立ったもようで、
24日から1軍合流する。2カード目の初戦は山口俊で、2戦目は
左腕の中川か吉川光のどちらかが務めるとみられる。
3戦目に右腕の大竹をもってくれば「右左」のジグザグローテが
組めることになる。

2018年3月23日 スポーツニッポン掲載
ウエスタンリーグ
3月22日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 4番手登板

BUFFALOES
HAWKS
【Bu】ディクソン、海田、K-鈴木、榊原-若月
【H】摂津、高橋純、渡辺雄、野沢、飯田-谷川原
▼本塁打 根元1号(Bu)

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者3 被安打0 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率0.00


★坂本一将 29期 現:オリックス
代走出場
大竹寛 22期 現:巨人
大竹、逆転開幕ローテを猛アピール
開幕2カード目中日戦登板へ光った5回1失点

◆試合形式合同練習 巨人5-3ヤクルト(21日・東京ドーム)
巨人の大竹が、逆転開幕ローテ入りを猛アピールした。東京Dで行われたヤクルトとの合同練習に先発した。
今年初の1軍登板で「2軍でやってきたことが出せた」と、5回66球2安打1失点の好投。
これにより、開幕2カード目、中日戦(ナゴヤD)の先発候補に急浮上。
吉川光、中川、内海との5、6番手争いは開幕直前まで続く。

冷静に低めを攻めた。大竹は初回に青木の左前適時打で先制を許すも、2回以降は制球も安定し、
得意のシュートやカーブを効果的に使って無安打。
4回は青木から内角低めいっぱいの138キロで見逃しの3球三振を奪うなど躍動した。
2月のキャンプで1クール4日間のうち3日はブルペン入り。
「投げ込むことができた」と手応えを強調していた通り、ファームの実戦3試合、計10イニング無失点の好調ぶりを披露した。

現状、1軍先発陣は30日からの阪神との開幕3連戦(東京D)が菅野、田口、野上、
4月3日からの2カード目初戦の中日戦(ナゴヤD)に山口俊が有力。
5、6番手は中川、吉川光に加え大竹と、この日2番手で4回2失点だった内海で競争中だ。
中でも、大竹は中日戦でカード別通算最多の23勝で、14年の巨人移籍後は9勝3敗の「竜キラー」。
1軍テストで結果を残した意味は大きい。

斎藤投手総合コーチは大竹、内海について「5、6番手が決まっていない。十分チャンスはある」と話した。
次回、2軍戦を予定していた吉川光は、雨の影響もあり23日からの1軍楽天3連戦(東京D)を予定。
中川は27日からのイースタン・ヤクルト3連戦(G球場)の見込みで、両投手の内容を見て5、6番手を慎重に見極めることになりそうだ。

2018年3月22日 スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:巨人
巨人、ベテラン大竹&内海が生き残りかけ熱投
(オープン戦、ヤクルト-巨人=雨天中止、21日、神宮)
巨人は東京ドームでヤクルトと行われた試合形式の合同練習でベテラン2投手が奮闘した。
大竹はストライクを先行させて5回1失点で「早く追い込んでテンポ良く打ち取る。理想のところ」と手応えを口にした。

内海は直球を軸に攻めて4回2失点で「結果は満足していないが、しっかり強い球を投げられたのは収穫」と息をついた。
開幕先発枠への生き残りを懸けた2人の熱投に斎藤投手コーチは「2人とも持ち味の打たせて取る形で投げてくれた」と悩ましそうだった。

2018年3月21日 サンケイスポーツ ネット配信
オープン戦
3月20日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対千葉ロッテ戦 3番手登板


MARINES
LIONS
【L】十亀、高橋朋、豊田、野田、増田-森、岡田
【M】石川、松永、有吉、シェッパーズ、益田-田村、柿沼


★豊田拓矢 投球結果

4試合0勝0敗1S
1/3イニング 打者1 球数2 被安打0 奪三振0 与四死球0
失点0 自責点0 防御率0.00
ウエスタンリーグ
3月20日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 2番手登板
今季初セーブ

BUFFALOES
HAWKS
【Bu】○アルバース、S榊原-若月、山崎勝
【H】加治屋、●中村晨、小沢、笠原、二保-九鬼

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者3 被安打0 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率0.00


★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
3打数 1安打 打点0
榊原翼 37期 現:オリックス
3月19日
支配下選手登録
大竹寛 22期 現:巨人
内海と大竹が21日のヤクルト戦で昇格 2軍で好調、今季1軍初登板へ
2軍から昇格プランが浮上していた巨人・内海哲也投手(35)、大竹寛投手(34)が、
21日の1軍オープン戦・ヤクルト戦(神宮)で登板することが16日、決まった。開幕に向けたテスト登板となる見込みだ。

両ベテランは2月のキャンプから2軍でじっくり調整して好調を維持。
内海は140キロ以上を連発してキレのある球を披露し、大竹も145キロを計測して直球に球威があり、
2軍の実戦で3登板計10イニング無失点と絶好調だ。

チームの開幕ローテは菅野、田口、野上、山口俊までが確定。
5、6番手は1軍でアピールを続けている中川、吉川光と内海、大竹の状態も見て首脳陣が判断することになりそうだ。

両投手はこの日、G球場の2軍練習で調整。
内海は「与えていただいたチャンスを生かせるように、背伸びせず地に足をつけて1球1球投げるだけです」、
大竹は「今やっていることを出したい」と決意を示した。

2018年3月17日 スポーツ報知掲載


巨人内海&大竹、21日に開幕ローテ生き残り登板
2軍調整中の巨人内海、大竹が開幕ローテ入りに挑む。
斎藤投手総合コーチが21日のヤクルトとのオープン戦(神宮)で両投手の登板を明言。
菅野、田口、山口俊、野上のローテ入りは確実で、残り2枠を中川、吉川光らと争うこととなる。

16日、2軍はジャイアンツ球場で練習。内海は「チャンスを生かせるように」と話せば、
大竹も「今やっていることを継続してやれれば」と意気込んだ。

2018年3月17日 日刊スポーツ掲載
大竹寛 22期 現:巨人
内海と大竹に1軍昇格プラン 逆転ローテへオープン戦でテスト登板も
巨人の内海哲也投手(35)と大竹寛投手(34)が、オープン戦中に1軍合流するプランがあることが15日、分かった。
開幕に向けたテスト登板となる見込みだ。

両ベテランは2月のキャンプから2軍でじっくり調整した。
内海はこの日の教育リーグ・ヤクルト戦(G球場)で8回から登板して2回2失点だったが、
前回7日の同・ロッテ戦(ロッテ浦和)では3回無失点と好投。140キロ以上を連発して好調を維持する。
大竹も13日の同・西武戦(G球場)で5回無失点と好投し、ここまで実戦3登板で10イニング無失点と絶好調だ。

チームの開幕ローテは菅野、田口、野上、山口俊までが確定。
現状1軍の投手では中川、吉川光が5、6番手の候補だが、首脳陣は内海と大竹の状態も見ながら
判断する方針で、実戦の内容次第では逆転ローテ入りの可能性も残っている。

2018年3月16日 スポーツ報知掲載
榊原翼 37期 現:オリックス
オリックス 育成19歳榊原を支配下登録 背番号124→61
オリックスは15日、育成選手の榊原翼投手(19)を支配下選手登録すると発表した。

年俸は420万円で、背番号は124から61に変更する。
浦和学院から16年育成ドラフト2位で入団。
1年目の昨季は2軍で13試合に登板し、2勝1敗3セーブ、防御率1・46だった。
榊原は大阪・舞洲の球団施設で取材に応じ、「お世話になった方へ恩返しできるように、
1軍の勝利に貢献できるように、全力で腕を振ります」と意気込んだ。

2018年3月16日 スポーツニッポン掲載
榊原翼 37期 現:オリックス
榊原翼投手 支配下選手登録のお知らせ
オリックス・バファローズでは、育成選手の榊原翼投手を支配下選手として登録することとなりましたので、お知らせいたします。

<榊原翼投手コメント>

「本当にうれしいです。と、同時にここからだなという気持ちが強くなり、身が引き締まる思いです。
今までお世話になった方々へ恩返しができるように、そして、チームの戦力となって、勝利に貢献できるように、
これからも全力で腕を振ります!」

オリックスバファローズ 公式サイトより転載
榊原翼 37期 現:オリックス
オリックス、2年目の19歳榊原を支配下登録 「ここからだなという気持ち」
★榊原が支配下登録に、背番号「61」


オリックスは15日、榊原翼投手を支配下選手として登録することを発表した。背番号は「61」。

浦和学院高から2016年の育成ドラフト2位で入団した19歳は2年目で支配下登録をつかみ、
「本当にうれしいです。と、同時にここからだなという気持ちが強くなり、身が引き締まる思いです。
今までお世話になった方々へ恩返しができるように、そして、チームの戦力となって、勝利に貢献できるように、
これからも全力で腕を振ります!」とコメントしている。

2018年3月15日 Full-Count編集部掲載

育成の榊原翼を支配下登録「チームの戦力となって、勝利に貢献できるように」
オリックスは15日、育成の榊原翼投手(19)を支配下登録したと発表した。

榊原は16年育成ドラフト2位で浦和学院高(埼玉)からオリックスに入団。
1年目の昨季はウエスタンリーグで13試合に登板し、2勝1敗3セーブ、防御率1・46の成績を残した。背番号は61。

長村球団本部長は「去年1年間ファームで投げて着実に成長している。これから1軍の戦力になりうる」と
支配下登録となった経緯を説明した。

この日の練習後に通達された榊原は「本当にうれしいです。と、同時にここからだなという気持ちが強くなり、
身が引き締まる思いです。今までお世話になった方々へ恩返しができるように、そして、チームの戦力となって、
勝利に貢献できるように、これからも全力で腕を振ります!」とコメントした。

2018年3月15日 スポーツ報知 ネット配信

支配下登録の榊原「これからも全力で腕を振ります!」
オリックスは15日、育成選手の榊原翼投手を支配下選手として登録したことを発表した。
背番号はこれまでの「124」から「61」となる。

2016年の育成ドラフト2位で浦和学院からオリックスに入団した右腕は1年目の昨季、
ウエスタンリーグで13試合に登板、12回1/3を投げて2勝1敗3セーブ、防御率1.46という成績を残した。

今回の支配下登録を受け、榊原は「本当にうれしいです。と、同時にここからだなという気持ちが強くなり、
身が引き締まる思いです。今までお世話になった方々へ恩返しができるように、そして、チームの戦力となって、
勝利に貢献できるように、これからも全力で腕を振ります!」と意気込みを語った。

2018年3月15日 Baseball KING掲載

オリックス育成の榊原が支配下登録「これからだ」
オリックスは15日、育成選手の2年目榊原翼投手(19)を支配下登録すると発表した。
榊原は浦和学院から16年育成ドラフト2位でオリックスに入団。
昨季はウエスタン・リーグで13試合に出場し、2勝1敗、3セーブ、防御率1・46だった。

大阪・舞洲の球団施設で取材に応じた榊原は「今日の練習後に聞きました。素直にうれしかった。
それと同時にこれからだと思いました。1軍の勝利に貢献したい」と笑顔で話した。背番号は61に決まった。

2018年3月15日 日刊スポーツ ネット配信

オリックス、榊原を支配下登録へ「身が引き締まる思い」

オリックスは15日、育成選手の榊原翼投手(19)を支配下選手登録すると発表した。
年俸は420万円で、背番号は124から61に変わる。
球団を通じ「ここからだなという気持ちが強くなり、身が引き締まる思い。勝利に貢献できるように、
これからも全力で腕を振ります」とコメントした。

榊原は埼玉・浦和学院高から育成ドラフト2位で入団。
1年目の昨季は2軍で13試合に登板し、2勝1敗3セーブ、防御率1・46と好成績を残した。(金額は推定)

2018年3月15日 サンケイスポーツ ネット配信

春季教育リーグ
3月14日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 4番手登板

BUFFALOES
HAWKS
【Bu】松葉、鈴木優、海田、榊原-山崎
【H】摂津、高橋純、-堀内、張本、曽根
▼本塁打 園部(Bu)

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者5 球数19 被安打2 奪三振1
与四死球0 失点1 自責点1


★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
3打数 1安打 打点0
オープン戦
3月13日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対中日戦 2番手登板


LIONS
DRAGONS
【L】●十亀、豊田、平井、増田-森、中田
【D】○鈴木翔、ガルシア-松井雅
▼本塁打 アルモンテ1号(D)

★豊田拓矢 投球結果
3試合0勝0敗1S
1イニング 打者3 球数13 被安打0 奪三振1
与四死球0 失点0 自責点0 防御率0.00
春季教育リーグ
3月13日
榊原翼 37期 現:オリックス
対福岡ソフトバンク戦 3番手登板

BUFFALOES
HAWKS
【Bu】吉田一、K-鈴木、榊原-山崎
【H】長谷川宙、古谷、笠原、小澤、二俣、伊藤、渡辺-堀内、張本

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者4 球数17 被安打0 奪三振2
与四死球0 失点0 自責点0


★坂本一将 29期 現:オリックス 途中出場
0打数 0安打 打点0
教育リーグ
3月13日
大竹寛 22期 現:巨人
対埼玉西武戦 先発登板


LIONS
GIANTS
【L】●十亀、豊田、平井、増田-森、中田
【D】○鈴木翔、ガルシア-松井雅
▼本塁打 アルモンテ1号(D)

★大竹寛 投球結果
【G】大竹(5回)、今村(4回)-宇佐見、高山
【L】カスティーヨ(6回)、松本(1回)、藤原(1回)-岡田、藤沢

個人成績発表なし

大竹、逆転ローテへ3戦10イニング0封「全部の球種が制球良かった」
巨人・大竹寛投手(34)が13日、逆転ローテ入りへアピールした。
イースタン春季教育リーグ・西武戦(G球場)に先発。今季3度目の実戦で5回2安打無失点と好投した。
最速143キロのキレのある直球と変化球が四隅にピタリ。
「全部の球種が制球良く投げられたのは良かった。コースも良かった」とうなずいた。

昨季は13試合に登板。4勝4敗、防御率5・09と苦しんだ。今キャンプは2軍スタート。若手とともに汗を流した。
初実戦となった2月24日の広島2軍との練習試合(サンマリン宮崎)から3試合連続計10イニングを無失点と好調をキープしている。
川相2軍監督も「前回から制球も球のキレも良い」と太鼓判。
大竹は「前回良かったのが5回まで続けられた。目の前の試合、練習から大事にしていきたい」と意気込んだ。

現在、開幕ローテの5番手以降を中川、吉川光、内海、ヤングマンと争う。
だが、ヤングマンはこの日、オープン戦で打ち込まれ開幕ローテ入りは厳しくなった。
15日の教育リーグ・ヤクルト戦(G球場)では内海、吉川光が登板予定。それぞれがローテ枠を狙って奮闘する。

2018年3月14日 スポーツ報知掲載
赤坂和幸 28期 現:中日広報
松坂大輔の神対応 中日広報が明かす激動の1カ月
今年のドラゴンズと言えば、松坂大輔。5年連続Bクラスで明るい話題が少なかったシーズンオフ。
そこに突如舞い込んできたビッグニュースが平成の怪物の入団だった。

キャンプは初日からヒートアップ。「クララが立った!」と言わんばかりのお祭り騒ぎ。
松坂が走った! 投げた! 笑った! 背番号99が移動するたびにファンもマスコミも民族大移動。私もその1人だった。
2月7日までの取材期間中、松坂の一挙手一投足を追い、テレビやラジオでレポートした。

しかし、直接ロングインタビューをしたり、練習後に食事をしたりする機会には恵まれず。
そうなると、やはり気になるのは性格だ。「本当はどんな人なのか」。
各選手に尋ねると、異口同音に「いい人です」と返ってくる。さすがスターだ。
キャンプ中盤以降も注目はやはり右腕に集中する。報道陣シャットアウトのブルペン、突然のノースロー、練習試合登板。
今年の北谷(ちゃたん)キャンプは寝ても覚めても松坂だった。

赤坂広報が松坂と過ごした1ヶ月

3月2日。ナゴヤドーム。午前10時。約1ヶ月ぶりに選手が名古屋に帰ってきた。
焼けた肌に汗が滴る。全体練習だったこの日、私はどうしても話を聞きたい人物がいた。
彼の名前は赤坂和幸。28歳。
2008年に浦和学院からドラフト1位でドラゴンズに入団し、投手としてデビュー後、野手に転向。
一時は育成選手契約になりながらも這い上がり、一軍で勝負強い打撃を見せた。
去年、現役を引退し、今年から球団広報として働いている。

通常、キャンプ中の広報の仕事は様々な選手の取材対応。しかし、赤坂さんはほとんど松坂につきっきりだった。
松坂が報道されたテレビ画面にしばしば映っていたのも事実。球場への送迎、サイン会の段取りなど松坂に寄り添う2月を過ごした。
赤坂さんこそ「松坂の裏も表も知っている重要参考人」と思い、1塁ベンチ前にいた彼に近付いた。

「松坂投手はどんな人ですか?」。単刀直入に尋ねた。「まず、オーラがあります」と赤坂さん。

「クラスの人気者っていたじゃないですか。男子でも女子でも。華やかで周りがついつい見入ってしまう。そんな人です」

投げる姿、走る姿、その全てが「格好良かったです」と惚れ惚れしていた。さらに赤坂さんは松坂の気配りについても語り始めた。

「サイン会はだいたい30分で打ち切るんです。当然、ファンの方にも事前に告知します。
でも、いつも松坂さんはできるだけ全員にサインをしたいと言っていました。耳元で『もう終わります』と言っても、『大丈夫だ』と」

スターは目の前の老若男女にペンを走らせた。
「あと、個別の取材もほとんどOKでした。断ったインタビューはないと思います」と赤坂さん。
「時々、体調が優れない時に囲み会見を中止したり、時間をずらしたりしましたが、その時は
『赤坂、ちゃんと皆さんに理由を伝えてくれよ』と言うんです」とマスコミへの神対応についても打ち明けた。
松坂を語る時の赤坂さんは口角が上がり、目尻が下がる。
実に嬉しそう、楽しそう、幸せそう。濃密な1ヶ月を「あっという間でした」と振り返った。

「戦力外通告を受けた日のことを思い出した」
突然、赤坂さんが告白した。「松坂さん、2月26日に韓国チームとの練習試合で1イニングを投げたんです。
僕、あの時、泣きそうになったんです」。生まれて初めて他人のプレーで涙腺が緩んだという。

「抑えてほしいですけど、もう抑えるとか、抑えないとかはよくて。立ち姿を見るだけで目頭が熱くなりました。
1球投げるたびに涙が出そうになりました」。思わず、聞いている私までジーンとした。
しかし、次の瞬間、耳を疑うフレーズが飛び込んできた。

「僕、あの試合を見ながら、戦力外通告を受けた日のことを思い出したんです」

「え?」

昨秋、名古屋市中区の球団事務所で自由契約を言い渡された赤坂さん。顔面蒼白だった。
私は失意のどん底にいた彼にマイクを向け、「今後はどうするつもりですか」と迫った。
「いや、今はちょっと……」。声を絞り出すのがやっとだった。その日を思い出すとはどういうことか。

「戦力外通告を受けて、帰宅して、玄関を開けると、妻が出迎えてくれました。
僕は『クビになった。今までありがとう』と言いました。すると、妻が『こちらこそありがとう』と返してきたんです。
僕、その時さっぱり意味が分からなかったんです」

赤坂さんは続ける。

「でも、やっと分かりました。僕、松坂さんに『ありがとう』なんです。『お疲れ様でした』ではなくて。
一緒にいて、とにかく格好良くて、優しくて。失礼ですけど、身内みたいな感覚になっていて。
だから、選手としていてくれるだけで幸せなんです」

強い陽射しが降り注ぐ北谷の青空の下、赤坂さんは初めてプロ野球選手の家族の気持ちを知った。
私はあなたをずっとそばで見てきた。支えた。応援した。だから、ユニフォーム姿でグラウンドにいるだけで嬉しかった。
胸が熱くなった。夢をありがとう。幸せな時間をありがとう。
冷たい空気が張り詰めたあの日の玄関で感謝の言葉を口にした妻の心境がやっと分かったのだ。

ペナントレースが始まる。ファンには批判する権利があり、応援する義務はない。
勝てば賞賛。負ければ罵声。これで構わない。今年もきっと全国のスタジアムに熱狂的なプロ野球ファンが集うだろう。
でも、その中には選手の家族がいる。親身になって支える裏方さんがいる。
そんなことにも少し思いを馳せながら、さぁ、戦う男たちの姿を目に焼き付けようではないか。

2018年3月11日 文春オンライン掲載
教育リーグ
3月7日
大竹寛 21期 現:巨人
対千葉ロッテ戦 2番手登板


GIANTS
MARINES
【G】内海(3回)、大竹(3回)、今村(2回)、アダメス(1回)
-高山、宇佐見
【M】佐々木(6回2/3)、宮崎(1/3)、大嶺祐(2回)-吉田、宗接

個人成績発表なし
オープン戦
3月6日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対福岡ソフトバンク戦 5番手登板
今季1セーブ目

LIONS
HAWKS
【L】○カスティーヨ、小石、高橋朋、増田、S豊田-森
【H】●中田、長谷川宙、野沢、加治屋、古谷、笠谷、飯田
-堀内、甲斐
▼本塁打 中村1号(L)

★豊田拓矢 投球結果
2試合0勝0敗1S
1イニング 打者4 球数23 被安打0 奪三振2
与四死球1 失点0 自責点0 防御率0.00
春季教育リーグ
3月10日
榊原翼 37期 現:オリックス
対広島戦 5番手登板

CARP
BUFFALOES
【Bu】山田、海田、斉藤、鈴木優、榊原-飯田
【C】岡田、福井-磯村、船越

★榊原翼 投球結果
1イニング 打者3 球数12 被安打0 奪三振1
与四死球0 失点0 自責点0


★坂本一将 29期 現:オリックス スタメン出場
3打数 2安打 打点1
オープン戦
3月6日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対福岡ソフトバンク戦 5番手登板
今季1セーブ目

LIONS
HAWKS
【L】○カスティーヨ、小石、高橋朋、増田、S豊田-森
【H】●中田、長谷川宙、野沢、加治屋、古谷、笠谷、飯田
-堀内、甲斐
▼本塁打 中村1号(L)

★豊田拓矢 投球結果
2試合0勝0敗1S
1イニング 打者4 球数23 被安打0 奪三振2
与四死球1 失点0 自責点0 防御率0.00
オープン戦
3月4日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対広島戦 4番手登板


CARP
LIONS
【L】高橋光、○野田、伊藤、豊田、平井-森
【C】大瀬良、●岡田、中田、今村-坂倉
▼本塁打 メヒア3号(L)

★豊田拓矢 投球結果
1試合0勝0敗0S
1イニング 打者3 球数19 被安打0 奪三振2 与四死球0 失点0 自責点0 防御率0.00

西武豊田が鈴木誠也ら連続三振!中継ぎで1軍へ前進
西武豊田拓矢投手(30)が好投した。
4-3の8回に4番手で登板。上本を二ゴロに仕留め、さらに鈴木、高橋大から連続で見逃し三振を奪った。
昨季はプロ入り後初めて、1軍登板なしに終わった。今春キャンプはB班(2軍)スタートだったが、
2月終盤にA班(1軍)昇格。前回2月27日の韓国・斗山戦の3者凡退に続く好投だ。

この日は、直球に切れがあった。
鈴木、高橋大とも、追い込んでから外に140キロ台中盤の直球をズバッと決め、手を出させなかった。
もっとも、豊田本人は「みんな『いい』と言ってくれますが、今年はたまたま出来が早いだけです。今日も高めにいった球が何球かあった。
ファウルになったけど、2死から変化球が抜けてレフトに打たれている。まだまだです」と、気を抜かずに反省を忘れなかった。

2018年3月4日 日刊スポーツ ネット配信
赤坂和幸 28期 現:中日広報
松坂大輔の復活支える「サカス」広報の多忙な毎日
「平成の怪物」の中日加入で一番多忙なのは、この人で間違いないだろう。赤坂和幸広報(28)。
昨年限りで現役を引退し、球団広報に転身した。
じっくり一から勉強を…なんて計画は、先月23日の松坂大輔投手(37)のドラゴンズ入団により吹き飛んだ。
初めて迎えるキャンプは、まるで“専属広報”のように、大忙しの日々を送っている。

まず、松坂のすべての練習に帯同する。球場、ブルペン、陸上競技場など、ファンとの混乱が起きないよう、細心の注意を払う。
3人いる警備員との綿密な打ち合わせも、その一つ。
移動は基本的にはワゴン車で行うため、自ら警備員と交通整理を行うこともしばしばだ。

サイン会でも大活躍。松坂が書きやすいように、ファンの持つユニホームを広げたり、色紙やボールを手渡ししたりと、欠かせない。
松坂も「サカス」(TBSがある複合施設「赤坂サカス」が由来)と呼んで、全幅の信頼を置いている。
「やっぱり、あれだけの実績を残された方ですからね。一緒にいられて光栄ですよ」。新米広報のその表情は充実感でいっぱいだ。

あくまで「専属広報」ではないため、背番号99が練習を終えてホテルに戻ると、今度は通常業務が待っている。
現在は、パソコン操作に慣れることに必死だ。
キャンプ序盤のある日、パソコンを立ち上げると「あ、パスワード忘れた。2週間ぶりだから…」と頭をかいていた。

「みなさん、よくそんなにスムーズに操れますね。どれぐらいで、そんなに出来るようになるんですか」と
報道陣に本気で相談するほど苦戦中だ。
目標はエクセルとワードを習得し、球団リリースをパソコンから配信すること。だが、その道のりはなかなか遠い。

松坂のキャンプでの調整はここまで順調。26日には韓国・ハンファとの練習試合(北谷)で実戦初登板を果たした。
338日ぶりの実戦は、2者連続三振を含む3人斬りで無失点。
1軍登板が1試合に終わったソフトバンクでの3年間とは、別人のような好調ぶりを見せている。
復活へ、赤坂広報のサポートはまだまだ続く。

2018年2月28日 スポーツ報知 記者コラムに掲載
オリックス練習試合
2月26日
オリックス1-1JR九州

JR九州
BUFFALOES
【Bu】榊原翼(37期)、吉田凌、青山、佐藤世、神戸-稲富、フェリベ
【J】佐々、畑中、井上、吉田-牛島、佐野

★榊原翼 投球結果
3イニング 打者10 球数34 被安打1 奪三振1 与四死球0 失点0 自責点0
(1・2回三者凡退の好投!)

★坂本一将 29期 現:オリックス
2打数 0安打 打点0
2018 春季キャンプ情報
※発表があったチームから掲載

巨人 1軍
1月28日~30日 KIRISIMAサンマリンスタジアム 自主トレ
2月1日~13日 宮崎キャンプ 14日 沖縄・那覇に移動
2月15日~28日 那覇キャンプ 沖縄セルラースタジアム那覇他
休養日 5、10、14、19、23日
※2月10日 読売巨人軍宮崎キャンプ60年記念
GIANTSOB VS HAWKSOB戦 KIRISIMAサンマリンスタジアム宮崎にて開催
2軍
1月27日~29日 ジャイアンツ球場 合同自主トレ
2月1日~27日 宮崎キャンプ
休養日 2月5、10、14、19、23日
参加OB
大竹寛 22期
3軍
1月27日~29日 ジャイアンツ球場 合同自主トレ
2月1日~13日 那覇キャンプ
2月15日~3月1日 宮崎キャンプ
休養日 2月5、9、14、19、23日
オリックス 2月1日~3月1日 宮崎キャンプ 宮崎・清武総合運動公園
           (SOKKENスタジアム・清武第2野球場)

ファーム練習試合
清武第2野球場
2月18日(日)13:00 対 セガサミー
2月26日(月)12:00 対 JR九州
2月27日(火)12:30 対 東北楽天

休養日 2月5、9、14、19、23日
参加OB
坂本一将 29期
榊原 翼 37期
阪神 2月1日~28日
1軍
かりゆしホテルズボールパーク宜野座(宜野座村野球場)
2軍
安芸タイガース球場(安芸市営球場)
休養日 2月5、9、14、19、23日

埼玉西武 【A班】
2月1~18日、宮崎・南郷
2月20日~25日 高知・春野
参加OB
豊田拓矢 25期
【B班】
2月1~23日、高知・春野、計29人
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】宮国&大竹&大江が2回無失点で1軍ローテアピール
◆2軍練習試合 巨人1―3広島(24日・サンマリン宮崎)
巨人2軍が24日、サンマリン宮崎で広島2軍と練習試合を行い、宮国椋丞投手(25)、大竹寛投手(34)、
大江竜聖投手(19)がいずれも2回無失点の好投。1軍ローテ入りへアピールした。

宮国は1―1の同点から3番手で登板。「競争に勝てるようにしないと」と話していた右腕は、
先頭のエルドレッドに中前打を浴びたが、許した安打はこの1本のみ。今季からフォームを2段モーションに変更。
リズム良く投げ込み、広島・ドラフト1位捕手・中村奨=広陵高=を遊ゴロに仕留めた。

先発した大竹は「まずは今置かれている状態で結果を出さないと」と話し、
大江も「(2安打されて)課題がまた出たので、まずは修正したい」と気を引き締めた。
先発枠を争う中川が1軍のオープン戦初戦で快投。2軍もこの日が今季初の対外試合だ。
1―3で敗れたが、上を目指す戦いは始まったばかり。2軍投手陣も黙っていない。

2018年2月25日 スポーツ報知掲載
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
西武・豊田がA班、本田らがB班に合流
西武は22日、豊田拓矢投手(30)がA班に、本田圭佑投手(24)、国場翼投手(24)がB班に合流すると発表した。

2018年2月23日 サンケイスポーツ掲載
清水隆行 12期
読売巨人軍宮崎キャンプ60年記念

ジャイアンツvsホークスOB戦
2018年2月10日(土)
12:30試合開始(10:30 開場予定)
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

巨人OB11-3ホークスOB

HAWKS
GIANTS 11
【巨】桑田、江川、宮本、角、槙原、定岡、水野、鹿取、川口、前田、城之内、高橋尚、岡島
【ホ】工藤、山内孝、若田部、加藤伸、山内和、若田部、藤田、斉藤、田之上
【本】堂上(巨=満塁)

ジャイアンツOB
▼総監督 長嶋茂雄
▼投 手 金田正一・堀内恒夫・江川卓・鹿取義隆・角盈男・定岡正二・川口和久・
宮本和知・水野雄仁・槙原寛己・桑田真澄・前田幸長・高橋尚成・岡島秀樹
▼捕 手 森祇晶・大久保博元・村田善則・小田幸平・加藤健
▼内野手 王貞治・中畑清・篠塚和典・原辰徳・駒田徳広・元木大介・仁志敏久・
古城茂幸・藤村大介
▼外野手 張本勲・柴田勲・清水隆行(12期)・堂上剛裕
ホークスOB
▼総監督 野村克也
▼投 手 宅和本司・渡辺泰輔・村上雅則・佐藤道郎・上田卓三・藤田学・山内孝徳・
山内和宏・工藤公康・加藤伸一・斉藤和己
▼捕 手 鈴木孝雄・坊西浩嗣・城島健司
▼内野手 小池兼司・国貞泰汎・藤原満・新井宏昌・山村善則・河埜敬幸・
小川史・湯上谷竑志・小久保裕紀
▼外野手 梶田睦・広瀬叔功・門田博光・山本和範・秋山幸二・岸川勝也・
佐々木誠・松中信彦・柴原洋
清水隆行 12期
桑田氏が先発、クリーンアップは松井氏-王氏-原氏
10日・ホークスOB戦スタメン
巨人の宮崎キャンプ60年を記念して開催される「ジャイアンツvsホークスOB戦」
(10日・サンマリンスタジアム)の両軍スターティングメンバーが9日、発表された。

長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(81)が総監督を務めるジャイアンツOBチームは、
通算173勝の桑田真澄氏(49)が先発、松井秀喜氏(43)、王貞治氏(77)、原辰徳氏(59)がクリーンアップに並んだ。
野村克也氏(82)が総監督のホークスOBチームは、工藤公康ソフトバンク監督(54)が先発マウンドに立つ。

【両軍スターティングメンバー】
◆ジャイアンツOB ◆ホークスOB
1(右)高橋由伸
2(二)篠塚和典
3(中)松井秀喜
4(指)王 貞治
5(三)原 辰徳
6(一)中畑 清
7(遊)元木大介
8(左)清水隆行
9(捕)村田善則
 (投)桑田真澄
1(右)村松有人
2(一)新井宏昌
3(中)秋山幸二
4(三)小久保裕紀
5(左)松中信彦
6(捕)城島健司
7(指)山本和範
8(遊)湯上谷宏
9(二)藤原 満
 (投)工藤公康

2018年2月9日 スポーツ報知 ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】松井秀喜臨時コーチが2軍で訓示 内海、大竹、山口鉄、森福らに金言
巨人の春季宮崎キャンプで臨時コーチを務めている松井秀喜氏が9日、2軍の全体ミーティングで訓示を行った。

練習前のひむかスタジアムを訪れ、ライトの定位置付近で円陣の中心に立ってメッセージをおくった。

今年の巨人2軍キャンプには内海、大竹、山口鉄、森福、宮国、亀井、脇谷、中井など1軍で実績、経験豊富な選手が数多くいる。
大江や星稜高校の後輩になる高木京、北村らとととにゴジラの金言を吸収した。

2018年2月9日 スポーツ報知 ネット配信
木塚敦志 16期 現:横浜DeNA投手コーチ
“左腕王国”と化すDeNA 「偏りすぎ」の声に投手コーチ反論
昨秋のドラフトでDeNAが大学ナンバーワン左腕の東克樹(22=立命館大)を1位で一本釣りした際、
「左が有利といっても、いくらなんでも集めすぎ。逆にアンバランスだよ」と他球団からはそんな声が上がった。

2015年の今永、16年の浜口に続く3年連続の左腕1位指名。14年も同2位で石田を獲得しており、昨年はこの3人が
すべて先発ローテーション入りした。今キャンプで早くも高い評価を受けている東がここに加われば、文字通りの「左腕王国」。
ちなみに左腕4人が2ケタ勝利を挙げれば、球界史上初の快挙ということになる。
それだけ異例といえば異例の構成で、先発ローテの6人で右腕がウィーランド、井納の2人だけということになれば、
確かに「偏りすぎ」という見方もできる。

が、木塚投手コーチはこう言った。

「(15年に)スカウトをやったから分かるけど、これだけ実力のある左腕を揃えるのは簡単じゃない。
いい左がいたら取れというのは定説。今は(各球団に)左の強打者も多くなった。そこを抑えるためには、
左がたくさんいても多すぎるということはない。3年後くらいに(左腕4人が)熟したときに大きな意味をなしてくると思う。
今はそのための土台をつくっていかないといけない段階です」

木塚コーチが言うように、セ・リーグにも左の強打者は多い。
昨季の打率10傑(12人)には7人の左打者が名を連ね、広島の丸は最多安打、田中は盗塁王を獲得して、チームの連覇に貢献した。

「バランスが悪いと言う人もいるかもしれないけど、(石田)健太が率先して今永を、その今永が今度は浜口の面倒を見てくれる。
そういう歴史というか伝統をつくってくれている。競争しながら成長していく環境になっています。
左が多い分、右が手薄になったと言われないようにしないと」

東の獲得を決めた編成責任者の高田GMは「なぁにが左腕王国だ。数が多いだけじゃないか。
全員20勝してから言え」と厳しいが、左腕4人衆はDeNAの大きな武器になりそうだ。

2018年2月6日 日刊ゲンダイ配信
榊原翼 37期 現:オリックス
岡崎、根本、榊原が支援学校で児童たちと触れ合い
オリックスの岡崎大輔内野手(19)、根本薫外野手(19)、育成・榊原翼投手(19)が
キャンプ休養日の5日、宮崎市内のみなみのかぜ支援学校を訪問した。
高卒2年目の3選手は、小学部2年生から6年生の児童たちと的当てや写真撮影などで触れ合った。

交流を終え岡崎は「小さい子の笑顔を見ると初心に帰ったというか、これから頑張ろうと思いました」と力をもらった様子だった。

2018年2月5日 スポーツ報知 ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
由伸監督2軍ブルペン注目 内海、山口鉄、大竹、森福、沢村、宮国ら初日から連投
巨人の高橋由伸監督が2日、春季宮崎キャンプで1軍と同じ敷地内で行う2軍のブルペンを視察した。

2軍は首脳陣の方針で全投手、初日から2日連続のブルペン入りが義務づけられている。
今回は実績、経験豊富な投手が多くファームスタートとなっていて、この日は由伸監督が足を運んで熱視線。
内海、山口鉄、大竹、森福、沢村、宮国、高木京らが力強い球を投げ込み活気にあふれていた。

2018年2月2日 スポーツ報知 ネット配信
【巨人】2軍はベテラン含め全選手に早朝散歩 川相監督、箱根駅伝4連覇の青学大を見習う
巨人の川相昌弘2軍監督(53)が29日、2月の宮崎キャンプでベテランも含めた2軍全選手に早朝散歩を課すと明かした。

実績のある森福、大竹、内海、山口鉄、亀井らが2軍スタートだが特例なし。
若手同様、6時30分に宿舎を出発する。
川相監督は昨年、3軍監督として2月の宮崎キャンプで早朝散歩を実施したが、
同宿だった青学大陸上部は6時前から始動し、今年の箱根駅伝で4連覇した。

「青学もああいう努力が実を結んだ。朝起きて歩いて、自分の体調を知ることは大事。
ベテランは技術はあるわけだから。この世界で少しでも長く活躍するためのお手伝いをする。
全ては選手のため」と、散歩の後にはアーリーワークも導入する考えを明かした。

2018年1月30日 スポーツ報知掲載
セのCS日程は例年通り ファーストステージの予備日は1日だけ
セ・リーグは29日、今季のクライマックスシリーズ(CS)の日程を発表。
レギュラーシーズンの2位と3位が対戦するファーストステージは10月13日、
1位とファーストステージを勝ち上がったチームが対戦するファイナルステージは同17日にスタートする。
ファーストステージの予備日は16日の1日だけで、昨年までと同じ日程間隔となった。

昨年のファーストステージ、阪神-DeNA(甲子園)は悪天候に見舞われ、
試合を消化せずに打ち切りになることを避けるため、第2戦はグラウンドが水浸しの中で強行された。
昨年11月から理事会や担当者会議などで日程の見直しを検討し、予備日を増やす案も出た。
しかし、CSの日程を繰り上げて余裕を持たせると、レギュラーシーズンの追加日程の期間が縮小されるため、
レギュラーシーズンの全日程消化を最優先させた。

CSでは、悪天候などによって試合中止が続いて日程を消化できず、両チームがタイで並んでいた場合、
レギュラーシーズンの上位チームが勝ち上がる。
杵渕和秀セ・リーグ統括は「レギュラーシーズンとCSは連動しており、
CSは上位チームに優位性を持たせたルールであることが大前提」と説明。
「ダブルヘッダーは試合運営やチケットの販売でかえって混乱を招く可能性があるので行わない」とした。

2018年1月29日 サンケイスポーツ ネット配信
坂本一将 29期 現:オリックス
榊原翼
 37期 現:オリックス


オリックスバファローズ
宮崎春季キャンプメンバー

【一軍】38名 投 手/20名
松葉・山岡・吉田一・増井・金子千尋・近藤・西・アルバース・田嶋・
K-鈴木・ディクソン・小林・山本・澤田・黒木・金田・山崎颯・鈴木優・
大山・戸田
捕 手/4名
伊藤・伏見・若月・飯田
内野手/8名
中島・安達・福田・西野・大城・マレーロ・小谷野・山足
外野手/6名
後藤駿太・ロメロ・小田・T-岡田・武田・杉本
【二軍】37名 投 手/17名
山崎福・佐藤達・岸田・東明・塚原・比嘉・本田・海田・齋藤・山田・
赤間・青山・吉田凌・佐藤世・
榊原・神戸・東
捕 手/ 4名
西村・山崎・稲富・フェリペ
内野手/ 10名
宗・縞田・小島・鈴木昂・園部・岡崎・廣澤・佐野・
坂本・比屋根
外野手/ 6名
西浦・宮崎・吉田正・吉田雄・根本・張
パ・リーグも3・30ナイターで開幕 3試合とも午後6時半開始
パ・リーグは26日、試合開始時間の入った今季公式戦の詳細日程を発表した。
3月30日の金曜日にセ・リーグと同時に開幕。当日は日本ハム―西武(札幌ドーム)、ロッテ―楽天(ZOZOマリン)、
ソフトバンク―オリックス(ヤフオクドーム)の3試合が、いずれも午後6時30分開始のナイターで行われる。

5月29日〜6月21日に日本生命セ・パ交流戦を行い、7月13日がオールスター第1戦(京セラドーム大阪)
、翌14日が第2戦(熊本)。クライマックスシリーズ(CS)の日程は後日発表される。

2018年1月26日 スポーツニッポン ネット配信
セ、3・30ナイターで開幕 DeNA主催7試合で午後5時45分開始
セ・リーグは25日、試合開始時間が入った今季公式戦の詳細日程を発表した。

3月30日にパ・リーグと同時開幕。巨人―阪神戦(東京ドーム)、DeNA―ヤクルト(横浜)、
広島―中日(マツダ)のナイター3試合で幕を開ける。

5月29~6月21日に日本生命セ・パ交流戦を実施。
オールスターゲームは7月12日に第1戦(京セラドーム大阪)、翌13日に第2戦熊本)が開催される。
クライマックスシリーズ(CS)の日程は後日発表される。

DeNAは横浜スタジアムでの主催7試合で、昨季より15分早い午後5時45分に試合を開始。
試合後のセレモニーが周辺地域に影響を与えないよう開始時間を早めた。

2018年1月25日 スポーツニッポン ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成、“オフの主役”引退宣言の真意
後継者に森越、伊藤隼、西田を指名

昨季1軍出場ゼロと屈辱のシーズンを送った阪神・今成亮太内野手(30)が夕刊フジに“オフの主役”を引退すると宣言した。

「野球に集中します。今年は去年の悔しさを胸にやります」

明るく気さくなキャラクター。昨年11月のファン感謝デーでは少年隊のヒット曲「仮面舞踊会」を特注衣装に身を包み、
Tバックを履いて熱唱し見事、MVPに輝いた。

しかし、すでに球団関係者には「今年から(コスプレを着てのパフォーマンスは)卒業します」と伝えている。
「役回りを後輩に引き継ぐ時期が来ている。いつまでも僕が目立っても仕方がない。後輩たちに盛り上げてほしい」。
後継者には森越、伊藤隼、西田の若虎3人を指名した。

特にファン感で股間に白鳥をあしらったコスプレを披露した森越は、公式戦でも円陣の盛り上げ役として首脳陣から
一定の評価を受けており、「(伊藤)隼太も西田も、腹をくくって自ら動けるタイプ。
ぜひ新たな歴史を作っていってほしい」と今成は願う。

本業では、日本ハムから2012年シーズン序盤にトレードで阪神に移籍し、一時はレギュラーを張ったが
昨季は移籍後初めて2軍暮らしに終始した。「気持ちだけは絶対に切らさないように」。
今月中旬まで同僚の糸井やソフトバンクの柳田ら、強打者たちとグアムで合同自主トレを敢行。
「下半身の使い方」にヒントを見いだしたという。得意ジャンルを後輩に譲り、野球人生にかける男の決意には並々ならぬものがある。

2018年1月24日 夕刊フジ掲載
「日本生命セ・パ交流戦」は巨人VS日本ハムなど6カードで5・29開幕 
セ、パ両リーグは24日、今季の「日本生命セ・パ交流戦」の試合開始時間が入った詳細日程を発表した。

5月29日に巨人―日本ハム(東京D)、ヤクルト―ロッテ(神宮)、DeNA―楽天(横浜)、
中日―オリックス(ナゴヤD)、阪神―ソフトバンク(甲子園)、広島―西武(三次)の6カードで開幕
(開始はいずれも午後6時)。各チームが1カード3試合ずつの18試合を戦う。

合計勝利数で勝ち越したリーグの6球団と最高勝率球団に賞金が贈られる。

2018年1月24日 スポーツ報知 ネット配信
イースタン日程発表 3・17開幕 135~141試合を予定
イースタン・リーグは23日、今季の公式戦の日程を発表した。
3月17日に巨人―西武(ジャイアンツ)、ヤクルト―日本ハム(戸田)、ロッテ―DeNA(浦安)の3試合で開幕。
ウエスタン・リーグとの交流戦16試合を含めて各球団が135~141試合を予定している。

中止になった場合は再試合は行わず、順位は最終的な消化試合数での勝率で決める。昨季は巨人が優勝した。
10月6日に、ウエスタン・リーグ覇者とのファーム日本選手権が宮崎で予定されている。

春季教育リーグは3月2日から15日まで計21試合が組まれた。

2018年1月23日 スポーツニッポン ネット配信
ウエスタンが日程発表 阪神は3・16ソフトバンク戦で開幕
ウエスタン・リーグは22日、今季の公式戦日程を発表した。阪神は3月16日にソフトバンク戦(タマスタ筑後)で開幕。
4月21日の広島-阪神戦(岩国)は、キズナスタジアム(山口県岩国市)で行われ、
同スタジアムでの2軍公式戦開催は初となる。

イースタンとの交流戦16試合を含め、各球団が131~136試合を予定。阪神は最大で136試合を予定している。
中止となった場合は再試合を行わず、順位は最終的な消化試合数での勝率で決める。

春季教育リーグは、3月3~14日に計18試合を予定。

2018年1月22日 デイリースポーツ ネット配信
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
西武 キャンプ振り分け発表


西武は22日、今春キャンプのA班、B班の振り分けを発表した。

新人、新外国人をのぞけば、中塚、山田、鈴木が初のA班スタートとなった。
辻発彦監督(59)は「(鈴木、山田は)昨年、ファームでも頑張って、秋キャンプでも良いものを見せてくれた。
期待している。初めての経験で得るものがあれば、プラスになる。(中塚は)オーストラリア(のウインターリーグ)にも
行ったし、どんなものか」と話した。

【A班】
2月1~18日、
宮崎・南郷、計39人
▼投手(21人)
ワグナー、増田、大石、菊池、高橋光、多和田、斉藤大、
高木勇、十亀、中塚、野田、平井、小石、岡本、伊藤、
高橋朋、本田、カスティーヨ、武隈、ウルフ、国場

▼捕手(4人)
森、炭谷、岡田、中田

▼内野手(8人)
浅村、外崎、源田、永江、山川、山田、中村、メヒア

▼外野手(6人)
栗山、松井、金子侑、木村、鈴木、秋山
【B班】
2月1~23日
高知・春野、計29人
▼投手(15人)
今井、川越、藤原、与座、佐野、玉村、田村、相内、
豊田★、福倉、南川、平良、松本、藤田、郭

▼捕手(3人)
駒月、藤沢、斉藤誠

▼内野手(5人)
水口、呉、西川、金子一、綱島

▼外野手(6人)
愛斗、熊代、斉藤彰、戸川、坂田、高木渉

2018年1月22日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
巨人がキャンプメンバー発表

巨人は20日、2月1日から「KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園」と
那覇市「奥武山公園・奥武山総合運動場」で行われる春季キャンプのメンバーを発表した。
新人ではドラフト2位・岸田行倫捕手(大阪ガス)、同5位・田中俊太内野手(日立製作所)、
同6位の若林晃弘内野手(JX-ENEOS)が1軍キャンプ入りを果たした。

1軍
35人
◆投手
菅野智之、マシソン、吉川光夫、野上亮磨、畠世周、西村健太朗、田原誠次、
ヤングマン、谷岡竜平、中川皓太、山口俊、カミネロ、池田駿、戸根千明、篠原慎平、
田口麗斗、成瀬功亮
◆捕手
小林誠司、岸田行倫、田中貴也
◆内野手
寺内崇幸、吉川尚輝、坂本勇人、阿部慎之助、岡本和真、マギー、山本泰寛、
若林晃弘、田中俊太、
◆外野手
陽岱鋼、ゲレーロ、長野久
義、橋本到、重信慎之介、松原聖弥
2軍
29人
◆投手
森福允彦、澤村拓一、
大竹寛★、内海哲也、宮國椋丞、桜井俊貴、山口鉄也、高田萌生、
大江竜聖、坂本工宜、高井俊、アダメス、メルセデス、高木京介
◆捕手
大城卓三、河野元貴、高山竜太朗
◆内野手
脇谷亮太、北村拓己、中井大介、辻東倫、吉川大幾、マルティネス
◆外野手
亀井善行、石川慎吾、立岡宗一郎、柿澤貴裕、和田恋、青山誠
3軍
25人
◆投手
杉内俊哉、鍬原拓也、今村信貴、與那原大剛、廖任磊、山川和大、堀岡隼人、巽大介、
山上信吾、田中優大、橋本篤郎、田中大輝
◆捕手
宇佐見真吾、広畑塁、小山翔平
◆内野手
湯浅大、増田大輝、比嘉賢伸、折下光輝、田島洸成
◆外野手
村上海斗、加藤脩平、笠井駿、松澤裕介、荒井颯太

2018年1月20日 サンケイスポーツ ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成 鳴尾浜で自主トレ
ボールを使ったメニューでキャンプインに備える

阪神の今成亮太内野手18日、鳴尾浜でキャッチボールやノックを行い、汗を流した。

グアムでの自主トレでは、走り込みを中心に体作りに励んだ。
「トレーニングはしてきているので。(キャンプインまでは)守備とか、スパイクを履いての練習ですね」。
ボールを使ったメニューを中心に、2月1日に備えていく。

2018年1月18日 デイリースポーツ ネット配信
榊原翼 37期 現:オリックス
育成選手1人1軍C内定
福良監督が、春季1軍キャンプメンバーに、育成選手1人が内定していることを明かした。

「連れて行こうと思っている。おもしろいと思うよ」。コーチ会議を経て最終決定となるが、異例の決定。
「まだ言えない」と名前を伏せたが、高卒2年目の右腕、榊原が有力。支配下登録も見据え、力量を見極めている。

2018年1月18日 サンケイスポーツ大阪版掲載
今成亮太 26期 現:阪神
阪神今成、グアムトレで成果 糸井・柳田らに刺激も
阪神今成がグアムトレの成果を明かした。

14日に帰国し、16日は甲子園、鳴尾浜で練習。「トレーニングと走り込みをしっかりやってきました」と語った。
グアムでともに練習した糸井、ソフトバンク柳田らの打撃を観察し「トップクラスの人たちは共通して前足を強く踏み込んでいた。
右足の踏み込みを強くしていきたい。前に体重移動をしっかりして、打球にインパクトがいくように」と、
1軍出場ゼロに終わった昨季からの巻き返しを図る。

2018年1月17日 日刊スポーツ掲載
清水隆行 12期
読売巨人軍宮崎キャンプ60年記念

ジャイアンツvsホークスOB戦
2018年2月10日(土)
12:30試合開始(10:30 開場予定)
KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎

ジャイアンツOB
▼総監督 長嶋茂雄
▼投 手 金田正一・堀内恒夫・江川卓・鹿取義隆・角盈男・定岡正二・川口和久・
宮本和知・水野雄仁・槙原寛己・桑田真澄・前田幸長・高橋尚成・岡島秀樹
▼捕 手 森祇晶・大久保博元・村田善則・小田幸平・加藤健
▼内野手 王貞治・中畑清・篠塚和典・原辰徳・駒田徳広・元木大介・仁志敏久・
古城茂幸・藤村大介
▼外野手 張本勲・柴田勲・清水隆行(12期)・堂上剛裕
ホークスOB
▼総監督 野村克也
▼投 手 宅和本司・渡辺泰輔・村上雅則・佐藤道郎・上田卓三・藤田学・山内孝徳・
山内和宏・工藤公康・加藤伸一・斉藤和己
▼捕 手 鈴木孝雄・坊西浩嗣・城島健司
▼内野手 小池兼司・国貞泰汎・藤原満・新井宏昌・山村善則・河埜敬幸・
小川史・湯上谷竑志・小久保裕紀
▼外野手 梶田睦・広瀬叔功・門田博光・山本和範・秋山幸二・岸川勝也・
佐々木誠・松中信彦・柴原洋
阪神1軍は宜野座、2軍は安芸 春季キャンプ日程
阪神は8日、春季キャンプの日程と開催場所を発表した。2月1日から28日まで行う。

1軍は、かりゆしホテルズボールパーク宜野座(宜野座村野球場)、2軍は安芸タイガース球場(安芸市営球場)で行う予定。
休日は5、9、14、19、23日を予定している。

また、キャンプのメンバー発表は後日行われる。

2018年1月8日 日刊スポーツ ネット配信