(プロ)
平成28年9月~


無断転載厳禁!

ファームの個人成績発表内容は各球団により異なります
試合結果も翌日発表になることもあります
3軍戦は数日遅れて発表になる場合もあります
ご了承ください


今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成、本塁打で“富士山ポーズ”する「少しでも地元に還元したい」
阪神・今成亮太内野手(29)が30日、埼玉・富士見市の県立富士見高で行われた野球教室に参加(出身高校は浦和学院)。
同市のPR大使として、来季は本塁打後、両手で富士山の形を作る“富士山ポーズ”をすることを決めた。

「あまりホームランを打つタイプのバッターではないですけど、富士山ポーズができたらいい。少しでも地元に還元したいと思う」

チームに貢献する一撃で地元も盛り上げる。今年5月にPR大使に就任し、出身地での野球教室が初仕事。
同市と川越市から参加した10チーム100人超の小学生と触れあい、新パフォーマンスを決めた。

今年は4年ぶりにノーアーチに終わったが、持ち味は打撃。来年1月上旬に糸井らとグアムに飛び、磨きをかける。
「帰ってきて子供たちにいっぱい元気をもらった。地元のためにも頑張りたい」。選手で大使。一石二鳥のアーチをかける。

2016年12月31日 サンケイスポーツ掲載
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成「勝負どころ」で打つ!
“勝利の方程式”崩しからレギュラー奪回へ
阪神・今成亮太内野手(29)が29日、埼玉・三芳町内で開催された元ヤクルト・坂元弥太郎氏(34)主宰の野球教室に参加。
開幕三塁は新外国人のエリック・キャンベル内野手(29)=メッツ=が基本線だが“勝利の方程式”打ちから
レギュラーを奪回する意気込みを語った。

器用貧乏は、もうゴメン。今成の目標は、ただ一つだった。打棒復活-。
“勝利の方程式”崩しから、首脳陣の信頼を勝ち取ることを誓った。

「今年はすごく悔しいシーズンでした。もともと、僕は打撃がウリだとは思う。波があってはいけない。
色々な投手をコンスタントに打ちたいし、七、八、九回の勝ちパターンで起用されている投手を打たないと」

今季は82試合で打率・227、5打点。本塁打は4年ぶりの「0」に終わった。
今季限りで退団したヘイグや、遊撃の椅子を失って三塁にまわった鳥谷の影響をモロに受けた形だが、
持ち味を生かせなかったことに悔しさをあらわにした。

来季は新外国人のキャンベルが最大のライバルにはなる。
金本監督も「4番・三塁」で起用する方針を明かしている。「勝負どころでの一本というところにこだわる」。
広島・中崎、ジャクソン、巨人・沢村らの攻略から巻き返しのシーズンにするつもりだ。

年明けからはグアムで糸井、ソフトバンク・松田らと自主トレを予定。
「せっかく暖かいところでできるので、十二分に走って、ウエートをして、戦える体を作っていきたい」。
徹底した走り込みと筋トレで、助っ人に負けない肉体に鍛え上げるつもりだ。

「打率3割、2桁本塁打は常に目標にしている。若手、若手といわれるけど、中堅がやらないといけない。
責任感をもってやっていきます」

小学生60人を対象にした野球教室では自ら手本を示しながら熱血指導した。三十路のシーズン。名脇役から、卒業する。

★元燕・坂元氏主宰
今成はヤクルトや西武などで投手として活躍した坂元氏について「浦和学院高の先輩で日本ハムでもすごくお世話になった」と話す。
坂元氏は現在、埼玉・三芳町で野球スクール「ベースボールワールド」を主宰。
小中学生を対象に月曜日から金曜日までの午後5時から午後10時まで熱血指導している。
「いかにわかりやすく、かみ砕いて教えるかということを大事にしています」と坂元氏。
問い合わせはアスリートプランニング東京本社((電)03・5937・8460)まで

2016年12月30日 サンケイスポーツ掲載
坂本一将 29期 現:オリックス
瀬川ふみ子が見たルーキーズの素顔
「俺は生き残る!!」
162cm現役最小兵 坂本一将 26歳
浦学→東洋大→セガサミー→石川ミリオンスターズ→オリックス育成4位遊撃手
オリックスに育成4位指名され、来季は現役最小兵選手となる坂本一将内野手(26)。
幼少のころから父の猛特訓で鍛えられ、新宿・歌舞伎町のど真ん中でバットを振りまくり、そして苦労を重ねながらも
必死に野球に食らいついてきた男は、誰よりも“持ってる”男でもある。
来季ルーキーを特集した短期連載も今回が最終回。ついに夢のスタートラインに立った男の素顔を紹介する。

★出会いは15年前

10月のドラフト会議。私は“その瞬間”を見たくてBCリーグ・石川ミリオンスターズの事務所にいました。
選手や関係者の方々とじっと待ち、待ち続け…、育成選手指名で、オリックスの4位、ついに“坂本一将”の名前が呼ばれました! 
ミリオンの端保社長や渡辺監督と握手を交わす一将を見て「ようやくスタートラインに立てた」って目頭が熱くなりました。
一将はリトル時代から見てきたけれど、よくここまできたなって…。

出会ったのは15年も前の武蔵府中リトル時代。
チームで一番小っちゃいけれど、ガッツがあって、とにかく守備がうまい。
そして、大人にも物おじせず「ねーねー」ってタメ語で話しかけてくる人懐っこい選手(笑)。

リトルリーグで日本一になり、世界一になり、武蔵府中シニアでも日本一になりました。いずれもレギュラーとして。
「小柄だし強豪いっても無理じゃない?」って言われながら進んだ浦和学院でも、レギュラーとして3年夏に甲子園出場。
「バットも木になるし、さすがに無理でしょう」って言われた東洋大でも、3年時、守備固めや代走として全試合出場し日本一に貢献しました。

社会人のセガサミーでは1年目からレギュラーをとって、3年連続都市対抗&日本選手権に出場し、日本選手権では準優勝も。
「俺、小学5年のとき、学童のマクドナルドトーナメント(全国大会)にも出てヒット打ってるから、
アマチュアの全世代の全国大会でヒット打ったよ。こんな人いるかな」ってニヤってしていたけれど、本当にいないと思います。

★まさに巨人の星
星一徹ばり熱血指導の父…高2の時に急逝


そんな一将をここまで導いたのは、間違いなくお父さん。
西南学院大で野球をしていた貢さんは、一将が小さいころから星一徹ばりにしごいてた。
自宅は新宿。小学校のころから朝6~8時までと夕方~夜にかけて近くの公園で練習。
「左手でグラブを持って右手でノックを打つ練習はきつかった。返球がちょっとでもそれると捕ってくれなくて自分で捕りにいくの。
雨が降っても屋根のあるところで腹筋・背筋・素振りはやるし、熱が出てもランニングはなくならないんだよ」と一将。

そして夜8時、ヘルメットをかぶりバットケースを背負った一将少年は、歌舞伎町一番街をキックボードを蹴りながら駆けていく。向かう場所は新宿バッティグセンター。お父さんとの熱いバッティング練習だ。「出勤前のホストの隣でよく打ってたよ。お父さんに怒鳴られながらやってたから、周りの人に写真とかムービー撮られてたね」と笑いながら話してた。

そんな熱いお父さんは一将が高校2年の5月に急逝。一将が掲載された高校野球雑誌を買いにいき、自転車で帰宅途中に突然…。57歳だった。「あれはショックだった。心の太い支えが折れちゃった感じ」。お通夜で、小さい体をもっと小さく丸めた一将の姿が今でも目に焼き付いてる。

でも、そこからお父さんとの約束を果たそうという一将の旅が始まった。
地道に努力を続け、社会人時代に少し手応えを感じられるようになったという。
当時セガサミーのコーチをしていた黒川洋行氏に「おまえには足がある。守備をもっと練習してうまくなればプロになれるぞ」と
毎日マンツーマンで練習をしてもらううちに、夢が確実な目標に変わっていった。一将は黒川さんとの出会いが俺のターニングポイントという。

★25歳での決断!!

それまでも節目節目で話をしていたけれど、それから一将と私は1時間でも2時間でも時間が合えば、会って話をするようになった。
小さいころと変わらない「ねーねー」で始まる会話。一将は他の人の前で「プロ」とはあまり口にしなかったけど、
私には「プロになりたい」と口にし、「ふみさんは、そんなに期待をされていなくてもプロ入りした選手を見てきてるよね。
俺はこれからどういう道をいったらいいと思う?」とよく聞いてきた。

そしてほかの何人かにも相談し、一将が出した答えが、社会人野球を辞めて独立リーグからプロを目指すという道だ。
「俺みたいな選手は社会人からプロの支配下で指名される可能性はゼロに近いよね。でも、独立にいって育成でプロにってなったら
可能性は出てくるよね。だったら可能性がある道をいきたい」。
社会人3年目が終わったところで決意。セガサミーも理解してくれ、BCリーグ石川に飛び込んだ。

★実力も運もある

その時点で25歳。
「もう時間がない。1年やってダメなら終わり。捨て身の気持ちで勝負しにいってくる!」と旅立っていった一将は、しっかり結果を出した。
プロから「あの選手、面白いな」って言われる選手になっていったのです。

ドラフト後、「俺が不安に思ってるとき、ふみさんが『プロは実力だけじゃなくて運もないといけない。
でも一将は実力も、“星”も“運”も持ってるからいけると思う』って言ってくれたよね。それを信じてやってこれたよ。ありがとう!」って
言われました。一将は世代世代で優勝してるから、よく「“星”を持ってる」って言われます。
私もそう思うけど、人並みならぬ練習をしているから、“星”や“運”をもっともっと引き寄せてるんだと思います。

そんな男だから、プロに入るだけで終わるわけがないと思ってる。
今までも周りから「無理なんじゃない?」って言われてきたけれど、一将は「見とけよ」っていう強い気持ちを持って臨み、
周りの評価を覆してきました。だから今回も、「162センチでやっていけるの?」って言う人もいるけれど、
きっとやってくれるって私は思います。

「ここからは、いかに生き残れるかが勝負。守備固め、代走、バント要員、なんでもいいから試合に出て、
なんとか生き残るってことしか考えてないよ。俺の生命力、見ててね」って一将。
もちろん、これからも今まで以上に見守り、応援させていただきます!

★新宿生まれの新宿育ち 歌舞伎町でバッティング練習
見た目はチャラいがやるときはやる!!


新宿生まれで新宿育ちの一将、見た目はとってもチャラい(笑)。
よく飲んで、よく遊んで…。でも、どんなに遅くなっても次の日の練習はしっかりやります。遅刻なんてことは一回もない。
見た目から、適当なヤツって思われることもあるけれど、やるときはやる。
シャイだからみんなの前で自主練することはめったにないけど、陰で必死にやっています。

小さいころから練習練習でここまできた一将、今でも練習こそが自信につながっています。
私はそんな一将が大好き。応援したくなるんです。一将はプロの舞台できっと輝く! 信じてます。

★漫画「あぶさん」に“出演”

一将はオリックス新入団発表の際、俳優・柴田恭兵の知り合いということで話題になった。
漫画家・水島新司さん率いる草野球チーム「あぶさん」に所属していた父がそこで恭兵とチームメートだったのだが、
一将はもちろん水島さんとも知り合いで小さいころからかわいがられていた。
そして一将は中学のころ、なんと、「あぶさん」に実名で登場。足だけでプロ入りしたという設定で、球団は中日。
ロッカールームで福留らと会話している姿などが描かれている。

◆あらかると
坂本一将(さかもと・かずまさ)


▼生年月日
1990(平成2)年11月16日生まれ
▼サイズなど
162センチ、65キロ、右投げ左打ち。50メートル5秒9
▼小学1年
淀四ライオンズで野球を始める
▼中学1年
武蔵府中リトルの9番ショートでリトル日本一。ワールドシリーズに出て世界一。公式戦、ショートで何百球も打球を処理して無失策の快挙
▼中学3年
武蔵府中シニアの2番セカンドとして3年夏の日本選手権大会優勝に貢献。ベストナイン受賞。
ジャイアンツカップ準優勝し優秀選手賞。155センチの小柄ながら右翼席に弾丸ライナーのホームランも打った
▼高校
森監督のおとこ気にほれて浦和学院へ。埼玉初の夏3連覇の代。
1年夏はスタンド、2年夏は背番号16でベンチ入り。3年夏は1番ショートで甲子園出場
▼大学
東洋大では1つ上の藤岡貴裕、鈴木大地(ともにロッテ)らと黄金時代を経験。
1、2、3年春にリーグ優勝。2、3年の全日本大学選手権優勝。
3年春の日本選手権でサヨナラ勝ちで優勝を決めた時にホームインしたのが一将
▼社会人
セガサミーでは1番か9番ショートとして3年間レギュラー
▼独立リーグ
石川ミリオンスターズでは1番ショートとして西地区で前後期優勝。
前期の優勝を決めるタイムリー、後期のホーム最終戦ではサヨナラヒット

2016年12月29日 東京中日スポーツ掲載
坂本一将 29期 現:オリックス
162センチの坂本選手 オリックス入り決意新た
プロ野球オリックスに育成4位でドラフト指名され入団する坂本一将選手(26)=石川ミリオンスターズ=は身長162センチ。
現役プロ野球選手で最も背の低い選手となる。「周りより頭二つ小さい中で生き残ってきた。
その経験と生命力が武器」と語り、大阪市内で18日にあった新入団選手会見で瞳をギラつかせた。

東京都出身。武蔵府中リトルで世界一に輝き、浦和学院で甲子園出場、東洋大で日本一、セガサミーで都市対抗出場。
常にアマ球界の中心を歩み、結果を出してきた。だが、プロ入りの夢を語ると、周囲は決まって苦笑したという。
「その身長じゃ難しい」。心が折れなかったのは、反骨心だけが理由ではない。

野球を始めた6歳から、朝な夕なにつきっきりで指導してくれたのは父・貢さん。
厳しい筋トレを課されたが、東京ドームや神宮球場に連れて行ってくれてプロのプレーを間近で見せてくれた。
だが、高校2年の春に心不全で急死。57歳だった。生前の口癖は「大きいやつに負けるな」と「お前はプロに行くんだ」だった。

約束を果たせぬまま社会人3年目となった2015年暮れ、セガサミー退社を決意した。
社会人チームは実質的に育成ドラフトの対象外。安定した環境を捨て、独立リーグBCリーグの石川ミリオンスターズに飛び込んだ。
「年齢的にラストチャンス。今年だめなら野球をやめる」と慰留する会社や家族に訴えた。月給は3分の1になった。

背水のシーズンで打率3割5厘。10月のドラフト会議で、育成4巡目の指名を受けたのは会議が始まってから約3時間後。冷や汗をぬぐった。

大谷翔平選手(日本ハム)や藤浪晋太郎選手(阪神)ら2メートル近い若手の活躍ですっかり大型化が進んだ印象のプロ野球界。
その波にあらがうような、とびきりの小兵となる。「監督が一人いればいいな、と思える選手になる」

50メートル5秒8の俊足と安定した内野守備、遠投106メートルの強肩。二遊間が本職だが、プロでは三塁や外野も守る覚悟だ。
代走、代打にも対応する。当面の目標は支配下登録を勝ち取ること。そして1軍に定着したとき、胸を張って父に報告する。

「ダメなら1年で首になる。また人生をかけたシーズンになる」

2016年12月28日 朝日新聞石川県版掲載


FAで阪神に来て!オリ育成D4・坂本へ柴田恭兵に続きダンカンがエール
熱烈な阪神ファンで知られるタレント、ダンカン(57)が27日、オリックスの育成ドラフト4位・坂本一将内野手(26)
=BCリーグ石川=に熱烈エールを送った。小学校時代から知るルーキーに「FA宣言して阪神へ入れ!」-。それって、ちょっと違うような!?

身長1メートル62しかない。大物俳優・柴田恭兵に激励された。
話題に尽きない育成4位の新人・坂本に、またも熱いメッセージが届いた。発信したのは熱狂的虎党のダンカンだ。

「一日も早く育成から支配下登録になってほしいですね。で、一流選手になって、バリバリのスターになって、
最終的にはFA権を取得して、阪神に来てくれれば言うことなしです」

ムチャな指令も坂本を幼少時代から知っているからこそ。亡父・貢さんはダンカンらが所属する草野球チーム「あぶさん」の一員だった。
「いつもお父さんと一緒に練習に来て、小学校時代からすごく上手かった。お父さんの葬儀で『父を必ず甲子園に連れて行く』と宣言。
本当に浦和学院高時代に約束を果たして、僕らは泣きました」。そんな温かく見守ってきた少年がついにプロに。

「僕のお願いを実現したら、水島(新司)先生も坂本君をよ~く知っているから、漫画に描いてくれるかも。劇的ストーリーですからね」

ドカベン級の傑作になるかも。ただ、FA移籍はオリックスとしてはもう勘弁!

2016年12月28日 サンケイスポーツ掲載
埼玉西武情報
2017年春季キャンプ日程について
2017年春季キャンプの日程が以下のとおり決まりましたので、お知らせいたします。

★A班春季キャンプ(予定)
期間:2017年2月1日(水)~19日(日)
場所:宮崎県日南市南郷中央公園
休養日:2月4日(土)・9日(木)・15日(水)
※休養日は天候等の理由により変更になる場合がありますのでご承知ください。

★B班春季キャンプ(予定)
期間:2017年2月1日(水)~24日(金)
場所:高知県立春野総合運動公園
休養日:2月4日(土)・9日(木)・15日(水)・20日(月)

※休養日は天候等の理由により変更になる場合がありますのでご承知ください。
※日程は変更になる場合がありますので、あらかじめご承知ください。
※参加選手などの詳細は、決まり次第お知らせいたします。

埼玉西武ライオンズ公式サイトより転載
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成、来季こそ「虎男」と叫ぶ!ファンクラブイベントで宣言
阪神・今成は25日、梅野とファンクラブイベントに参加し、来季こそ甲子園のお立ち台で「虎男」と叫ぶことを誓った。
「今年は本塁打を打っていない。打ったら(ソフトバンク)松田さんに『虎男と言え』と
言われているので。来年は虎男と(糸井)嘉男で行きます」。
公約していたセリフに、尊敬する糸井の名も加え、力強く宣言だ。
今年1月、グアムで糸井、松田らと合同自主トレした際に指令が下ったが
今季は82試合で0本塁打で、お披露目の機会はなかった。
それだけに「(ポジションは)どこでもできる状態にしてキャンプに臨む」と
再挑戦に鼻息が荒かった。

2016年12月26日 サンケイスポーツ掲載


今成 クリスマスパーティーを爆笑の渦に
阪神・今成亮太内野手(29)、梅野隆太郎捕手(25)、北條史也内野手(22)、坂本誠志郎捕手(23)が
25日、大阪市内のホテルで行われたクリスマスパティーに参加した。

午前、午後の2部に分かれて、今成、梅野は12時からの午前の部、北條、坂本は18時30分からの午後の部に出演。
ファン参加型のクイズなどで盛り上げた。

中でもムードメーカーの今成がこの日も絶好調。
高山が今季達成した新記録を3つ答えよという問題には「新人安打記録、顔が黒い、顔が織田裕二に似ている」と回答。会場を爆笑させていた。

2016年12月26日 デイリースポーツ掲載
今成亮太 26期 現:阪神
阪神今成「いいヤツなので」退団ゴメスの活躍願う
阪神今成亮太内野手(29)が25日、大阪市内のホテルで催された球団ファンクラブのクリスマスプレミアムパーティーに参加し、
今季限りで退団したゴメスとの健闘を誓った。助っ人が在籍した3年間はウマが合い、ともに盛り上げ役になった。
ゴメスが本塁打を打てば、2人でビートたけしの持ちネタ「コマネチ」をまねたパフォーマンス「コカンセツ」を披露して場内を盛り上げていた。
それだけに「寂しいですね。ゴメスは他のチームに行っても、やれると思う。いいヤツなので」としんみりした表情で言う。

球場を盛り上げたパフォーマンスも“封印”する可能性が出てきた。「ゴメス以外はないと思う。僕のなかでは特別ですね」。
新外国人キャンベルとは、もちろん面識もなく、ライバルでもある。それだけに、ユーモアあふれる笑いはお預けになりそうだ。
ゴメスにはロッテが新外国人候補にリストアップしている。「お互い野球をやるし、頑張っていきたい」ときっぱり言い切った。

2016年12月25日 日刊スポーツ ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成、FA加入の糸井と来年もグアムで合同自主トレ
阪神・今成が24日、甲子園クラブハウスを訪れ、年内の甲子園での練習を打ち上げた。
体を動かした後「きょうで終わりですね。(年末年始は)地元に戻ります」と話した。
例年1月は日本ハム時代の同僚でオリックスからFA加入した糸井と合同自主トレを行っており、来年もグアムへ一緒に行く予定。
近日中に地元の埼玉に戻り、常夏の島でのハードトレーニングに備える。

2016年12月25日 サンケイスポーツ掲載
坂本一将 29期
オリ育成D4・坂本に柴田恭兵の金言「敬語を覚えてから入れよ」

関係あるね!! 
オリックスは18日、大阪市内のホテルで新人選手の入団発表会見を行い、育成ドラフト4位・坂本一将内野手(26)=BCリーグ石川=は
人気俳優の柴田恭兵(65)と知り合いであることを明かした。
球界最小1メートル62のルーキーが名優から金言を授かり、便利屋として早期の支配下登録を目指す。

晴れの入団会見で発覚した。球界最小1メートル62の選手として、大海原に飛び出す育成4位・坂本はスター俳優と“関係あるね”だった。
実は「あぶない刑事」シリーズを代表作にする柴田恭兵とお知り合い。先週、プロ入りのあいさつの際にカッコよすぎる金言を送られた。

「敬語を覚えてから入れよ」-。

サングラスをしながら、発せられたフレーズかは定かでない。が、粋なエールにハートはズキュン! 深く刻み込まれたことは間違いない。

「父が知り合いだったので。小さい頃からキャッチボールとかさせていただいてました」

今は亡き、父・貢さん(享年57)が柴田と同じ草野球チーム「あぶさん」に所属していた縁から、交流がスタート。
「恭兵さん」と慕い、浦和学院高時代に甲子園出場を決めたときには祝い花をもらうなど、たびたび激励を受けてきた。
一日も早く支配下登録を勝ち取り、結果を残すことが最大の恩返しになる。

「身長が周りの選手より、頭2つ小さいのが当たり前。そのなかで生き残ってきた経験と生命力があります」

持ち味は粘り強い打撃と50メートル5秒8の俊足。今季はBCリーグ石川で打率・305(リーグ3位タイの93安打)に19盗塁を記録した。
憧れの選手は華麗な遊撃守備で阪神の永久欠番となった吉田義男氏。「(代名詞の)牛若丸ってかっこいい」と、小さな体に大きな野望を抱く。

「だめなら1年で終わってしまう世界。遊撃と三塁と二塁と外野に代走、犠打すべてできるようになって、
監督が1人いたらいいな、と思える選手になれたら」

26歳の“オールドルーキー”。身長のハンディは「関係ないね」と言わんばかりの活躍を見せ、育成からはい上がる。

2016年12月19日 サンケイスポーツ掲載


オリ育成4位・坂本 座右の銘は親交深い柴田恭兵の名ゼリフ
球界最小兵も関係ないね!オリックスは18日、大阪市内のホテルで、14選手の新入団発表を行い、
育成4位の坂本一将内野手(26=BC石川)は親交がある俳優の柴田恭兵の名ゼリフを座右の銘とし、プロの世界で生き残ることを誓った。

同期の13人と比べてもひときわ小柄。1メートル62は来季はプロ野球最小兵となる。
だが、坂本はハンデとは思っていない。幼少時から肝に銘じてきたのは、07年に他界した父・貢さんの「大きいヤツには負けるな」の言葉。
父はかつて漫画家・水島新司氏率いる草野球チーム「あぶさん」に所属。
そこで柴田恭兵とチームメートとなり、坂本も幼い頃から一緒に野球をし、柴田邸でも遊んだという。

大物俳優相手にも「友達ですね。恭兵さんと呼んでます」。
父亡き後も頻繁に連絡を取り、プロ入りに際しては「ちゃんと敬語を覚えてから入れよ」とエールを送られた。
出演映画、ドラマはほぼ全て観賞。もちろん「あぶない刑事」シリーズはお気に入りの一作だ。

坂本は武蔵府中リトル時代には世界一に輝いた経歴を持つ。
本職は内野手ながら、昨季所属したBC石川では外野も練習。足と守備を磨き続けてきた。
「監督が“1人いたら助かる”と思える選手になりたい。年齢上、1年ダメだったら終わり」と持ち前の反骨心で生き残る覚悟だ。

大きな夢がある。「活躍したら、絶対に言いたい」。支配下登録を勝ち取り、お立ち台の上から「関係ないね!」と叫ぶ。
憧れの名俳優と同様に千両役者の道を歩んでみせる。

◆坂本 一将(さかもと・かずまさ)
1990年(平2)11月16日、東京都出身の26歳。小1から野球を始め、浦和学院では3年夏に甲子園出場。
東洋大、セガサミーを経て16年はBCリーグ・石川でプレー。今季は打率.305、29打点、19盗塁。
1メートル62、65キロ。右投げ左打ち。

▽球界の小兵選手
今季の現役選手(育成含む)で最低身長は西武・水口とDeNA・内村の1メートル63。
近年では07年まで中日に在籍した内野手の鎌田圭司が1メートル62だった。
歴代では、阪急・浜崎真二投手と中日・忠治内野手の兄弟がともに1メートル56で最も低かったとされる。

2016年12月19日 スポーツニッポン掲載

【オリックス】身長162cm育成ドラ4坂本、「関係ないね」柴田恭兵と親交
オリックスの新入団会見が18日、大阪市内のホテルで行われた。
球界最小兵となる身長162センチの育成ドラフト4位・坂本一将内野手(26)=BC・石川=は、俳優・柴田恭兵(65)と
親交があることを明かし、支配下登録を勝ち取り、お立ち台で柴田の決めぜりふ「関係ないね」のパフォーマンスを披露することを誓った。

坂本から「恭兵さん」と名前が出た。「先週も会いました。友だちですね」。「恭サマ」の愛称で親しまれる大物俳優。
かつて缶コーヒーのCMで話題になった名ぜりふ「関係ないね」について問われると、
「知ってます。それいいっすね。活躍すれば使います!」とお立ち台での披露を誓った。

西南学院大で4番を張った父・貢さんは、坂本が浦和学院高2年の夏に亡くなった。
生前、漫画家・水島新司氏(77)の草野球チームに所属し、プレーしていた柴田と親交が深まった。
「ちゃんと敬語を覚えて(プロに)入れよ」。8年越しのプロ入りの夢を温かく祝福してくれたという。

柴田主演の「あぶない刑事」シリーズは大好きな作品。
付き合いは20年以上で、自宅や映画の試写会にも招待してくれた。
「恭兵さんは野球好きで、キャッチボールもしました。ダメなら1年で終わってしまう。
一日一日が修業のつもりでやりたい」と支配下選手登録への覚悟を口にした。

本職は二遊間ながら三塁、外野と万能型を目指すつもりだ。身長162センチは球界最小兵。
6歳から一日1時間の坂道ダッシュを重ね、足の回転を速くするために努力してきた。50メートル走は5・8秒。
「二遊間を見ておけ。大きいやつに負けるな」。子どもの頃、毎日のように連れて行ってもらった東京Dのネット裏。
57歳で他界した父の言葉は今でも大切にしている。「監督に『1人いればいいな…』と思われる選手になりたい」。
26歳で立つ夢舞台。年齢や体格なんて、関係ないね。

2016年12月19日 スポーツ報知掲載

オリ育成4位坂本 球界最低162センチも「関係ないね」
恩人・柴田恭兵に下克上誓う
オリックスは18日、大阪市内のホテルでドラフトで指名した14選手の入団会見を開いた。
育成4位の坂本一将内野手(26)=BCリーグ石川=は、球界最低身長からの下克上を誓った。

ズラリと並んだ新入団選手の一番端から声を上げた。
「8年くらいかかってプロに入れた。やっとここまで来られたかという気持ちです」。負けん気の強さをのぞかせた。

体は小さいが心強いバックアップがある。高校2年の夏に心不全で急死した父・貢さんの友人、俳優・柴田恭兵だ。
父が草野球チーム「あぶさん」に加入していた縁で、チームメートだった柴田とは子供のころから付き合いがある。
年に1回は必ず会い、ことあるごとに支えてくれた父親代わりのような存在だ。
先週もプロ入りを報告し、キャッチボール。「敬語覚えてから入れよ」の珍アドバイスももらった。

身長にばかり注目が集まる。
「そりゃデカイ方がいいですよ。でも“関係ないね”って言えるよう頑張ります」と名セリフで締めていた。

2016年12月19日 デイリースポーツ掲載

柴田恭兵と知り合いオリ育成坂本は小兵も関係ないね
あぶない育成新人現る!? オリックスの新人選手入団会見が18日、大阪市内で行われ、支配下9人と育成5人の計14人が出席。
育成4位のBCリーグ石川・坂本一将内野手(26)は、俳優の柴田恭兵(65)が古くからの知人でプロ入り前に激励された。
身長162センチは現役で最も小さい選手となるが、“関係ないね”とばかりに早期の支配下登録を勝ち取るつもりだ。

プロ入りという長年の夢をかなえた坂本が、意外なつながりを明かした。
柴田といえば映画化もされた主演ドラマ「あぶない刑事」などの代表作がある大物俳優。
坂本は「恭兵さん」と呼び、父のように慕っている。「先週も会いましたよ。ドラフト指名されて電話で連絡はしましたけど、
あいさつに行けてなかったので」。柴田からは「良かったね。プロ入りの前にちゃんと敬語を覚えろよ」と激励されたという。

実父の貢(みつぐ)さんと柴田が草野球のチームメートだった縁で、坂本も子供のころから知り合い。
「1年に1回は絶対に会います。キャッチボールもやりますよ。甲子園に出た時とか、節目で花を贈ってくれたりしました」。
貢さんは高2の5月に57歳で心不全で急死。かなり落ち込んだが、柴田の励ましも支えになった。

柴田と言えば缶コーヒーのCMでも使われた「関係ないね」のせりふが有名。
坂本にとっては162センチの身長や26歳という年齢のハンディも“関係ないね”と言いたいところ。
「周りより頭1つ、2つ小さいことが当たり前。その中で生き残った経験と生命力で頑張りたい。
年齢も年齢だし、ショート、サード、セカンド、外野、代走、バント…。
すべてできるようになって、監督が『1人いたらいいな』と思うような選手になりたい」。

本職は二遊間だが、ドラフト指名された時に備えて三塁や外野も個人特訓してきた。50メートル5秒8の足と、粘り強い打撃が売り。
早く1軍デビューを果たし「恭兵さん」にも喜びの報告がしたい。

◆坂本一将(さかもと・かずまさ)
1990年(平2)11月16日、東京都生まれ。6歳から「武蔵府中リトル」で野球を始める。
浦和学院で2、3年の夏に甲子園出場。東洋大からセガサミーを経て、BCリーグ石川へ。162センチ、65キロ。右投げ左打ち。

◆小柄選手 オリックス育成4位の坂本は身長162センチ。
育成選手を含めて16年シーズンで最も身長が低かったのは西武水口とDeNA内村(今オフに戦力外)の163センチ。
新入団選手でも162センチ以下の選手はおらず、来季は坂本が最も小柄な選手となる。

2016年12月19日 日刊スポーツ掲載
榊原翼 3年、坂本一将 29期
「オリックス 新入団発表記者会見」
オリックス1位山岡「スライダー見て」新人談話一覧
オリックスの新人入団会見が18日、大阪市内で行われ、支配下選手9人と育成選手5人の計14人が
プロ入りへの抱負を語った。

ドラフト1位の東京ガス・山岡泰輔投手(21)は172センチの小柄ながら社会人ナンバーワン右腕との
評価が高く、開幕ローテ入りも期待される。

「小さい体を大きく使って打者に攻め込んでいくのが売り。一番自信を持っているスライダーを
見てもらえれば」と意気込んだ。

福良淳一監督(56)は「この14人がチームの戦力になってくれることを期待しています。この世界は競争。
キャリア、年齢は関係ない。実力あるものが1軍に上がっていく。頑張ってもらいたい」と話した。

2位の立正大・黒木優太投手(22)「プロでも小さくならず、気迫のこもった投球をしていきたい」

3位の花咲徳栄・岡崎大輔内野手(18)「走攻守3拍子そろった選手を目指して頑張りたい」

4位の都城・山本由伸投手(18)「球界を代表する金子千尋投手のようになりたい」

5位の日本生命・小林慶祐投手(23)「どんな形でもいいのでチームの勝利に1つでも貢献したい」

6位の敦賀気比・山崎颯一郎投手(18)「1日も早く1軍に上がって、尊敬する
(日本ハム)大谷選手と対戦したい」

7位のホンダ鈴鹿・飯田大祐捕手(26)「中大の先輩である阿部慎之助さんのような
チームに欠かせない捕手になりたい」

8位の立大・沢田圭佑投手(22)「スタミナには自信がある。しっかり地に足をつけて頑張りたい」

9位の霞ケ浦・根本薫投手(18)「二刀流ではなく、投手として一流になれるように頑張っていきたい」

育成1位の日本経大・張奕(ちょう・やく)外野手(22)「いとこの陽岱鋼選手が目標。
1日も早く支配下登録されるようにしたい」

★育成2位の浦和学院・榊原翼投手(18)「ダルビッシュさんのように全球種で勝負できる投手になりたい」

育成3位の立正大・神戸文也投手(22)「プロの1軍でも(2位指名)黒木-神戸のリレーが
実現できるように頑張りたい」

★育成4位のBCリーグ石川・坂本一将内野手(26)「年齢が上だし、ダメなら1年で終わってしまう
厳しい世界。早く1軍で出られるように頑張りたい」


育成5位の明大・中道勝士捕手(22)「古田敦也さんのように打って守れる選手になりたい」

2016年12月18日 日刊スポーツ ネット配信

榊原翼 コメント全容
Q:ユニフォームに袖を通した感想は?
A:まずは素直にうれしいと共に、ここからだなという気持ちです。

Q:セールスポイントは?
A:気持ちを全面に出した投球を見ていただきたいです。

Q:目標とする選手は?
A:ダルビッシュ有選手です。気持ちを全面に出すところもですが、全球種で勝負できるという投手になりたいからです。

Q:同じ埼玉で戦った高橋昂也投手(カープ2巡目指名)へのライバル心は?
A:最後の夏、高橋投手は甲子園へ行き、自分は予選で早く負けてしまい、一度も対決はできませんでしたが、
早く一軍に上がってプロのマウンドで高橋投手と対決したいです。

Q:2017年シーズンの目標は?
A:早く支配下登録されて、今まで携わってくれた方々に恩返しがしたいです。

坂本一将 コメント全容
Q:ユニホームに袖を通した感想は?
A:8年かかってやっと着る事ができたので、ここまでこれたかという気持ちと、いっきにやる気がでました。

Q:セールスポイントは?
A:身長が低い中でこれまで生き残ってやってこれた経験と生命力です。

Q:2017年シーズンの目標は?
A:年齢が上なので駄目だったら1年で終わってしまう世界なので、1日1日を修行のつもりで、
早く試合で出る事ができるようにがんばります。

オリックス・バファローズ公式サイトより転載
須永英輝 24期 現:北海道日本ハム打撃投手
【決断】ハム・須永、遠かったプロ1勝 亡き父の言葉を胸に次の人生へ
決断2016ユニホームを脱いだ男たち=日本ハム・須永英輝投手(31)

昨年7月24日。須永の携帯電話に何度も着信があった。兄・豊さん(33)からだった。

「お父さんが危ない。すぐ帰ってこい」。メールも届いていたが、気づかなかった。
その日は夜も遅かったため、翌朝、球団に報告し、遠征先の成田から都内の実家へ向かった。父・均さんはすでに帰らぬ人となっていた。70歳だった。

03年に日本ハムにドラフト2巡目で入団。10年に巨人に移籍し、15年途中に再び日本ハムに復帰した。
古巣復帰を一番喜んでくれたのは、ほかならぬ父だった。

「良かったな、お世話になった球団で。もう一度、戻してくれる球団なんてなかなかないぞ」

亡くなる1カ月前までは元気だった。だが、ある日、息苦しさを訴えて病院で診察を受けると、肺がんが発覚した。
5年前に発症した舌がんはすでに完治していたが、再び訪れた病魔に打ち勝つことはできなかった。

天国の父に白星を届けたい。
背水の覚悟で臨んだ今季だったが、2月の沖縄・国頭村(くにがみそん)での2軍キャンプ2日目の朝に巨人時代から悩まされた
頸椎(けいつい)のヘルニアによる首痛が再発した。「リュックを背負った瞬間に(痛みが)来た。
2週間以上、走ることもできなかった」。大きく出遅れた。その後、症状が治まり、夏場には2軍で最速146キロを計測するなど
調子は上向いたが、再び首痛を発症した。今季は一度も1軍に昇格することができず、戦力外通告を受けた。
日本ハムからは来季の打撃投手を打診され、1週間ほど考えて受諾した。プロ通算13年間で白星なし。
不思議と現役続行への気持ちは芽生えなかった。

「プロの世界で1勝はしたかったけど、詰めが甘かったね。最後まで粘りきれなかったのかな」。
プロ2年目の05年9月27日ロッテ戦(札幌ドーム)では9回無失点の快投を見せたこともあった。それでも白星は付かなかった。
「打撃投手は難しい。不安ばっかりだよ」と恥ずかしそうに笑う。気持ちはすでに次の人生に切り替わっている。
まだ腕は振り続ける。父もきっと天国で見守ってくれている。

◆須永 英輝(すなが・ひでき)
1985年(昭60)10月28日、東京都生まれの31歳。
浦和学院ではエースとして甲子園に3度出場。03年ドラフト2巡目で日本ハムに入団した。
10年オフに巨人にトレードで移籍し、15年6月に再びトレードで日本ハムに復帰。
プロ通算13年間で30試合に登板し、0勝3敗、防御率7・71。1メートル81、85キロ。左投げ左打ち。

2016年12月14日 スポーツニッポン掲載

須永均氏のご冥福を心からお祈りいたします
【巨人】3月に伊勢で「沢村栄治生誕100年記念試合」
巨人が来年3月の日本ハムとのオープン戦(伊勢)を「沢村栄治生誕100年記念試合」(仮称)として開催することが12日、分かった。
この日、NPBから来季のオープン戦日程が発表され、3月22日の日本ハム戦を故・沢村栄治氏の故郷、三重県伊勢市の
倉田山公園野球場で行うことが決定。「沢村賞」の由来にもなった大投手の功績をたたえ、当日は様々な催しが行われることになりそうだ。

来季の巨人は、生誕100年を迎える沢村氏の生まれ故郷での一戦を経て、シーズンに挑むことになった。
伊勢市の協力もあり、開幕を9日後に控えた日本ハムとのオープン戦を記念試合として開催。同氏の活躍を紹介するコーナーの設置など、
複数の催しが検討されている模様だ。

伊勢市(当時は宇治山田市)出身の沢村氏は1934年、来日したベーブ・ルース、ルー・ゲーリッグら名選手を擁する大リーグ選抜相手に
8回1失点、9奪三振の快投。日米に大きな実力差があった当時、弱冠17歳の右腕が見せた投球は今でも伝説として語り継がれている。
3度の無安打無得点試合達成などプロ野球黎明(れいめい)期を支えながら、27歳の若さで戦死。
倉田山公園野球場前には沢村氏の像が建立されている。

14年には球団創設80周年記念事業として、同地で行われた3月10日の阪神とのオープン戦で、巨人の首脳陣、選手全員が沢村氏の
永久欠番「14」のユニホームを着用。小林が満塁アーチをかけ、球場を大いに沸かせた。
阪神側も草創期を支えたエースで伊勢市出身の故・西村幸生氏が付けた背番号「19」を全員が背負った。今後の調整次第となるが、
3年ぶりに永久欠番「14」がよみがえる可能性もある。「地元ファンの皆様と巨人軍の草創期を支えた偉大な先輩をしのび、
プロ野球の現在までの発展を喜び、明るい未来を語り合う機会にしたい」と久保球団社長。注目を集める一戦となりそうだ。

2016年12月13日 スポーツ報知掲載
来年のオープン戦日程発表
日本ハムと中日が最多の20試合
プロ野球のセ、パ両リーグは12日、来年のオープン戦日程を発表した。

 2月25日に日本ハム-阪神(名護)、中日-広島(北谷)、ヤクルト-ロッテ(浦添)、巨人-DeNA(沖縄セルラー那覇)で開幕。
3月26日まで、今年より9試合多い全107試合が行われる。
もっとも多いのは日本ハムと中日の20試合、少ないのは辻新監督を迎えた西武の13試合となった。

2016年12月12日 サンケイスポーツ ネット配信
契約更改
氏名 球団 増減 更改日
豊田拓矢 25期 埼玉西武 -15% 12月 7日
今成亮太 26期 阪神 - 5% 11月29日
大竹 寛 22期 巨人 -30% 11月24日
赤坂和幸 28期 中日 -23% 11月11日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
1月9日(月・祝)西武本川越ペペ新春トークイベント

参加選手:豊田 拓矢投手

開催日時:2017年1月9日(月・祝)14:00~15:00
会場:西武本川越ペペB1 ペペプラザ


参加方法:2016年12月9日(金)~12月19日(月)までの期間中、ぺぺ館内でのお買いあげレシート1会計2,000円(税込)以上を
1F西武プリンスクラブカウンターにお持ちいただいたお客さまに、特別観覧席抽選応募用紙をお渡しします。
抽選応募用紙に西武プリンスクラブカードのお客さま番号をご記入のうえご応募いただいた方の中から抽選で25組50名さまに
特別観覧席整理券およびサイン色紙抽選参加券をご郵送。
トークイベントの最後に抽選参加券をお持ちの中から抽選で10名さまに、サイン色紙プレゼントと握手・記念撮影を行います。

埼玉西武 公式サイトより転載

※なお、抽選にはずれた場合でも当日立見でご観覧いただけます。
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
【西武】豊田、170万円ダウンの年俸950万円でサイン「投げる体力をつけたい」
西武の豊田拓矢投手(29)が7日、埼玉・所沢市の西武プリンスD内で契約更改交渉に臨み、
170万円ダウンの年俸950万円でサインした。

右肩痛の影響で出遅れた3年目の今季はシーズン途中に1軍に昇格し、中継ぎで6試合に登板した。
来季に向けて「連投すると球のスピードが落ちる。投げる体力をつけたい。秋季キャンプで投げ込みが出来た。
1500球くらい投げました」と手応えを感じていた。

2016年12月7日 スポーツ報知 ネット配信


西武・豊田 170万円減の950万円でサイン「1軍に居場所見つける」
西武の豊田拓矢投手(29)が7日、西武プリンスドームで契約更改交渉に臨み、170万円ダウンの950万円でサインした。

3年目の今季は、右肩痛が回復したシーズン後半に1軍に昇格。
中継ぎで6試合に登板し、防御率1・50という成績で「ケガがよくなってきたのは8月で遅すぎた」と振り返った。

来季は中継ぎとして1軍でフル回転することが目標で「秋のキャンプでも1500球ぐらい投げ込んだ。プロに入って今が一番(状態が)いい。
まずは1軍で居場所を見つけられるように頑張りたい」と意気込みを語った。

2016年12月7日 スポーツニッポン ネット配信
【巨人】春季キャンプ日程発表
2月1~12日・宮崎、14日~3月1日・沖縄

巨人は7日、来年2月の春季キャンプの日程を発表した。スケジュールは以下の通り

【1軍合同自主トレ】
1月27日 1軍キャンプメンバーが合同自主トレのため、宮崎入り
1月28日 合同自主トレ開始(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎ほか、1月30日まで)
1月31日 休養日

【春季キャンプ・練習試合日程】
2月1日 宮崎キャンプイン(KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎ほか、2月12日まで)
2月13日 沖縄・那覇へ移動
2月14日 那覇キャンプイン(沖縄セルラースタジアム那覇ほか、3月1日まで)
2月18日 練習試合(沖縄セルラースタジアム那覇)
2月19日 練習試合(同)
2月22日 練習試合(同)
3月 1日 キャンプ打ち上げ、帰京

【1軍休養予定日】
2月3、8、13、17、23日

【2軍】
1月27日から29日までジャイアンツ球場で合同自主トレ後、31日に宮崎入り。
2月1日のキャンプイン後、2月28日までキャンプを行い、同日帰京。休養日は2月6、10、15、20、24日。

【3軍】
1月27日から29日までジャイアンツ球場で合同自主トレ後、2月1日からジャイアンツ球場でキャンプイン。
その後、2月13日に宮崎に移動し、3月2日までキャンプを行い、同日帰京。休養日は、2月6、10、15、20、24日。

2016年12月7日 スポーツ報知 ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
今成、糸井の神髄明かす ユニーク発言の裏にある真摯な姿勢と探究心
阪神・今成亮太内野手(29)が6日、甲子園クラブハウスを訪れ、FA移籍が決まった糸井嘉男外野手(35)の神髄を明かした。
年明けには例年通り、糸井らとの合同自主トレに参加する予定。糸井の向上心、感性、野球に対する真摯(しんし)な姿勢は最高の手本。
師弟タッグを結成し、巻き返しの来季につなげる決意だ。

ユニークな発言ばかりに注目が集まりがちだが、超人はやっぱり超人だった。
プロ3年目から合同自主トレに参加する今成が、糸井の真の姿を証言した。

「これと決めたことに関してはずっとやり続けられる人ですね。いろんなアンテナを張っている。
いろんなものを吸収しようというのは後輩の僕から見ても思います。
(ソフトバンク)柳田を見て、『あ~こんな感じか』と言って自分でやってみたり。あのクラスなら自分の形があると
思うんですけど、『こっちの方がいいんか~』と聞きながらやってる。向上心、探求心、そういうものを多く持たれてる方だと思います」

日本ハムの新人時代、野手に転向した直後の糸井と出会った。
野球に対してマジメで真摯(しんし)に取り組む姿勢を見て「ずっと付いていこう!」と
決心したという。ソフトバンク・柳田らも参加する合同自主トレは過酷な練習メニューで有名だ。
走り込み、打撃練習、トレーニングなど、文字通り倒れるまで鍛え抜く。基本的に聞くより「見て盗む」スタイルを貫いてきたが、
過去に助言を求めたこともあるという。

「独特な感性を持っていると思います。おもしろおかしくじゃなしに、感覚がちょっと違うなと。
僕がこれまでやってきた野球の感じと、スイングだったり。あれだけ長年、成績を出せるのは他に何かあると思うので、
そういうところを盗みたいと思います」

通算打率・301。超一流の打撃の極意は難解だが、学べる部分は多い。今成自身も巻き返しに燃えている。
今季は打率・227。来季は新外国人キャンベルが加入するが、シュアな打撃でレギュラーを奪い取る決意だ。

「今年は打撃が良くなかったので、自分のスタイルを考えながらやっていきたい。僕はヒットの延長が長打になるタイプ。
長打があるというところを見せながら、幅広いバッティングを見せていきたいと思います」

今季は三塁に加えて捕手、一塁、二塁、外野にも就いた。ただ、ユーティリティープレーヤーのまま終わるつもりはない。
師弟タッグを結成し、糸井と同じグラウンドに立つ。

2016年12月7日 デイリースポーツ掲載
大竹寛 22期 現:巨人
【Gファーム情報】
安藤記者が選んだジャイアンツ日記年間大賞は大竹寛
巨人選手の球場内外での日常を紹介する、スポーツ報知の人気コーナー「ジャイアンツ日記」。
今回のファーム情報では、本紙の巨人ファーム担当記者2人が今年1年間の「G日記」を
改めて振り返り、登場回数トップ3を算出。
また、それぞれの記者が年間大賞を選出し、後日談や裏話を紹介する。

今季のジャイアンツ日記1位は、大竹寛ボール股間直撃事件だ。
今でこそ笑い話となったが、現場にいた選手、ファン、記者は皆、冗談抜きにヒヤッとした。
6月6日のG球場。投手練習のノックを受けた右腕の体にボールが当たり、うずくまった。また、アクシデントか―。
今季は2月の宮崎キャンプ初日で左太もも裏の肉離れで戦線離脱。初勝利を挙げて調子が上がってきた4日後の出来事だっただけに、
一瞬、首脳陣の目の色が変わった。

直撃したのは急所だったが、大事に至らず周囲は爆笑に包まれた。
運良くカメラマンも撮影し、今年唯一の“写真付き”ジャイアンツ日記になった。
後日談を聞くと、大竹寛は「当たったことで、改めて球際のボールに下から入って行く大事さ、
球際の大事さを再確認しました」と真顔で振り返る。
痛みの中に、思わぬ収穫もあったようだ。

明るいキャラクターでナインから愛される33歳。
だからこそ、もん絶している姿を見て先輩の内海、後輩の高木や田口も腹を抱えて笑うことができた。
「まぁ…久々の感覚で、もだえましたよ」。男であれば、気持ちはよく分かるはずです。

◆大賞(6月7日付)◆
G球場での投手練習中だった。尾花投手コーチがノックをしていると、打球が大竹寛の体を直撃し、痛さのあまりうずくまってしまった。
「大丈夫か」と周囲も一瞬、けがをしたのではないかと心配して嫌な空気が流れたが、しばらくすると笑い声が起きた。
実はボールは大竹寛の股間を直撃。尾花コーチの顔も一瞬にして和らぎ「なんだ、そういうことか」とホッとしていた。

2016年12月6日 スポーツ報知 ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】内海、子どもたちにランドセルをプレゼント
大竹寛らと児童養護施設訪問
巨人の内海哲也投手(34)が5日、大竹寛投手(33)、楽天へのトレード移籍が決まった小山雄輝投手(28)と
一緒に宮崎県宮崎市の児童養護施設「カリタスの園 竹の寮」を訪問した。

内海は08年に「内海哲也ランドセル基金」を設立。
ランドセルを買う補助金が出ないため、購入に困っている全国各地の児童養護施設の新一年生に、毎年投球回数の数のランドセルを贈呈している。
昨年まで8年間で計1087個のランドセルを全国各地の児童にプレゼント。今年11月に発表されたプロ野球人の社会貢献活動を表彰する
「ゴールデンスピリット賞」(報知新聞社主催)を受賞した。

ランドセルは関係団体を通じて毎年、全国の施設の子どもたちに届けられている。
内海は毎年オフにその中から一つの施設を選んで足を運び、児童と交流。今回は巨人のキャンプ地宮崎の施設を大竹寛、小山と初めて訪れた。

子どもたちにランドセルを手渡しでプレゼントした後、3選手はダンスやキャッチボールを一緒に楽しんだ。
内海は「すごく盛り上がった。子どもたちの笑顔、楽しい表情を見て、来て良かったと思った。これからも続けていきたい」と話した。

2016年12月5日 スポーツ報知 ネット配信


巨人内海ら、養護施設にランドセルをプレゼント
巨人内海哲也投手(34)が5日、宮崎の児童養護施設「カリタスの園」で、大竹寛投手(33)、小山雄輝投手(27)とともに
「内海哲也ランドセル基金」の贈呈式を行った。

同基金は内海が08年に設立し、今年で9回目を数えた。
毎年オフ、投球イニング数のランドセルを、児童養護施設で生活する新1年生にプレゼント。これまで1087個を贈った。
今回は16年の投球イニング数と同じ107個を贈呈した。

内海は「子供たちの楽しそうな顔を見て、来てよかったと思いました。これからも続けたい。年々、贈る数が減ってしまっているのが悩み。
もっと年間を通じて先発ローテで回れば、すごい数をプレゼントできる。来年はその気持ちでキャンプから取り組んでいきたいです」と奮起を誓った。

大竹は「僕が子供たちから元気をもらいました。こうした活動を続ける内海さんは本当にすごいと思う。
自分も何かやれることがあればやっていきたい」と話した。

トレードで楽天に移籍する小山は「僕は2回目の参加。もっと野球を頑張って、こういう活動をできる選手になりたいと思いました。
内海さんは野球だけでなく、1人の人間として見本になる存在。
これからチームが変わりますが、教わったことを生かしてやっていきたい」と前を向いた。

2016年12月5日 日刊スポーツ ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
【野球記者が見た2016】
阪神、糸井の活躍のカギは今成の1軍定着
超変革をスローガンに掲げた金本政権1年目。高山、北條ら多くの若手選手が1軍を経験した。
その波に押し出される形となったのは中堅勢だった。
なかでも投手以外の全ポジションを守れるユーティリティープレーヤーの今成には悔しい一年となった。

82試合出場に終わり、打率2割2分7厘、0本塁打、5打点。27安打は2012年に阪神に移籍後、ワーストだった。
来季、巻き返しを誓う29歳は、プレー以外にも大きな仕事が加わる。糸井がオリックスから阪神にFA移籍。
自主トレを共にするなど日本ハム時代からの“相棒”のサポート役を期待されているのだ。

日本ハム時代から2人を知るオリックス・福良監督も「ナリ(今成)がいないと(糸井)嘉男はダメだろう。さみしがり屋だし。
嘉男が活躍するかはナリがずっと1軍に帯同できるかじゃないかな」と分析する。
今成は2軍にいても愚痴ひとつこぼさず、「1軍の雰囲気はどうですか」とチームを第一に考えている男。
兄貴分の手助けも全力で行うはずだが、そのためにはまずは本人が1軍に生き残ることが必要だ。

4月17日・中日戦(ナゴヤD)では3年ぶりに捕手で出場するなど、今季は三塁、一塁、二塁、左翼と5ポジションを兼務。
「武器にもなるし弱点にもなる」と自己分析するように、器用貧乏にならないことも大切。
「嘉男さんが困った時は力になります。でも、まずは自分のことで精いっぱいです。打撃でしっかり結果を残したい」と、
打力という最大の武器を磨いてアピールするつもりだ。

走攻守そろった糸井だが、実力を発揮できるかどうかはメンタル次第とみている。
オリックス時代の15年には人生初、憧れだったキャプテンに任命され「チームを引っ張っていく」と、意気込んでいたが、
空回りして7年連続の打率3割を逃す(2割6分2厘)など成績は振るわなかった。
熱狂的な虎ファン、連日詰めかける報道陣―。これまで味わったことのない異常な空気の中で普段通りのプレーができるかどうか。

2年目の金本阪神が躍進するには、糸井の活躍は必要不可欠。
2005年以来となるリーグ制覇のカギを握っているのは、今成なのかもしれない。(阪神担当・橋本 健吾)

★今成亮太内野手から見た橋本記者
野球経験のある記者なので選手の気持ちを分かっている人だなと思いますね。結果が出たときは気持ちよく話せるのは当たり前ですが、
自分がミスをした試合でも、嫌みなくうまく話を聞き出しますね。でも、僕の第一印象はチャラい人がいる!ですから。
仕事とプライベートの切り替えの早さは阪神の記者のなかで一番じゃないですか?(笑い)。
この1年でそういった部分が確認できたのは収穫でした。やっぱり、僕の目は確かでした。今のままを突き通してくださいね!

2016年12月2日 スポーツ報知掲載
オリックス・バファローズ
2017年春季キャンプ日程
オリックス・バファローズでは、2017年春季キャンプ日程が下記のとおり決定

2017年春季キャンプ日程
日 程:2017年2月1日(水)~2月28日(火)
休 日:2月6日(月)、10日(金)、15日(水)、20日(月)、24日(金)
場 所 宮崎市清武総合運動公園
1軍 SOKKENスタジアム
2軍 清武第2野球場
榊原翼 3年
【オリックス】育成2位の浦学・榊原は背番「124」に
オリックスから育成ドラフト2位指名を受けた浦和学院高の榊原翼投手(18)が29日、さいたま市内で仮契約を行った。
支度金300万円、年俸250万円(金額は推定)で、背番号は「124」に決定。

最速147キロを誇る右腕は「仮契約を終えてやってやろうという気持ちが強くなりました。
自分の持ち味でもあるストレートでしっかりアピールして、1日でも早く支配下登録して
もらえるように頑張ります」とプロでの意気込みを語った。

2016年11月29日 スポーツ報知 ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
阪神 今成は200万減の3800万円でサイン「打撃で迷惑をかけた」
阪神・今成亮太内野手(29)が29日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、200万減の3800万円でサインした(金額は推定)。

昨年は高いミート力を武器に、93試合で打率・283を記録するも、今年はその打撃が打率・227、0本塁打と低調に終わった。

「打撃ではチームに迷惑をかけてしまった。そこに力を入れていきたい」と来季に向けて打棒復活に力を注ぐ。

2016年11月29日 デイリースポーツ ネット配信


阪神・今成が200万円減の3800万円で更改 「挑んでいきたい」
阪神・今成亮太内野手(29)が29日、西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、
200万円減の年俸3800万円(推定)でサインした。

「今年は悔しいシーズンだったので、来年なんとか。チームスローガンも『挑む』ですし、僕も挑んでいきたい」

今季は82試合に出場し打率・227、0本塁打、5打点。52試合で三塁を守ったが、
来季は主に三塁を守るドラフト1位指名の白鴎大・大山悠輔内野手(21)が加入し、内野は激戦区だ。

今成はさまざまなポジションをこなせるユーティリティーだが、「いろんなポジションをできることは僕の良さでもあり悪さでもある。
一つのポジションを守れるのが一番。そのチャンスをもらえるようにやっていきたい」と意気込んだ。

2016年11月29日 サンケイスポーツ ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成、糸井の窓口役に!「しゃべりにくい人ではない」
阪神・今成亮太内野手(29)が24日、オーナー杯ゴルフに参加。
FAで加入する糸井嘉男外野手(35)とは例年ともに自主トレを行ってきただけに、若虎から参加志願があった場合には
窓口役になる姿勢を示した。「しゃべりにくい人ではないので直接(話を)聞いてもらえたら」と、
若虎も安心して慕える“アニキ”であることを強調した。

希望して飛び込んだ「糸井塾」。来季から塾長がチームメートとなる。同じ志を持つ若虎ならば、今成はよろこんで紹介する。

「もちろん、話はしますよ」

オーナー杯ゴルフに参加。
総合では21位ながら選手間では俊介に次いで2位(グロス93、ネット76・2)となり、上々の気分で引き揚げてきた。
報道陣に囲まれると、話はどうしてもFA加入する糸井の件になった。

自主トレ参加を願う若虎が現れれば、喜んで糸井にかけあう。覚悟は必要だが、他では得られないモノがある。今成は日本ハム時代から師事。
2014年1月に門下生となった柳田(ソフトバンク)は15年に打率・363、34本塁打、32盗塁でトリプルスリーを達成。
球場8周のインターバル走を連日こなし「足がちぎれた」という猛練習を乗り越えて、飛躍した。

今年1月はグアムで開催し、松田(ソフトバンク)らと合体。糸井を筆頭に日本球界をけん引する男たちに引っ張られる夢空間。
もちろん今成自身も進化をしながら、若手を引き連れて糸井の背中を追いかければ、虎はもっともっと強くなる。

チーム内での橋渡し役については「しゃべりにくい人ではないので、直接(糸井さんに)聞いてもらえたら」。
気さくな人柄で、ためらう必要はないと太鼓判を押した。

今成自身、来季への雪辱に燃えている。今季は82試合の出場にとどまり打率・227、0本塁打、5打点。
今オフも糸井塾は開催の見通しで、鍛え直してやり返す。

「糸井さんは、どのチームでもレギュラーになれる選手。僕はまず自分のこと、求められることをしっかりやれるように準備したい」

師匠の背中を必死で追いかけるとともに、若虎の窓口にもなる。 

2016年11月25日 サンケイスポーツ掲載


今成、糸井に「教えたい」ナリ 尊敬する先輩の環境面などフォローへ
阪神・今成亮太内野手(29)が24日、兵庫県加東市内で行われた「オーナー杯」ゴルフコンペに参加。
オリックスから新加入する糸井に対し、環境面など「教えられるのなら教えたい」と積極的にコミュニケーションを図る考えを示した。

大注目の背番号7とは日本ハム時代の同僚であり、現在も合同自主トレを行う間柄。
「糸井さんはどのチームに行っても、レギュラーを取れる選手だと思います」と尊敬してやまない。
不慣れな環境で先輩が戸惑っている時は、なるべくフォローしていくつもりだ。

もちろん、自分のことにも集中する。今季は82試合に出場して打率・227。定位置を奪取することはできず、悔しい一年だった。

「今シーズンは悔しい思いをしたので、来季は結果にこだわってやっていきたいです」

来季はプロ12年目。30歳を迎える年で意地を見せたいところだ。
再びチームメートになる糸井の加入を喜び、また同時に危機感も募らせる。秘めたる闘志はメラメラと燃えている。

2016年11月25日 デイリースポーツ掲載

阪神・今成 仲介役任せろ!糸井と自主トレしたいなら…
仲介役は任せなさい。日本ハム時代から糸井と公私で付き合いのある阪神・今成が、初めてのセ・リーグとなる兄貴分と、
阪神の若手との橋渡しを務める意気込みを見せた。

1月にはグアムで一緒に自主トレを行う間柄。
来年の年明けもともに行う方向で、糸井の実力だけでなく、性格面も熟知している。もちろん若虎にとっては良いお手本。
話を聞きたい選手が続出することが予想される。「話しにくい人じゃないので、直接聞いてもらえれば」とした上で、
「(もし自主トレ参加を希望すれば)そりゃあ、もちろん。話はします」といつでも間に入る用意はできている。

今成自身にとっても刺激になることは間違いない。「僕もやっぱり今年は悔しい思いをした。
糸井さんはどこのチームでもレギュラーになる人だけど、僕も求められたことをしっかりやりたい」と気を引き締めた。

2016年11月25日 スポーツニッポン掲載

大竹寛 22期 現:巨人
巨人・大竹、3000万円ダウン「来季は競争勝ち抜きローテに」
巨人・大竹寛投手(33)が東京・大手町の球団事務所で契約更改に臨み年俸1億円から30%ダウンの年俸7000万円でサインした。

広島からFA移籍し3年契約の3年目だった今季は、17試合の登板(先発16試合)で6勝6敗、防御率3・55。
「成績をみるとFAで来て大した成績を残していない」と3年間を振り返った。
来季に向けては「競争は厳しい中で勝ち抜いてローテーションに入る、という気持ちです」と意気込んだ。

2016年11月24日 スポーツニッポン ネット配信


巨人大竹は3000万減の7000万 故障で出遅れ
巨人大竹寛投手(33)が24日、都内の球団事務所で契約交渉を行い、3000万円ダウンの7000万円(推定)でサインした。

今季は開幕前の故障で出遅れ、6月からローテに戻ったが6勝6敗。FA移籍から3年契約の最終年を終え、大幅ダウンとなった。

「成績もFAで来たというものに対して残せていない。日本一も達成していないし、競争を勝ち抜いてローテに入るという
強い気持ちを持ってやる」と巻き返しを誓った。

2016年11月24日 日刊スポーツ ネット配信

大竹寛、3000万円ダウン
「契約していただいて野球ができることに感謝」
巨人の大竹寛投手(33)が24日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3000万円(30%)ダウンの
年俸7000万円でサインした。

3年契約3年目の今季は、2月の宮崎キャンプ中に左太もも裏の肉離れで離脱し、開幕2軍スタートで6勝6敗、防御率3・55。
「来年も契約していただいて野球ができることに感謝しています」と話した。

大竹寛は広島からFA宣言して14年に入団。移籍1年目に9勝を挙げたが、昨年が3勝、今年が6勝。
「成績を見ると、FA選手できてたいした成績を残せていない。(移籍後)日本一になれていないので
来年は絶対に達成したい。開幕からローテに入って10勝以上」と決意を示した。

2016年11月24日 スポーツ報知 ネット配

巨人・大竹寛、30%減の7000万円で更改
「一年間戦えなかった反省点」
巨人・大竹寛投手(33)が24日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、
今季の年俸1億円から30%減の7000万円でサインした。

広島からフリーエージェントで加入し、3年契約最終年だった今季は17試合に登板し、6勝6敗、防御率3・55。
7月30日のヤクルト戦(東京ドーム)で通算1500投球回を達成したが、「開幕前にけがをして出遅れてしまったことが、
一年間戦えなかった反省点」と険しい表情だった。

オフに向けて肩甲骨と股関節の強化を掲げ、来年1月は昨年に続いて内海哲也投手(34)らと沖縄合同自主トレを行う予定。
「来年は開幕からローテに入って、最低限10勝したい。そしてリーグV、日本一。
その気持ちを強く胸に持ってやっていきたい」と意気込んだ。(金額は推定)

2016年11月24日 サンケイスポーツ ネット配信
坂本一将 29期 現:石川ミリオンスターズ
オリックス・バファローズと仮契約
オリックス・バファローズでは、ドラフト会議で交渉権を獲得した坂本一将選手(石川ミリオンスターズ)と、
仮契約をいたしましたのでお知らせいたします。

坂本一将選手コメント
「仮契約を終えてプロの世界がここから始まるんだという実感が一気に沸いてきましたし、身が引き締まる思いです。
まずは支配下登録、そして開幕一軍を目指し守備力と脚力、強い気持ちを前面に出して、
夢や希望を与えられる選手になれるように頑張ります!」

オリックス・バファローズ 公式サイトより転載

【オリックス】育成4位BC石川・坂本、背番号「127」に決定
「プロの世界がここから始まる」
オリックスの育成ドラフト4位・BC石川の坂本一将内野手(26)が23日、金沢市内のすし店で仮契約を行った。
支度金300万、年俸250万円(金額は推定)で、背番号は「127」に決定。

身長162センチと小柄ながらも、堅実な守備が持ち味で「仮契約を終えて、プロの世界が
ここから始まるんだという実感が一気に沸いてきました。
身が引き締まる思いです。まずは支配下登録、そして開幕一軍を目指し、守備力と脚力、強い気持ちを全面に出して、
夢や希望を与えられる選手になれるよう、頑張ります」とプロでの意気込みを語った。

2016年11月23日 スポーツ報知 ネット配信
赤坂和幸 28期 現:中日
中日赤坂300万円ダウン「悔しい気持ちぶつける」
中日赤坂和幸外野手(27)が11日、300万円ダウンの来季年俸1000万円でサインした。
07年高校生ドラフト1巡目で投手として入団。育成契約も経て、昨年、野手として鮮烈な「再デビュー」を果たし、今季は飛躍が期待された。

だが春先から腰痛、左脇腹痛など故障が相次ぎ、7試合で10打席ノーヒット。
再昇格する予定だった8月28日の試合前練習でボールを踏んで、左足首を骨折する不運に見舞われた。
「この成績、この年齢で来年も野球をやらせてもらえるのは感謝。悔しい気持ちを来年にぶつけたい。
(骨折を)今でも少し引きずっているけど、笑い話にできたらと思う」と前向きだった。(金額は推定)

2016年11月11日 日刊スポーツ ネット配信
パ・リーグが来季日程発表 29年ぶりに青森県で公式戦
パ・リーグは11日、2017年シーズンの公式戦日程を発表。14年の上位3チームの主催で、
3月31日にソフトバンク-ロッテ(ヤフオクドーム)、オリックス-楽天(京セラドーム)、
日本ハム-西武(札幌ドーム)で開幕する。セ、パ同時開幕は7年連続。

6月28日には青森県内で29年ぶり、パ主催では33年ぶりとなる1軍公式戦、楽天-オリックスが弘前市運動公園野球場で行われる。

昨季までと同じ各チーム交流戦を含め143試合で、最終戦は10月5日の予定。球場、開始時間入りの詳細日程は後日発表される。

2016年11月11日 サンケイスポーツ ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成が負傷交代 11日からも通常メニューで練習予定
阪神安芸秋季キャンプ(10日、安芸タイガース球場)阪神・今成亮太内野手(29)が10日、紅白戦で四回の守備中、
中堅からの返球を受けた際に右手薬指を負傷し、交代。高知・香南市内の病院に向かった。
球団は「右手薬指の腫れ。骨に異常はなかった」と発表。大事にいたらず、11日からも通常メニューで練習予定。

2016年11月11日 サンケイスポーツ掲載
セ・リーグが2017年日程発表 3月31日開幕
セ・リーグは10日、2017年の公式戦日程を発表した。

ワールド・ベースボール・クラシックが行われるため、今季より遅い3月31日にヤクルト-DeNA、
巨人-中日、広島-阪神の3カードで開幕する。
通常は前々年の上位3チームが開幕の主催権を持つが、15年に3位の阪神は甲子園球場でセンバツ高校野球が開催され、
京セラドームもパ・リーグのオリックスが開幕戦を行うため開幕権を返上した。

規定により、同年4位の広島に主催権が移行した。昨季までと同じ各チーム交流戦を含め143試合、最終戦は10月1日の予定。
球場、開始時間など詳細日程は後日発表される。

2016年11月10日 サンケイスポーツ ネット配信
坂本一将 29期 現:石川ミリオンスターズ
ドラフト交渉権獲得選手仮契約予定のお知らせ

オリックス・バファローズでは、ドラフト会議で交渉権を獲得した黒木優太投手(立正大学)、岡崎大輔選手(花咲徳栄高校)、
山本由伸投手(都城高校)、山崎颯一郎投手(敦賀気比高校)、飯田大祐選手(ホンダ鈴鹿)、根本薫選手(霞ヶ浦高校)、
張奕選手(日本経済大学)と坂本一将選手(石川ミリオンスターズ)の仮契約予定日が、下記のとおり決まりましたので、お知らせいたします。

★育成4巡目 坂本 一将 選手
日 時 11月23日(水・祝)18:00~
場 所 石川県内


オリックス・バファローズ 公式サイトより転載
来季の交流戦は5月30日にパの本拠地から
プロ野球セ、パ両リーグは9日、2017年の交流戦日程を発表した。

5月30日の開幕カードはいずれもパ・リーグの本拠地球場で日本ハム-DeNA、楽天-巨人、西武-広島、ロッテ-阪神、
オリックス-ヤクルト、ソフトバンク-中日。各チームともホームゲーム9試合、ロードゲーム9試合の計108試合。
17年にホームで行ったカードは18年にロードで行われる。

試合開始時間など詳細日程は後日発表される。

2016年11月9日 サンケイスポーツ ネット配信
2016公式戦日程

クライマックスシリーズ・セ
クライマックスシリーズ・パ
NPB公式戦日程
交流戦
ファーム公式戦
今成亮太 26期 現:阪神
今成、兄貴分の糸井にラブコール「一緒にできたらうれしい」
阪神・今成亮太内野手(29)が8日、虎がFAでの獲得を目指すオリックス・糸井へラブコールを送った。
「僕が決めることじゃないので。糸井さんが決めること」と前置きしつつ、「もし一緒にできたらうれしいですね。
糸井さんに負けないように頑張ります」と声を弾ませた。

日本ハム時代から、糸井の弟分としてかわいがられてきた。阪神移籍後も年明けの自主トレはいつも一緒。
今年1月もソフトバンク・柳田らと「チーム糸井」の一員として、グアムで汗を流した。

「似合ってないですね!全然、似合ってなかった。(黒髪は)僕を意識しているんじゃないですか(笑)」

気心の知れた間柄だからこその“ダメ出し”も飛び出した。前日、FA申請書類を提出した糸井は、金髪から黒髪に変えて登場。
超人が「はやってるから」と冗談交じりに明かしたイメチェンにもすぐさま反応し、先制パンチを浴びせた。

チームメートとなれば12年以来5年ぶり。移籍か残留か、熟考中の糸井にとっても頼れる存在となりそうだ。

2016年11月9日 デイリースポーツ掲載
坂本一将 29期 現:石川ミリオンスターズ
11月7日

オリックス・バファローズより育成4位の指名を頂き、それに伴い、指名の挨拶をいただきました

石川ミリオンスターズ 公式サイトより転載
木塚敦志 16期
DeNA 来季のコーチングスタッフが決定
DeNAが31日、来季のコーチングスタッフが決定したと発表した。
主な変更点は青山道雄2軍総合兼外野守備走塁コーチ(56)が1軍ヘッド格の総合コーチに昇格。
2軍野手総合コーチには福原峰夫氏(59)が新たに就任した。全配置は下記の通り

【1軍】
アレックス・ラミレス監督(42)、青山道雄総合コーチ(56)、小川博文打撃コーチ(49)、坪井智哉打撃コーチ(42)、
篠原貴行投手コーチ(40)、
木塚敦志投手コーチ★(39)、万永貴司内野守備走塁コーチ(44)、
上田佳範外野守備走塁コーチ(42)、光山英和バッテリーコーチ(50)

【2軍】
二宮至2軍監督兼外野守備走塁コーチ(62)、福原峰夫野手総合コーチ(59)、高須洋介チーム打撃コーチ(40)、
小池正晃打撃コーチ(36)、浅野啓司投手コーチ(67)、島田直也投手コーチ(46)、永池恭男内野守備走塁コーチ(43)、
山下和彦バッテリーコーチ(53)、藤田和男バッテリーコーチ(36)

2016年10月31日 日刊スポーツ ネット配信
須永英輝 24期
米野捕手兼ファームバッテリーコーチ補佐、
荒張捕手、須永投手、大塚投手が引退会見
北海道日本ハムファイターズの米野智人捕手兼ファームバッテリーコーチ補佐、荒張裕司捕手、須永英輝投手、大塚豊投手の
4選手が今シーズン限りで現役引退の意向を固め、10月30日(日)に札幌・豊平区の球団事務所で記者会見を開きました。
須永、大塚両投手は来シーズンからチームスタッフ(打撃投手)に就任することも発表。
米野捕手兼ファームバッテリーコーチ補佐は、ファームバッテリーコーチ補佐も退任します。
会見の最後に木田優夫GM補佐から各選手に花束が贈られました。

須永英輝投手
経歴

浦和学院高-北海道日本ハムファイターズ(ドラフト2位、2004-2010)-読売ジャイアンツ(2011-2015)-北海道日本ハムファイターズ(2015-2016)

一軍通算成績
試合:30 勝敗:0勝3敗0セーブ 回:63 被安打:79 奪三振:35 四死球:34 防御率:7.71

須永英輝 コメント
「このたび引退してチームを支えていくことを決めました。温かいご声援ありがとうございました。
ファイターズには8年半お世話になり、1年目から先発として使ってもらいながら、プロのレベルの高さを感じてなかなか結果を
残すことができませんでした。今度はスタッフとして少しでも貢献していきたいと思います。
なかなか活躍できず悔しさはありますが、自分で決めたことなので(引退に関して)悔いはありません」

北海道日本ハムファイターズ 公式サイトより転載
須永英輝 24期
日本ハム 須永が引退、03年ドラフト2位左腕 米野らも今季限り
日本ハムは30日、須永英輝(31)大塚豊(28)両投手、米野智人(34)荒張裕司(27)両捕手が
今季限りで現役を引退すると発表した。米野は兼任していた2軍バッテリーコーチ補佐も退任する。

2016年10月30日 スポーツニッポン ネット配信


日本ハム米野、須永ら4選手が引退「本当に幸せ」
今季限りで現役引退を発表した日本ハム米野智人捕手兼任2軍バッテリーコーチ補佐(34)ら
4選手が30日、札幌市内で記者会見に出席した。

米野の他に、須永英輝投手(31)大塚豊投手(28)荒張裕司捕手(27)が出席。
米野は北照からヤクルトに入団し西武、日本ハムの3球団を渡り現役最後は故郷で終える決断を下した。
「リーグ優勝、日本一のチームで最後に野球を終えられて本当に幸せ」と笑みをこぼした。

須永は日本ハムでプロをスタート。巨人を経て15年に日本ハムに復帰した。
「約8年半、お世話になり、なかなか結果を出せなかった」。
大塚は「今はスッキリしています。ファイターズでは人間的にすごい成長させてくれた。素晴らしいチーム」と感謝した。
大塚、須永は球団スタッフとして再スタートする。

1軍未出場でプロ生活を終えることになった荒張は、来年度の東京消防庁の採用試験を受け第2の人生を歩むことを決めた。
「この先の人生は長い。この決断をして良かったと思えるようにしたい」と誓った。

2016年10月30日 日刊スポーツ ネット配信
須永英輝 24期
北海道日本ハム チームスタッフ就任
10月30日(日)、須永英輝前投手(30)、大塚豊前投手(28)のチームスタッフ就任が発表されました
今成亮太 26期 現:阪神
桧山進次郎氏トークショー ゲストは阪神狩野&今成
阪神で一時代を築いた桧山進次郎氏(47=日刊スポーツ評論家)が、
11月23日に京都市下京区の京都東急ホテルでトークショーを開催する。

「桧山進次郎のヒノキガタリ3」と題し、阪神から狩野恵輔外野手(33)と今成亮太内野手(29)がゲスト出演。
午後5時30分開演のテーブルビュッフェ&フリードリンク形式で、参加費は1人2万7800円(税金、サービス料込み、小学生以上同額)。
2点ほどのお土産特典が付く。
申し込みは、「桧山進次郎オフィシャルサイト 桧舞台」で受け付ける。締め切りは11月11日の入金確認分まで。

2016年10月29日 日刊スポーツ掲載
阪神藤浪、高山ら32人参加 秋季キャンプメンバー
阪神は26日、29日から高知・安芸市で行われる秋季キャンプの参加者32人を発表した。参加者は下記のとおり。

【投手】横山、岩貞、藤浪、歳内、秋山、石崎、山本、金田、青柳、松田、望月、岩崎、島本、伊藤和、田面

【捕手】坂本、梅野、原口

【内野手】北條、上本、森越、
今成、陽川、荒木、植田

【外野手】高山、横田、江越、中谷、板山、緒方、俊介

2016年10月26日 日刊スポーツ ネット配信
榊原翼 3年

10月20日
ドラフト会議2016

オリックス 育成ドラフト2位指名!
坂本一将 29期 現:石川ミリオンスターズ

10月20日
ドラフト会議2016

オリックス 育成ドラフト4位指名!
大竹寛 22期 現:巨人
巨人・大竹寛、引退発表の黒田に感慨深げ「財産」
秋季練習に参加した巨人・大竹寛は19日、前日18日に引退を発表した広島・黒田について
「プレーしているときも、していないときも手本となった。
一緒にやらせてもらったのも財産。尊敬できる人です」と語った。
2002-07年まで、ともに広島でプレーし、何度も助言してくれた恩人だけに感慨深げだった。 

2016年10月20日 サンケイスポーツ掲載
クライマックス・ファーストシリーズ
10月10日
大竹寛 22期 現:巨人
対横浜戦 2番手登板

10 11
DeNA
GIANTS
【G】内海、大竹寛、山口、マシソン、●澤村、田原誠、戸根-小林誠
【DB】石田、砂田、三上、○田中、山崎康-戸柱、嶺井
▼本塁打 ロペス2号(DB)阿部1号 村田1号(G)

★大竹寛 投球結果
1試合0勝0敗0S
5 1/3イニング 打者19 球数72 被安打3 奪三振4 与四死球0 失点0 自責点0 防御率0.00

打席結果
2打数 0安打 打点0


巨人・大竹寛が内海救う好リリーフ 5回1/3を無失点
巨人の2番手・大竹寛が5回1/3を3安打無失点と好投した。
先発・内海が二回途中、3失点でKOされたが、レギュラーシーズンは先発を務めた
大竹寛が好リリーフで相手に行きかけた流れを引き戻した。

二回、内海が3点目を取られた直後、なおも2死二塁でマウンドへ。ロペスを三直に打ち取ってピンチを脱した。
三回以降も安定した投球を見せ、七回を投げ終えてマウンドに上がると、内海とがっちりと握手を交わした。

2016年10月10日 デイリースポーツ ネット配信
赤坂和幸 28期 現:中日
中日赤坂に第1子の長女誕生
中日は5日、赤坂和幸外野手(27)の夫人が1日に名古屋市内の病院で第1子となる長女を出産したことを発表した。
体重2992グラムで母子ともに健康。

2016年10月6日 日刊スポーツ掲載
パシフィック・リーグ
シーズン最終順位
順位
試合数
北海道日本ハム 143 89 53
福岡ソフトバンク 143 83 54 2.5
千葉ロッテ 143 72 68 15.0
埼玉西武 143 64 76 23.0
東北楽天 143 62 78 25.0
オリックス 143 57 83 30.0
セントラル・リーグ
シーズン最終順位
順位
試合数
広島 143 89 52
巨人 143 71 69 17.5
横浜 143 69 71 19.5
阪神 143 64 76 24.5
東京ヤクルト 143 64 78 25.5
中日 143 58 82 30.5
大竹寛 22期 現:巨人
高橋監督「中継ぎあるかも」大竹寛4回3失点に不安
巨人はCS前に3連敗でレギュラーシーズンを終えた。岩貞を打てず、今季11度目の完封負け。

CSで4枚目の先発候補となる大竹寛が4回3失点と不安を残した。
高橋監督は右腕に「安心じゃないですね。(2回3失点の)高木と2人は中継ぎもあるかもしれないし、
先に進めば先発もある。不安ですね」と話した。
3日から予定されていたフェニックスリーグ参加も悪天候が予想され、東京ドームでの調整に変更。
対外試合の予定はなく、シート打撃などで補う。

2016年10月2日 日刊スポーツ掲載
須永英輝 24期 現:北海道日本ハム
ハム須永 戦力外も「悔いが残っている部分がある」
13年目の日本ハム・須永は戦力外を通告され、今後について「現役を続けるかどうか、まだ決まっていない」と話した。

球団からはチームスタッフへの転身を打診されている。
浦和学院から03年ドラフト2巡目で入団。昨季途中、10年オフに移籍した巨人から復帰したが、
プロ通算30試合で未勝利に終わった。
今季は首痛に悩まされた左腕は「悔いが残っている部分がある」と語った。

2016年10月2日 スポーツニッポン掲載
セントラルリーグ
10月1日
大竹寛 22期 現:巨人
対阪神戦 先発登板

GIANTS
TIGERS
【G】●大竹寛、宮國、高木-小林誠
【T】○岩貞、福原、安藤、望月-原口

★大竹寛 投球結果
17試合6勝6敗0S
7イニング 打者20 球数83 被安打6 奪三振4 与四死球1 失点3 自責点3 防御率3.55
須永英輝 24期 現:北海道日本ハム
10月1日
須永に戦力外通告「家族と話し合って決めていきたい」
日本ハムの須永英輝投手(30)が1日、千葉・鎌ヶ谷市内の勇翔寮で戦力外通告を受けた。

須永は埼玉・浦和学院高から03年ドラフト2巡目で日本ハム入り。
10年11月に巨人へトレード移籍し、15年6月に矢野謙次外野手と共にトレードで4年半ぶりに復帰した。
15年に中継ぎとして5試合登板したものの、今季は春季キャンプ中に首を痛めたこともあり1軍登板はなかった。

ここまでプロ通算30試合登板、0勝3敗0セーブ、防御率7・71。
今後について、須永は「(現役は)自分の中で決まってません。『まだ出来るかな』という気持ちが引っかかっている。
家族と話し合って決めていきたい」と話した。

2016年10月1日 スポーツ報知 ネット配信

日本ハム 須永、大塚に戦力外通告 ともに今季1軍登板なし
日本ハムは1日、須永英輝投手(30)、大塚豊投手(28)に戦力外を通告した。

今季、首の故障などに悩まされた須永は「悔しい1年だった。(現役を続けるかどうかは)まだ決めきれていない」。
大塚は「気持ちの整理をしてから、どうするか決めたい」と話した。今季は両投手とも1軍登板がなかった。

2016年10月1日 スポーツニッポン ネット配信

日本ハム 須永と大塚に戦力外通告 今後は未定
日本ハムは1日に千葉・鎌ケ谷の2軍施設で、須永英輝投手(30)と大塚豊投手(28)に来季契約の更新しないことを通達した。

須永は今季で13年目で、浦和学院から03年ドラフト2巡目で入団。
10年オフに交換トレードで巨人へ移籍し、昨季途中で古巣に復帰した。
昨季は5試合に登板したが、今季は1軍昇格できなかった。

大塚は、創価大から09年ドラフト2位で入団。
昨季は2試合登板も、今季は1軍での登板機会はなかった。

ともに今後については未定。

2016年10月1日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発
10月1日
甲子園 14:00
T岩貞祐太xG大竹寛
セントラルリーグ
9月28日
大竹寛 22期 現:巨人
対中日戦 2番手登板

10 11 12
DRAGONS
GIANTS
【G】菅野、大竹寛、山口、マシソン、澤村、○田原誠-小林誠
【D】大野、若松、又吉、佐藤、岡田、●祖父江-杉山
▼本塁打 福田10号(D)

★大竹寛 投球結果
16試合6勝5敗0S
1 1/3イニング 打者7 球数34 被安打3 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率3.40
大竹寛 22期 現:巨人
【巨人】2位死守ローテだ!
大竹寛を中継ぎに、マイコ、菅野、田口を中5日で起用

由伸巨人が25日、2位死守に向け先発陣の「ラストスパートローテ」を組み、逃げ切り態勢を整えた。
順番通りなら大竹寛が中9日で27日の中日戦(東京D)に先発し、28日の同カードからマイコラス、菅野、田口が中6日だったが、
大竹寛が一時的に中継ぎ待機となり、先発3本柱をいずれも中5日で間隔を詰めて起用する方向となった。

1.5ゲーム差に迫る3位DeNAは残り2試合で、28、29日のヤクルト戦でレギュラーシーズン終了。
巨人は27日からの5連戦で全日程を終える。27日から3連勝すれば、DeNAの勝敗に関わらず自力で2位を決められるため、
27、28日の中日戦にマイコラス、菅野、29日の広島戦(東京D)に田口と3本柱を並べて、一気に3連勝を目指す。

初戦を任されるマイコラスは、G球場のブルペンで調整。
「どんな状況でも毎試合、大事。変わらない」と話し、CS第1Sで対戦するDeNAの印象を聞かれても
「青いユニホームのチームだ」と自信を見せた。

菅野も自覚十分だ。防御率、最多奪三振のタイトルが射程圏内なだけに「ここまで来た以上は欲しい。投手のタイトルは直接、
チームの勝ちにつながる。三振はたくさん取れば勝てるわけじゃないですが、防御率はずっとこだわっている数字ですし、
積み重ねてきたもの」と決意を口にした。

30日、10月1日の阪神2連戦(甲子園)の先発は流動的。うち1試合は10勝目がかかる内海が先発。
残り1試合は未定で、順位が確定しているかによって決める方針だ。まずは、3本柱で一日も早く2位確保を目指す。

2016年9月26日 スポーツ報知掲載
今成亮太 26期 現:阪神
阪神今成が松坂攻略、適時二塁打&好走塁一気生還
ウエスタン・リーグ公式戦最終戦を迎えた阪神は、バットと足でソフトバンク松坂から2点を先制した。

1回1死二塁。今成の左翼フェンス直撃の二塁打で二塁走者の緒方が生還。幸先良く先制した。
この回だけで松坂に3本の二塁打を浴びせた。

足でも見せた。1死二塁。4番横田の三ゴロで一塁へ送球と同時に今成が三塁へ進塁。
一塁手からの返球が悪送球となり、一気に本塁へ生還した。3000人以上の観客を沸かせた。

2016年9月25日 日刊スポーツ ネット配信
イースタンリーグ 最終順位
巨人 121試合 70勝47敗4分 .598
東北楽天 113試合 62勝48敗3分 .564
埼玉西武 114試合 58勝48敗8分 .547
千葉ロッテ 118試合 61勝52敗5分 .540
横浜DeNA 124試合 52勝68敗4分 .433
北海道日本ハム 120試合 49勝67敗4分 .422
東京ヤクルト 116試合 42勝69敗5分 .378
ウエスタンリーグ 最終順位
福岡ソフトバンク 120試合 72勝42敗6分 .632
中日 111試合 61勝43敗7分 .587
阪神 118試合 57勝54敗7分 .514
広島 109試合 40勝58敗11分 .408
オリックス 116試合 40勝68敗8分 .370
ウエスタンリーグ
9月23日
今成亮太 26期 現:阪神
対福岡ソフトバンク戦
今季4号ソロホームラン

TIGERS
HAWKS
【T】秋山、榎田、●桑原-岡崎、小豆畑
【H】高橋、加治屋、柳瀬、バリオス、嘉弥真、○松本-栗原、拓也、斐紹
▼本塁打 今成4号(T)黒瀬3号 カニザレス14号(H)

★今成亮太 打席結果
4打数 2安打(本塁打x1) 打点4 打率.300
イースタンリーグ
9月21日
須永英輝 24期 現:北海道日本ハム
対東京ヤクルト戦 4番手登板

FIGHTERS
SWALLOWS 13
【F】●中村、新垣、斉藤、須永-清水、荒張
【S】○ペレス、木谷、土肥、山本、中島-中村
▼本塁打 ジェフン6・7号 上田1号 山崎2号 広岡10号(S)
横尾15号(F)

★須永英輝 投球結果
1イニング 打者6 被安打3 奪三振0 与四死球0
失点3 自責点3 防御率3.71
イースタンリーグ
9月21日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対東北楽天戦 3番手登板

LIONS
EAGLES
【L】●十亀、国場、豊田、藤原-藤沢
【E】○ブリガム、川井、石橋、横山-伊志嶺
▼本塁打 後藤1号(E)

★豊田拓矢 投球結果
1イニング 打者7 被安打2 奪三振0 与四死球2
失点3 自責点3 防御率8.51
ウエスタンリーグ
9月21日
今成亮太 26期 現:阪神
対オリックス戦
今季3号ソロホームラン

BUFFALOES
TIGERS
【Bs】●斎藤綱、佐野-田中、赤松
【T】青柳、島本、○横山、桑原-小宮山、岡崎
▼本塁打 横田5号 今成3号(T)川端1号(Bs)

★今成亮太 打席結果
3打数 1安打(本塁打) 打点2 打率.292
大竹寛 22期 現:巨人
大竹5敗目…CS先発候補4人目争うも
味方の守備のミスをカバーしようと燃えていた。6回2死二塁。大竹寛は代打・飯原に3ボールから勝負にいった。
外角を狙った直球が真ん中に入り、強振されて中前適時打。左翼・ギャレットのまずい守備で同点に追いつかれた直後だけに、
勝ち越しを許してここで無念の降板。「一番は6回を投げきれず、あと1アウトを取れなかったことです」と反省した。

序盤からボール先行で球数が増えた。平均で1イニング20球前後。
不利なカウントからも粘ってアウトを取り、4回までは無失点に抑えた。だが5、6回はいずれも先頭打者の出塁が失点に直結。
尾花投手コーチには以前から「大竹は失点する回は大体、先頭を出している。先頭を打ち取れば0点の確率が高い」と指摘されていた。
5回2/3を113球、4失点。これで今季は6勝5敗となった。

昨年は直前までクライマックスリーズ(CS)の先発候補に挙がったが、菅野、マイコラス、ポレダ、内海の4人で回して登板機会なし。
チームも日本シリーズ進出を逃し、悔しいシーズンとなった。今季のCSは菅野、マイコラス、田口が当確。
4人目を内海、高木、大竹寛が争う状況だ。

由伸監督は「1イニングでも長く、とは思いましたけど」と6回途中の降板について話した。
「ボール先行で球数が増えたことは反省しないといけない」と大竹寛。
試合後、しばらくベンチから動かず、悔しそうな表情でじっと前を見つめていた。

2016年9月18日 スポーツ報知掲載
セントラルリーグ
9月17日
大竹寛 22期 現:巨人
対東京ヤクルト戦 先発登板

SWALLOWS
GIANTS
【G】●大竹寛、山口、田原誠、西村、戸根、長谷川-小林誠
【S】杉浦、松岡、○村中、平井、ルーキ、秋吉-西田

★大竹寛 投球結果
15試合6勝5敗0S
5 2/3イニング 打者27 球数113 被安打7 奪三振4 与四死球2
失点4 自責点4 防御率3.45
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発
9月17日
東京ドーム 14:00
G大竹寛xS杉浦稔大
イースタンリーグ
9月15日
須永英輝 24期 現:北海道日本ハム
対千葉ロッテ戦 5番手登板

10
FIGHTERS
MARINES
【F】武田勝、屋宜、金平、田中豊、●須永-大嶋
【M】川満、信楽、大嶺祐、阿部、香月良、○金森-柿沼

★須永英輝 投球結果
30試合2勝2敗2S
2/3イニング 打者5 被安打1 奪三振0 与四死球1
失点1 自責点0 防御率3.00
イースタンリーグ
9月12日
須永英輝 24期 現:北海道日本ハム
対東北楽天戦 5番手登板

EAGLES
FIGHTERS
【F】●瀬川、大塚、武田久、白村、須永-大嶋
【E】○入野、横山、相原、西宮、武藤-下妻
▼本塁打 フェルナンド13号(E)大嶋9号(F)

★須永英輝 投球結果
2イニング 打者7 被安打1 奪三振2 与四死球0
失点0 自責点0 防御率3.06
大竹寛 22期 現:巨人
巨人 大竹寛 古巣広島V阻止6勝目「そこは考えませんでした」
巨人・大竹寛は3回1死満塁でバレンティンを投ゴロ併殺打に斬るなど、7回4安打1失点で6勝目を挙げた。

古巣・広島の優勝を阻止したが「そこは考えませんでした」。それよりも頭にあったのは、5回持たずに降板した過去2試合の投球。
「ふがいなかったし、いつも以上に“今日はやらないと”と思っていた」。
軸足の右足で立つことを意識し、突っ込んでいた上体を起こすなど投球フォームを微調整して
「マウンドでも意識しました」と連打を許さなかった。

2016年9月10日 スポーツニッポン掲載

元カープ戦士G・大竹寛、“恩返し”の7回1失点で6勝目
負ければ、古巣広島が優勝…。その舞台を託されたのも、巡り合わせか。巨人・大竹寛投手(33)は7回4安打1失点。
6勝目にも笑顔はなく、「(広島の優勝は)全く考えていなかった。自分がいいピッチングをすれば、次もある」と静かに語った。

2013年まで在籍した広島には恩がある。フリーエージェント(FA)で巨人入りを決断した際、松田オーナーは
「よく育ってくれた」と快く送り出してくれた。「最後まで温かい言葉をかけていただいて…」。感謝は言い尽くせない。

黒田も尊敬する大先輩。09年、ドジャース時代の黒田に勝ち星勝負を挑まれた。大竹は10勝、黒田は8勝。
ごほうびの高級腕時計「フランクミュラー」は宝物だ。1993年のFA制導入後、黒田、大竹ら8人が新天地へ旅立った。
14年に巨人で一足早く優勝を経験した右腕は、古巣への思いを胸にしまい、自らの仕事を全うした。

2016年9月10日 サンケイスポーツ掲載

元広島の巨人大竹が気合勝ち 満塁バレ斬り6勝
巨人が2日連続で広島の胴上げ阻止に成功した。
先発大竹寛投手(33)は、古巣ナインがテレビ観戦する中、7回1失点の好投で意地を見せた。

カープ出身の巨人大竹寛が、広島の優勝決定を阻止した。負ければ2年連続のV逸が決まる一戦で、7回4安打1失点の好投。
序盤から緩急を使った投球で的を絞らせなかった。「広島が優勝ということは全く考えなかった。
自分がいい投球をしないと次はないと思って投げた」。
前回までの2試合は5回を持たずにKOされていたが、広島のユニホームを着たファンも駆けつけた中で意地を見せた。

最大のピンチは3回だった。1死満塁でバレンティンを迎えたが、投ゴロでホーム併殺に打ち取り、珍しくガッツポーズを見せた。
3日の中日戦(東京ドーム)では投ゴロを一塁へ大暴投する凡ミスを犯していただけに「ゴロの処理を練習してきた。
足を使って投げられました」と笑みがこぼれた。

大竹寛の6勝目で、チームは4連勝となった。
「2試合ふがいなかったのでいつも以上に気合が入りました。1イニング1イニング必死だった。勝てて良かったです」。
大竹寛の好投で、今日10日からの広島との直接対決に持ち込んだ。逆転優勝は厳しい状況だが、最後の最後まで反攻を試みたい。

2016年9月10日 日刊スポーツ掲載

大竹寛、古巣にV決めさせるか!気合で7回1失点6勝
絶対に負けられなかった。大竹寛が古巣・広島の優勝を阻止した。
負ければV逸が決まる一戦で7回4安打1失点で6勝目。直近2試合は5回もたずに降板していただけに、
「いつも以上に今日はやらないといけないという思いだった」。
8日の阪神戦(甲子園)で8勝目を挙げた内海に続き、ベテランがチームをもり立てた。

13年まで在籍した古巣の快進撃、特に恩師と慕う黒田の姿には刺激を受けていた。今季は春季キャンプで左太もも裏の肉離れで離脱。
復帰後、ファームで黒星が先行していた4月中旬には、自宅に戻ると黒田の登板試合をテレビ観戦し、マウンド上での衰えない闘志に
「やっぱりあの人はすごい」とつぶやいたこともあった。だが、この日は古巣への思いを封印し、「そこ(広島のマジック)は全く考えず、
とにかく結果を出すというつもりで投げた」。個人的な感情は捨てて、冷静に目の前の1球に集中した。

悪夢から立ち直った。前回登板の3日・中日戦(東京D)では初回に無死一、三塁で平凡な投ゴロを一塁へ悪送球するなど3失点。
試合後には暴投のシーンをビデオで何度も繰り返し見た。「下半身を使わずに投げたから、ああいうふうになった」。
翌日以降はキャッチボールからフォームを見直し、近距離での送球も動きの確認を繰り返した。
この日、3回1死満塁では、バレンティンの投ゴロを捕球すると、本塁への鋭い送球で併殺を奪い「自信を持って投げられた」。
同じ過ちは繰り返さなかった。

この日の好投で、ポストシーズンの5人目の先発候補に名乗りを上げ、「チャンスがもらえれば、次も結果を残せるように」。
試合後には球場外でファン約1000人からの「大竹コール」に笑顔で応えた。苦しんだ分だけ、その表情は爽やかだった。

2016年9月10日 スポーツ報知掲載

巨人、大竹寛で4連勝 10日からの広島2連戦、鯉胴上げ阻止だ!
意地で勝利に導いた。先発した巨人・大竹寛が7回1失点で6勝目。
負ければ古巣・広島の優勝が決まる一戦だったが、なんとか屈辱を回避した。
ヒーローは「今日は何としても勝ちたいと思ってマウンドに上がりました」と安どの表情を浮かべた。

立ち上がりから球を低めに集め、凡打の山を築いた。4点リードの三回に1死満塁のピンチを迎えたが、
続くバレンティンを外角低めのスライダーで投ゴロ併殺打。その後はバレンティンのソロだけに抑え試合を作った。

14年に広島からFA移籍した右腕。古巣のVを左右する一戦も「そこは全く考えないで投げました」。
最近2試合は5回を持たない背信投球。
前回3日の中日戦後はフォーム修正にも取り組んだ。古巣を意識する余裕などどこにもなかった。
「チャンスがあるなら次も結果を出せるようにしたい」。目線もすぐさま次回登板に切り替えた。

チームはこれで4連勝。高橋監督は「ずっと勝たなくちゃいけないということは変わらない」と淡々と話した。
10日からは本拠地で広島と2連戦。胴上げ阻止には2連勝しかない。
村田ヘッドコーチは「明日もあさっても勝つよ!目の前で見たないよ!!」とチームの総意を代弁し、球場を後にした。

2016年9月10日 デイリースポーツ掲載
セントラルリーグ
9月9日
大竹寛 22期 現:巨人
対東京ヤクルト戦 先発登板
今季6勝目

GIANTS
SWALLOWS
【G】○大竹寛、マシソン、澤村-小林誠
【S】●デイビーズ、中沢、近藤、久古、平井-西田
▼本塁打 村田19号 長野10号 亀井3号(G)
バレンティン27・28号(S)

★大竹寛 投球結果
14試合6勝4敗0S
7イニング 打者26 球数119 被安打4 奪三振3 与四死球1 失点1 自責点1 防御率3.25


巨人 大竹寛、好投で古巣の優勝先送りに「何としても勝ちたいと」
7回1失点と好投した巨人・大竹寛はヒーローインタビューで「1イニング1イニング必死でした」と投球を振り返った。

この日最大のピンチは4点リードした3回1死満塁でバレンティンを迎えた場面。
カウント2ボール2ストライクからの6球目は当たり損ねの投ゴロになり、本塁、一塁と送球し併殺打に打ち取った。
バレンティンは続く第3、4打席に2打席連続本塁打を放っていただけに、勝負を分ける結果となった。

負ければ優勝マジック「1」としていた首位・広島の優勝が決まる一戦。
「きょうは何としても勝ちたいと思って投げました」と古巣・広島の優勝を先送りにした力投に胸を張った。

2016年9月9日 スポーツニッポン ネット配信

巨人・大竹寛が古巣・広島の優勝に待った! 10日から東京Dで直接対決へ
巨人は、敗れれば広島の優勝が決まる一戦でヤクルトに快勝し、4連勝を飾った。
先発した前広島の大竹寛投手(33)が7回4安打1失点と好投し6勝目。巨人は10日から本拠地・東京ドームに広島を迎える。

大竹寛が古巣・広島の優勝に待ったをかけた。三回に一死満塁のピンチを招いたが、
迎えたバレンティンを変化球で投ゴロ併殺に仕留め、切り抜けた。
これで波に乗ると七回まで1失点にまとめ、先発の責任を果たした。

打っては一回に長野、村田の本塁打で4点を先行。
四回には亀井にソロが飛び出すなど、一発攻勢で大竹寛を援護した。

お立ち台に上がった大竹寛は「前の2試合が不甲斐ない試合だったので、この試合はなんとしても勝ちたかった。
1イニング1イニング必死でした」と充実の表情。
古巣・広島の優勝が決まってしまう一戦にも「自分のやることはしっかりやろうと思った」と無心で右腕を振り続けた。

2016年9月9日 サンケイスポーツ ネット配信

巨人大竹7回1失点で6勝目!古巣・広島の優勝決定阻止の気迫投
巨人・大竹寛投手がこの日セ・リーグ唯一の試合で、7回4安打1失点と好投し、古巣広島の優勝決定を阻止した。
優勝マジック「1」としている広島の優勝は10日以降に持ち越しになった。

負ければ広島の優勝が決まる中で、大竹が意地を見せた。
初回に4点、四回に1点と5点の援護をもらう中で、三回には1死満塁のピンチを背負ったが、
ここでバレンティンを投ゴロ併殺に仕留めるなど気持ちの入った投球を見せた。

六回にバレンティンにソロ本塁打を打たれたが、先発の役割を果たす7回4安打1失点で6勝目(4敗)。
「初回の4点で心強かった。本当に1イニング、1イニング必死でした。勝ちでつなげられて良かった」と振り返った。

巨人は10日から東京ドームで広島と2連戦を行う。負ければその瞬間に広島の25年ぶり7度目のリーグ優勝が決まる。
本拠地で、その屈辱を許すわけにはいかない。

2016年9月9日 デイリースポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発
9月8日
神宮 18:00
SデイビーズxG大竹寛
イースタンリーグ
9月8日
須永英輝 24期 現:北海道日本ハム
対巨人戦 4番手登板

GIANTS
FIGHTERS
【F】●武田勝、武田久、大塚、須永、金平-大嶋、米野
【G】○中川、香月、小山-相川
▼本塁打 岡本17号(G)

★須永英輝 投球結果
1イニング 打者5 被安打0 奪三振0 与四死球1
失点0 自責点0 防御率3.26 
今成亮太 26期 現:阪神

公示
9月7日
1軍出場選手登録抹消
セントラルリーグ
9月3日
大竹寛 22期 現:巨人
対中日戦 先発登板

DRAGONS
GIANTS
【G】●大竹寛、戸根、高木、山口、田原誠、西村-小林誠
【D】○小熊、岡田、又吉-杉山
▼本塁打 クルーズ11号(G)

★大竹寛 投球結果
13試合5勝4敗0S
3 1/3イニング 打者18 球数78 被安打7 奪三振3 与四死球2 失点4 自責点2 防御率3.34


巨人、大竹が自滅で四回途中4失点降板 前日の内海に次いでKO
巨人・大竹寛投手(33)が中日戦に先発し、四回途中7安打4失点で4敗目を喫した。
前日の先発・内海も六回途中8失点で負け投手になっており、チームは3連敗を喫した。

大竹は一回から、苦しい投球となった。先頭の大島にいきなり二塁打を浴び、エルナンデスには右前打で一、三塁のピンチ。
続く森野は投ゴロに打ち取ったが、自ら一塁悪送球で一気に2点を献上。さらに福田にも二塁打を浴び、この回3点を失った。

立ち上がりの失点が響いての早期降板。
大竹は、8月27日のDeNA戦でも五回途中、6失点で降板しており、2戦連続の早期KOとなった。

大竹は「何もしないまま、終わってしまった。何もできませんでした」などと話し、肩を落とした。

2016年9月3日 サンケイスポーツ ネット配信
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武

公示
9月3日
1軍出場選手登録抹消
パシフィックリーグ
9月1日
豊田拓矢 25期 現:埼玉西武
対福岡ソフトバンク戦 3番手登板

HAWKS
LIONS
【L】●十亀、小石、豊田、高橋光-炭谷、岡田
【H】○東浜、五十嵐、加治屋-細川、鶴岡
▼本塁打 メヒア31号(L)

★豊田拓矢 投球結果
6試合0勝0敗0S
2/3イニング 打者4 球数16 被安打1 奪三振1 与四死球0
失点0 自責点0 防御率1.50
大竹寛 22期 現:巨人

予告先発
9月3日
東京ドーム 14:00
G大竹寛 xD小熊凌祐