(プロ)
平成23年9月〜12月


無断転載厳禁!


ファームの個人成績発表内容は各球団により異なります
試合結果も翌日発表になることもあります
3軍戦は数日遅れて発表になる場合もあります
ご了承ください

今成亮太 26期 現:北海道日本ハム
今成結婚「自覚と責任感を」
日本ハムは22日、今成亮太捕手(24)が、さいたま市在住の
宇都宮昭栄さん(54=公務員)の次女・裕衣さん(24=会社員)と
結婚したと発表した。
「結婚して守るべきものができ、今まで以上に自覚と責任感を持ちながら
プレーしていくつもりです。野球を第一に考えながらも、家に帰った時には
良き父親として振る舞い、家族を幸せにできるよう頑張ります」と
コメントした。

2011年12月22日 日刊スポーツ ネット配信
福岡ソフトバンク情報
2012年春季キャンプ日程発表

日程
【A組】 2月1日(水)〜2月29日(水)
【B組】 2月1日(水)〜3月 1日(木)


場所
宮崎市生目の杜運動公園(A組、B組とも)

休日
2月4日(土)、8日(水)、13日(月)、17日(金)、22日(水)、※27日(月)
※休日27日はB組のみの予定
休日の日程は、天候などの都合により変更になる場合あり

オープン戦
2月25日(土)C−H(都城)
2月26日(日)H−C(アイビー)
今成亮太 26期 現:北海道日本ハム
プロと交流 近づくゆめ
野球6選手 高校生を指導
プロ野球の現役選手が高校生に技術や思いを伝えるシンポジウム「夢の向こうに」(日本野球機構、日本プロ野球選手会、
日本高野連主催)が18日、愛媛県松山市道後町2丁目のひめぎんホールで開催された。

イベントは2003年から毎年各地で開かれ、県内では初めての開催。
59校の硬式、軟式野球部の生徒と指導者ら1340人がノートとペンを片手に、真剣に耳を傾けた。

パネリストとしてプロ6選手が参加した。北海道日本ハムファイターズから済美出身の鵜久森淳志外野手や、宮西尚生投手、今成亮太捕手。
中日ドラゴンズからは清水昭信投手、谷哲也内野手、中田亮二内野手。バッテリー、野手の2部に分かれ、壇上に立った高校生にコツを教えた。

バッテリーの部では、今成捕手が構え方やセカンド送球を紹介。
「ゲームを作る大事なポジション。どういう球を投げてもらいたいか、構え方で投手に伝えて」と捕手に大切なことを話した。

野手の部では、鵜久森外野手らがバッティングの技などを伝え、「基本的にはまっすぐがいいが、肩さえ開かなければ、
足は横にステップしてもいい」とアドバイスした。

壇上で指導を受けた大洲農の木元竜二君(1年)は「フォームの力の入れ具合や体重の乗せ方が勉強になった」。
西条の田中亮多君(2年)は「中田選手の手が、想像以上にたこがいっぱいでびっくりした。手の厚さも違った」と話した。

シンポジウム後の記者会見で、プロ選手らは「自分から手を挙げる勇気がすばらしかった」
「純粋にうまくなりたいという気持ちが伝わってきた」などと愛媛球児の印象を語った。

2011年12月19日 朝日新聞掲載
横浜DeNA情報
木塚敦志 16期 現:横浜DeNAコーチ
ヘッドコーチに高木氏 DeNAの新体制を発表
DeNAは16日、中畑清監督の下、新球団としてスタートを切る来季のコーチ陣を発表した。
ヘッドコーチには高木豊氏が就任した。スタッフは次の通り。背番号は後日発表する。

【1軍】監督 中畑清(57)=駒大
▽ヘッド 高木豊(53)=中大
▽投手 友利結(44)=興南高
▽同 木塚敦志(34)=明大
▽バッテリー 山下和彦(49)=柳ケ浦高
▽打撃 石嶺和彦(50)=豊見城高
▽同 井上純(41)=東陵高
▽内野守備走塁 白井一幸(50)=駒大
▽外野守備走塁 二宮至(58)=駒大

【2軍】監督 山下大輔(59)=慶大
▽投手 川村丈夫(39)=立大
▽同 岡本克道(38)=柳ケ浦高
▽バッテリー 高浦己佐緒(59)=法大
▽打撃 高木由一(62)=淵野辺高
▽同 波留敏夫(41)=大谷高
▽内野守備走塁 馬場敏史(46)=柳川高
▽同 水谷新太郎(58)=三重高
▽外野守備 中根仁(45)=法大
▽育成 蓬莱昭彦(54)=西南大

2011年12月16日 スポニチ ネット配信
読売情報
来春キャンプ予定発表
巨人は14日、来年の春季キャンプ予定を発表した。
例年通り、2月1日のキャンプイン前に、1軍メンバーが宮崎合同
自主トレを行う。宮崎では18日に広島とオープン戦(サンマリン宮崎)を
行い、19日からの沖縄2次キャンプでは、10日間でオープン戦を含む
7試合の実戦練習(いずれも沖縄セルラー)が組まれている。

1軍のキャンプ休養日は2月6、10、15、20、24、29日。
2軍は1月27日から30日までG球場で合同自主トレを行い、
2月1日から29日の帰京日まで宮崎のみでキャンプを行う。休養日は
2月8、15、20日、27日。いずれも予定で、変更の可能性がある。

2011年12月15日 スポーツ報知掲載
読売情報
春季キャンプ日程発表
巨人は14日、来季の春季キャンプ日程を発表した。
2月1日に宮崎市でキャンプインし、19日からは那覇市で実戦をこなして
開幕に備える。
1軍メンバーはキャンプに先だち、1月27日から宮崎市で
合同自主トレーニングを行う。

宮崎市で1試合、那覇市で3試合のオープン戦が予定され、
その他にも随時、練習試合が組まれる見通し。

2011年12月14日 日刊スポーツ ネット配信
横浜DeNA情報
DeNA OBのデニー友利氏が1軍投手コーチ就任
DeNAの1軍投手コーチとして横浜、西武などでプレーしたデニー友利氏が就任することが13日、分かった。

デニー氏は沖縄・興南から86年ドラフト1位で大洋(現DeNA)に入団。その後、西武、横浜、中日などでプレーし、07年に現役を引退した。

16年間の通算成績は399試合に登板して18勝29敗30セーブ、防御率3・89。西武時代から松坂(現レッドソックス)ら若手投手の
兄貴分として慕われるなど人望も厚く、引退後の08年にはレッドソックスで国際担当顧問兼巡回コーチを務めるなど、米球界事情にも明るい。
日本球界でコーチを務めるのは初めてで、8年ぶりに古巣に復帰する形となる。

今季で4年連続最下位のDeNAは、投手陣の立て直しが最大の課題。防御率もリーグワーストの3・87で、三浦、高崎の5勝がチーム勝ち頭だった。
デニー氏は現役時代、上手投げからサイドスローに転向。先発だけでなく中継ぎ、抑え役とさまざまなシチュエーションでの登板があり指導者としても
その経験が生きるのは間違いない。ブルペン担当は今季に続いて
木塚敦志投手コーチ(34)が務める予定で、
投手陣再建へデニー氏の手腕に大きな期待がかかる。

2011年12月14日 スポニチ掲載
オープン戦日程発表 2・18から108試合
来年のオープン戦日程が13日、セ、パ両リーグから発表された。2月18日の巨人−広島(宮崎サンマリン)を皮切りに、
昨年より6試合多い108試合を行う。中畑監督率いる横浜DeNAは2月25日の巨人戦がデビュー戦で、那覇で行われる。
翌26日には、日本ハム栗山監督との新監督対決が宜野湾で実現する。

その他の新監督を迎えた球団の初戦は、和田監督の阪神が2月19日に那覇で巨人と対戦。
25日には日本ハムが名護で楽天戦、高木監督の中日は北谷でロッテ戦、日本シリーズを制したソフトバンクも25日の広島戦(都城)が初戦となる。

東日本大震災から1年となる3月11日は全6試合を実施する。巨人、阪神、新加盟のDeNAが最多の20試合を行い、最少は楽天の13試合。

開始時間の入った詳細日程は来年1月12日に発表される予定。

2011年12月13日 日刊スポーツ ネット配信
今成亮太 26期 現:北海道日本ハム
今成、来季はレギュラーもガッチリ!!
日本ハムの今成亮太捕手が11日、札幌・狸小路で行われた年末恒例の
「現金つかみ取り」のイベントに参加した。30秒の制限時間内で
ボックスに入った1000円札を何枚つかめるかが勝負。
今成は「最低でも70枚」と意気込んだが、デモンストレーションの
1回目は約40枚と振るわなかった。
だが、参加者にプレゼントする2回目は倍増の79枚をゲット。
「やるときはやる男なので。腕がパンパンになった」と会場を沸かせた。
つかみ取りの感想を聞かれ、「寒さが吹き飛ぶぐらい楽しかった。
帰りは狸小路で温かいスープでも飲んでください」と
商店街のアピールも忘れなかった。

今シーズンは「疲れが出た時にバランスが崩れるなどコンスタントに
調子を維持できなかった」と振り返った。オフは体幹を鍛えバランスを
意識した練習に取り組む予定。
栗山英樹新監督については「さわやかでイケメン」と話し
「僕がブレークすればいいと思う。レギュラー目指し頑張りたい」と
来季の活躍を誓っていた。

2011年12月12日 スポーツ報知掲載
今成亮太 26期 現:北海道日本ハム
今成1000円札つかみ取り
日本ハム今成亮太捕手(24)が11日、札幌市内で行われた
現金つかみ取りに参加した。くしゃくしゃにされた1000円札が入った
箱の中に右手を入れて、つかみ取った枚数は79枚。
この日、つかみ取りに挑戦した一般参加者の6人を抑え、一番多くの
現金をつかんだ。プロ野球選手としてのプライドを見せたが、
「意外とむずかしかったです」と、初体験のイベントを楽しんだ。
また、司会者に野球とどちらがむずかしいかと聞かれ
「現金(のつかみ取り)です」と答え、観衆を沸かせていた。

2011年12月11日 日刊スポーツ ネット配信
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
伊奈町「埼玉西武ライオンズ野球教室」
12月4日(日)、伊奈町記念公園において町内の児童生徒120名を対象に、「埼玉西武ライオンズ野球教室」が開催され、
坂元弥太郎投手、大島裕行選手、鬼崎裕司選手が講師を務めました。

前日からの雨が心配されましたが、児童生徒の皆さんの“野球が大好き”という気持ちが後押しとなり、
当日は晴天の中、野球教室を開催することができました。

最初に投手・内野手・外野手の部門別に分かれ、基本技術の反復練習を行い、続いて所属チーム別に行ったティーバッティングでは、
児童生徒の皆さんが力強いスイングでボールを打ち返し、選手たちも「ナイスバッティング!!」と笑顔で声を掛けていました。

また、児童生徒たちとのふれあいの中で、選手たちもたくさんの元気をもらい、来シーズンの活躍を誓っておりました。

児童生徒たちにとっても、いつまでも楽しい思い出として、また今後の成長への一助につながることを願っております。

児童代表コメント
「前から、今日の野球教室を楽しみにしていました。野球がもっと好きになりました。
今後も毎日練習を続けていき、試合に生かしていきたいです。」

埼玉西武ライオンズ 公式サイトより

当日の模様はこちらから画像を見ることが出来ます
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
内川が野球教室でムチャぶり
ソフトバンク内川聖一外野手(29)ら選手5人が10日、大分県別府市で地元の子ども200人を対象に野球教室を行った。
打撃指導を行った内川は最後の選手代表あいさつで「今から南がみんなの前で歌を歌います」と1年目の南貴樹投手(19)にいきなりムチャぶり。
突然の指名に南はマイクを握り「いざゆけ若鷹軍団」を熱唱して子どもたちの拍手を浴びた。
「自分はカラオケも歌わないので、いきなり言われてびっくりしました」と南は冷や汗をかいていた。

2011年12月10日 日刊スポーツ ネット配信
清水崇行 12期 現:読売
セカンドルーキー(1)清水崇行・二軍打撃コーチ
大観衆の声援とカクテル光線を一身に浴び、グラウンドを駆ける選手たちも、いつかはユニフォームを脱ぐ時が来る。
華やかな現役生活を終え、新たに踏み出した第二の人生に、巨人軍を支える道を選んだ元選手5人の1年を追った。

「さあ、もうひと踏ん張り。頑張れ!」――夕暮れのジャイアンツ球場に、ティー打撃練習のボールを投げ上げる青年コーチの激励が響く。
額から汗を吹き出しながらバットを振り続ける若手選手は、顔を真っ赤にしながらも明るく元気な声につられてほほを緩ませ、また歯を食いしばる。
練習が終わると、いっしょにグラウンドに腰を下ろし、他愛のない話に笑い声が上がる。

選手時代より、ユニホームを着ている時間は長くなった。
「自分を高めれば、チームの勝ちにつながる。だから、現役時代はただ、自分のことだけを考えていればよかった」。
もちろん肉体的な疲労は軽減されたが、打撃コーチとして二軍の選手全体を指導する立場になり、
「考えることも増え、1日を終えると、別ものの疲れがありますね」と笑う。

現役時代は巧打の外野手として活躍。特に、1番に定着して日本一に大きく貢献した2002年の年間191安打は、現在でもチーム最高記録。
優れた打撃技術と理論を持った清水コーチがいつも気をつけているのは、自分の指導を押しつけないことだ。
打撃フォームがみんな違うように、例えば「上からたたけ」と指導しても、バットが出てくる角度はそれぞれ少しずつ異なる。
同じ練習をしても、疲れ方も一人ひとりが違う。「結果としてヒットになればいい。バッティングには正解はないですから」。

09年に現役を引退し、グラウンドから少し距離を取った昨年1年間の評論家生活が、人間的な視野を広げるのに役立った。
14年間の現役生活で培ったものをマイクやペンを通じてファンに伝えるための表現力を学ぶにつれ、視野も広がった。

「人それぞれ」は、選手たちの心の面でもそうだ。教えるタイミングにも気を使う。調子がいい時にアドバイスしても、なかなか素直には聞き入れて
くれない。またその逆の選手もいる。「それを声にして言ってくれると分かりやすいのですが……」。
ふだんのコミュニケーションなどで選手たちの性格をつかみ、なにげない言動や仕草で、自分を必要としているタイミングを見つけて、踏み込む。

しかし、そんな優しい兄貴分が、もどかしく思っていることがある。「ファームの選手たちを全体的に見て、“職業野球”の意識をもっと高めてほしい」。
ジャイアンツのユニホームを着たことだけで、満足してしまっているように感じる選手もゼロではない。
「しかし、プロ野球はここ(ジャイアンツ球場)ではない」と、少し厳しい顔になった。「ファームでクリーンアップに名を連ねて、ホームランを打って、
それを自信につなげるのはいい。でも君たちが夢見ていた舞台は、東京ドームだったはず」
「確かに、プロの世界で成功するのは一握りだが、可能性はゼロではない。そのチャンスをつかむ手伝いをしたい」。
かわいい後輩たちを思うからこそ、厳しい言葉が並んだ。

◆清水崇行(しみず・たかゆき)◆
1973年10月23日生(38歳)
浦和学院高―東洋大―巨人(1996〜2008年)―西武(09年)―巨人(11年〜)
通算成績1485試合、4942打数、1428安打、131本塁打、488打点、2割8分9厘

読売巨人軍 公式サイトより
石井義人 17期 現:読売
前西武・石井獲得「見返したい」背番号「33」
巨人が6日、前西武の石井義人内野手(33)、前楽天・中谷仁捕手(32)、育成枠で前中日の小林高也外野手(27)の獲得を発表した。
石井は年俸1600万円で、背番号は長嶋監督が93年から7年間付けていた「33」に決定。
「自分がもらっていいのかと思いました。西武を見返したいという気持ちです」と意気込んだ。

原監督は「石井選手の持っているオールラウンダー的な役割とキャリアを、存分にジャイアンツで出し切ってほしい」と期待。

2011年12月7日 スポーツ報知掲載 一部抜粋
石井義人 17期 現:読売
石井と契約「西武見返す」
巨人は6日、西武を自由契約になっていた石井義人内野手(33)と来季の契約をしたと発表した。
東京都内の球団事務所で会見した石井は「戦力外になったときには、正直、落ち込んだところがありました。
とにかくこのままでは終われないというのがありました。トライアウトを受けて西武を見返すって気持ちでやってきました。
とにかく打つことが仕事だと思っています」と抱負を語った。背番号は33に決まった。

2011年12月6日 日刊スポーツ ネット配信


前西武・石井と前楽天・中谷を獲得
巨人は6日、前西武の石井義人内野手(33)と前楽天の中谷仁捕手(32)を獲得したと発表した。
東京都内の球団事務所で記者会見し、石井は「打つことが仕事と思っている。早く自分の居場所を見つけたい」と話し、
中谷は「守備面で投手陣をサポートしていきたい」と抱負を語った。背番号は石井が33、中谷が58。

石井は横浜、西武で通算819試合に出場して614安打、打率2割9分2厘。
中谷は1998年にドラフト1位で阪神に入団し、2006年から楽天でプレーしていた。

2011年12月6日 スポーツ報知 ネット配信

巨人、前西武の石井義を獲得 前楽天・中谷も
巨人は6日、前西武の石井義人内野手(33)と、前楽天の中谷仁捕手(32)を獲得したと発表した。年俸はそれぞれ1600万円と1000万円。

背番号が33となった石井は、「打つことが仕事なので、チャンスで打てるようにしたい」と意気込みを語った。
中谷も「守備面で投手をサポートできればいい」と話した。

石井は1996年にドラフト4位で横浜に入団し、2003年に西武に移籍。
05年には定位置を奪取し、125試合で打率・312を記録したが、今季は12試合の出場にとどまった。
中谷は97年にドラフト1位で阪神に入団。06年に楽天に移籍し、今季は11試合に出場した。背番号は58。

2011年12月6日 産経新聞 ネット配信
石井義人 17期 元:埼玉西武
巨人 戦力外の楽天・中谷&西武・石井を獲得
巨人が楽天、西武からそれぞれ戦力外通告を受けた中谷仁捕手(32)と石井義人内野手(33)を
獲得することが5日、分かった。6日にも正式発表される。

第2捕手を務めていた鶴岡が移籍を前提にFA宣言したことを受け、阿部をサポートする捕手の層を厚くすることを目的に中谷に着目。
楽天・野村前監督も認めたリード面などプロ14年の経験を高く評価し、獲得に踏み切った。
また、ミートに定評のある石井は左の代打として、さらに一、三塁を守ることができることを評価。内野の強化を目指し獲得を決めた。
両選手ははともに11月24日の12球団合同トライアウトを受験していた。

2011年12月6日 スポニチ掲載
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹1500万円減「剛腕」から「考腕」へ
「剛腕」から「考腕」に進化!! 広島大竹寛投手が29日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、1500万円減の推定年俸6500万円で更改した。
今季は慢性的な右肩痛の影響で出遅れ、5月下旬に打球が右手を直撃。骨折して長期離脱し、6試合登板で1勝に終わった。

減俸をのんだが収穫もある。10月に1軍復帰すると、先発4試合で好投。23日の阪神戦で復活星を挙げた。
「1球1球、球数を少なく抑えないといけない。考えるようになりました、ケガをして。打者の動きを見たり、粘り強く投げたり」。
故障前は150キロ級の剛速球で押したが復帰後は巧みな投球術が光った。

「スピードボールだけじゃなくても投球できる手応えを感じた。1軍で1年間投げること。もう1回、ローテーション投手に戻れるように。
先発なら2桁勝利が目標」。オフは都内など4カ所の病院を巡り、リハビリ法も学んだ。剛柔を併せ持つ「ニュー大竹」で来年に挑む。

2011年11月30日 日刊スポーツ掲載
大竹寛 22期 現:広島
広島・大竹、1500万円減
「来季2桁勝つ」
広島の大竹が29日、契約更改交渉を行い、1500万円減の
年俸6500万円でサインした。
今季は故障から復帰したばかりの5月に打球を受けて右手小指を
粉砕骨折したこともあり、6試合で1勝1敗に終わった。
「来季は1年間ローテーションを守り、2桁勝って貯金をつくりたい」と
話した。

2011年11月29日 サンケイスポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹が指定球速でファン沸かせる
広島大竹寛投手が23日、マツダスタジアムでのファン感謝デーで
正確無比な「快投」を披露した。
指定された球速の球を投じるコンテストに参加。110キロを狙って
投げピタリ同じ球速を出してみせた。
その瞬間、ガッツポーズ。2万人の来場者を沸かせ「自分でもビックリ。
うれしいですね」。今季は右手骨折のアクシデントもあり1勝止まり。
この日は最優秀選手賞に輝き「優勝を目指しこのチームの力になれるよう
頑張る」と話した。

2011年11月24日 日刊スポーツ ネット配信
パが来季日程発表
プロ野球パ・リーグは24日、2012年シーズンの公式戦日程を発表した。
来年3月30日にセ・リーグと同時開幕し、東日本大震災の影響で
今季の開幕戦を開催できなかった楽天の本拠地、
日本製紙クリネックススタジアム宮城であらためて開幕戦が組まれた。
楽天にとっては球団創設8年目で初の開幕戦が実現する。

楽天−ロッテのほか、今季当初予定されていた開幕カードと同じ
日本ハム−西武(札幌ドーム)ソフトバンク−オリックス
(ヤフードーム)で開幕する。

今季と同様に各チームが交流戦24試合を含む144試合を行う。

2011年11月24日 サンスポ ネット配信
開幕は3月30日!セ・リーグ日程発表
セ・リーグは22日、来季の公式戦日程を発表した。
開幕は3月30日で巨人−ヤクルト(東京ドーム)中日−広島(ナゴヤ)
阪神−横浜(京セラ)が行われる。
各球団の試合数は昨年同様144。全日程終了予定は9月27日。
本拠地球場以外では6月26日からの横浜−ヤクルト2連戦が
3年連続で沖縄開催。
8月28日からの巨人−中日3連戦は秋田、盛岡、郡山で開催される。

2011年11月22日 日刊スポーツネット配信
来年の交流戦日程発表 巨−オなどで開幕
セ、パ両リーグは21日、「2012年セ・パ交流戦」の日程を発表した。5月16日に2年ぶりにセ・リーグの本拠地球場で開幕する。
開幕カードは巨人−オリックス、ヤクルト−ソフトバンク、横浜−西武、中日−ロッテ、阪神−日本ハム、広島−楽天。

各チームは従来通り24試合(各カード4試合でホーム、ビジター各2試合)を行い、交流戦の総試合数は144試合。
6月18〜21日は雨天中止などの予備期間となる。なお、試合開始時間など詳細日程は来年1月に発表される予定。

2011年11月21日 日刊スポーツ ネット配信
契約更改
氏名 球団名 増減 更改日
石井 義人 17期 読売 −71% 12月 6日
坂元弥太郎 21期 埼玉西武 − 4% 11月30日
大竹   寛 22期 広島 −19% 11月29日
須永 英輝 24期 読売 ± 0% 11月17日
今成 亮太 26期 北海道日本ハム + 5% 11月18日
赤坂 和幸 28期 中日 ± 0% 11月25日
南   貴樹 31期 福岡ソフトバンク −10% 11月16日
今成亮太 26期 現:北海道日本ハム
今成、正捕手獲り誓う
日本ハムの今成亮太捕手(24)が18日、正捕手に名乗りを上げた。
6年目の今季は、代打を中心に自己最多の22試合に出場。
千葉・鎌ケ谷の2軍施設で契約更改に臨み、30万円増の620万円で
サインした。来季はキャッチングや配球などの守備面を強化し、
扇の要を務める決意だ。

飛躍を目指し、照準を高く設定した。
「来年はレギュラーを取りにいきたいです」。
今季は3月下旬、昨シーズン105試合に出場した鶴岡慎也捕手(30)が
顔面の陥没骨折で、開幕絶望となり、6月下旬まで1軍に帯同し、
22試合に出場した。
「1球の重みを痛感した。打撃ではミスショットできないし、守備では
1球(のミス)で試合の流れが変わる」。
失敗の許されない舞台で活躍するために、今オフは高い技術を
求めるつもりだ。

鶴岡と大野奨太捕手(24)との差は、自覚している。
「(自分は)捕る、止める、投げる動作のレベルが低い」。
球団は10月のドラフトで、捕手を2人指名した。
「若い選手が入れば、年数を重ねている選手が出られなくなる。
少ないチャンスをものにしたい」。7年目の来季、不退転の決意で臨む。

2011年11月19日 スポーツ報知掲載
石井義人 17期 元:埼玉西武
西武戦力外の石井、トライアウトへ練習
西武を今季限りで戦力外となった石井義人内野手が18日、
埼玉・所沢の西武室内練習場で練習した。
24日にほっともっと神戸で開催される12球団合同トライアウトへの
参加を視野に、マシン打撃で打ち込んだ。
今季は若返りのチーム方針もあって出番が限られただけに
「2軍では3割を打てたし、体はどこも悪くない。まだやれるところを
見せたいので、準備だけはしておきます」と
巻き返しを期す目に力がこもっていた。

2011年11月18日 日刊スポーツ ネット配信
須永英輝 24期 現:読売
須永は現状維持700万円
2軍契約更改スタート
巨人2軍の契約更改が17日、川崎市内のジャイアンツ寮で始まった。
例年はG球場で行っていたが、練習休養日ということもあり、
寮での更改となった。9選手がサインした。

昨オフに日本ハムからトレード移籍してきた須永は、
現状維持の年俸700万円(推定)。
今季は1軍登板がなかったが「ラストチャンスだと思って、
来年こそ1軍に上がって活躍したい。(オフは)柔軟性や
股関節まわりの強化をします」と意気込みを語った。

2011年11月18日 スポーツ報知掲載
須永英輝 24期 現:読売
須永1軍登板なしも現状維持
巨人須永英輝投手が17日、契約更改交渉を行い、現状維持の
700万円でサインした。
昨オフに日本ハムからトレード移籍した期待の左腕だったが
シーズン中、1軍での登板はなかった。
契約後は「来年こそラストチャンスだと思って、1軍に上がることを
目指したい」と背水の覚悟で挑むことを誓った。

2011年11月17日 日刊スポーツ ネット配信
2011年日程
セ・リーグ&パ・リーグ
イースタン・ウエスタンリーグ
フェニックスリーグ
フェニックスリーグ
10月27日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対LG戦 5番手登板

LG
LIONS
【LG】ヤン−ユン、キム
【L】藤原、岡本洋、江草、宮田、坂元−岳野、中田、荒川
▼本塁打 星秀(L)

※個人成績発表なし
フェニックスリーグ
10月25日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対斗山ベアーズ戦 3番手登板

TIGERS
LIONS
【T】岩本、島本、玉置、ザラデー、石川−原口
【L】岸、グラマン、石井一、ミンチェ、岡本篤、坂元、
中崎−銀仁朗、上本、岳野
▼本塁打 中村(L)

個人成績発表なし
大竹寛 22期 現:広島
大竹、復活星!苦難の1年乗り越えた!!
ラストチャンスで今季初勝利をゲットした。
広島の大竹寛投手が今季最終登板となった阪神戦で7回無失点に抑え、2010年6月12日西武戦(西武ドーム)以来の白星をマークした。
マツダスタジアムでは09年10月10日巨人戦以来、743日ぶりの勝利。
今年は打球が当たって右手を骨折するなどの不運もあったが、最後は最高の形で締めくくった。

今季最初で最後のお立ち台。割れんばかりの大声援に、自然と頬が緩む。
「ありがとうございます。本当にうれしいです。たくさんの応援に力をもらいました」。詰めかけたファンに、大竹は大きな声で感謝の気持ちを送った。
そして何度も高々と両手を掲げた。

約2年ぶりに帰ってきた本拠地マツダスタジアムのマウンド。気合が入った。緊張もした。
しかし、試合が始まった瞬間、いつもの自分を取り戻すことができた。
「丁寧に行こう」。力で押すのではなく、きっちりコースに投げ分け、一回を三者凡退に片づけた。

二回は1死からマートンに二塁打を浴びたが、続く森田をチェンジアップと140キロ超の直球で翻ろう。
田上もチェンジアップで軽く料理し、ピンチを乗り切った。

その後も緩急自在の投球で、本塁を踏ませなかった。7回を投げ、球数は88球。
完投ペースではあったが「いいところで代えてあげよう」(大野投手チーフコーチ)という首脳陣の配慮でマウンドを救援陣に託した。

苦難の1年だった。春季キャンプで右肩を痛めた昨年は、わずか3試合の登板。
再起をかけ臨んだ今季はキャンプから慎重に調整し、開幕から約2ヶ月過ぎた5月21日オリックス戦で初戦を迎えた。
だがその1週間後の日本ハム戦で稲葉の打球が右手小指に直撃し、骨折。戦線離脱となった。

復帰に向けてリハビリに取り組んだが、心が折れそうになったことも。
1軍で戦う仲間を横目にもどかしい日々が続き、「気持ちを保つのは難しかった」。
だがトレーナーら裏方のスタッフが懸命にバックアップしてくれる姿に心を打たれ、前向きな気持ちに戻ることができた。
「周囲の人の支えがあったから最後にマウンドに立てたし、今日勝てたと思う」。しみじみと語った。

これで03年から9年連続勝利。「1勝というのはうれしいものだし、頑張ってきてよかった」。
勝つことの難しさを改めて知った大竹。来季こそ、1年間通して完全復活した姿をマウンドで見せてくれ。

2011年10月24日 デイリースポーツ掲載

大竹今季初勝利 2年ぶり本拠登板で完全復活だ!
広島の大竹が7回を5安打無失点、無四球で今季初勝利を挙げた。本拠地での登板は、09年10月10日以来2年ぶり。

ケガに泣かされてきた右腕は「本当にうれしい。たくさんの応援に力をもらいました」と大観衆に向かって喜びの声を上げた。
来季は前田健、バリントンに並ぶ先発の柱として期待される。野村監督は「本人だけでなくチームにも明るい材料」と絶賛した。

2011年10月24日 スポニチ掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹「最高です」今季初勝利
大竹寛投手が、残り3試合でようやく今季初勝利を挙げた。阪神打線を相手に7回を5安打無失点のまとめ、
昨年6月12日の西武戦(西武ドーム)以来、1年4カ月ぶりの白星をゲット。
本拠地マツダスタジアムでの登板も09年10月以来2年ぶりで、お立ち台にあがり「たくさんの応援に力をもらいました。
うれしいし、頑張ってよかった。(本拠地で勝てて)最高ですよ」と笑った。
大竹は昨年のキャンプで右肩を痛め、昨季は1勝。今季も5月に1軍に昇格したが、打球が右手に当たり骨折するなど故障続き。
ようやくの白星に喜びを隠せなかった。

2011年10月23日 日刊スポーツ ネット配信

大竹ようやく今季初勝利
「応援に力をもらいました」
広島の大竹が7回を5安打無失点、無四球で今季初勝利を挙げた。
けがに泣かされてきた右腕は「本当にうれしい。たくさんの応援に力をもらいました」と本拠地の大観衆に向かって喜びの声を上げた。

来季は前田健、バリントンに並ぶ先発の柱として期待される。
大野投手チーフコーチは「彼にとって非常に大きな勝ち星。来季につながるね」と話した。

2011年10月23日 スポニチ ネット配信

広島・大竹が今季初勝利 「頑張ってきて良かった」
広島は23日、阪神に1対0で勝利した。5回1死二塁から東出輝裕のタイムリーで先制し、そのまま逃げ切った。
先発の大竹寛は7回5安打無失点で今季初勝利。9回は今村猛が3者三振に抑えた。

以下は大竹のコメント。
「本当にうれしかったです。たくさんの応援に力をもらいました。ありがとうございます。
(良かった点は?)序盤から、(捕手の)白濱(裕太)と話し合って、二人で頑張って。無四球が良かったと思います。
どの球種も一球一球丁寧にというテーマを持って投げられました。1勝というのは嬉しいものですし、今まで頑張ってきて良かったなと思いました」

広島・野村監督、大竹の勝利は「来季に向けて明るい材料」
野村謙二郎監督のコメント。
「(大竹が久しぶりに勝ったが)ずっと良いピッチングをしてくれて、7回で代えたのは、彼と話して納得した上での交代でした。
ヒットは打たれましたけど、ポイントポイントで良い投球をしてくれましたね。(来季に向けて好材料になる?)先発投手が一枚増えることは、
明るい材料になりますね。野球はピッチャーの占める割合が大きいですから。大竹も今までとは違ったイメージというか、
良い意味で力の抜けた投球ができるようになった感じですね。
前は一生懸命投げすぎて、余計な力が入りすぎていたところがあったので、良い兆しだと思います」

2011年10月23日 スポーツナビ
10月23日
大竹寛 22期 現:広島
対阪神戦 先発登板
今季初勝利!

TIGERS
CARP
【C】○大竹、大島、S今村−白濱
【T】●清原、藤原、白仁田、−藤井彰、清水

★大竹寛 投球結果
6試合1勝1敗0S
7イニング 打者26 球数88 被安打5 奪三振3
与四死球0 失点0 自責点0 防御率1.71

打席結果
1打数 1安打 打点0 打率.286
大竹寛 22期 現:広島
お待たせ!大竹2年ぶりマツダで勝つ!
23日の阪神戦(マツダ)での先発が予想される広島・大竹寛投手が21日、2年ぶりとなるマツダスタジアムでの登板で、
今季初勝利を狙うことを約束した。03年から8年連続で勝利を挙げている右腕はここまで0勝1敗。
09年に3完封を挙げるなど、相性のいい本拠地での今季最終登板で来季へ弾みをつける。

待ちに待った時間がようやく訪れる。地元ファンの大歓声。肌まで伝わる熱気。思い起こすと胸は高ぶった。
09年10月10日の巨人戦以来743日ぶりのマツダスタジアムでの登板へ、大竹が声を弾ませた。

「登板すれば久しぶりなのでうれしい。マツダで投げたい気持ちは強かった。
マツダのカープファンの前で気持ちを込めて投げたいし、なおかつ勝てるように頑張る。勝つ試合を見せたい。ホームなので特にね」

10年春季キャンプの右肩痛から始まった数々の苦難を乗り越え、再び戻ってきたマウンド。2年も待たせた地元ファンへの思いも表現するつもりだ。

0勝1敗で迎える今季最終登板。03年から続く8年連続勝利の記録更新もかかっている。
本人は「(マツダの)マウンドは好きだけど、特にいい印象はない」と言うが、相性は悪くない。
同球場の開場初年度だった09年は12試合に先発し、3完封を含む5勝3敗で防御率2・76。本拠地での登板は追い風となる。

来季につなげるためにも重要な試合だ。今季も2年連続の右肩痛で出遅れた。
さらに登板2試合目の5月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)では、打球を受けて右手小指を骨折。1軍再合流は10月1日だった。

前回登板の16日の阪神戦(甲子園)では右肩負傷後、最速となる150キロを記録。
05〜09年まで5年連続で規定投球回数に到達し、投手陣を支え続けた剛腕は少しずつ本来の姿を取り戻しつつある。
しかし、今季はわずか5試合しか投げていないため、完全復活へ向けて最終登板でわずかな課題でも見つけたい。

マツダスタジアムで行われた練習ではマウンドの硬さをチェック。フォーム確認を中心に約2時間の練習を行った。
「勝てるようにしっかり投げたい。丁寧で粘り強い投球を続けていきたい」。大竹は多くの思いを胸に、本拠地のマウンドに立つ。

2011年10月23日 デイリースポーツ掲載
大竹寛 22期 現:広島
右肩痛から復帰の大竹 最速150キロ「ビックリす」
広島は右肩痛から復帰3戦目の大竹が8回途中7安打2失点。
援護がなく今季初黒星を喫したが、直球は最速150キロを計測するなど完全復活を印象づけた。
本人も「150キロ?自分でもビックリす。ただ、勝ちたかった」と手応えをつかんだ様子。
とはいえチームは今季21度目の零敗で5位が確定。
野村監督は「ファンに申し訳ない。ただ期待できる選手もいる。もっと鍛え、勉強しないといけない」と必死に前を向いた。

▼広島・大野投手チーフコーチ(大竹に)腕も振れていたし、ボールに勢いがあった。このくらい投げてくれればね。

2011年10月17日 スポニチ掲載


広島大竹最速150キロ 来季に手応え
阪神能見、藤川の前にわずか2安打に終わった。
右手小指骨折から復帰3戦目の広島大竹寛投手が7回まで無失点も、8回に2点を奪われ完封負け。
4位阪神を上回る可能性がなくなり、3年連続の5位が確定した。
野村監督は「こういう順位になってファンに申し訳ない。でも、期待できる選手はいるし、もっと鍛えて、勉強させたい」と前を向いた。
最速150キロをマークした大竹はその来季への光明で「今まで2試合のいいところを今日出せました」と、本人も手応えをつかんでいた。

2011年10月17日 日刊スポーツ掲載


大竹、完全復活!2年ぶり黒星も7回0/3、2失点109球!!
広島・大竹寛投手が最速150キロを計測し、剛腕はよみがえった。七回までゼロを並べ、能見との見応えある投手戦を演じた。
7回0/3を2失点で2年ぶりの黒星を喫したが、野村監督は「完全復活来たな〜」と、大絶賛。今季ラスト登板となる次戦こそ勝利で締め、来季へつなげる。

大歓声の敵地甲子園、ヒリヒリする緊張のマウンドが大竹の本能をついに呼び覚ました。
二回2死二塁から能見に対し、復帰後最速の149キロで空振り三振に仕留めた。

三回、右腕はさらにうなりを上げる。2死走者なし、迎えるは好打者・鳥谷。追い込んでから148キロを連発。
フルカウントから投じた球は大台150キロ。四球にはなったが、剛腕がよみがえった瞬間だった。

ピンチは背負ったが、直球の切れ、変化球の精度は今季最高の出来だった。七回までゼロを並べ、能見と息詰まる投手戦を演じた。
「七回まで結果的にゼロで抑えた。走者をためてもいい投球ができた。どの球種でも1球1球、考えて投げられた」と、試合後は手応え十分に振り返った。

続投を志願して臨んだ八回は球威が落ち、甘くなった。先頭の柴田に三塁打の後、鳥谷に四球を与え降板。
後続の青木が打たれ、2年ぶりの黒星がつく結果になったが、納得の109球、7回0/3を7安打2失点だった。

5月28日の日本ハム戦(札幌)で打球を受け、右手小指を骨折。10月1日、巨人戦(東京ドーム)で1軍復帰してから、この夜が3度目の登板だった。
「今まで2試合良かったところをきょうも出せた」。投げるたびに力を取り戻しつつある。

野村監督は「スピードもあり、非常に良かった。完全復活と言えるんじゃないか。復活来たな〜という感じ」と、大賛辞を贈った。

趣味の読書ではサッカー日本代表MF長谷部誠の著書「心を整える。」を読んだ。「心は大事な部分ですよ」と大竹。
昨春キャンプで右肩を痛め昨季はわずか1勝。今季は復帰2戦で骨折。度重なる不運を乗り越えた心は、今後の野球人生にもつながる。

「悔いが残る。もうひと粘りできれば良かった。勝ちたかった。次がまたあれば」と、バスに乗り込む前に次戦を見据えた。
22〜24日の阪神3連戦(マツダ)でのラスト登板が濃厚。
初登板の2003年から8年連続で白星を挙げており、来季へ弾みをつけるためにも勝って今季を締めたい。

2011年10月17日 デイリースポーツ掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹 完全復活の兆し!
7回0/3を投げて2失点
広島の大竹が右手小指の故障から復帰後、最長となる7回0/3を投げて
2点に抑える力投を見せた。
右腕は「走者をためてもいい投球ができた。一球一球考えながら
投げた」と満足そうに話した。

この日の最速は150キロと、10勝を挙げた2009年の時の
ような球威に戻りつつある。
野村監督は「完全復活してきているね。きたな、という感じ」と話した。

2011年10月16日 スポニチ ネット配信
10月16日
大竹寛 22期 現:広島
対阪神戦 先発登板

CARP
TIGERS
【T】○能見、S藤川−小宮山
【C】●大竹、岸本、青木−會澤

★大竹寛 投球結果
5試合0勝1敗0S
7 0/3イニング 打者30 球数109 被安打7 奪三振6
与四死球2 失点2 自責点2 防御率2.04


打席結果
1打数 1安打 打点0 打率.167
フェニックスリーグ
10月13日
須永英輝 24期 現:読売
対斗山ベアーズ戦 3番手登板

斗山ベアーズ
GIANTS
【斗】ジン・ヤゴブ、キム・サンフン、ヤン・ヒョン−キム・ウンミン
【G】)小山、辻内、須永、林、大立−河野、鬼屋敷

★須永英輝 投球結果
イニング 被安打1 奪三振1 与四死球0 失点1 自責点1

斗山先発ジン・ヤゴブ、巨人先発 小山の投げ合いで試合は進んだ。
6回表から巨人は2番手 辻内、7回表から須永と継投策に出るが、
須永がワイルドピッチで1点を失う。
結局これが決勝点となり1−0で斗山が勝利した。
10月11日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対北海道日本ハム戦 2番手登板

LIONS
FIGHTERS
【L】●帆足、坂元、石井一−銀仁朗、上本
【F】○ダルビッシュ−大野
▼本塁打 稲葉12号 中田18号(F)

★坂元弥太郎 投球結果
16試合0勝0敗0S
1イニング 打者4 球数17 被安打1 奪三振0
与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.45
10月10日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対北海道日本ハム戦 2番手登板

LIONS 12
FIGHTERS
【L】○涌井、坂元、グラマン−銀仁朗
【F】●武田勝、多田野、乾−大野、鶴岡
▼本塁打 フェルナンデス15号(L)

★坂元弥太郎 投球結果
15試合0勝0敗0S
1イニング 打者5 球数23 被安打2 奪三振1
与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.57
10月10日
今成亮太
 26期 現:北海道日本ハム
1軍出場選手登録抹消
石井義人 17期 現:埼玉西武
西武 G・G・佐藤が戦力外…
現役続行希望、石井義らも
西武は9日、G・G・佐藤外野手(33)、石井義人内野手(33)、
野田浩輔捕手(33)、岩崎哲也投手(28)、山崎敏投手(30)、
朱大衛投手(23)の6選手に戦力外通告をしたと発表した。
野田は引退してスタッフとしてチームに残り、他の5選手は
現役続行を希望している。
 G・G・佐藤は2004年に入団し、08年には北京五輪に出場した。
昨年に左肩と両肘の手術を受け、今季の1軍出場はなかった。
石井義は横浜から03年に移籍し、今季は12試合の出場にとどまっていた。

2011年10月9日 スポニチ ネット配信
10月8日
大竹寛 22期 現:広島
対東京ヤクルト戦 先発登板

CARP
SWALLOWS
【S】村中、松井光、押本、●松岡、日高、一場−相川
【C】大竹、○青木、岸本、今村−白濱
▼本塁打 栗原17号 松山3号(C)青木4号(S)

★大竹寛 投球結果
4試合0勝0敗0S
6 1/3イニング 打者26 球数114 被安打6 奪三振2
与四死球2 失点3 自責点2 防御率2.04


打席結果
3打数 0安打 打点0 打率.000
石井義人 17期 現:埼玉西武
西武GG佐藤、石井義が戦力外
西武G・G・佐藤外野手と石井義人内野手が来季の戦力構想から
外れていることが6日、分かった。2軍選手は10日から宮崎で
フェニックス・リーグに参加するが、故障者以外は同行することに
なっているメンバーから2人は漏れていた。

G・G・佐藤は08年北京五輪の日本代表メンバー。07年から3年連続
20本塁打以上の大砲も故障に悩まされ、昨年9月に古傷の両肘と左肩を
手術。復活を期した今季は、1軍に1度も昇格できなかった。
05年交流戦首位打者の石井義は今季12試合で打率1割5厘と低迷。
2人は若手起用のチーム方針もあって、世代交代の波にのまれた格好だ。

この日、西武第2球場で練習を行った石井義は「まだ球団から何も
言われてないから、分からない」と話すにとどめた。
9日に球団から通達される見込みだが、ともに現役続行を希望している。

2011年10月7日 日刊スポーツ掲載
10月2日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対福岡ソフトバンク戦 2番手登板

HAWKS
LIONS
【H】○摂津、森福、金沢、Sブラゾバン−細川、山崎
【L】●石井一、坂元、菊池、ミンチェ−銀仁朗、星孝

★坂元弥太郎 投球結果
14試合0勝0敗0S
2 2/3イニング 打者10 球数48 被安打2 奪三振2
与四死球1 失点1 自責点1 防御率2.70
大竹寛 22期 現:広島
大竹4カ月ぶり1軍 5回1失点に手応え

右手小指粉砕骨折のため戦列を離れていた広島大竹寛投手が、約4カ月のブランクを経て1軍マウンドに戻ってきた。
巨人相手に5回を4安打1失点。
最速141キロと、本来の150キロ剛球は見られなかったが「カウントをとる球、勝負する球を考えて投げられた。
(5回投げられたのは)すごく大きいと思う」と手応えをつかんだ。
野村監督も「満足はしていないだろうが、今できる中で試合をつくってくれた」。
逆転負けを喫し、4連敗で借金は「12」に増えたが、来季への収穫はあった。

2011年10月2日 日刊スポーツ掲載


4カ月ぶり先発の大竹5回1失点「手応えはある」
広島の大竹が約4カ月ぶりの先発で5回4安打1失点。5月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)で右手小指に打球を受け、
粉砕骨折と診断されてからの復帰に「久しぶりで不安はあったが5回を投げられた。手応えはある」とほっとした表情だった。

終盤に救援陣が打ち込まれ、チームは敗れたが野村監督も「今、彼ができることの中で試合をつくってくれた」と評価した。

2011年10月2日 スポニチ掲載
イースタンリーグ最終順位
10月1日
順位 チーム
北海道日本ハム 58 45 .563
読売 66 52 .559
東北楽天 57 48 .543 2.0
東京ヤクルト 56 51 .523 4.0
埼玉西武 53 57 .482 8.5
横浜 45 61 .425 14.5
千葉ロッテ 40 62 .392 17.5
大竹寛 22期 現:広島
大竹、復帰戦で5回投げ切る

広島の大竹寛投手が復帰戦で上々の投球を見せた。
5月28日の日本ハム戦で右手小指に打球を受け、粉砕骨折と
診断されてから約4カ月ぶりの先発だったが、5回4安打1失点。
「久しぶりで不安はあったが5回を投げられた。手応えはある」と、
ほっとした表情だった。

直球は140キロ前後だったが、丁寧に投げて試合をつくった。
終盤に救援陣が打ち込まれ、自身の勝ち星は消えたが
「チームが負けたのが悔しい」と話した。

2011年10月1日 日刊スポーツネット配信
10月1日
大竹寛 22期 現:広島
対読売戦 先発登板

CARP
GIANTS
【C】大竹、●永川勝、青木、岸本−石原
【G】○内海、山口、久保−阿部、實松
▼本塁打 赤松1号 石原4号(C)

★大竹寛 投球結果
3試合0勝0敗0S
5イニング 打者21 球数82 被安打4 奪三振0
与四死球2 失点1 自責点1 防御率1.59


打席結果
2打数 0安打 打点0 打率.000
ウエスタンリーグ最終順位
9月29日
順位 チーム
中日 65 33 10 .663
福岡ソフトバンク 60 40 10 .600 6.0
阪神 48 49 14 .495 16.5
オリックス 36 60 12 .375 28.0
広島 39 65 .375 28.0
9月27日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対東北楽天戦 3番手登板

LIONS
EAGLES
【L】○涌井、ミンチェ、坂元−銀仁朗
【E】●塩見、スパイアー、ラズナー−嶋
▼本塁打 浅村8号(L)

★坂元弥太郎 投球結果
13試合0勝0敗0S
1イニング 打者4 球数21 被安打1 奪三振0
与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.60
今成亮太 26期 現:北海道日本ハム
今成1軍昇格で捕手3人制

日本ハム今成亮太捕手が27日、出場選手登録された。
7月1日に抹消されたが、シーズン佳境に入って再び1軍に合流した。
「もし試合に出たら、緊迫感のある中で、自分のできることをしたい」と、
意気込んだ。これで捕手は鶴岡、大野と合わせて3人制となった。
梨田昌孝監督は「これまではキャッチャーのところで代打が
出しづらかった。早い回で出したい場面でも、8、9回で守る人がいなくなる。
代打で行って、そのまま守るということもある」と、積極的な采配を
思い描いていた。

2011年9月27日 日刊スポーツ ネット配信
9月27日
今成亮太
 26期 現:北海道日本ハム
1軍出場選手登録
イースタンリーグ
9月26日
今成亮太 26期 現:北海道日本ハム
対読売戦 今季3号2ラン

10
GIANTS
FIGHTERS
【F】矢貫、根本、林、榎下、菊池、○乾−渡部
【G】笠原、野間口、高木、●林−河野
▼本塁打 今成3号(F)

★今成亮太 打席結果
4打数 1安打 打点2 打率.252
イースタンリーグ
9月25日
須永英輝 24期 現:読売
対北海道日本ハム戦 7番手登板

10 11
FIGHTERS
GIANTS
【F】大塚、林、榎下、乾、菊池−渡部
【G】星野、野間口、藤井、ロメロ、高木、林、須永−河野

★須永英輝 投球結果
1/3イニング 打者1 球数8 被安打1 奪三振0
与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.86
イースタンリーグ
9月24日
須永英輝 24期 現:読売
対北海道日本ハム戦 3番手登板

FIGHTERS
GIANTS X 10
【G】○宮國、朝井、須永、ロメロ、林−河野、鬼屋敷
【F】●吉川、宮本、植村、根本、松家、林−渡部、荒張

★須永英輝 投球結果
イニング 打者3 球数13 被安打0 奪三振1
与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.88
ウエスタンリーグ
9月24日
大竹寛 22期 現:広島
対福岡ソフトバンク戦 先発登板
今季2勝目

HAWKS
CARP
【H】●巽、川原、内田−山下、堂上
【C】○大竹、大島、横山、岸本−會澤
▼本塁打 中谷2号(C)

★大竹寛 投球結果
2勝0敗0S
5イニング 打者21 球数79 被安打6 奪三振4
与四死球2 失点2 自責点2 防御率1.77
イースタンリーグ
9月22日
須永英輝 24期 現:読売
対埼玉西武戦 2番手登板

GIANTS
LIONS
【G】○福田、須永、ロメロ、星野、藤井、野間口−河野、鬼屋敷
【L】●武隈、山本、大石、宮田、岩崎、江草−岳野
▼本塁打 大田5号(G)

★須永英輝 投球結果
1/3イニング 打者3 球数12 被安打1 奪三振0
与四死球1 失点1 自責点1 防御率2.9
ウエスタンリーグ
9月19日
大竹寛 22期 現:広島
対福岡ソフトバンク戦 先発登板

HAWKS
CARP
【H】金、川原、神内、柳川−田上
【C】大竹、永川光、相沢、上野−會澤

★大竹寛 投球結果
4イニング 打者15 球数42 被安打3 奪三振1
与四死球1 失点0 自責点0 防御率1.47
3軍戦
9月18日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対徳島インディゴ戦
2番手登板

HAWKS
徳島
【H】バリオス、南、高橋徹、怜王、内田、有馬、坂田、大田原−山下、猪本

★南貴樹 投球結果
1イニング 被安打2 奪三振0 与四死球0 失点0 自責点0
イースタンリーグ
9月17日
須永英輝 24期 現:読売
対埼玉西武戦 4番手登板

LIONS
GIANTS
【L】○平野、長田、田中、松永、S藤田−荒川
【G】●トーレス、星野、中里、須永、ロメロ−鶴岡、河野
▼本塁打 斉藤1号 高山2号(L)

★須永英輝 投球結果
1 2/3イニング 打者5 球数16 被安打0 奪三振2
与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.77
イースタンリーグ
9月17日
今成亮太 26期 現:北海道日本ハム
対横浜戦 今季2号3ラン

BAYSTARS
FIGHTERS 13
【Yb】●ハミルトン、佐藤、杉原、小林公−松下、つる岡
【F】八木、○オビスポ、松家、根本、植村、斉藤、榎下−今成
▼本塁打 大原淳2号(Yb)今成2号(F)

★今成亮太 打席結果
5打数 3安打 打点3 打率.238
9月15日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対福岡ソフトバンク戦 5番手登板

LIONS
HAWKS
【L】菊池、岡本篤、星野、グラマン、坂元、牧田−星孝、銀仁朗
【H】岩嵜、ブラゾバン、吉川、ファルケンボーグ、馬原−山崎、高谷
▼本塁打 松田22号(H)

★坂元弥太郎 投球結果
12試合0勝0敗0S
1イニング 打者4 球数20 被安打1 奪三振1
与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.76
イースタンリーグ
9月14日
須永英輝 24期 現:読売
対東京ヤクルト戦 2番手登板

SWALLOWS
GIANTS
【S】七条、●平井−新田
【G】笠原、須永、中里、藤井、○ロメロ、林−河野
▼本塁打 隠善1号(G)

★須永英輝 投球結果
1 2/3イニング 打者7 球数29 被安打0 奪三振1
与四死球2 失点0 自責点0 防御率2.87
9月13日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対福岡ソフトバンク戦 3番手登板

LIONS
HAWKS
【L】●石井一、木村、坂元−銀仁朗、星孝
【H】○ホールトン、森福、金沢−山崎
▼本塁打 中島14号(L)内川12号 小久保10号(H)

★坂元弥太郎 投球結果
11試合0勝0敗0S
イニング 打者10 球数42 被安打3 奪三振1
与四死球1 失点1 自責点1 防御率2.93
9月13日
坂元弥太郎
 21期 現:埼玉西武
1軍出場選手登録
大竹寛 22期 現:広島
“大竹復帰”広島逆転CSへの秘策だ


逆転CSへの秘策は「剛腕復活」だ。広島は今日13日から本拠地マツダスタジアムで首位ヤクルトを迎え撃つ。
3位巨人と4・5ゲーム差に開き、巻き返し策として浮上したのが、右手骨折のため2軍調整中の大竹寛投手の1軍復帰プランだ。
前日11日のウエスタン阪神戦で5回1失点と上り調子。早ければ9連戦中の23日横浜戦(横浜)にも復帰する可能性が出てきた。

ラストスパートの態勢に入る野村カープに心強い援軍が加勢する。残り32試合。
逆転でのクライマックスシリーズ(CS)圏内に入るためのウルトラプランは通算52勝右腕の大竹復帰だ。
大野投手チーフコーチも、かつての大黒柱の名前を自ら口にした。

「遠征で大きく負け越した。地元で何とか巻き返したい。うちのチーム状態から言えば、いまを頑張らないといけない。
どういう形がスクランブル態勢になるのか。先発を中継ぎに回す考えもあるけど下(2軍)から上げられる投手がいるのか。
大竹あたりが、だいぶ投げてきているけどね」

大竹は5月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)で打球が右手を直撃し、小指を粉砕骨折して戦線離脱。
約3カ月のリハビリをへて9月4日のウエスタン・ソフトバンク戦(由宇)で実戦復帰した。
申し分のない実績を誇り、本来の球威、勝負勘を取り戻せば、大きな戦力になるのは間違いない。

復帰2戦目だった前日11日のウエスタン阪神戦(佐藤薬品スタジアム)は5回1失点だったが、8四死球を与えるなど制球面で不安を残した。
しかし、105球を投げられたのは大きな収穫だ。
大竹も実戦復帰前から「(9月中の1軍復帰について)そこには間に合わせたいし、多少、無理してでも作っています」と気合十分だった。
週末の17日阪神戦から命運を分かつ9連戦が始まる。大野コーチは「故障者は1軍で投げるまで、だいたい3試合くらい」と話す。
あと1度、2軍での調整登板をへて、順調なら23日横浜戦あたりでの先発復帰が有力だ。

11日の巨人戦(東京ドーム)は必勝リレーの今村、サファテが打たれ、痛恨の逆転負け。3位巨人に4・5ゲーム差と大きく引き離された。
激戦が続き、疲労も蓄積する時期だ。大野コーチは大竹のセットアッパー案も温める。
いずれにせよ、剛腕が戦列に戻れば、投手起用のバリエーションは限りなく豊富になる。

2011年9月13日 日刊スポーツ掲載

右手小指骨折の大竹 4カ月ぶり1軍復帰へ

広島は5月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)で打球を右手に当てて「右手小指基節骨粉砕骨折」と診断された大竹が、
17日からの9連戦中に戻ってくる。

11日のウエスタン・リーグ阪神戦で5回1安打1失点だった右腕について大野投手チーフコーチは「そこ(9連戦)で投げられるなら一番いい。
彼にも意欲があるし準備はしてもらう」と話した。シーズンは残り32試合。激しいCS争いを続けるチームに頼れる右腕が帰ってくる。

2011年9月13日 スポニチ掲載
イースタンリーグ
9月13日
須永英輝 24期 現:読売
対東京ヤクルト戦 2番手登板

SWALLOWS
GIANTS
【S】○山本斉、小野寺、岡本、S一場−西田
【G】●田中太、須永、小山、ロメロ−河野

★須永英輝 投球結果
1 2/3イニング 打者5 球数25 被安打0 奪三振4
与四死球0 失点0 自責点0 防御率2.98
ウエスタンリーグ
9月11日
大竹寛 22期 現:広島
対阪神戦 先発登板

CARP
TIGERS
【C】大竹、小松、●相沢、山野−上村
【T】秋山、○石川、阿部、S白仁田−原口

★大竹寛 投球結果
イニング 打者24 球数105 被安打1 奪三振3
与四死球8 失点1 自責点1
イースタンリーグ
9月10日
須永英輝 24期 現:読売
対横浜戦 3番手登板

10 11
GIANTS
BAYSTARS
【G】星野、中里、須永、ロメロ、○林−加藤
【Yb】大家、福田、佐藤、ハミルトン、●王、大沼−つる岡、新沼、橋本
▼本塁打 田中大6号(G)

★須永英輝 投球結果
2/3イニング 被安打2 奪三振0 与四死球1 失点0 自責点0
イースタンリーグ
9月8日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対横浜戦 3番手登板

LIONS
BAYSTARS
【L】●野上、江草、坂元、武隈−岳野
【Yb】小林寛−つる岡

★坂元弥太郎 投球結果
2/3イニング 打者2 球数10 被安打1 奪三振0
与四死球0 失点0 自責点0 防御率4.21
イースタンリーグ
9月6日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対東北楽天戦 4番手登板

EAGLES
LIONS
【E】菊池、松崎、●井上、有銘−井野
【L】岩尾、武隈、田中、坂元、○松永、S藤田−岳野
▼本塁打 後藤11号(L)

★坂元弥太郎 投球結果
イニング 打者3 球数10 被安打0 奪三振0
与四死球0 失点0 自責点0 防御率4.29
ウエスタンリーグ
9月4日
大竹寛 22期 現:広島
対福岡ソフトバンク戦
先発登板 骨折後復帰初登板

HAWKS
CARP
【H】巽、○大隣、陽、馬原、柳川−猪本、山下
【C】大竹、●大島、林、横山、河内、永川勝−白濱
▼本塁打 江川9号(H)広瀬2号(C)

★大竹寛 投球結果
2イニング 打者9 球数26 被安打3 奪三振1
与四死球1 失点0 自責点0 防御率1.66
3軍戦
9月3日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対三重スリーアローズ戦
2番手登板

三重
HAWKS
【H】バリオス、南、坂田、大田原−加藤領

★南貴樹 投球結果
0/3イニング 被安打0 奪三振0 与四死球2 失点0
大竹寛 22期 現:広島
大竹が帰ってくる!
粉砕骨折から3カ月ぶり実戦復帰
右手小指基節骨粉砕骨折で3軍調整を続けていた広島の大竹が
2日のウエスタン・ソフトバンク戦(由宇)で、およそ3カ月ぶりの
実戦復帰を果たす。

30球をメドに登板後の状態を見て1軍復帰の時期を探ることになるが
「戻りたい気持ちもあるので急ピッチでやってきた」と右腕は早期復帰を
目指す。「小指はもう支障ない。時期が時期なので、試合に投げたい」と
強い意欲を見せていた。

2011年9月2日 スポニチ掲載

広島2軍戦は残念ながら台風の影響で中止となりました