サッカー部OB


2015年度

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
若狭大志 28期 現:大分トリニータ DF
FC東京情報
AFCチャンピオンズリーグ2016
プレーオフ出場決定のお知らせ
天皇杯準決勝の結果により、AFCチャンピオンズリーグ2016本大会出場チームが決まったため、
J1リーグ年間順位4位のFC東京がAFCチャンピオンズリーグ2016のプレーオフに
出場することが決定いたしましたのでお知らせいたします。

■プレーオフの試合予定
2016年2月9日(火)
FC東京対チョンブリFC(タイ)または
ヤンゴン・ユナイテッド(ミャンマー)
※キックオフ時間および試合会場は未定

FC東京公式サイトより転載
第95回天皇杯全日本サッカー選手権
準々決勝
12月26日
FC東京1−2広島

FC東京 1−0 広島
0−1
0−1
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
榎本達也 18期 現:FC東京
選手契約のお知らせ

このたびFC東京では、下記の選手につきまして2016シーズンの契約に合意いたしましたのでお知らせいたします。
(出場記録は12月25日時点の数字となります)

【榎本 達也(えのもと たつや)選手】
ポジション:GK
生年月日:1979年3月16日
出身:東京都練馬区
2015シーズン出場記録:
J1リーグ戦4試合出場0得点 / カップ戦3試合出場0得点 / 天皇杯1試合出場0得点


FC東京公式サイトより転載
ニューイヤー杯、新設の沖縄ラウンドにはF東京ら参加
Jリーグは25日、2016年のプレシーズンに宮崎、鹿児島、沖縄で開催する
「Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」の
参加チームと開催日を決定したと発表。

1月24日から2月10日まで行われる。各ラウンドの参加チームと日程は次の通り。

▽宮崎ラウンド(1月31日、2月2、4日開催) 鹿島(J1)、
千葉(J2)、福岡(J1)、熊本(J2)

▽鹿児島ラウンド(2月3、6、10日開催) 清水(J2)、磐田(J1)、北九州(J2)、鹿児島(J3)

▽沖縄ラウンド(1月24、27、30日開催) 札幌(J2)、
F東京(J1)、東京V(J2)、琉球(J3)

2015年12月25日 スポーツ報知 ネット配信
若狭大志 28期 現:ジェフユナイテッド市原・千葉
大分への感謝、背負った十字架…千葉移籍DF若狭の思い
4シーズンで天国と地獄を味わった。自らをプロ選手として育ててくれたクラブへの感謝は計り知れない。
それでも26歳のDFは4年間を過ごした大分の地を離れる決断を下した。
「実績も歴史もある絶対に落としてはいけないクラブ」をJ3へ降格させてしまったという“十字架”を背負い、
新たなユニフォームでボールを追い続ける。大分育ちというプライドを胸に刻んで……。

ジェフユナイテッド千葉は21日、大分トリニータに所属するDF若狭大志を完全移籍で獲得したと発表した。
東洋大出身で大分でキャリアをスタートさせたDFはJ1昇格、J2降格、そしてJ3降格を経験したクラブを
志半ばに去ることを決めた。自身初の移籍を決めた若狭は「申し訳ない」と繰り返す。

浦和学院高時代は無名の存在。東洋大1年時も公式戦出場はなかった。それでも大学2年時に頭角を現し、先発へ定着。
大学3年時には関東大学選抜に選出されると、海外遠征など多くの経験を積み、大学4年時の夏には大分へ練習参加。
そこで当時の田坂和昭監督に見初められ、Jリーガーになるという幼い頃からの夢をつかみとった。

プロになってからは、こつこつと着実にキャリアを積んだ。初年度はJ2で6試合に出場。チームはJ1昇格を果たす。
J1で迎えた2年目は18試合に出場し、J初ゴールを含む2得点を挙げたがJ2降格を経験した。
自身2度目となった3年目のJ2では、30試合に出場。1年でのJ1復帰は叶わなかったものの、
徐々に出場試合数を伸ばし、主力の一人となった。

しかし、J1昇格を目標とした2015シーズン。若狭はキャリアハイとなる33試合に出場するも、
チームはクラブ初のJ3降格という憂き目に遭う。
加えて、J2残留のかかったJ2・J3入れ替え戦・第1戦の町田戦で若狭は退場し、第2戦はスタンド観戦。
ピッチに立てず、J3降格の瞬間を目の当たりにした。

「申し訳ない。最後の最後、残留か降格かがかかる試合でピッチで貢献できなかった、
戦えなかったというのが非常に残念で悔しい」と言うと、「降格が決まったときは頭が真っ白で2〜3日は
悩み込みました。何もする気が起きなかった」と振り返る。

「大分は実績もあるし、歴史もあるし、タイトルを取ったこともあるクラブ。そんなチームを落としてはいけないと思っていたのに……」

J3降格という現実を受け入れられない日々が続いたが、シーズン終了から1週間と経たないうちに千葉からオファーが届く。
落ち込むDFの胸中は揺れた。「自分は大分の生え抜きとして4年間やらせてもらって、チームになかなか貢献できなかったと思う。
それなのに、降格してしまったのにチームを出ていっていいのか。
最後が出場停止で出られないままチームを去っていいのかというのは本当に悩みました」。

考え抜いた末の決断は千葉への移籍。プロ2年目にJ1を経験しているDFは、より上のステージでプレーすることの大切さを
一人のサッカー選手として、痛感していたからだ。決断したとはいうものの、心はどこか晴れなかったという。
「本当に申し訳ないし、このまま出て行っていいのかというのは、すごく感じているんです。
本当に大分には感謝しているので」と若狭は幾度も口にした。

それでもサッカー人生はまだまだ続く。大分で育ったという誇りを胸に、必死にプレーを続けることが過去に関わった人々への
ささやかな恩返しになるかもしれない。そう思えることが唯一の救いでもある。
「次のチームで活躍することが育ててくれたクラブへの恩返しでもあると思うから、頑張っていきたい」と
自らに言い聞かせるよう静かに誓った。

大分がJ3へ降格してしまった要因について語った若狭は「今年は中心になれる人物がいなかったとみんなが言っていて。
僕ももちろんそれは感じます。それでも、それって一人ひとりの意識の持ちようで変わるもので、
誰かが気づいてそいつが中心になればいい話だし、僕を含めた誰かが積極的にリーダーシップを取って、
引っ張っていけば良かったことだった」と唇を噛んだ。
この後悔は次のステージの糧にする。「千葉では中堅と思わず、ピッチに立ったらリーダーシップを
持ってやっていきたい」と前を向いた。

大分育ちという誇りを胸に刻み、千葉で新たなスタートを切る。「この1年間を無駄にしてはいけない」。
酸いも甘いも知るDF。
無名の存在から這い上がってきた男が新天地で再び立ち上がる。

ゲキサカ ネット配信


大分から移籍決断のDF若狭、千葉から受けた評価
ジェフユナイテッド千葉は21日、大分トリニータに所属するDF若狭大志を完全移籍で獲得したと発表した。
東洋大出身で大分でキャリアをスタートさせたDFはJ1昇格、J2降格、そしてJ3降格を
経験したクラブを離れ、自身初の移籍を決断した。

J2・J3入れ替え戦で敗れ、クラブ初のJ3降格が決まってから1週間と経たずに千葉から獲得オファーがあったという。
千葉に在籍中の選手の去就が決まるよりも先に、まず若狭へ声がかかった。

複数クラブから打診がありながらも、千葉行きを決断した理由については「シーズン終了後にすぐに誘っていただいて、
熱心に声をかけてもらった。かけてもらったのはシンプルな言葉でしたけど、評価してくれているなとすごく感じて、
それが一番伝わってきたので」と言う。

千葉からはユーティリティー性を高く評価され、「SBでもCBでもどこでも準備していてくれ」と伝えられた。
「個人としてはCBがやりたいし、元々CBの選手なのでそこに自信を持っているんですけど」と口を開いたDFだが、
「大分の4年間でSBでも試合に出ることができて、SBも出来ると周りに評価してもらった。
それを自信に臨機応変に対応していきたい」と強く意気込む。

「各ポジションにおいて、自分の中でイメージしている部分があって。CBではラインコントロールやカバーリングであったりという部分は
自分の中で得意としているので見て欲しい。SBになったら、得点も狙っていきたいなとは思っています」

今季ともにJ2を戦った千葉へ対するイメージは「強い」と一言。
「試合をしているときにはやっぱり勝負強いというか、上手いなというイメージがありましたね」と話す。
新たにホームとなる『フクアリ』には好印象を抱いているようで「すごくいい雰囲気ですよね」と微笑んだ。
「お客さんもすごく入っていて、ジェフのサポーターは熱いなという風に感じるし、本当に楽しみ」。

自身初の移籍。新たな環境に飛び込む胸中には不安も過ぎる。
「不安な点は正直言うと多いです。練習メニューとかもそうですし、日々の生活リズムも変わるのかなとか……」と話すとおりだ。
それでも「自分はやるしかないので、頑張るだけですね」と言い切った。

今冬の移籍市場で千葉は攻守ともに多くの選手が入れ替わるが、若狭は「その方が俺としては入りやすい」とキッパリ。
横一線のスタートとなることを前向きに受け止める。「中堅とは思わずにピッチへ立ったらリーダーシップをもって、
しっかりとやっていきたい」。
ユーティリティー性を武器に、千葉に欠かせない選手の一人となるつもりだ。

ゲキサカ ネット配信
悲願の昇格へ、千葉の補強が止まらない!
2010年からJ2で戦う千葉だが……

悲願のJ1昇格に向けてジェフユナイテッド千葉が積極的に補強を行っている。

千葉は19日、現役パラグアイ代表のMFエドゥアルド・アランダの獲得を発表。30歳のアランダは、過去にパラグアイやウルグアイ、
ブラジルのクラブチームでプレイしている。同選手はクラブ公式サイトを通して、「2016年シーズン、
千葉のJ1昇格に向け私の全てを尽くします。是非スタジアムに足を運んでください」と意気込みを語っている。

千葉はアランダ加入の翌日に、水戸ホーリーホックからMF吉田眞紀人の獲得を発表。
さらに21日には、J3に降格が決まった大分トリニータからDF若狭大志もクラブに加わることを発表した。

水戸で中心選手として活躍していた吉田は「地元であるこのクラブでプレーする事は夢でした」とコメントを残し、
若狭も「ジェフユナイテッド市原・千葉という偉大なクラブに加入することができ、大変嬉しく思います。J1昇格を果たすために
全力で戦っていきますので、応援よろしくお願いします」と新天地での意気込みを語っている。

2015シーズンはJ2で9位とクラブ史上最低順位に終わった千葉だが、今冬に上記の3選手に加えて浦和レッズから
MF長澤和輝、ヴァンフォーレ甲府からDF阿部翔平を獲得するなど、J1復帰に向けて着々と準備を進めている。

The world ニュース ネット配信
若狭大志 28期 現:大分トリニータ
若狭大志選手 ジェフユナイテッド千葉へ完全移籍のお知らせ
この度、若狭大志選手がジェフユナイテッド千葉へ完全移籍することが決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

◆DF5 若狭 大志 (わかさ まさし) 選手 
【出身地】   埼玉県
【生年月日】  1989年7月24日 (26歳)
【身長・体重】 181cm/73kg
【経歴】    慈恩寺キッカーズ → 慈恩寺中 → 浦和学院高 → 東洋大

★若狭大志コメント

「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました。大分には四年間在籍し、
様々な経験をすることが出来ました。そのなかでも今年は非常に苦しく、ファンやサポーターを始め、
大分トリニータに関わる全ての方々を失望させてしまいました。
非常に責任を感じております。そのような中でもサポーターの皆様はどんな時も90分間共に戦っていただき、
僕ら選手の背中を常に押していただいたこと、感謝しています。
大分トリニータが一年でJ2復帰することを心から願っております。 四年間ありがとうございました」

大分トリニータ公式サイトより転載


若狭大志 入団コメント
「皆さま初めまして、若狭大志です。ジェフユナイテッド市原・千葉という偉大なクラブに加入することができ、大変嬉しく思います。
J1昇格を果たすために全力で戦っていきますので、応援よろしくお願いします!」

ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイトより転載

千葉が大分からDF若狭を獲得「J1昇格に全力」
ジェフユナイテッド千葉は21日、大分トリニータからDF若狭大志(26)を完全移籍で獲得したと発表した。

同選手は東洋大から2012年に大分に入団。4年間でJ1通算18試合2得点、J2通算69試合で4得点を記録していた。

クラブを通じ「偉大なクラブに加入することができ、大変嬉しく思います。J1昇格を果たすために全力で戦っていきます」とコメントした。

ゲキサカ ネット配信

J2千葉 J3降格の大分からDF若狭が完全移籍「偉大なクラブに…嬉しい」
J2千葉は21日、来季J3へ降格する大分からDF若狭大志(26)が完全移籍で加入することが決まったと発表した。

埼玉県出身の若狭は浦和学院高、東洋大を経て2012年に大分入り。リーグ戦通算成績はJ1が18試合2得点、J2が69試合4得点。
今季はJ2で33試合2得点だった。

若狭は千葉を通じ、「皆さま初めまして、若狭大志です。ジェフユナイテッド市原・千葉という偉大なクラブに加入することができ、
大変嬉しく思います。J1昇格を果たすために全力で戦っていきますので、応援よろしくお願いします!」とコメント。

4年間在籍した大分を通じては、「この度、ジェフユナイテッド市原・千葉に移籍することになりました。大分には4年間在籍し、
様々な経験をすることが出来ました。そのなかでも今年は非常に苦しく、ファンやサポーターを始め、大分トリニータに関わる全ての方々を
失望させてしまいました。非常に責任を感じております。そのような中でもサポーターの皆様はどんな時も90分間共に戦っていただき、
僕ら選手の背中を常に押していただいたこと、感謝しています。大分トリニータが一年でJ2復帰することを心から願っております。
4年間ありがとうございました」と談話を発表している。

2015年12月21日 スポーツニッポン ネット配信

J1 16年は2月27日スタート
来季も2ステージ制

Jリーグは15日、東京都内で理事会を開き、2016年シーズンのJ1を来年2月27日に開幕することを決めた。
J2は2月28日に始まる。2月開幕は初めて。

J1は今季に引き続いて2ステージ制とチャンピオンシップを導入し、第1ステージは6月25日まで開催される。
第2ステージとチャンピオンシップについては、日程を調整している。

2015年12月15日 スポーツニッポン ネット配信
大分トリニータ情報
選手に来季契約提示
J3降格が決まった大分トリニータは10日、大分市の大分フットボールクラブ(FC)で契約更改交渉を行った。
外国人を除く、全選手が順次同クラブを訪れ、球団側から来季の契約内容が提示された。選手は持ち帰って検討し、回答する。

J3降格に伴い来季のチーム人件費は、今季の約3億3千万から大幅に減少する見込み。
各選手には、金銭面で厳しい条件が提示されたものとみられる。

取材に応じた大分FCの西山哲平強化育成部長代理は「厳しい通知をしたのは事実。あとはこちらの思いが通じるか、といったところ」と
険しい表情で話した。

移籍が取りざたされるユース生え抜きのMF為田大貴(22)について「国内外のクラブから問い合わせをもらっている」と、
海外クラブを含めた複数球団からオファーを受けていることを明かした。

慰留については「(球団の)収入のために放出することはない」と前置きした上で「J3というカテゴリーになってしまった以上、
本人の意思も尊重しなければならない」と強い希望があれば移籍を容認する考えを示した。

また、後任監督は候補者を絞り込んでいるとみられ、「極力いい返事をもらえるように最善を尽くしたい」と、今月中旬の決定を目指す方針。

2015年12月11日 大分合同新聞掲載
大分トリニータ情報
サッカー場建設・提供 九州乳業が支援を表明

J3に降格が決まった大分トリニータのパンツスポンサーを務めている九州乳業(大分市廻栖野)は7日、来年度の支援態勢を表明した。

資金支援に加え、「みどりの王国」(同)内にサッカー場を建設し、トリニータの関係先や小中高生らに幅広く提供する。

同社の小野政彦取締役は「いち早く支援を表明することで、未来に向けての一歩を踏み出す態勢づくりになればと考えている」と話した。
サッカー場の広さや使用法に関しては「今後協議する。少年サッカーなどにも活用してもらい、サッカー競技の裾野を広げることにも役立てたい」
としている。

支援態勢の表明文書は同日、トリニータを運営する大分フットボールクラブ(FC)と県に送付した。

大分FCの青野浩志社長は「降格直後に引き続きの支援を表明していただき感謝の気持ちでいっぱいです。
来季しっかり戦い抜き、1年でのJ2復帰をつかみとります。本当にありがとうございます」とコメントした。

大分合同新聞掲載
J2・J3入れ替え戦
第2戦

12月6日
大分0−1町田
大分 0−0 町田
0−1

町田 4季ぶりJ2復帰 大分はJ1からわずか2年でJ3降格
サッカーのJ2・J3入れ替え戦は6日、大分銀行ドームで第2戦が行われ、J3の2位・町田がJ2の21位・大分を1―0で下し、
通算2勝で2012年以来4年ぶりとなる来季のJ2昇格を決めた。
敗れた大分は、J1で戦った13年からわずか2年でクラブ初となる来季のJ3降格が決定。
J1経験チームのJ3降格は史上初で、国内主要タイトル獲得チーム(08年ナビスコ杯優勝)のJ3降格も史上初の屈辱となった。

試合開始から大分の攻勢に合う町田。前半9分FWエバンドロの右クロスからFW高松に頭で合わせられるが、GK高原がキャッチ。
同34分にはDF森村がペナルティーエリア内でDF安川を倒して、PKを与えてしまう。しかし、GK高原がFW高松のPKをはじいて
得点を許さず、前半を0―0で終える。

後半も町田は押し込まれる展開となるが、後半12分、裏に抜けたボールへの競り合いで、ペナルティーエリア内でFW鈴木孝がDF山口に倒されて
PKを獲得。鈴木孝が自ら蹴って、ゴール中央に冷静に決めた。先制した町田は粘り強い守備で得点を許さず、逆にカウンターから追加点の
惜しいシーンもあったが、スコアは変わらず試合は終了。町田が12年以来4年ぶりとなるJ2昇格を決めた。

町田はホームの町田市立陸上競技場で11月29日に行われた第1戦で2―1と勝利。1998年のワールドカップ(W杯)フランス大会にも
出場した元日本代表DFで、11〜12年にはJ1川崎Fを率いた相馬直樹監督(44)は就任2年目でチームをJ2復帰へと導いた。

大分は最下位に沈んでいた6月に田坂和昭前監督(44=前J1清水監督)を解任。後任に強化・育成部長を務めていた柳田伸明監督(44)が
就任して最下位からは脱出したが、最後に4連敗を喫して入れ替え戦に回る21位でシーズンを終了し、試合後には青野浩志社長(59)が
成績不振を理由に年内で引責辞任することを表明していた。

2015年12月6日 スポーツニッポン ネット配信
【大分】DF若狭と鈴木
6日J2・J3入れ替え戦第2戦出場停止

Jリーグは1日、J2大分のDF若狭大志(26)と、DF鈴木義宜(23)の2人が6日に行われるJ2・J3入れ替え戦第2戦の
町田戦(大銀ド)が出場停止になると発表した。
11月29日に行われた同第1戦の町田戦(町田)で若狭は警告2回の退場、鈴木は一発退場を命じられていた。

2015年12月1日 スポーツ報知 ネット配信
J2・J3入れ替え戦
第1戦

11月29日
大分1−2町田
大分 1−1 町田
0−1
若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
スタメン出場
後半1・31分 警告・退場

DFの柱2人が退場…逆転負け大分、J3降格ピンチ
大分トリニータが窮地に立たされた。29日、FC町田ゼルビアとのJ2・J3入れ替え戦、
敵地での第1戦に臨んだ大分は、1−2で敗戦。
前半22分にDFダニエルのゴールで先制したが、相手FW鈴木孝司に2ゴールを浴びて、逆転負けを喫した。

第2戦は守備の柱2本を欠く、さらに苦しい戦いを強いられることになった。
後半最初のプレーでイエローカードを貰っていたDF若狭大志が同31分にコンタクトプレーで
2枚目の警告を受けてしまう。さらに同43分にはエリア付近で鈴木孝司に突破を許したDF鈴木義宜が背後から
倒してしまい、木村博之主審は迷わず一発レッドカードを提示する。

今季リーグ戦33試合に出場していた若狭と、同40試合に出場していた鈴木を欠くホームでの第2戦。
ただ、アウェーゴールを奪っていることから、1−0の勝利、もしくは2点差以上の勝利であれば、
J2残留を決めることができる。流れは悪いが、諦めるにはまだ早い。

2015年11月29日 ゲキサカ配信
最終節飾れず、町田と入れ替え戦へ トリニータ
明治安田J2最終節(23日・大分銀行ドームほか=11試合)大分は大分市の大分銀行ドームで磐田と対戦し、1―2で敗れた。
最終成績は8勝14分け20敗(勝ち点38)で順位は21位。大分はJ2残留を懸け、
J3で2位になった町田とのJ2・J3入れ替え戦に臨む。

磐田は勝ち点を82に伸ばし、2位で3季ぶりのJ1昇格を決めた。後半ロスタイムに小林が決勝点を決めた。
勝ち点で並んでいた福岡も岐阜に4―1で快勝したが、得失点差で及ばず3位でJ1昇格プレーオフ(PO)に回った。

1枠を争うPOには4位C大阪、5位愛媛、6位長崎も進んだ。29日の福岡―長崎、C大阪―愛媛の勝者が
12月6日にヤンマースタジアム長居での決勝で対戦する。最下位の栃木はJ3に降格。

【大分1―2磐田評】終了間際に追い付いた大分だったが、直後に失点を喫し、リーグ最終節を白星で飾れなかった。

1点を追う大分は後半45分、MF松本怜のパスのクリアボールに途中出場のFWパウリーニョが反応。
豪快なミドルシュートを決めた。劇的な同点ゴールだったが、直後に試合巧者の磐田にまさかの勝ち越しを許した。

2015年11月24日 大分合同新聞掲載
J.LEAGUE Division 2
最終節

11月23日
大分1−2磐田
大分 0−0 磐田
1−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場

年間順位
大分トリニータ 21位
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第17節

11月22日
FC東京0−0鳥栖

FC東京 0−0 鳥栖
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り


2nd Stage 最終順位
FC東京 第6位

年間順位
FC東京 4位 
J.LEAGUE Division 2
第41節

11月14日
大分2−3大宮
大分 0−0 大宮
2−3

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
前半9分 GOAL!
第95回天皇杯全日本サッカー選手権
4回戦
11月11日
FC東京2−0水戸

FC東京 1−0 水戸
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
J.LEAGUE Division 2
第40節

11月8日
大分0−1横浜FC
大分 0−0 横浜FC
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第16節

11月7日
FC東京1−0柏

FC東京 1−0
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第39節

11月1日
大分0−1金沢
大分 0−0 金沢
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第15節

10月24日
FC東京3−4浦和

FC東京 1−3 浦和
2−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第38節
10月25日
大分2−0札幌
大分 0−0 札幌
2−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第14節

10月17日
FC東京1−2湘南

FC東京 0−1 湘南
1−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第37節
10月18日
大分2−2千葉
大分 2−0 千葉
0−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
前半35分 GOAL!
第95回天皇杯
全日本サッカー選手権

3回戦
10月14日
大分0−1横浜F
大分 0−0 横浜F
0−0
0−1
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第36節
10月10日
大分1−1栃木
大分 1−1 栃木
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 2
第35節
10月4日
大分0−0讃岐
大分 0−0 讃岐
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第13節

10月3日
FC東京1−0広島
FC東京 0−0 広島
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第34節
9月27日
大分0−1岡山
大分 0−0 岡山
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第12節

9月26日
FC東京1−0松本

FC東京 1−0 松本
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第33節
9月23日
大分−北九州
大分 1−1 北九州
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第11節

9月19日
FC東京0−1横浜FM

FC東京 0−0 横浜FM
0−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第32節
9月20日
大分3−0岐阜
大分 2−0 岐阜
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第10節
9月12日
FC東京3−0神戸

FC東京 0−1 神戸
0−2

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
出場なし
J.LEAGUE Division 2
第31節
9月13日
大分0−1熊本
大分 0−0 熊本
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
ヤマザキナビスコカップ
準々決勝 第2戦
9月6日
鹿島3−0
FC東京
FC東京 0−1 鹿島
0−2

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
第95回天皇杯
全日本サッカー選手権

2回戦
9月5日
大分3−0V長崎
大分 2−0 V長崎
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
ヤマザキナビスコカップ
準々決勝 第1戦
9月2日
FC東京2−2鹿島

FC東京 1−1 鹿島
1−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
若狭大志 28期 現:大分トリニータ
天皇杯2回戦・長崎戦に向けて若狭大志
「刀根亮輔のヒゲをなんとかしたい」
天皇杯1回戦・佐賀LIXIL戦(2○0)ではひさしぶりに右SBで
出場した若狭大志。同2回戦・長崎戦では左SBを務める可能性が出てきた。

今季はCBでディフェンスリーダーとして守備を統率している若狭には
柳田伸明監督も信頼を寄せるが、「さらにプレーの幅を広げてほしい」と、
天皇杯でのチャレンジを課した。

つねづね「積極的に攻撃に絡みたい」と語り、1回戦でも先制点を
挙げた若狭に、チームの苦境打開への期待が懸かる。

まずは5日の長崎戦に向けての抱負を問うと、11年まで大分で
プレーした刀根亮輔について「あのヒゲをなんとかしたいです」と語った。
一体どうするつもりなのかは謎だ。

BLOGOLA 掲載
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第9節
8月29日
FC東京1−1清水

FC東京 0−0 清水
1−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
第95回天皇杯
全日本サッカー選手権

1回戦
8月29日
大分2−0佐賀LIXIL

大分 0−0 佐賀
2−0
▼得点者:【大】若狭★、松本怜

若狭大志 28期 現:大分トリニータ
後半6分に先制点!
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第8節
8月22日
FC東京0−0名古屋

FC東京 0−0 名古屋
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
J.LEAGUE Division 2
第30節
8月23日
大分1−3C大阪
大分 1−2 C大阪
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第7節

8月16日
FC東京2−1G大阪

FC東京 1−0 G大阪
1−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
J.LEAGUE Division 2
第29節
8月15日
大分1−2京都
大分 1−0 京都
0−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第8節
8月12日
FC東京1−0甲府

FC東京 0−0 甲府
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
J.LEAGUE Division 2
第28節
8月8日
大分0−1愛媛
大分 0−0 愛媛
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 2
第27節

8月1日
大分1−1福岡
大分 1−0 福岡
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第5節
7月29日
FC東京3−1仙台

FC東京 3−0 仙台
0−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第26節
7月26日
大分2−0群馬
大分 0−0 群馬
2−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第4節
7月25日
FC東京1−2鹿島

FC東京 0−1 鹿島
1−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第25節

7月22日
大分0−1徳島
大分 0−0 徳島
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第3節

7月19日
FC東京0−0山形

FC東京 0−0 山形
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第24節
7月18日
大分2−1長崎
大分 1−0 長崎
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第2節
7月15日
FC東京3−1新潟

FC東京 1−0 新潟
2−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第23節

7月12日
大分2−1東京V
大分 0−0 東京V
2−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 1
2ndStage
第1節
7月11日
FC東京0−2川崎F

FC東京 0−0 川崎F
0−2

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第22節
7月8日
大分1−1水戸
大分 1−1 水戸
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
J.LEAGUE Division 2
第21節
7月4日
大分0−0C大阪
大分 0−0 C大阪
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 2
第20節

6月29日
大分1−1札幌
大分 1−0 札幌
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
若狭大志 28期 現:大分トリニータ
若狭大志、札幌戦を前に都倉賢の腹筋と古田寛幸の顔面偏差値に言及
明治安田J2第20節・札幌戦に向けてのトレーニング後、若狭大志が、
札幌で最も警戒したい攻撃陣の一人として、都倉賢の名を挙げた。

「もともと高さとパワーがある上に、跳躍力があるので空中戦での滞空時間がめっちゃ長い。厳しい競り合いになりそう」

さらに「ホントかっこいいですよね。あの腹筋に触ってきちゃおうかな」とリスペクト。
加えて古田寛幸についても「イケメンですよね」と、ルックスの良さに言及した。

それはそれとしてゴールは割られないようにしっかり対応する所存でいる。
「僕も長らく(札幌と同じ)3バックシステムでプレーしてきたので、そのときの経験を活用していきたい」。

27日の紅白戦では、鮮やかな得点も決めた。「これまでの失点は不運なものもあったが、
風向きが変わるのを待っているのではなく、アグレッシブに勝ちに行きたい。ゴールも奪います」。

頼り甲斐を増したディフェンスリーダーは、攻撃にも積極参加するつもりだ。

サッカー専門新聞「BLOGOLA」 掲載
J.LEAGUE Division 1
第17節
6月27日
FC東京3−2清水

FC東京 1−0 清水
2−2

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り


1st Stage
FC東京 2位
J.LEAGUE Division 2
第19節
6月21日
大分0−1千葉
大分 0−1 千葉
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第17節

6月20日
FC東京2−1鳥栖

FC東京 0−1 鳥栖
2−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第18節
6月14日
大分1−1金沢
大分 0−1 金沢
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第15節

6月7日
FC東京2−1松本

FC東京 2−0 松本
0−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第17節
6月6日
大分2−2京都
大分 1−1 京都
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
ヤマザキナビスコカップ
第7節
6月3日
FC東京0−0湘南

FC東京 0−0 湘南
0−1
FC東京 準々決勝進出
榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第16節
5月31日
大分1−2北九州
大分 1−2 北九州
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第14節

5月30日
FC東京2−1柏

FC東京 1−0
1−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
出場なし
J.LEAGUE Division 2
第15節
5月24日
大分0−1東京V
大分 0−0 東京V
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
ナビスコカップ
第6節
5月27日
FC東京1−1広島

FC東京 0−0 広島
1−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
出場なし
J.LEAGUE Division 2
第14節
5月17日
大分1−1水戸
大分 1−1 水戸
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第13節

5月23日
FC東京0−1名古屋

FC東京 0−0 名古屋
0−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第13節

5月9日
大分1−1横浜FC
大分 0−1 横浜FC
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
ヤマザキナビスコカップ
第5節
5月20日
FC東京2−1甲府

FC東京 1−0 甲府
1−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 1
第12節

5月16日
FC東京1−4浦和

FC東京 0−2 浦和
1−2

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第12節
5月6日
大分0−0熊本
大分 0−0 熊本
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第11節

5月10日
FC東京0−1鹿島

FC東京 0−1 鹿島
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第11節
5月3日
大分1−1徳島
大分 0−1 徳島
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第10節

5月6日
FC東京3−2仙台

FC東京 1−0 仙台
2−2

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第10節
4月29日
大分0−1栃木
大分 0−1 栃木
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第9節

5月2日
FC東京2−1川崎F

FC東京 0−1 川崎
2−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第9節
4月26日
大分1−0長崎
大分 0−0 長崎
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第8節

4月29日
FC東京1−0新潟

FC東京 0−0 新潟
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第8節

4月19日
大分0−3大宮
大分 0−0 大宮
0−3

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第7節

4月25日
FC東京1−0山形

FC東京 1−0 山形
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第7節
4月11日
大分1−2福岡
大分 0−0 福岡
1−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
ヤマザキナビスコカップ
4月22日
FC東京2−0鳥栖

FC東京 1−0 鳥栖
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 1
第6節

4月18日
FC東京1−2広島

FC東京 1−1 広島
0−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第6節
4月5日
大分0−2愛媛
大分 0−0 愛媛
0−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
J.LEAGUE Division 1
第5節

4月12日
FC東京1−0湘南
FC東京 0−0 湘南
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第5節

4月1日
大分6−2岐阜
大分 5−0 岐阜
1−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
J.LEAGUE Division 1
第4節

4月4日
FC東京1−0甲府

FC東京 0−0 甲府
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第4節
3月29日
大分1−2磐田
大分 1−1 磐田
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
ヤマザキナビスコカップ
3月28日
FC東京1−1松本

FC東京 0−1 松本
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
フル出場
J.LEAGUE Division 1
第3節

3月22日
FC東京2−0神戸

FC東京 1−0 神戸
1−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第3節
3月21日
大分−群馬
大分 0−0 群馬
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
ヤマザキナビスコカップ
3月18日
FC東京2−1新潟

FC東京 0−1 新潟
2−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 1
第2節

3月14日
FC東京0−0横浜FM

FC東京 0−0 横浜FM
0−0

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第2節

3月15日
大分0−1岡山
大分 0−0 岡山
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
J.LEAGUE Division 1
第1節

3月7日
G大阪2−2
FC東京

FC東京 0−1 G大阪
2−1

榎本達也 18期 現:FC東京 GK
ベンチ入り
J.LEAGUE Division 2
第1節
3月8日
讃岐2−0
大分
大分 0−1 讃岐
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
J.LEAGUE Division 1
FC東京 試合日程
試合日 ホーム 開始 アウェー スタジアム
1st Stage
第1節 3月 7日(土) G大阪 14:00 FC東京 万博記念競技場
第2節 3月14日(土) FC東京 14:00 横浜FM 味の素スタジアム
第3節 3月22日(日) 神戸 17:00 FC東京 ノエビアスタジアム神戸
第4節 4月 4日(土) FC東京 16:00 甲府 味の素スタジアム
第5節 4月12日(日) 湘南 16:00 FC東京 Shonan BMWスタジアム平塚
第6節 4月18日(土) FC東京 13:00 広島 味の素スタジアム
第7節 4月25日(土) 山形 18:30 FC東京 NDソフトスタジアム山形
第8節 4月29日(水) 新潟 14:00 FC東京 デンカビッグスワンスタジアム
第9節 5月 2日(土) FC東京 13:00 川崎F 味の素スタジアム
第10節 5月 6日(水) 仙台 19:00 FC東京 ユアテックスタジアム仙台
第11節 5月10日(日) FC東京 16:00 鹿島 味の素スタジアム
第12節 5月16日(土) 浦和 15:30 FC東京 埼玉スタジアム2002
第13節 5月23日(土) FC東京 19:00 名古屋 味の素スタジアム
第14節 5月30日(土) FC東京 19:00 味の素スタジアム
第15節 6月 7日(日) 松本 16:00 FC東京 松本平広域公園総合球技場
第16節 6月20日(土) 鳥栖 16:00 FC東京 ベストアメニティスタジアム
第17節 6月27日(土) FC東京 19:00 清水 味の素スタジアム
2nd Stage 
第1節 7月11日(土) 川崎F 18:30 FC東京 等々力陸上競技場
第2節 7月15日(水) FC東京 19:00 新潟 味の素スタジアム
第3節 7月19日(日) FC東京 19:00 山形 味の素スタジアム
第4節 7月25日(土) 鹿島 18:30 FC東京 県立カシマサッカースタジアム
第5節 7月29日(水) FC東京 19:00 仙台 味の素スタジアム
第6節 8月12日(水) 甲府 19:00 FC東京 山梨中銀スタジアム
第7節 8月16日(日) FC東京 18:00 G大阪 味の素スタジアム
第8節 8月22日(土) 名古屋 19:00 FC東京 豊田スタジアム
第9節 8月29日(土) 清水 18:00 FC東京 IAIスタジアム日本平
第10節 9月12日(土) FC東京 19:00 神戸 味の素スタジアム
第11節 9月19日(土) 横浜FM 19:00 FC東京 日産スタジアム
第12節 9月26日(土) FC東京 18:30 松本 味の素スタジアム
第13節 10月 3日(土) 広島 19:00 FC東京 エディオンスタジアム
第14節 10月17日(土) FC東京 14:00 湘南 味の素スタジアム
第15節 10月24日(土) FC東京 14:00 浦和 味の素スタジアム
第16節 11月 7日(土) 14:00 FC東京 日立柏サッカー場
第17節 11月22日(日) FC東京 13:30 鳥栖 味の素スタジアム
ヤマザキナビスコカップ
第1節 3月18日(水) FC東京 19:00 新潟 味の素スタジアム
第2節 3月28日(土) 松本 17:00 FC東京 松本平広域公園総合球技場
第4節 4月22日(水) FC東京 19:00 鳥栖 味の素スタジアム
第5節 5月20日(水) FC東京 19:00 甲府 味の素スタジアム
第6節 5月27日(水) 広島 19:00 FC東京 エディオンスタジアム
第7節 6月 3日(水) 湘南 19:00 FC東京 Shonan BMWスタジアム平塚
準々決勝 9月 2日(水) FC東京 19:00 鹿島 味の素スタジアム
9月 6日(日) 鹿島 18:30 FC東京 県立カシマサッカースタジアム

◆変更等ありますので主催者発表のものとご照合ください。
大分トリニータ 試合日程
試合日 ホーム 開始 アウェー スタジアム
第1節 3月 8日(日) 讃岐 16:00 大分 香川県立丸亀競技場
第2節 3月15日(日) 大分 13:00 岡山 大分銀行ドーム
第3節 3月21日(土) 群馬 13:00 大分 正田醤油スタジアム群馬
第4節 3月29日(日) 磐田 13:00 大分 ヤマハスタジアム
第5節 4月 1日(水) 大分 19:00 岐阜 大分銀行ドーム
第6節 4月 5日(日) 愛媛 14:00 大分 ニンジニアスタジアム
第7節 4月11日(土) 大分 16:00 福岡 大分銀行ドーム
第8節 4月19日(日) 大分 16:00 大宮 大分銀行ドーム
第9節 4月26日(日) 長崎 13:00 大分 長崎県立総合運動公園陸上競技場
第10節 4月29日(水) 大分 14:00 栃木 大分銀行ドーム
第11節 5月 3日(日) 大分 14:00 徳島 大分銀行ドーム
第12節 5月 6日(水) 熊本 16:00 大分 うまかな・よかなスタジアム
第13節 5月 9日(土) 大分 16:00 横浜FC 大分銀行ドーム
第14節 5月17日(日) 水戸 13:00 大分 ケーズデンキスタジアム水戸
第15節 5月24日(日) 大分 14:00 東京V 大分銀行ドーム
第16節 5月31日(日) 北九州 15:00 大分 北九州市立本城陸上競技場
第17節 6月 6日(土) 大分 14:00 京都 大分銀行ドーム
第18節 6月14日(日) 金沢 16:00 大分 石川県西部緑地公園陸上競技場
第19節 6月21日(日) 大分 18:00 千葉 大分銀行ドーム
第20節 6月29日(月) 札幌 19:00 大分 札幌ドーム
第21節 7月 4日(土) C大阪 19:00 大分 キンチョウスタジアム
第22節 7月 8日(水) 大分 19:00 水戸 大分銀行ドーム
第23節 7月12日(日) 東京V 19:00 大分 味の素スタジアム
第24節 7月18日(土) 大分 19:00 長崎 大分銀行ドーム
第25節 7月22日(水) 徳島 19:00 大分 鳴門・大塚スポーツパーク
ポカリスエットスタジアム
第26節 7月26日(日) 大分 18:00 群馬 大分銀行ドーム
第27節 8月 1日(土) 福岡 18:00 大分 レベルファイブスタジアム
第28節 8月 8日(土) 大分 19:00 愛媛 大分銀行ドーム
第29節 8月15日(土) 京都 19:00 大分 西京極総合運動公園
陸上競技場兼球技場
第30節 8月23日(日) 大分 18:00 C大阪 大分銀行ドーム
第31節 9月13日(日) 大分 18:00 熊本 大分銀行ドーム
第32節 9月20日(日) 岐阜 16:00 大分 岐阜メモリアルセンター
長良川競技場
第33節 9月23日(水) 大分 13:00 北九州 大分銀行ドーム
第34節 9月27日(日) 岡山 13:00 大分 シティライトスタジアム
第35節 10月 4日(日) 大分 16:00 讃岐 大分銀行ドーム
第36節 10月10日(土) 栃木 13:00 大分 栃木県グリーンスタジアム
第37節 10月18日(日) 千葉 15:00 大分 フクダ電子アリーナ
第38節 10月25日(日) 大分 13:00 札幌 大分銀行ドーム
第39節 11月 1日(日) 大分 13:00 金沢 大分銀行ドーム
第40節 11月 8日(日) 横浜FC 13:00 大分 ニッパツ三ツ沢球技場
第41節 11月14日(土) 大宮 16:00 大分 NACK5スタジアム大宮
最終節 11月23日(月) 大分 14:00
磐田 大分銀行ドーム

◆変更等ありますので主催者発表のものとご照合ください。
Jリーグが詳細日程を発表
Jリーグは22日、今季の詳細日程を発表し、2ステージ制になるJ1では3月7日開幕の第1ステージで、
昨季国内主要タイトル3冠のG大阪が昨季2位の浦和の本拠に乗り込む一戦がゴールデンウイークの5月2日に組まれた。

第1ステージは6月27日に終了し、第2ステージは7月11日に始まる。
ワールドカップ(W杯)ブラジル大会があった昨季のような長期間の中断はない。

J2は3月8日、J3は同15日に開幕し、最終節はともに11月23日。
ヤマザキナビスコ・カップはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場のG大阪、浦和、鹿島が
決勝トーナメントからの出場で、柏もプレーオフを突破すれば1次リーグを免除される。

2015年1月22日 サンケイスポーツ ネット配信
J.LEAGUE New Year Cup
大分トリニータ 試合結果
宮崎ラウンド
KIRISHIMA ハイビスカス陸上競技場(略称:宮崎県陸)
大分・田坂監督、3位で最下位も前向き「いい経験できた」
スカパー!ニューイヤー・カップ宮崎ラウンド最終日(7日、福岡1−0大分、宮崎市のKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場)
前半に攻め込んだ大分は決定力を欠いた。最下位の3位となったが、田坂監督は「新しく入った選手と
既存の選手とのすり合わせができてきている。
大会を通じて、いい経験ができた」と前向きだった。

後半に入って運動量が落ち、セカンドボールを拾えなくなったことを課題に挙げ
「トレーニングと試合で体力やスピードをもっと磨いていきたい」と先を見据えた。

2015年2月7日 サンケイスポーツ ネット配信
福岡、大分下す! 1勝1敗の勝ち点3で2位
Jリーグのスカパー! ニューイヤー・カップ宮崎ラウンド最終日は7日、
宮崎市のKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で行われ、
J2福岡がJ2大分を1−0で下して初勝利を挙げ、1勝1敗の勝ち点3で2位となった。
大分は2連敗の同0で3位。
J1鹿島が2連勝の同6で既に優勝を決めている。

2015年2月7日 サンケイスポーツ ネット配信
2月7日(土)
大分0−1福岡
大分 0−0 福岡
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
2月4日(水)
大分2−1熊本
大分 1−1 熊本
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
後半23分から出場
2月1日(日)
鹿島5−1
大分
鹿島 1−1 大分
4−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
スタメン出場(前半のみ)
Jリーグ、プレシーズンの新規大会の開催を発表
Jリーグは19日、2月に宮崎、鹿児島両県でプレシーズンの新規大会「スカパー! ニューイヤー・カップ」を開催すると発表した。
宮崎ラウンドは2月1〜7日の日程でJ1鹿島とJ2の福岡、大分の3クラブ、
鹿児島ラウンドは8〜14日にJ1の浦和、清水とJ2の磐田、熊本の4クラブが総当たりで争う。両ラウンドとも優勝賞金は300万円。

開幕前の準備期間に当たる2月はこれまで、各クラブが個別に練習試合などを組んできたが、大会を創設することで注目度を上げる狙いがある。
通常の選手交代は3人までだが、8人まで交代可能とした。

2015年1月19日 サンケイスポーツ ネット配信
榎本達也 18期 現:FC東京
FC東京2015シーズン
TOPチーム編成決定

【選手一覧】




守備 氏 名 生年月日 身長 体重 出身地 前所属チーム
1 GK 権田 修一 1989/3/3 187 83 東京都世田谷区 FC東京U-18
2 DF 徳永 悠平 1983/9/25 180 77 長崎県 早稲田大学
3 DF 森重 真人 1987/5/21 183 76 広島県 大分トリニータ
4 MF 高橋 秀人 1987/10/17 183 75 群馬県 東京学芸大学
5 DF 丸山 祐市 1989/6/16 183 74 東京都世田谷区 湘南ベルマーレ
6 DF 太田 宏介 1987/7/23 179 78 東京都町田市 清水エスパルス
7 MF 米本 拓司 1990/12/3 177 70 兵庫県 県立伊丹高校
8 MF 三田 啓貴 1990/9/14 173 63 東京都世田谷区 明治大学
9 FW 平山 相太 1985/6/6 190 85 福岡県 ヘラクレス・アルメロ(オランダ)
10 MF 梶山 陽平 1985/9/24 180 75 東京都江東区 大分トリニータ
13 GK 榎本 達也 1979/3/16 190 83 東京都練馬区 栃木SC
14 MF 武藤 嘉紀 1992/7/15 179 72 東京都世田谷区 慶應義塾大学
17 MF 河野 広貴 1990/3/30 168 63 神奈川県 東京ヴェルディ
18 MF 石川 直宏 1981/5/12 175 70 神奈川県 横浜F・マリノス
19 MF 平岡 翼 1996/2/23 165 62 奈良県 岡山県作陽高校
20 FW 前田 遼一 1981/10/9 183 79 兵庫県 ジュビロ磐田
22 MF 羽生 直剛 1979/12/22 167 62 千葉県 ヴァンフォーレ甲府
23 FW 林 容平 1989/7/16 177 64 埼玉県 大分トリニータ
24 MF 佐々木 渉 1996/7/28 174 66 東京都三鷹市 FC東京Uー18
25 DF 小川 諒也 1996/11/24 179 72 東京都練馬区 流通経済大学付属柏高等学校
28 MF 幸野 志有人 1993/5/4 180 74 東京都江戸川区 ジェフユナイテッド市原・千葉
29 DF 吉本 一謙 1988/4/24 185 83 東京都小平市 水戸ホーリーホック
30 DF カニーニ 1985/6/5 187 86 イタリア キエーボ(イタリア)
31 GK 圍 謙太朗 1991/4/23 190 89 長崎県 桃山学院大学
33 DF 奈良 竜樹 1993/9/19 180 77 北海道 コンサドーレ札幌
34 MF 野澤 英之 1994/8/15 180 70 埼玉県 FC東京U-18
37 MF 橋本 拳人 1993/8/16 181 74 東京都板橋区 ロアッソ熊本
38 MF 東 慶悟 1990/7/20 180 73 福岡県 大宮アルディージャ
39 MF 中島 翔哉 1994/8/23 164 64 東京都八王子市 カターレ富山
50 DF 松田 陸 1991/7/24 171 69 大阪府 びわこ成蹊スポーツ大学
◇ 新加入 ◎復帰(期限付き移籍より)

FC東京公式サイトより転載
J1復帰へ決意も新た トリニータが必勝祈願
サッカーJ2大分トリニータは15日、別府市内竈の八幡竈門(かまど)神社で必勝を祈願し、
田坂和昭監督や選手ら40人がJ1復帰に向けて決意を新たにした。

カメをまつっている同神社は、カメをモチーフにしたチームマスコット「ニータン」の生誕の地で、毎年、必勝祈願の神事を行っている。
この日は、青野浩志社長や選手27人、チームスタッフらが参拝。なでると御利益があるとされる「なで亀」に触れて躍進を誓った。

境内には約50人のサポーターが集まり、田坂監督は「ファンの期待を感じる。優勝しか考えていないのでなんとしても結果を出したい」と話した。

2015年1月16日 西日本新聞朝刊
J開幕カード発表
3冠G大阪はFC東京と、浦和はアウェー湘南戦
Jリーグは14日、今季から2ステージ制とポストシーズンを導入し、3月7日に始まるJ1第1ステージ、
およびJ2(3月8日開幕)とJ3(同15日開幕)のホーム開幕戦カードを発表した。

 昨季、リーグ、天皇杯、ナビスコ杯で3冠を達成したG大阪はホームでFC東京と対戦。
J1初昇格を果たした松本はアウェーで名古屋と顔を合わせる。昨季2位の浦和は2季ぶりにJ1復帰する湘南と敵地で対決。
フランス人新監督のモンバエルツ氏を迎えた横浜は開幕戦でいきなり川崎Fとの神奈川ダービーに臨む。
今季から神戸を率いるネルシーニョ監督は古巣・柏との対決となる。

第1ステージは6月27日まで。第2ステージは7月11日にスタートする。

2015年1月14日 スポーツニッポン ネット配信
J.LEAGUE Division 1
3月7日
万博記念競技場
G大阪―
FC東京★
J.LEAGUE Division 2
3月8日
香川県立丸亀競技場
讃岐―
大分★
榎本達也 18期 現:FC東京
榎本達也選手 完全移籍加入決定のお知らせ

このたび、栃木SCより榎本達也選手がFC東京へ完全移籍加入することが決定しましたのでお知らせいたします。

【榎本 達也(えのもと たつや)選手 プロフィール】
ポジション GK
生年月日 1979年3月16日
出 身 東京都練馬区
身長/体重 190cm/83kg
血液型 O型
経 歴 1994−1996年 浦和学院高等学校
1997−1998年 横浜マリノス
1999−2006年 横浜F・マリノス
  2000年 2000Jリーグファーストステージ 優勝
  2001年 ヤマザキナビスコカップ 優勝(大会MVP)
  2003年 2003Jリーグ 優勝(ファースト及びセカンドステージ優勝)
  2004年 2004Jリーグ 優勝(セカンドステージ優勝)
2007−2010年 ヴィッセル神戸
2011−2012年 徳島ヴォルティス
2013−2014年 栃木SC
代表歴 1998年 U−19日本代表(AFC ユース選手権カタール大会 準優勝)
U−23日本代表(アジア競技大会バンコク大会)
1999年 U−20日本代表(FIFAワールドユース選手権 準優勝)

FC東京 公式サイトより転載


栃木GK榎本達也、FC東京へ完全移籍「タイトルに向け精進する」
FC東京は9日、栃木SCからGK榎本達也を完全移籍で獲得したことを発表した。

榎本はFC東京のクラブ公式HPを通して、「サッカーをできる環境を与えてくださった社長をはじめクラブスタッフ、関係者の皆さまに
感謝を申し上げます。FC東京という偉大なクラブでプレーできる喜びを糧に、タイトル獲得という大きな目標に向かって日々精進、
チームのために頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と、コメント。

また栃木に向けては、「2年という短い間でしたが、素晴らしいスタッフ、仲間に囲まれてサッカーができたことは僕の宝となりました。
J1昇格という目標は果たせませんでしたが、多くのファン・サポーターに応援してもらえたことは本当に有難く思っています。
チームは変わりますが、J1昇格という目標に向かって、陰ながら応援させて頂きます。ありがとうございました」と、感謝を口にした。

榎本は1979年生まれの35歳。1997年に浦和学院高から横浜F・マリノスへ加入し、10シーズンに渡りプレーした。
その後、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティスを経て、2013年に栃木へ移籍。2014シーズンはJ2で10試合に出場していた。

2015年1月9日 SOCCER KING 掲載

栃木の榎本 FC東京に完全移籍
J1のFC東京は9日、J2栃木のGK榎本達也(35)が完全移籍で加入すると発表した。

榎本はクラブを通じて「サッカーをできる環境を与えてくださった社長をはじめクラブスタッフ、関係者の皆さまに感謝を申し上げます。
FC東京という偉大なクラブでプレーできる喜びを糧に、タイトル獲得という大きな目標に向かって日々精進、
チームのために頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」とコメントした。

2015年1月9日 デイリースポーツ ネット配信

ベテランGK榎本達也 FC東京に加入…5季ぶりJ1に復帰
J1のFC東京は9日、栃木GK榎本達也(35)の完全移籍での加入を発表した。

榎本は浦和学院から97年に横浜に加入。01年にはナビスコ杯に優勝し大会MVPに選出。
03年、04年の連覇にも貢献したが、07年に神戸に移籍。11年にはJ2徳島、13年からはJ2栃木に所属していた。
J1通算219試合、J2通算60試合。昨年12月3日に行われた2014Jリーグ選手会合同トライアウトに最年長で参加していた。

5季ぶりにJ1に復帰した榎本はクラブを通じ「サッカーをできる環境を与えてくれた社長をはじめクラブスタッフ、関係者に感謝。
東京という偉大なクラブでプレーできる喜びをかてに、タイトル獲得という大きな目標に向かって頑張っていきたい」とコメントした。

2015年1月9日 スポーツニッポン ネット配信

2014年度

加藤竜二 8期 現:ロアッソ熊本 GK
(2014.04.18現役復帰 04.25登録抹消)
榎本達也 18期 現:栃木SC GK
若狭大志 28期 現:大分トリニータ DF
【J2】来年3月8日開幕、最終節は11月23日
Jリーグは16日、来季のJ2リーグの大会方式および試合方式を発表した。
今季と同じホームアンドアウェー方式による2回戦総当たりのリーグ戦。
22チームが参加し、全42節(計462試合)が行われる。3月8日に開幕し、最終節は11月23日。

基本的にJ1ライセンスを付与されていれば、1、2位は翌年、J1へ自動昇格。
3〜6位は残り1枠をめぐってJ1昇格プレーオフに参加することになる。
また、22位は自動降格、21位はJ2・J3入れ替え戦に進出する(J3の上位2チームがJ2ライセンスを付与されている場合)。

2014年12月17日 スポーツ報知掲載
栃木GK榎本らJ2、J3から74人参加
2014Jリーグ選手会合同トライアウトが3日、千葉・フクアリで開催され74選手が参加した。

J1はリーグ戦最終節を残しているため、J2、J3で戦力外となった選手を中心に、多くの関係者の前でアピールした。

参加選手の平均年齢は25・8歳で、最年長はJ2栃木GK榎本達也の35歳8カ月17日。

一方、最年少は東南アジアから参加しているU−19タイ代表MFアッタウィット・スックシュアイで18歳8カ月20日。

国内の最年少はJ3福島FW河野諒祐の19歳11カ月9日だった。

2014年12月4日 日刊スポーツ掲載


盛り上がり欠いたJ第1回合同トライアウト
日本プロサッカー選手会は3日、千葉市内で「2014 第1回合同トライアウト」を開催し、74人の選手が参加した。

J1は最終節(6日)を残しているため、今回の参加選手は、今季所属したJ2やJ3クラブから戦力外になった選手が中心。
これといった目玉選手もおらず、今月16日には元J1選手も参加する第2回が名古屋市内で行われる。
それだけに、トライアウト自体は盛り上がりに欠けた。担当者を誰も派遣しなかったクラブもあったほどだ。

あるJ1クラブの強化担当者は「次(16日のトライアウト)もあるし、誰かに狙いを定めているわけではない。
『いい選手がいれば…』という感じ。だから他(クラブ)や代理人と情報交換する意味のほうが大きいね」と話した。

そんな厳しい状況のなか、選手たちはミニゲームや試合形式で必死にアピール。
今回の最年長でJ1横浜Mなどで活躍したGK榎本達也(35=前J2栃木)は「18年間、しっかりサッカーをやってきたつもり。
あと何年やれるかわからないけど、拾っていただければ、やれる自信はある」と吉報を信じていた。

2014年12月4日 東京スポーツ掲載
榎本達也 18期 現:栃木SC
栃木SC 契約満了選手のお知らせ
この度、栃木SC所属の下記の選手につきまして、契約満了に伴い、来シーズンの
契約を更新しないことが決まりましたのでお知らせ致します。

榎本 達也 (ENOMOTO Tatsuya)
■生年月日:1979年3月16日
■出身地:東京都
■ポジション:GK
■身長/体重:190cm/83kg
■利き足:右
■所属歴:浦和学院高 → 横浜マリノス(1997〜1998)→ 横浜F・マリノス(1999〜2006)→
ヴィッセル神戸(2007〜2010) → 徳島ヴォルティス(2011〜2012)→ 栃木SC(2013〜2014)
■通算出場数:J1:219試合/0得点、J2:60試合/0得点(内、2014シーズンは10試合出場/0得点) 

栃木SC 公式サイトより
2014 J.LEAGUE
Division 2
最終節
11月23日
栃木SC1−0Vファーレン長崎
栃木 1−0 長崎
0−0

栃木SC 今季最終順位 12位

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
最終節
11月23日

大分トリニータ2−3湘南ベルマーレ
大分 1−1 湘南
1−2

大分トリニータ 今季最終順位 7位

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第41節
11月15日
栃木SC2−1水戸ホーリーホック
栃木 0−1 水戸
2−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
第41節
11月15日

大分トリニータ1−0カマタマーレ讃岐
大分 0−0 讃岐
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第40節
11月9日
栃木SC3−0FC岐阜
栃木 0−0 岐阜
3−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
第40節
11月9日

大分トリニータ2−3水戸ホーリーホック
大分 1−0 水戸
1−3

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第39節
11月1日
栃木SC0−1カターレ富山
栃木 0−0 富山
0−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第39節
11月1日

大分トリニータ3−2FC岐阜
大分 1−0 岐阜
2−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第38節
10月26日
栃木SC1−1アビスパ福岡
栃木 0−1 福岡
1−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第38節
10月26日

大分トリニータ1−0ファジアーノ岡山
大分 0−0 岡山
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
出場なし
第37節
10月19日
栃木SC0−3横浜FC
栃木 0−2 横浜F
0−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第37節
10月19日

大分トリニータ1−2ジェフユナイテッド千葉
大分 0−1 千葉
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第36節
10月11日

栃木SC1−1ギラヴァンツ北九州
栃木 0−0 北九州
1−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第36節
10月11日

大分トリニータ0−2松本山雅FC
大分 0−0 松本
0−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第35節
10月4日
栃木SC2−1京都サンガFC
栃木 1−1 京都
1−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第35節
10月4日

大分トリニータ2−0ジュビロ磐田
大分 0−0 磐田
2−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第34節
9月28日

栃木SC0−2ザスパクサツ群馬
栃木 0−1 群馬
0−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第34節
9月28日

大分トリニータ1−1Vファーレン長崎
大分 0−1 長崎
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第33節
9月23日

栃木SC1−1モンテディオ山形
栃木 1−0 山形
0−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第33節
9月23日

大分トリニータ1−1横浜FC
大分 0−0 横浜F
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
後半46分 今季2号GOAL!


DF5若狭大志選手コメント
押し込まる時間は長かったが、失点しなければいいと思っていた。
球際の部分は絶対負けるなと監督からも言われていたので意識していた。
(得点について)ミーティングでもセットプレーから取ろうという話は
していたので取れて良かった。セットプレーが続いていたので、あの辺に
いればボールは来るだろうなと思ったし、もう1点いける雰囲気だった。
交代で入った選手がリズムを変えてくれた。
順位の近いチームが勝点を落としている中でこの勝点1は大きい。
この1を無駄にしないためにも、次は勝ちにつなげたい。

大分トリニータ 公式サイト掲載
第32節
9月20日

栃木SC1−2ロアッソ熊本
栃木 0−0 熊本
1−2

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第32節
9月20日

大分トリニータ3−0アビスパ福岡
大分 1−0 福岡
2−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第31節
9月14日

栃木SC3−2東京ヴェルディ
栃木 1−0 東京V
2−2

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第31節
9月14日

大分トリニータ1−1カターレ富山
大分 0−0 富山
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第30節
9月6日

栃木SC3−3愛媛FC
栃木 1−2 愛媛
2−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第30節
9月6日

大分トリニータ0−1ロアッソ熊本C
大分 0−0 熊本
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第29節
8月31日

栃木SC3−2ジュビロ磐田
栃木 1−0 磐田
2−2

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第29節
8月31日

大分トリニータ2−1愛媛FC
大分 0−1 愛媛
2−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第28節
8月25日

栃木SC1−1コンサドーレ札幌
栃木 1−0 札幌
0−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第28節
8月24日

大分トリニータ2−1ザスパクサツ群馬
大分 2−0 群馬
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第27節
8月17日

栃木SC0−3湘南ベルマーレ
栃木 0−1 湘南
0−2

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第27節
8月17日

大分トリニータ2−2京都サンガFC
大分 1−0 京都
1−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第26節
8月10日

栃木SC1−2松本山雅FC
栃木 0−1 松本
1−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第26節
8月10日

大分トリニータ3−2東京ヴェルディ
大分 2−0 東京V
1−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第25節
8月3日

栃木SC1−2カマタマーレ讃岐
栃木 0−1 讃岐
1−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第25節
8月3日

大分トリニータ0−2モンテディオ山形
大分 0−0 山形
0−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第24節
7月30日

栃木SC1−2大分トリニータ
栃木 0−0 大分
1−2

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第23節
7月26日

栃木SC1−3ファジアーノ岡山
栃木 0−3 岡山
1−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第23節
7月26日

大分トリニータ1−1ギラヴァンツ北九州
大分 0−0 北九州
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第22節
7月20日

栃木SC0−2ジェフユナイテッド千葉
栃木 0−2 千葉
0−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第22節
7月20日

大分トリニータ1−1コンサドーレ札幌
大分 0−0 札幌
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第94回天皇杯全日本サッカー選手権大会
2回戦
7月12日

栃木SC0−0ザスパクサツ群馬
栃木 0−0 群馬
0−0
延長
0−0
0−0
PK
0−3

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
3回戦
8月20日

大分トリニータ1−3サガン鳥栖
大分トリニータ 1−0 サガン鳥栖
0−3

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
2回戦
7月13日

大分トリニータ2−1ヴェルスパ大分
大分トリニータ 2−1 ヴェルスパ大分
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
2014 J.LEAGUE
Division 2
第21節
7月5日

栃木SC2−1カターレ富山
栃木 1−0 富山
1−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第21節
7月5日

大分トリニータ2−4ジェフユナイテッド千葉
大分 0−1 千葉
2−3

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第20節
6月28日

栃木SC0−2アビスパ福岡
栃木 0−2 福岡
0−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第20節
6月28日

大分トリニータ1−2ザスパクサツ群馬
大分 1−1 群馬
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第19節
6月21日

栃木SC1−1東京ヴェルディ
栃木 0−1 東京V
1−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第19節
6月21日

大分トリニータ2−2愛媛FC
大分 1−1 愛媛
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
後半31分より出場
第18節
6月14日

栃木SC4−0大分トリニータ
栃木 1−0 大分
3−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第17節
6月7日

大分トリニータ1−0FC岐阜
大分 0−0 岐阜
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
後半29分より出場
後半35分 今季1号GOAL!


DF5若狭大志選手コメント
取りあえず勝ててホッとしている。自分はDFなので、無失点で
抑えることを強く意識していたし、交代の時に監督からも言われた。
キジさん(FW24木島)がいいタイミングでシュートを打って、
僕はなぜ走っていたかわからないが、体が勝手に動いていいところに
詰めていた。正直、得点は毎回狙っている。セットプレーでも流れの
中でも狙っている事が、今日の得点につながったと思う。
無心でサポーターのところに走っていた。
嬉しすぎて頭が真っ白になった。
サポーターも連勝を臨んでいたし、僕らも試合前のミーティングで
何が何でも連勝しようと言って、試合に臨んだ。
2連勝と言わず、これから3連勝4連勝5連勝と続けていきたい。
失点ゼロが続くことが僕らの自信にもなるので続けていきたい。
他のチームがどうこうではなく、1試合1試合の勝ちを積み上げて
いけば、おのずと昇格が見えてくると思うので、
1戦1戦しっかり戦っていきたい。
出場前には、室さんとベンチで「試合を重ねるごとに
良くなっているね」と話していたが、それが結果につながったと思う。

大分トリニータ 公式サイト掲載
第17節
6月7日

栃木SC1−3モンテディオ山形
栃木 0−3 山形
1−3

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第16節
5月31日

栃木SC1−0ギラヴァンツ北九州
栃木 0−0 北九州
1−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第16節
5月31日

大分トリニータ1−0モンテディオ山形
大分 0−0 山形
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
後半44分より出場
第15節
5月24日

栃木SC1−1ロアッソ熊本
栃木 0−1 熊本
1−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
第15節
5月24日

大分トリニータ1−1東京ヴェルディ
大分 1−0 東京V
0−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第14節
5月18日

栃木SC1−1V・ファーレン長崎
栃木 0−0 長崎
1−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
第14節
5月18日

大分トリニータ1−0横浜FC
大分 1−0 横浜
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第13節
5月11日

栃木SC0−1ファジアーノ岡山
栃木 0−1 岡山
0−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
第13節
5月11日

大分トリニータ1−1ジュビロ磐田
大分 0−1 磐田
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第12節
5月6日

栃木SC1−2湘南ベルマーレ
栃木 1−2 札幌
0−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第12節
5月6日
大分トリニータ0−2松本山雅FC
大分 0−0 松本
0−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第11節
5月3日

栃木SC2−1コンサドーレ札幌
栃木 2−1 札幌
0−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
第11節
5月3日

大分トリニータ2−1アビスパ福岡
大分 0−1 長崎
2−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第10節
4月29日

栃木SC1−0愛媛FC
栃木 1−0 愛媛
0−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
第10節
4月29日

大分トリニータ0−0V・ファーレン長崎
大分 0−0 長崎
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
加藤竜二 8期 現:ロアッソ熊本
熊本の44歳GK加藤 選手登録期間わずか1週間で抹消
Jリーグは25日、登録選手の変更を発表し、J2熊本で7年ぶりに“現役復帰”していた
GK加藤竜二(44)の選手登録が抹消された。

熊本はGK登録選手3人で今季をスタートさせたが、今月に入ってから高卒新人GK永井建成(18)と
正GKの畑実(25)とが相次いで故障離脱。畑が練習中に負傷した翌日の13日に行われた
第7節・讃岐戦(うまスタ)は金井がプロ5年目にして緊急デビューを果たして急場をしのいだが、
控えGK不在というピンチに18日にはGKコーチを務めていた加藤を7年ぶりに選手登録し、
20日の第8節・山形戦(NDスタ)では加藤が控えGKとしてベンチに入っていた。

その一方で、熊本は緊急補強にも動き、J1仙台からGKシュミット・ダニエル(22)を育成型期限付き移籍で獲得。
2014年4月20日から5月19日までの1カ月間という異例の超短期レンタル移籍をまとめ上げ、
この日は熊本ユースに所属するGK八木大政(16)の2種登録も完了。加藤の選手登録を続ける必要性がなくなった。

加藤の44歳での選手登録は、FW三浦知良(J2横浜FC)の47歳、元J2札幌のFW中山雅史の45歳に次いで
3番目の年長記録で、6年間のブランクを経ての選手登録は海外移籍などを除いてJリーグ史上最長となっていたが、
「ベンチ入り1試合&出場なし」で再び選手登録を抹消されることととなった。加藤はGKコーチに復帰する。

2014年4月25日 スポーツニッポン掲載
第9節
4月26日

大分トリニータ3vs0カターレ富山
大分 2−0 富山
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第9節
4月26日

栃木SC0vs1水戸ホーリーホック
栃木 0−0 水戸
0−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
フル出場
第8節
4月20日

ロアッソ熊本2−1モンテディオ山形
栃木 1−0 山形
1−1

加藤竜二 8期 現:ロアッソ熊本 GK
ベンチ入り
第8節
4月20日

栃木SC3−1FC岐阜
栃木 1−0 岐阜
2−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
後半1分より出場
第8節
4月20日

大分トリニータ0−4湘南ベルマーレ
大分 0−2 湘南
0−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
加藤竜二 8期 現:ロアッソ熊本
選手登録

このたび、ロアッソ熊本の加藤竜二GKコーチを、ロアッソ熊本の選手として登録することとなりました

2014年4月18日 ロアッソ熊本公式サイトより


J2熊本で44歳GKコーチが現役復帰!
チームの非常事態に緊急登録
チームの非常事態に、GKコーチが緊急現役復帰する異例の事態が発生した。
Jリーグが18日、登録選手の追加を発表し、J2熊本の加藤竜二GKコーチ(44)が選手登録された。
加藤は柏、札幌、広島を渡り歩いた後、07年までJFL時代の熊本で選手登録されており、7年ぶりの現役復帰となる。

熊本のGK登録選手は畑実、金井大樹、永井建成の3人。開幕から6試合先発していた畑が12日に右足関節外側靱帯を損傷、
3番手の永井が1日の練習中に負った胸椎棘間靱帯炎で離脱していたため、13日の讃岐戦はGK1人という事態で戦っていた。

スクランブル復帰となった加藤は、J1で42試合の出場経験を持っている。

2014年4月18日 デイリースポーツ ネット配信


J2熊本、44歳のGKを登録 出場すればカズに次いで2位
Jリーグの登録選手追加が18日発表され、J2の熊本は今季、GKコーチを務めていた加藤竜二(44)をGK登録した。
相次ぎGK陣の負傷による登録の模様。もしリーグ戦に出場すれば、現在J現役最年長のFW三浦知良(47)=横浜C=に次ぐ、
J2史上2位の年長記録となる。現在のJ2年長記録5傑は

(1)46歳8か月29日 三浦知良(横浜C)2013年11月24日、水戸戦
(2)42歳10か月15日 中山雅史(札幌)2010年8月 7日、北九州戦
(3)41歳1か月00日 岡野雅行(鳥取)2013年8月25日、長崎戦
(4)40歳2か月01日 桑原裕義(北九州)2011年12月3日、大分戦
(5)40歳2か月01日 服部年宏(岐阜)2013年11月24日、富山戦

負傷による緊急措置だが、ピッチに立てば注目を集めそうだ。

2014年4月18日 スポーツ報知 ネット配信
第7節
4月13日

栃木SC1−2松本山雅FC
栃木 0−2 松本
1−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第7節
4月13日

大分トリニータ 1−0コンサドーレ札幌
大分 1−0 札幌
0−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第6節
4月5日

栃木SC0−1カマタマーレ讃岐
栃木 0−0 讃岐
0−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
ベンチ入り
第6節
4月5日

大分トリニータ0−3京都サンガF.C.
大分 0−1 京都
0−2

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
ベンチ入り
第5節
3月30日

栃木SC0−2ジュビロ磐田
栃木 0−1 磐田
0−1

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第5節
3月30日

大分トリニータ1−1ファジアーノ岡山
大分 0−0 岡山
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
前半32分より出場
第4節
3月22日

栃木SC3−0ザスパ草津群馬
栃木 0−0 群馬
3−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第4節
3月22日

大分トリニータ1−1ロアッソ熊本
大分 0−0 熊本
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第3節
3月16日
京都サンガF.C.0−0
栃木SC
栃木 0−0 京都
0−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第3節
3月16日
大分トリニータ1−0カマタマーレ讃岐
大分 0−0 讃岐
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第2節
3月9日
栃木SC1−1横浜FC
栃木 1−1 横浜FC
0−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第2節
3月9日
大分トリニータ1−0ギラヴァンツ北九州
大分 0−0 北九州
1−0

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
第1節
3月2日
ジェフユナイテッド千葉0−2
栃木SC
栃木 1−0 千葉
1−0

榎本達也 18期 現:栃木SC GK
出場なし
第1節
3月2日
水戸ホーリーホック2−1
大分トリニータ
大分 0−1 水戸
1−1

若狭大志 28期 現:大分トリニータDF
フル出場
ロアッソ熊本・栃木SC・大分トリニータ 試合日程
キックオフ・スタジアム欄空白の試合は、現在調整中です。
試合日 曜日 ホーム 開始 アウェー スタジアム
第1節 3月2日 水戸ホーリーホック 15:00 大分トリニータ ケーズデンキスタジアム水戸
ジェフユナイテッド千葉 16:00 栃木SC フクダ電子アリーナ
第2節 3月9日 栃木SC 13:00 横浜FC 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 16:00 ギラヴァンツ北九州 大分銀行ドーム
第3節 3月16日 大分トリニータ 16:00 カマタマーレ讃岐 大分銀行ドーム
京都サンガF.C 14:00 栃木SC 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
第4節 3月22日 栃木SC 14:00 ザスパクサツ群馬 栃木県グリーンスタジアム
第5節 3月30日 栃木SC 13:00 ジュビロ磐田 栃木県グリーンスタジアム
ファジアーノ岡山 13:00 大分トリニータ kankoスタジアム
第6節 4月5日 カマタマーレ讃岐 13:00 栃木SC 香川県立丸亀競技場
大分トリニータ 16:00 京都サンガF.C 大分銀行ドーム
第7節 4月13日 栃木SC 13:00 松本山雅FC 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 13:00 コンサドーレ札幌 大分銀行ドーム
第8節 4月20日 FC岐阜 13:00 栃木SC 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
湘南ベルマーレ 16:00 大分トリニータ Shonan BMWスタジアム平塚
モンテディオ山形 17:00 ロアッソ熊本 NDソフトスタジアム山形
第9節 4月26日 栃木SC 13:00 水戸ホーリーホック 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 16:00 カターレ富山 大分銀行ドーム
第10節 4月29日 V・ファーレン長崎 13:00 大分トリニータ 長崎県立総合運動公園陸上競技場
愛媛FC 14:00 栃木SC ニンジニアスタジアム
第11節 5月3日 栃木SC 13:00 コンサドーレ札幌 栃木県グリーンスタジアム
アビスパ福岡 13:00 大分トリニータ レベルファイブスタジアム
第12節 5月6日 大分トリニータ 13:00 松本山雅FC 大分銀行ドーム
湘南ベルマーレ 16:00 栃木SC Shonan BMWスタジアム平塚
第13節 5月11日 栃木SC 13:00 ファジアーノ岡山 栃木県グリーンスタジアム
ジュビロ磐田 16:00 大分トリニータ ヤマハスタジアム
第14節 5月18日 V・ファーレン長崎 13:00 栃木SC 長崎県立総合運動公園陸上競技場
大分トリニータ 13:00 横浜FC 大分銀行ドーム
第15節 5月24日 栃木SC 13:00 ロアッソ熊本 栃木県グリーンスタジアム
東京ヴェルディ 16:00 大分トリニータ 味の素スタジアム
第16節 5月31日 ギラヴァンツ北九州 14:00 栃木SC 北九州市立本城陸上競技場
大分トリニータ 17:00 モンテディオ山形 大分銀行ドーム
第17節 6月7日 モンテディオ山形 14:00 栃木SC NDソフトスタジアム山形
大分トリニータ 18:00 FC岐阜 大分銀行ドーム
第18節 6月14日 栃木SC 13:00 大分トリニータ 栃木県グリーンスタジアム
第19節 6月21日 東京ヴェルディ 18:00 栃木SC 味の素スタジアム
大分トリニータ 19:00 愛媛FC 大分銀行ドーム
第20節 6月28日 アビスパ福岡 18:00 栃木SC レベルファイブスタジアム
ザスパクサツ群馬 19:30 大分トリニータ 正田醤油スタジアム群馬
第21節 7月5日 栃木SC 18:00 カターレ富山 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 19:00 ジェフユナイテッド千葉 大分銀行ドーム
第22節 7月20日 コンサドーレ札幌 14:00 大分トリニータ 札幌ドーム
栃木SC 18:00 ジェフユナイテッド千葉 栃木県グリーンスタジアム
第23節 7月26日 ギラヴァンツ北九州 18:00 大分トリニータ 北九州市立本城陸上競技場
ファジアーノ岡山 19:00 栃木SC kankoスタジアム
第24節 7月30日 大分トリニータ 19:00 栃木SC 大分銀行ドーム
第25節 8月3日 モンテディオ山形 18:00 大分トリニータ NDソフトスタジアム山形
栃木SC 18:00 カマタマーレ讃岐 栃木県グリーンスタジアム
第26節 8月10日 松本山雅FC 18:00 栃木SC 松本平広域公園総合球技場
大分トリニータ 18:00 東京ヴェルディ 大分銀行ドーム
第27節 8月17日 栃木SC 18:00 湘南ベルマーレ 栃木県グリーンスタジアム
京都サンガF.C 19:00 大分トリニータ 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
第28節 8月24日 大分トリニータ 18:00 ザスパクサツ群馬 大分銀行ドーム
8月25日 コンサドーレ札幌 19:00 栃木SC 札幌ドーム
第29節 8月31日 ジュビロ磐田 19:00 栃木SC ヤマハスタジアム
愛媛FC 19:00 大分トリニータ ニンジニアスタジアム
第30節 9月6日 栃木SC 18:00 愛媛FC 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 19:00 ロアッソ熊本 大分銀行ドーム
第31節 9月14日 栃木SC 18:00 東京ヴェルディ 栃木県グリーンスタジアム
カターレ富山 18:00 大分トリニータ 富山県総合運動公園陸上競技場
第32節 9月20日 ロアッソ熊本 16:00 栃木SC うまかな・よかかなスタジアム
大分トリニータ 19:00 アビスパ福岡 大分銀行ドーム
第33節 9月23日 栃木SC 13:00 モンテディオ山形 栃木県グリーンスタジアム
横浜FC 13:00 大分トリニータ ニッパツ三ツ沢球技場
第34節 9月28日 ザスパクサツ群馬 18:00 栃木SC 正田醤油スタジアム群馬
大分トリニータ 13:00 V・ファーレン長崎 大分銀行ドーム
第35節 10月 4日 栃木SC 13:00 京都サンガF.C 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 14:00 ジュビロ磐田 大分銀行ドーム
第36節 10月11日 栃木SC 14:00 ギラヴァンツ北九州 栃木県グリーンスタジアム
松本山雅FC 13:00 大分トリニータ 松本平広域公園総合球技場
第37節 10月19日 ジェフユナイテッド千葉 16:00 大分トリニータ フクダ電子アリーナ
横浜FC 13:00 栃木SC ニッパツ三ツ沢球技場
第38節 10月26日 栃木SC 13:00 アビスパ福岡 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 16:00 ファジアーノ岡山 大分銀行ドーム
第39節 11月 1日 カターレ富山 14:00 栃木SC 富山県総合運動公園陸上競技場
FC岐阜 14:00 大分トリニータ 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
第40節 11月 9日 栃木SC 13:00 FC岐阜 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 16:00 水戸ホーリーホック 大分銀行ドーム
第41節 11月15日 水戸ホーリーホック 14:00 栃木SC ケーズデンキスタジアム水戸
カマタマーレ讃岐 13:00 大分トリニータ 香川県立丸亀競技場
最終節 11月23日 栃木SC 14:00 V・ファーレン長崎 栃木県グリーンスタジアム
大分トリニータ 14:00 湘南ベルマーレ 大分銀行ドーム
◆変更等ありますので主催者発表のものとご照合ください。
2014 J1来季3月1日開幕
新設J3は9日スタート、W杯で2カ月中断
Jリーグは17日、東京都内で理事会を行い、J1は来年3月1日、J2が同2日、新設のJ3は同9日に開幕する来季の日程を承認した。
J1は18チームによるホームアンドアウェー方式の2回戦総当たりで、2015年からの2ステージ制導入により、
現行方式の開催は一区切りとなる。

J1はワールドカップ(W杯)ブラジル大会のため5月17日の第14節後に約2カ月中断し、7月19日に再開する。
最終節はJ1が12月6日で、J2とJ3は11月23日となった。

J2は22チームによるホームアンドアウェー方式の2回戦総当たりで争われる。
これまで通り、2位までがJ1に自動昇格し、三つ目のクラブは3〜6位が出場する昇格プレーオフで決まる。
11月30日に準決勝、12月7日に決勝を行う。

ヤマザキナビスコ・カップは3月19日に1次リーグが始まり、決勝は10月下旬から11月上旬に実施。
富士ゼロックス・スーパーカップは2月22日に東京・国立競技場で、J1王者の広島と天皇杯全日本選手権優勝チームが対戦する。

また、15年からJ1を2ステージ制とし、ポストシーズンを導入すると正式に決定した。

第1、第2ステージ優勝クラブと、年間勝ち点で2、3位のクラブによるトーナメントの勝者が、年間勝ち点1位と対戦して年間優勝を決定する。

2013年12月17日 スポーツニッポン ネット配信