(プロ)
平成24年6月〜8月


無断転載厳禁!

ファームの個人成績発表内容は各球団により異なります
試合結果も翌日発表になることもあります
3軍戦は数日遅れて発表になる場合もあります
ご了承ください

2012年 詳細日程
公式戦
セ・パ リーグ戦
クライマックスシリーズ
交流戦
ファーム
公式戦
イースタン・ウエスタンリーグ
大竹寛 22期 現:広島
広島ミコ不在響きドロー 大竹11勝お預け
守護神不在が影を落とした。先発した広島大竹寛投手は、今季最多137球を投げ8回6安打1失点の好投を見せた。
だが、9回に代理守護神の今村猛投手がヤクルト松井淳外野手に同点ソロを浴び、大竹の自己最多11勝目はお預けとなった。
帰国中のキャム・ミコライオ投手がいれば…。初のCS進出をかけた、4位ヤクルトとのデッドヒートはまだまだ続く。

137球目の直球は151キロを計測した。大竹のあらん限りの力を込めたボールは、武内のバットをかすめ石原のミットに収まった。
修羅場から解放された右腕は、雄たけびを上げ両手を力いっぱい握りしめた。
2−1の8回2死一、二塁のピンチを空振り三振で切り抜けると、広島ファンはこの夜最大の歓声を右腕に送った。

大竹 いつも9回を目指してがんばっているけど、ミコライオがこういう状況なので、1イニングでも、1アウトでも多く投げたいと思っていた。
終盤でもスピード出ていたので。

8回6安打1失点の好投に、ファンは勝利を確信していた。だが、この時点でひずみは出ていた。
本来なら8回は今村、9回をミコライオとつなぐ場面だが、前日29日に守護神は夫人の出産に立ち会うために、米国へ一時帰国した。
それから、初めて訪れた小差でリードの展開。先発を8回まで引っ張り、9回に代理守護神の今村が登場した。

いきなり、悪夢に襲われた。先頭の松井淳への4球目だった。
外角高めの138キロをすくい上げられると、打球はそのまま左翼ポール際のスタンドへ消えていった。同時に、大竹の11勝目も消滅した。

今村 勝ち試合だったので…。実力不足です。悔しいです。

今カードは1勝1敗1分けとなり、対戦前と同じ2・5ゲーム差。
野村監督も「最後はアウェーで辛抱して負けなかったけど、今日は勝ちたかった」と悔しさをあらわにした。
初のCS進出に向け、まだまだ気を抜けない戦いが続く。

2012年8月31日 日刊スポーツ掲載
8月30日
大竹寛 22期 現:広島
対東京ヤクルト戦 先発登板

10
CARP
SWALLOWS
【C】大竹、今村−石原、倉
【S】ロマン、松井光、日高、山本哲、押本、バーネット−中村
▼本塁打 赤松3号(C) 松井淳5号(S)

★大竹寛 投球結果
20試合10勝3敗0S
8イニング 打者33 球数137 被安打6 奪三振6
与四死球3 失点1 自責点0 防御率2.29


★大竹寛 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.150


大竹の自己最多11勝目はお預け
広島大竹寛投手の自己最多11勝目は、お預けとなった。
今季最多の137球を投げる力投で、2−1の8回2死一、二塁のピンチでは
武内晋一外野手(28)を、151キロの直球で空振り三振に打ち取った。
8回6安打1失点の好投を見せたが、9回に同点に追いつかれ勝ち投手の
権利が消滅した。
「負けなくて良かったのはあります。(最後のピンチも)抑えるという
気持ちだけでした」と振り返った。

2012年8月30日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 8月30日
神宮 18:00
Sロマン×
大竹寛
三軍戦
8月25日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対香川オリーブガイナーズ戦 4番手登板

香川
オリーブガイナーズ
10
HAWKS
【H】三浦、柳川、清水、南−笹沼

★南貴樹 投球結果
1イニング 被安打3 奪三振0 与四死球1 失点3 自責点2
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹3年ぶり10勝「勝ちを求めて」
広島大竹寛投手が自己最多タイの10勝目を挙げた。DeNA打線を8回途中7安打1失点。
完投こそ逃したが、3年ぶり3度目の2桁勝利に「うれしいという以外に、言葉がありません。今年投げられなかったら、ダメだと思っていたので」。
10年2月キャンプ中に右肩を痛め、ここ2年間はリハビリ生活を送ってきた。右腕の好投で4位ヤクルトに3ゲーム差をつけた。
「これからは、勝ちを求めていきたい」。今はもう投げるだけでは満足しない。

2012年8月24日 日刊スポーツ掲載


大竹3季ぶり10勝 チーム状態がモチベーションに
広島の大竹が8回途中まで7安打1失点、無四球の好投で3年ぶり3度目、自己最多タイの2桁10勝目を挙げた。

2点をもらった直後の2回、2死一、二塁で投手の高崎に適時打を許したものの、以降は身上の粘り腰を好テンポの投球の中で発揮した。
「自分に悔しい」と振り返ったのは今季初完投が見えた8回だ。2死走者なしから筒香に左前打され、首脳陣は交代の断。
「投げ切って終わりたかった」。反省の言葉を並べた。
野村監督は交代の場面を「気持ちの部分も考慮してボクの判断で代えた」と説明したが、最少得点差を守り抜いた右腕を「素晴らしい」と称えた。

右肩痛など故障に泣かされこの2年間は1勝ずつを挙げたのみ。
「今チームがいい位置にいるし、勝ちを求めて投げられていることがモチベーションになっています」

DeNA戦勝ち越しを決め、4位・ヤクルトとは3差に開いた。「感謝の10勝。でも、これからがもっと大事になる」。
ファンや関係者の支えに感謝する気持ちが明日の大竹のパワー源になる。

2012年8月24日 スポーツニッポン掲載

大竹、3年ぶり10勝!河内とWカムバック賞だ
大きな充実感と少しの悔しさが、大竹の胸の中に広がった。8回2死で筒香にこの日最速の150キロを出しながら、左前安打を浴びて降板。
09年10月以来の完投も考えられたが、1失点、97球でお役ご免。
自己最多タイの10勝目を3年ぶりに手に入れ、「うれしいしか出ない。でも中継ぎに申し訳ないし、自分に悔しい」と汗をぬぐった。

2年間は故障との闘いだった。「今年やらなきゃだめという気持ちだった」。右肩痛を抱え、地道なトレーニングの繰り返し。
そんなリハビリをともに過ごしたのが左肩痛に苦しんだ河内だった。励まし合った先輩が16日のヤクルト戦で8年ぶりに勝利。
「本当にうれしい」と自分のことのように喜んだ。2人そろってのカムバック賞受賞も夢ではなくなってきた。

言動、行動で若い投手陣を引っ張るリーダー。
大竹顔のマスコット、カープ坊やを携帯電話の待ち受け画面にする松田オーナーも「3年前と違う、地に足ついた10勝」と大絶賛。
これで現段階の規定投球回に到達。「投げられるのは幸せ。今日喜んで、また切り替えたい」。
初めてのCS進出をかけて戦う夏、かつての大黒柱が力強く完全復活を遂げた。

2012年8月24日 スポーツ報知掲載

大竹3年ぶり10勝!完全復活だ
広島・大竹寛投手が7回2/3を投げて7安打1失点の好投で自身3年ぶりとなる10勝目。
右肩痛に苦しんだ2年間を乗り越え、自身最速8月中の2桁星に到達した。
今年ダメなら引退を考えたという右腕はお立ち台で「うれしい」と笑顔を弾けさせた。チームを連勝に導き、借金完済に王手。
4位・ヤクルトとのゲーム差は3に広がった。        

球場中が右腕を惜しみない拍手で称えた。
お立ち台で大竹は「うれしい。2年間、投げられず、その中で支えられた感謝の10勝」と感無量の表情になった。

10年春季キャンプで発症した右肩痛を克服し、3年ぶり3度目の2桁勝利。
今季10個目の白星も「目の前の1人1人」だけを意識し「無心」で投げつかんだものだ。

初回、2点の援護をもらったが、2回に高崎に適時打を許し1点差に迫られた。
だが3回以降、「次の1点はやらないぞ」と、持ち前の粘りでゼロを並べた。

「ちょっと悔しい」と、振り返ったのが完投ペースだった8回だ。2死から迎えた筒香相手にこの日の最速150キロをマーク。
だが4球目、こん身の148キロを左翼前に運ばれ、降板となった。

「(8回を)投げ切って終わりたかった。自分に悔しかった。猛(今村)とミコ(ライオ)に助けてもらった」と、反省材料に挙げた。
とはいえ、文句なしの7回2/3、7安打1失点。規定投球回数に到達し、防御率も8位にランクインした。

3位死守のためにも負けられない試合。「勝つことだけを考えてマウンドに上がった」と言う。
試合後は「気が張りつめていたので今、どっと疲れが出ている」と安どの顔を浮かべた。

「今年やれなければ、ダメと思っていた」。引退すら覚悟し、臨んだシーズンで完全復活。
先の見えない2年間で励みになったのが今季、左肩の手術から再起した2歳上の河内だった。

入団直後から公私にわたり、兄貴のような存在。ともに肩痛で長いリハビリ中はいい練習法があれば伝え合った。
そして、大竹が先発した試合で、河内がリリーフすることを約束した。今季は4試合で実現し、何よりの刺激となっている。

連勝で5割再復帰に王手。野村監督は「粘り強く素晴らしい投球。あそこまでよく投げた」と、右腕を絶賛した。
大竹は「これからもっと大事になる。勝ちを求められてやるのは幸せ」と、さらなる勝利の上積みを誓った。

2012年8月24日 デイリースポーツ掲載 
大竹寛 22期 現:広島
大竹うれしい!3年ぶり10勝
広島大竹寛投手が3年ぶりの2ケタ勝利を挙げた。早打ちのDeNA打線から凡打の山を築き、7回2/3を7安打1失点。
最後のイニングとなった8回には150キロをマークする力投だった。
「無心で投げました。うれしい以外に、言葉になりません」と喜んだ。10勝は自己最多タイで、8月中の到達は最速だった。

2012年8月23日 日刊スポーツ ネット配信


大竹3年ぶり2桁勝利「この10勝は感謝の10勝」
広島の大竹は23日、DeNA戦で8回途中まで1失点に抑え10勝目を挙げた。2桁勝利は09年以来3年ぶり。

初回に失策絡みで2点の援護をもらった大竹は、直後の2回には投手の高崎に適時打を許し1点差に迫られたがその後は打ち取る投球がさえた。
丁寧に両サイドを突き、ゴロを積み重ねた。

09年には10勝を挙げたが、右肩痛や打球直撃による骨折など故障に悩まされた10、11年はともに1勝止まり。
故障を乗り越え、開幕からローテを守り続けての2桁勝利に「2年間投げられなかったですし、その中でいろんな人に支えてもらって。
この10勝は本当に感謝の10勝だと思っています」と感無量の表情で喜びを口にした。

2012年8月23日 スポーツニッポン ネット配信

大竹、完全復活!3シーズンぶり2ケタ勝利
広島は大竹が8回途中1失点で10勝目。自身3季ぶりの2ケタ勝利を挙げた。打線は1回に相手内野陣の2度の適時失策で2点を先取。
終盤は1点リードを今村―ミコライオで守った。DeNAは2失点(自責点0)で完投した高崎を攻守で援護できなかった。

大竹は「自分にとってすごくうれしい1勝」と完全復活の余韻に浸った。3季ぶりの10勝目は自己最多タイだ。
3年ぶりの完投こそ逃したものの、野村監督は「素晴らしい投球。あそこまでよく投げた」と好投を称えていた。

2012年8月23日 スポーツ報知 ネット配信

広島・大竹、右肩痛乗り越え3年ぶり2ケタ勝利
広島・大竹が8回途中まで4安打、1失点の好投。2009年以来3年ぶりとなる2ケタ10勝(3敗)をマークした。

CS進出へ、つかみかけた流れはもう手放さない。広島の3本柱の一人、大竹が熱投。前夜のD1位・野村(明大)の好投に続いた。

「責任はいつももってやっているので。(登板は)1週間に一回だし、そこにぶつけるだけ」

敵失で2点をもらった直後の2回に、投手の高崎に適時打を浴びたが、すぐに立て直した。3、4回と3者凡退で切って加速。
威力十分の直球とシュートを軸に、丁寧にコースをついた。前日22日に連敗を止めた野村からのバトンをしっかりつないだ。
3年ぶり3度目の2けた、自己最多の10勝目をつかんだ。

「開幕のころは、とにかく中6日で回ることに必死だった。いまはどんどん投げたいです」

2年間の右肩痛を乗り越えた今季。オフにはケアや調整法を積極的に学んでシーズンに備えた。

「とにかくローテで回ることを考えて。次の登板に向けて準備するうちに状態も上がった」。
出場した球宴でも、DeNA・三浦に調整法を相談した。
「年を取るに連れて、やっぱり考えていらっしゃる。でも、僕が大事にしていることを三浦さんクラスも大事にしていたので、よかった」。
自分を信じ、目の前の一戦に集中。積み重ねた自信でついに大台まできた。

4位ヤクルトと一進一退で争う中、頼もしい右腕の完全復活。鯉の快進撃を支える投手陣は元気だ。

広島・大野投手チーフコーチ
(大竹に)「球数も少なくて、いいリズムで投げてくれた。これが彼のことしの信条」

2012年8月23日 サンケイスポーツ ネット配信 
8月23日
大竹寛 22期 現:広島
対横浜DeNA戦 先発登板
今季10勝目!

DeNA
CARP
【C】○大竹、今村、Sミコライオ−石原
【DB】●高崎−岡

★大竹寛 投球結果
19試合10勝3敗0S
7 2/3イニング 打者30 球数97 被安打7 奪三振3 与四死球0 失点1 自責点1 防御率2.46


★大竹寛 打席結果
3打数 0安打 打点0 打率.154
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 8月23日
広島 18:00
大竹寛×De高崎健太郎
三軍戦
8月22日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対大阪商業大戦 2番手登板

HAWKS
大阪商業大
【H】吉本、南、清水、柳川−飯田、拓也

★南貴樹 投球結果
2/3イニング 被安打0 奪三振2 与四死球3
失点1 自責点1
8月16日
大竹寛 22期 現:広島
対東京ヤクルト戦 先発登板
規定投球回数到達!
(6回)

SWALLOWS
CARP
【C】大竹、横山、○河内、Sミコライオ−石原
【S】ロマン、山本哲−相川

★大竹寛 投球結果
18試合9勝3敗0S
6イニング 打者27 球数102 被安打6 奪三振5
与四死球4 失点1 自責点1 防御率2.56


★大竹寛 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.174
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 8月16日
広島 18:00
大竹寛×Sロマン
三軍戦
8月11日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対徳島インディゴソックス戦
6番手登板

HAWKS 10
インディゴソックス
【H】鈴木、有馬、清水、大田原、南、柳川−拓也

★南貴樹 投球結果
1 2/3イニング 被安打2 奪三振1 与四死球4
失点4 自責点4
ウエスタンリーグ
8月11日
赤坂和幸 28期 現:中日
対広島戦 今季1号本塁打

CARP

DRAGONS

【C】大島、池ノ内、金丸、上野−上本
【D】中田賢、斎藤、久本、矢地、平井、小熊−福田
▼本塁打 赤坂1号 ディアス5号(D)丸3号 松山3号(C)

★赤坂和幸 打席結果
4打数 1安打(本塁打) 打点1 打率.247
石井義人 17期 現:巨人
石井2戦連続打点「よかった」
<巨人9−1ヤクルト>11日◇東京ドーム
 前夜のヒーロー、巨人石井義人内野手(34)が2試合連続の打点を
マークした。8回1死一、三塁で代打で出番はやってきた。
カウント1−1、ヤクルト左腕・日高の外寄りのスライダーを、
キッチリ中堅にはじきかえし、犠飛にした。
「ファームでは左投手からヒットを打っていなかったのですが、
結果が出て、よかった」と笑顔をみせた。

2012年8月11日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹6回0封、2ケタ勝利に王手
広島大竹寛投手(29)が後半戦初勝利で、3年ぶりの2ケタ勝利に
王手をかけた。毎回のように走者を背負いながら、最大のピンチ
だった5回無死二、三塁の場面を最速147キロの直球を武器に
無失点で切り抜けた。
6回6安打無失点で7月16日中日戦以来の9勝目。
阪神戦は今季5度目の登板で初勝利となった。
「オールスター後に勝てなくて、阪神にも勝てていなかった。
自分にとって大きい」と話した。

2012年8月11日 日刊スポーツ掲載
石井義人 17期 現:巨人
巨人が6連勝!石井がV打「覚えていない。無我夢中」
◇セ・リーグ 巨人4−3ヤクルト(2012年8月10日 東京D)

巨人が、粘るヤクルトを振り切り、1分けを挟んで6連勝。試合のなかった2位中日とのゲーム差を4・5に広げ、
原監督も「いいゲームができている」と手応えのコメント。

3―3の7回、2死無走者から内野安打と四球で一、二塁とし、代打・石井の右前適時打で勝ち越した。プロ入り16年目。
昨季西武を戦力外となり、トライアウトを経て巨人に加入した石井は本拠地東京ドーム初のお立ち台に「多くのファンの前で話すのは緊張します」と
顔を上気させた。打った球も「覚えていない。無我夢中」だったが、思い切りの良い振りから繰り出された1打が、巨人に勝利をもたらした。

7回途中から登板の2番手の田原が連日の2勝目を挙げた。

ヤクルトは2本塁打などで同点としたが反撃もここまでだった。

2012年8月10日 スポニチ ネット配信


代打石井が決勝打 「巨人に拾ってもらって感謝」
巨人は七回に追いつかれたが、直後に代打石井が右前に決勝打を放ち、6連勝。
「変化球が来たらごめんなさいという感じだった。何とか弾き返せた」と殊勲者の白い歯がこぼれた。

昨季西武から戦力外通告を受け、トライアウトを経て巨人入り。小笠原らが不在の中、貴重な左の代打として存在感を見せている。
「いい仕事ができて、巨人に拾ってもらって感謝している」という34歳。原監督も「勝負強さがいいところで出た」と絶賛した。

2012年8月10日 産経新聞 ネット配信

【巨人】石井代打でV打でお立ち台
巨人石井義人内野手(34)が代打で決勝適時打を放った。3−3の7回2死一、二塁で右前に適時打を放って勝ち越し。
二塁まで進むと大きくガッツポーズで喜びを爆発させた。

移籍後初の東京ドームお立ち台で、石井は「とにかくみんながチャンスをつくってくれたので、良い仕事ができればと思っていた。
素晴らしい球団に入れたと感謝しています。まだチームに貢献できていないので、これからもっと貢献できるように頑張りたい」とうれしそうに話した。

2012年8月10日 日刊スポーツ ネット配信

巨人・石井、代打で決勝打「夢中だったので覚えていない」
巨人は10日、本拠地・東京ドームでの東京ヤクルト戦に4対3と勝利し、連勝を6に伸ばした。

以下は同点の7回2死一、二塁から代打で出場し、決勝タイムリーを放った石井義人のコメント。
「(東京ドームでのお立ち台はどうか?)これだけ多くのファンの前で喋るのは緊張しますけど、頑張って喋ります。
(7回のチャンスで打席が回ってきたが?)あの時はみんながチャンスをつくってくれたので、自分が良い仕事をできればな、と思って打席に入りました。
(打ったボールは?)正直、覚えていないです。夢中だったので。(打ったのはやや高めのボールだったが?)ボールかなと思ったんですけど、
追い込まれていたので振りました。

まだまだチームには貢献できていないので、もっと貢献できるように頑張りたいです。
(埼玉西武を自由契約になってトライアウトで巨人に移籍してきたが?)素晴らしい球団に入れたことに感謝しています」

2012年8月10日 スポーツナビ掲載
8月10日
大竹寛 22期 現:広島
対阪神戦 先発登板
今季9勝目

CARP
TIGERS
【C】大竹、中田、河内、今村−石原
【T】岩田、渡辺、加藤、ザラテ−藤井彰、今成
▼本塁打 エルドレット4号(C)

★大竹寛 投球結果
17試合9勝3敗0S
6イニング 打者26 球数109 被安打6 奪三振6 与四死球2 失点0 自責点0 防御率2.63


★大竹寛 打席結果
3打数 1安打 打点0 打率.182


★今成亮太 26期 現:阪神 5回代打の後6回より守備につく
打席結果

打数 2安打 打点0 打率.303


広島・大竹、3年ぶり2桁勝利まであと1
広島の大竹が6回無失点で9勝目を挙げ、3年ぶりの2桁勝利へあと1と迫った。
後半戦は初勝利で、今季阪神戦でも初めての白星。「この1勝は本当に大きい」と胸を張った。

5回は無死二、三塁のピンチを迎えたが、140キロ台半ばの直球に変化球を交えて俊介、鳥谷、新井良の後続をぴしゃりと断った。
「走者は出したけど、粘り切れた」と納得の表情。
右肩痛などに苦しみ過去2シーズンはいずれも1勝止まりだった右腕の復活は、初のクライマックスシリーズ進出へ頼もしい限りだ。

2012年8月10日 サンケイスポーツ ネット配信


【広島】大竹ようやく阪神戦今季初白星
広島大竹寛投手(29)が、阪神戦今季5度目の登板で初白星を挙げた。
6イニングを投げ、走者を許さなかったのは2回のみという粘りの投球。最大のピンチだった5回無死二、三塁の場面も、俊介を空振り三振、
鳥谷を遊飛、最後は新井良を中飛に仕留め切り抜けた。6回6安打無失点でマウンドを譲った。
「5回を抑えたのが大きかった。オールスターの後に勝てなかったし、阪神にも勝てていなかった。自分にとっても大きい」と、
7月16日中日戦(マツダスタジアム)以来の勝利を喜んだ。

2012年8月10日 日刊スポーツ ネット配信 
須永英輝 24期 現:読売
須永がキャッチボール「腕を上げるのは怖い」
3月に左ひじ内側側副じん帯再建手術を受けた巨人の須永英輝投手が10日、東京・よみうりランド内のジャイアンツ球場で、
塁間程度の距離でキャッチボールを行った。投球フォームを確かめるように、約15分間投げ続けた。
「まだ腕を上げるのは怖い」とサイドの位置からの投球となったが「もう距離は大丈夫。徐々に良くなっていると思います」と
順調な回復ぶりをアピールしていた。

2012年8月10日 スポーツ報知 ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 8月10日
京セラD 18:00
大竹寛×T岩田稔
石井義人 17期 現:巨人
【巨人】石井が移籍初適時打
<DeNA2−9巨人>4日◇横浜
 巨人石井義人内野手が1軍昇格したこの日、移籍初適時打を放った。
9回2死一、二塁で代打で登場。中前に適時打を放った。
「スタートとしては、いいスタートを切れました。調子に乗らず、
ガムシャラに、自分の仕事をしていきたい」と、うれしそうに話した。

2012年8月4日 日刊スポーツ ネット配信
石井義人 17期 現:読売
石井、1軍昇格!左の代打で期待大
巨人の石井義人内野手(34)が4日のDeNA戦(横浜)で1軍に昇格する。
6月下旬に腰痛で2軍調整となっていたが、7月24日の
イースタン・楽天戦(G球場)で実戦復帰していた。
午前中にジャイアンツ球場から横浜スタジアムへ移動し、
「少しでもアピール出来るように頑張ります」と意気込んだ。

今季はここまで13試合に出場し、15打数4安打の打率2割6分7厘、
1打点。チームでは貴重な左打者として期待されることとなりそうだ。
代わりに中井大介内野手(22)が出場選手登録を抹消される。

2012年8月5日 スポーツ報知掲載

石井義人 17期 現:読売
8月4日
1軍出場選手登録
8月3日
大竹寛 22期 現:広島
対阪神戦 先発登板

TIGERS
CARP
【C】大竹、○サファテ、Sミコライオ−白濱
【T】岩田、筒井、●福原−藤井彰

★大竹寛 投球結果
16試合8勝3敗0S
7イニング 打者31 球数86 被安打10 奪三振1
与四死球1 失点3 自責点3 防御率2.80


★大竹寛 打席結果
2打数 1安打 打点0 打率.158


★今成亮太 26期 現:阪神 代打出場
1打数 0安打 打点0 打率.299
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 8月3日
広島 18:00
大竹寛×T岩田稔
大竹寛 22期 現:広島
大竹3敗「僕のミス」5回5失点
広島大竹寛投手(29)が自身の連勝を6で止めて3敗目を喫した。2回に内海に押し出しの四球を与えるなど3四死球から崩れた。
5回途中5失点でKOされた。与えた四死球は5に及んだ。「ちょっとずつ外れてボールになってしまった。僕のミスです」とうなだれた。
23日の球宴から中4日での登板だったが、「特に気にしていない」と登板間隔の影響のせいにはしなかった。

2012年7月29日 日刊スポーツ掲載


大竹 自滅の5四死球「打たれたイメージがない」
連日の投壊だ。広島投手陣が軒並み制球難に陥り、今季ワーストの10四死球。野村監督は「暑い中、お客さんがたくさん来ているのに10四死球。
野球にならない。きょうみたいな投球が続くと、誰を信じていいのか分からない…」と頭を抱えた。
ここ3試合で計30失点という体たらくで、借金生活に逆戻りした。

先発・大竹が5回途中で5四死球を与え、6安打5失点KO。2失点した2回に内海への押し出しなど3四死球、3回にも2死からの四球が失点に直結した。
09年開場から4戦全勝だったマツダスタジアムでの巨人戦で初黒星。
4月25日の阪神戦(甲子園)以来の3敗目、自身の連勝は6で止まり「打たれたイメージがない。ボクのミス。少しずつボールになった…」とうなだれた。

自滅でヤクルトと入れ替わり4位後退。
指揮官は「ひと踏ん張りしないといけない。明日は(予告先発の)福井に是が非でも頑張ってもらいたい」とゲキを飛ばした。

2012年7月29日 スポニチ掲載
7月28日
大竹寛 22期 現:広島
対読売戦 先発登板

GIANTS
CARP
【G】○内海、福田、一岡−阿部、實松
【C】●大竹、河内、サファテ、横山、中田−白濱、会澤
▼本塁打 村田5号 谷3号(G)

★大竹寛 投球結果
15試合8勝3敗0S
4 1/3イニング 打者23 球数74 被安打6 奪三振0
与四死球5 失点5 自責点5 防御率2.71


★大竹寛 打席結果
1打数 1安打 打点0 打率.118
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 7月28日
広島 15:00
大竹寛×G内海哲也
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹 球宴で“救援”

広島大竹寛投手は3年ぶりの球宴で存在感たっぷりだった。23日の第3戦(盛岡)で、全セの2番手として登板。
DeNA三浦が打ち込まれての緊急登板も2回1/3で2失点(自責点1)の投球。第2戦では同僚前田健がMVP、
野村も敢闘賞と広島勢が奮闘しており、後半戦も大暴れでセ界の台風の目になる。

出番は予定より早くやってきた。3回2死、先発のDeNA三浦が打ち込まれ、4点を失ったところでマウンドへ。
西武中村と対戦し、右飛に抑えた。

続く4回は4安打に味方の失策もあり2失点。5回も先頭打者に二塁打されたが後続を断った。
2回1/3を5安打2失点(自責点1)で、09年以来、3年ぶり3度目の球宴を終えた。

大竹 気持ちいいくらい打たれましたね。ストレートを多めに投げたけど、少し甘くなりました。

今回の球宴では、同い年の巨人山口らと話すなど、リラックスして過ごしていた。第2戦では、後輩の前田健と野村が登板。
ともに3回を投げ無失点投球で、前田健がMVP、野村が敢闘賞を受賞した。

この日のテレビ中継に前田健と野村がゲスト出演。
前田健が「2人ともゼロ(無失点)で来ているので、広島はみんながゼロで終われるよう締めてほしいです」と注文をつけた。
4点を先制して火のついた全パ打線を抑えられず「3人で無失点リレー」の期待には応えられなかったが、好調広島勢の存在感は示した。

ここ2年間は右肩の故障に苦しみ、2年連続1勝どまりと活躍できなかった。今季は開幕から先発ローテの一員として安定した成績を残している。
前半戦を6連勝でフィニッシュし、8勝2敗、防御率2・29。3年ぶり3度目の2桁勝利も目前。
それどころか、過去の自己最多10勝を上回る成績も十分狙える好成績だ。

チームは、最大「11」あった借金を返済し、勝率5割の3位で後半戦のスタート切る。
目標は球団史上初のクライマックス・シリーズ(CS)進出だ。その原動力のひとつは、球宴に出場した先発3本柱。
先発陣を引っ張る大竹は「気を引き締めて、やるぞという気持ち」と奮い立った。復活した右腕が、後半戦もカープのカギとなる。

2012年7月24日 日刊スポーツ掲載
7月23日
マツダオールスターゲーム2012 第3戦
大竹寛 22期 現:広島
2番手登板

全セ
全パ
【パ】田中、○塩見、岸、武田久、青山−嶋、鶴岡
【セ】●三浦、大竹、赤川−相川、谷繁
▼本塁打 陽(パ)畠山(セ)

★大竹寛 投球結果
1試合0勝0敗0S
2 1/3イニング 打者12 球数29 被安打5 奪三振0 与四死球0 失点2 自責点1 防御率3.86
三軍戦
7月21日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対起亜タイガース戦 3番手登板

HAWKS
起亜タイガース
【H】三浦、近田、南−拓也、笹沼

★南貴樹 投球結果
イニング 被安打0 奪三振1 与四死球0 失点0 自責点0
大竹寛 22期 現:広島
大竹8勝!5割復帰!

広島がついに借金を完済した。大竹寛投手が、中5日で今季最多タイの117球を投げ8回4安打無失点の好投で8勝目を挙げた。
大竹、前田健、野村の「新3本柱」を軸に、5月29日には最大11あった借金を返済。7月は10勝2敗とハイペースだ。
3位ヤクルトに1ゲーム差と、Aクラスも射程圏だ。

大竹は中日打線を術中にはめていった。直球は最速149キロをマークしたが、変化球で早打ちを誘っていく。8回までに三振はわずかに3つ。
「目指すところです」と内野ゴロを16個も打たせた。中5日での登板にもかかわらず、今季最多タイの117球。
5月11日中日戦から6連勝で8勝目を挙げた。
「結果も考えられなかったスタートだったのに、それが8個も勝ててうれしい。これが1年通してどうなるかと思っている」と
個人の結果に浮かれることはない。

エース前田健が9勝、防御率トップの野村が7勝と、「3本柱」がチーム5割復帰の原動力となった。
大竹は「チームに勢いもつくし、切磋琢磨しているところもある」と言うように、3人そろって球宴出場も決めた。
大竹にとっては、3年ぶり3度目の晴れ舞台。
09年の球宴が、自分を変えた。43イニング連続無失点の球団記録をマークしたシーズンは、ファン投票と選手間投票でトップ選出された。
「タイトルも無縁だったし、自分にも自信を持てないでいた。このときから、少し自信を持てるようになりました」。
翌年に右肩を故障。2年間テレビで見ていた晴れ舞台へのカムバックに喜びを感じている。

チームにとっても大きな勝利だった。昨年はCS進出に向け、後半戦で4度も阻まれ続けた「5割の壁」。7月以降でも4度挑戦し、すべて黒星。
自らの好投で鬼門を突破した大竹は「5割の壁といわれてきたので。5割になったのはうれしいけど、もっと上を目指しているし、
みんなもそう思っている」と冷静さは失わない。

5月29日には最大11あった借金を返済。3位ヤクルトに1ゲーム差と迫った。残り2試合で1勝すれば、02年以来の5割ターンも実現する。
コイはまだまだ上り続ける。

2012年7月17日 日刊スポーツ掲載


広島 大竹で4連勝!借金完済82日ぶり5割復帰
広島が今季3度目の4連勝で、最大11あった借金をついに完済し、82日ぶりに勝率5割に復帰した。
 先発の大竹が今季最長の8回を無失点で投げ抜いて自身6連勝。昨季のチームは7月以降に勝率5割に4度挑戦したが、全て黒星だった。
それだけに右腕は「5割の壁は言われてきたので、きょうこうやって勝てたことは良かった」と笑顔を見せた。
野村監督も「勝つことが選手に力を与えてくれている」。ヤクルトとのゲーム差は1に縮まり、3位も射程圏内。
17日の先発はエースの前田健。15年ぶりのAクラス、初のCS進出へ向けて勢いを増している。

2012年7月17日 スポニチ掲載


野村鯉5割じゃ!大竹8勝目で最大11借金完済
広島・大竹寛投手が8回無失点に中日を抑え、自身初の6連勝、8勝目を挙げ前半戦ラスト登板を締めた。
復活右腕が導き、チームは今季3度目の4連勝で4月25日以来の勝率5割に復帰。
7月以降の5割は2008年以来4年ぶりで、3位・ヤクルトに1ゲーム差と接近した。
鯉の勢いはもう止まらん!17日は前田健で夢の貯金じゃ、02年以来の5割ターン確定じゃ!

最後の打者、井端を三ゴロに斬ると、大竹はガッツポーズを繰り出した。
中5日も何の、10年春季キャンプで右肩痛を発症して以来、最長の8回を投げ切った。

「この2試合が良くなかったし、、何としても長いイニングを投げようと思っていた」。最近2試合は4、5回で降板していた。
さらに、この日はミコライオが体調不良による登板回避。チームの危機を救う、意地と責任感の117球だった。

最速149キロの直球に、多彩な変化球で16個の内野ゴロ。「打たせて取るのが目指すところ」と胸を張った。
三塁を踏ませず、8回4安打無失点の完ぺきな竜封じ。プロ入り後、自身初の6連勝で8勝目を飾った。
規定投球回数にはわずか1回1/3届かないが、死に物狂いで復活ロードを歩んだ今季、前半戦を最高の形で締めくくった。

「(開幕前は)本当に数字のことなど考えもしなかった。ただ一生懸命やるくらい。(今は)うれしいしかない」と、8つの白星をかみしめた。

今年はキャンプインからプロ入り初めて日記を毎日、欠かさず書いた。日々の練習、リハビリの過程…。
今の自分の状態を文字にすることで客観視。読み返しては、一歩ずつ前進する自分を確かめた。その効果はあった。
味方の失策にイライラしていた大竹の姿はもう遠い昔。丁寧に冷静に1球1球を投げ込む姿に、首脳陣も目を細める。

どん底から復活した右腕が4連勝を導き、チームはついに最大11あった借金を完済。
昨季は何度も勝率5割目前ではね返され、7月以降は4度挑戦しながら結果はすべて黒星だった。しかし今回は一発突破。
4月25日以来、82日ぶりに5割復帰。7月以降での5割は08年10月5日以来、4年ぶりだ。

「5割の壁とか言われてましたから。でももっと上をみんな目指してますから。こっからが大事」と大竹は力を込めた。

野村監督は「寛(大竹)が成長した。素晴らしい内容」と手放しで称賛。3位・ヤクルトが負け、Aクラスまで1ゲーム差とし、
17日は前田健の出番。
お立ち台で大竹は「マエケンも気合入ってる」と太鼓判。さあエースで夢の貯金生活じゃ。

2012年7月17日 デイリースポーツ掲載


広島・大竹、内角ズバズバ!8回0封6連勝
広島・大竹が危なげなく試合をつくった。最速149キロの直球を軸に、強気に内角を突いて16個の内野ゴロを奪った。
「僕が目指す投球。腕を良く振ることができた」。唯一、連打を浴びた二回も高橋周を遊ゴロ併殺打に仕留めてピンチを脱出。
今季最長の8回を無失点で投げ抜いて自身6連勝とした。
勝率5割に「5割の壁は言われてきたので、きょうこうやって勝てたことは良かった」と笑顔だった。

2012年7月17日 サンケイスポーツ掲載

高木監督、大竹に脱帽「そう打てんよ」 中日
中日打線は広島の大竹に手も足も出なかった。わずか4安打、三塁さえ踏めずに今季7度目の零敗を喫し、
高木監督は「球は速いし、インコースの切れもいい。そう打てんよ」と嘆いた。

二塁に走者を進めても、ギアを上げて抑えにくる右腕には付け入る隙がなかった。
2回1死一、二塁では高橋周が遊ゴロ併殺打に倒れ、6回1死二塁では和田が遊ゴロ、山崎は外角の変化球に空振り三振を喫した。
4番の山崎は「きょうの大竹の出来だと、一度で仕留めないといけない。ミスショットをしていては」と責任をかぶった。

2012年7月17日 スポーツ報知掲載
7月16日
大竹寛 22期 現:広島
対中日戦 先発登板
今季8勝目

DRAGONS
CARP
【D】●中田賢、朝倉−谷繁
【C】○大竹、S今村−石原

★大竹寛 投球結果
14試合8勝2敗0S
8イニング 打者29 球数117 被安打3 奪三振3 与四死球2 失点0 自責点0 防御率2.29

打席結果
2打数 0安打 打点1 打率.063


大竹8勝!リーグ3位タイ
広島大竹寛投手が、5月11日の中日戦(マツダスタジアム)から6連勝でリーグ3位タイの8勝目を挙げた。
中5日で今季最多タイの117球を投げ、8回4安打無失点。チームの借金完済に、大いに貢献した。
「5割の壁と言われてきたので、5割になったのはうれしいけど、もっと上を目指してやっていく」と語った。

2012年7月16日 日刊スポーツ ネット配信


広島 4連勝で借金返済!
広島が中日を下し今季3度目の4連勝。最大11あった借金を完済し、勝率5割に戻した。
野村監督は「勝つことが選手に力を与えてくれている」と満足そうに話した。

2回、岩本、堂林の連打などで築いた無死満塁から、7番・広瀬の中前2点タイムリーなどで3点を奪った。
「センター方向を意識していた。イメージ通り」と広瀬。これで出場した10試合で連続安打となった。

投げては先発の大竹が8回4安打無失点で8勝目、9回は今村が締めて3セーブ目。中日打線に三塁も踏ませぬ無失点リレーを展開した。

自身の連勝を6に伸ばした大竹は「今日はいいところがあったかな、という内容でしたが、粘れたと思います」と語った。
今季初の完投こそならなかったが「次に取っておきます」と笑顔。
勝率5割に復帰に関しては「5割の壁は言われてきたので、きょうこうやって勝てたことは良かった」と話したが、
「これからですね。明日はマエケンも力が入っていると思いますし、一丸となって頑張ってくれると思う」とハッパをかけた。

敗れたヤクルトとのゲーム差は1に縮まり、3位が射程圏内に入っている。

2012年7月16日 スポニチ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 7月16日
広島 18:00
大竹寛×D中田賢一
三軍戦
7月15日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対広島戦 6番手登板

10 11
HAWKS
CARP
特別ルール
【H】吉本、星野、近田、伊藤、嘉弥真、南、三浦−拓也、笹沼

★南貴樹 投球結果
イニング 被安打1 奪三振0 与四死球2 失点1 自責点1
今成亮太 26期 現:阪神
今成のタイムリーで先制
<阪神3−2ヤクルト>◇14日◇甲子園

阪神が今成亮太捕手の適時打で先制した。チームはヤクルト先発の
館山昌平投手の前に4回まで無安打。5回に先頭の新井貴浩内野手が
チーム初安打で出塁。その後、四球などで2死一、三塁とし、打席には
8番今成。7球目のストレートをたたくと、打球は遊撃手の横を抜け、
中前に転がった。均衡を破る値千金の先制打に「先頭の新井さんが
チーム初ヒットでチャンスをつくってくれたし、久保さんもいいピッチングを
してくれていたので、何とかしたいという気持ちでした」と振り返った。

2012年7月14日 日刊スポーツ ネット配信
今成亮太 26期 現:阪神
阪神・今成、思わず号泣!6戦目やっと勝った
(セ・リーグ、阪神1ー0中日、10回戦、、中日7勝2敗1分、10日、甲子園)新天地での“初仕事”に感極まった。
阪神・今成がスタメンマスク5連敗を経て初勝利をつかんだ。大きな瞳からとめどなく涙があふれた。

「うれしいです。ちょっと恥ずかしいですけど、本当にうれしかった…。(涙は)プロに入ってからは初めて。迷惑をかけてしまっていたので」

ここまでの道のりのように、苦難に満ちたゲーム展開。先発スタンリッジは毎回のように得点圏に走者を背負い、7回からの継投でもピンチの連続だった。
それでも、必死のリード゙で「0」を並べることに貢献した。

9回に守護神・藤川が投入されると、小宮山に役目を譲った。

ペンチからハラハラの最後を見守り、チームと“自身の”連敗が止まったのを確認すると、涙腺は決壊するしかなかった。

4月28日に若竹とのトレードが発表され、日本ハムから移籍。5月20日の楽天戦(甲子園)で初めて虎のスタメンマスクを任されたが、この日まで先発した
5試合の最終的な失点の平均は「6.8点」。6日からの巨人3連戦(東京D)もすべてにスタメン出場したが3連敗。
それでも指揮官は打撃面を評価し、今成の名をこの日のラインアップに書き込んだ。

憧れの人にかけられた言葉が、今も今成を支えている。昨季の初スタメンマスクだった6月29日のロッテ戦(札幌D)。
先発はルーキーだった斎藤。満を持して挑んだが、敗れた。注目された斎藤も7回4失点でプロ初黒星がついた。

肩を落とす今成に、試合後、どうやった?」と声をかけたのは、ダルビッシュ(米大リーグ・レンジャーズ)。
「まだ足りないとわかりました」と返した今成を諭すように、エースは「今の気持ちを忘れるなよ」と肩を叩いた。
練習の取り組み方などもすべて含めて「尊敬できる先輩」だと目を輝かせる。今もテレビの向こうの英雄にエールを送る。

「ピンチの連続でしたけど、9回のあそこでマスクをかぶらせてもらえるようになりたい」

チームから、全幅の信頼を得るのはまだまだこれから。虎戦士としてようやく産声をあげた今成が、チームの逆襲を支える。

2012年7月11日 サンケイスポーツ掲載

阪神・今成、6度目先発マスク“初勝利”に号泣
視界がぼやけた。こみ上げる感情を制御することはできなかった。頬を伝う涙。
グラウンドに整列し、スタンドに頭を下げると、阪神・今成の涙腺が一気に緩んだ。やっと勝てた。
連敗から解放された安ど感が、熱い滴に変わった。

移籍後6度目のスタメンマスクで初勝利。これまで負け続けても起用してもらった。その恩を形で示したかった。
藤川が登板した9回は小宮山に座を奪われたが、8回を零封。スタンリッジ‐筒井‐福原‐榎田。
141球の糸を紡ぎ、勝利に貢献できたことがうれしかった。

「恥ずかしかったですけど、本当にうれしいです。ピッチャーの先輩方に引っ張ってもらって。迷惑ばかりかけてきたんで。
次は9回のマスクをかぶらせてもらえるように頑張りたい」。求めるのは首脳陣からの厚い信頼。結果を残し、マウンド上で固い握手を交わす。

2012年7月11日 デイリースポーツ掲載
7月10日
大竹寛 22期 現:広島
対読売戦 先発登板

CARP
TIGERS
【C】大竹、●菊地原、梅津、中村恭、中田−石原、倉
【G】内海、○福田、西村、Sマシソン−阿部

★大竹寛 投球結果
13試合7勝2敗0S
5イニング 打者22 球数85 被安打3 奪三振0
与四死球2 失点4 自責点1 防御率2.55


★大竹寛 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.071
今成亮太 26期 現:阪神
阪神今成覚悟の起用に応えます
阪神今成亮太捕手が「心中覚悟」の起用に応える。
巨人3連戦すべてで先発マスクを任され11打数4安打。
一方で計16失点と打ち込まれた。
「勉強になりました。この3試合が無駄にならないように、
最少失点でいきたい。前半で試合を決められないように、
ゲームを作ることを心掛けてやっていきたい」。
吉田バッテリーコーチは「投手の特徴が分かってきている」とし、
片岡打撃コーチも「打撃は非凡なモノを持っている」と評価。
首脳陣は藤井彰人捕手(36)が戻るまで今成を軸に捕手を回す考えで、
期待は大きい。

2012年7月10日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
大竹巨人打線へ「向かっていく」

広島大竹寛投手が9連戦の初戦を任された。
10日巨人戦(京セラドーム大阪)で先発する。現在5連勝中ながら、
3日阪神戦(松山)では4回3失点で降板した。チームが逆転勝ちしたことで
敗戦投手は免れた。9日の練習ではキャッチボールなどで調整した。
「また勝てるようにしていきたい。相手にどれだけ向かっていくか。そこを
基本にしていきたい」と前向きだ。
球宴に監督推薦で出場を決めた実力を見せつける。

2012年7月9日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 7月10日
京セラドーム大阪 18:00
G内海哲也×C大竹寛
今成亮太 26期 現:阪神
今成「取り返そうと…」適時打
<巨人7−5阪神>◇7日◇東京ドーム
 阪神今成亮太捕手(24)が勝ち越し打を放った。
同点とした直後の2回2死三塁から右前適時打。
「昨日、今日と初回に失点してしまったので、このチャンスの
場面で何とか取り返そうという気持ちでした」と話した。

2012年7月7日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
大竹 苦手・阪神戦
4回3失点降板も逆転勝ちにホッ!

ゲームセットの瞬間、もっとも安どしたのは広島・大竹だった。4回3失点。
初回に3連打で先制されると3回と4回にも追加点を許した。
先発投手としての仕事を果たせなかったからだ。

「いつもどおりに(試合に)入っていったけど、自分のピッチングが
できなかった。チームが勝ったことが本当によかったです」

今季は7勝2敗の好成績ながら、2敗はいずれも阪神戦でのもの。
4月10日(マツダスタジアム)は1回2失点、
同25日(甲子園)も4回1/3で5失点KOと、
データ的には苦手意識がありあり。
そしてこの日も払しょくすることはできなかった。

「阪神戦は勝てていないので、次はやり返したい。
相手にも楽なイメージを与えてしまう」

3つめの黒星が付かなかったことで、味方打線に感謝したい。
気持ちを切り替えられる。4位阪神に0・5差となり、当面のライバル関係と
なる相手だけに次回こそリベンジする意気込みだ。

前日2日に監督推薦で球宴出場を決めた。
3年ぶり3度目の栄誉は、右肩痛から完全復活した証しでもある。
そしてコイの背番号17は、このままやられっぱなしで
終わるヤツでは決してない。

2012年7月4日 スポニチ掲載
7月3日
大竹寛 22期 現:広島
対阪神戦 先発登板

CARP
TIGERS
【C】大竹、菊地原、梅津、サファテ、○中田、Sミコライオ−石原
【T】スタンリッジ、筒井、渡辺、●榎田−小宮山

★大竹寛 投球結果
12試合7勝2敗0S
4イニング 打者20 球数74 被安打7 奪三振2
与四死球1 失点3 自責点3 防御率2.60


★大竹寛 打席結果
0打数 0安打 打点0 打率.071
大竹寛 22期 現:広島
監督選抜選手に選ばれる!
◎はファン選出、▲は選手間選出、△はプラスワン投票の選出。
選出回数はファン選出、選手間選出、監督推薦の合計。( )内数字は不出場回数。
セ・リーグ パ・リーグ

選手 球団 背番号 選出回数 位置
選手 球団 背番号 選出回数
前田 健太 広島 18 先発
投手
斎藤佑樹 日本ハム 18
山口 鉄也 巨人 47 中継
投手
平野 佳寿 オリックス 16
藤川 球児 阪神 22 抑え
投手
武田 久 日本ハム 21
杉内 俊哉 巨人 18 投手 田中 将大 楽天 18

岩瀬 仁紀 中日 13
森福 允彦 ソフトバンク 19
館山 昌平 ヤクルト 25 大隣 憲司 ソフトバンク 28
バーネット ヤクルト 34 吉川 光夫 日本ハム 34
赤川 克紀 ヤクルト 47 岸 孝之 西武 11
内海 哲也 巨人 26 岸田 護 オリックス 18
能見 篤史 阪神 14 西 勇輝 オリックス 21
大竹 寛 広島 17 青山 浩二 楽天 41
野村 祐輔 広島 19 成瀬 善久 ロッテ 17
三浦 大輔 DeNA 18 唐川 侑己 ロッテ 19
榎田 大樹 阪神 13 益田 直也 ロッテ 52
◎▲ 阿部 慎之助 巨人 10 捕手 鶴岡 慎也 日本ハム 22

谷繁 元信 中日 27 10 嶋 基宏 楽天 37
相川 亮二 ヤクルト
里崎 智也 ロッテ 22
中村 紀洋 DeNA 99 一塁手 ◎▲ 稲葉 篤紀 日本ハム 41
◎▲ 平野 恵一 阪神 二塁手 井口 資仁 ロッテ


田中 賢介 日本ハム
◎▲ 宮本 慎也 ヤクルト 三塁手 松田 宣浩 ソフトバンク


中村 剛也 西武 60
鳥谷 敬 阪神 遊撃手 中島 裕之 西武
坂本 勇人 巨人


荒木 雅博 中日 内野手
李大浩 オリックス 25
畠山 和洋 ヤクルト 33 明石 健志 ソフトバンク 36
村田 修一 巨人 25
堂林 翔太 広島 13
◎▲ 長野 久義 巨人 外野手 ◎▲ 糸井 嘉男 日本ハム
◎▲ 高橋 由伸 巨人 24 中田 翔 日本ハム
ラミレス DeNA 陽岱鋼 日本ハム 24
和田 一浩 中日 内川 聖一 ソフトバンク

大島 洋平 中日 聖沢 諒 楽天 23
バレンティン ヤクルト 角中勝也 ロッテ 61

DH スレッジ 日本ハム 10
ペーニャ ソフトバンク


高木 守道 中日 88
監督
秋山 幸二 ソフトバンク 81
小川 淳司 ヤクルト 80 コーチ 栗山 英樹 日本ハム 80
原 辰徳 巨人 88 渡辺 久信 西武 99
大竹寛 22期 現:広島
大竹3年ぶり3度目の球宴出場

広島大竹寛投手が、監督推薦で3年ぶり3度目の球宴出場を決めた。
今季右肩痛から復活した右腕は、「開幕時はオールスターとか
考えられなかったので。感慨深いというか、ビックリしています」と
心境を語った。6月は無傷の4連勝と絶好調で、ここまで7勝2敗と
安定感は抜群。ファン投票の前田健太投手と、監督推薦の
野村祐輔投手とともに、5位チームでは異例の、
先発投手3人の球宴出場となる。

2012年7月2日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 7月3日
松山 18:00
Tスタンリッジ×
大竹寛
大竹寛 22期 現:広島
6月負けなし4連勝の広島・大竹「打線がよく打ってくれるので楽」

広島は26日、5対2で巨人を下した。先発の大竹寛は7回を7安打2失点に抑え、今季7勝目をマークした。

以下は大竹のコメント。
「いつもどおり、勝とうという気持ちを持って試合に臨みました。丁寧に一つ一つアウトを取るという意識で。
打線がよく打って後押ししてくれるので、楽をさせてもらいました。(守備のエラーでピンチを迎えた6回は)それまで助けてもらっていたので、
絶対に抑えたいと思っていました。
(自身6月負けなしの4連勝だが)チームメート、そして石原(慶幸)さんのリードのおかけです。感謝しています」

2012年6月27日 スポーツナビ掲載


広島・野村監督、エラーに対する大竹の態度が「勇気を与えた」
広島は26日、5対2で巨人を下した。堂林翔太は4回、決勝の7号ソロを放った。

以下は野村謙二郎監督のコメント。
「(快勝だったが?)今は動ける選手、若い選手が盗塁もバンバン決めてくれてね。安倍(友裕)なんかもしっかりバントを決めてくれているし、
1番(天谷宗一郎)、4番(岩本貴裕)といったところが、好調を維持してくれているのでね。良い時は思い切ってどんどんいってくれればと思います。

(大竹が好投したが?)大竹も本当に辛抱強くなったなと思います。(6回に)ヨギ(梵英心)がエラーしてピンチをつくったんですけど、
そこでの彼の態度というのは、野手に勇気を与えるというか、『大竹頑張ってるな』という気持ちを、彼らも知ったんじゃないかと思います。
猛(今村)もね、ミコ(ライオ)も今日は投げられたし、サファテも、明日は(1軍に)上げようと思っているので、後ろの方が安定すれば、
またいろいろと変わってくるんじゃないかと思います。

(堂林が本拠地初本塁打だったが?)良いところで、彼らしい(打撃だった)。
彼の場合は三振が目立つんですけど、『三振は気にするな、思い切っていけ』と。今日は良い仕事をしてくれたと思います」

2012年6月27日 スポーツナビ掲載


広島大竹G倒、マエケンと並ぶ7勝
負けない男が巨人もはね返した。広島大竹寛投手が巨人相手に7回2失点でチームトップタイとなる7勝目を挙げた。
6回に安打と味方の失策からピンチを背負ったが後続を断った。
7回には149キロをマークするタフな右腕は6月4戦4勝、自身の連勝も5に伸びた。
昨季まで苦しんだ右肩痛からの復活は本物だ。

マウンドには、弱気な大竹の姿は一切なかった。打たれても味方のミスが出てもひるむことはない。
「攻める気持ち、逃げないことです」。大竹は好調の理由を呪文のように唱えた。

6回1死から最大のピンチを迎える。坂本に左前打された後に、村田を遊ゴロで打ち取ったはずだった。
梵が後逸して一、二塁。ピンチは広がった。

それでも以前のような不安な表情を見せることはない。大竹は強気に攻めた。
阿部を左飛、高橋由を中飛に抑えて、ナインに感謝の笑顔を送った。

「エラーは何とも思っていません。ピンチでも冷静でした。抑えられると思って投げました。
いつも助けてもらってますから」

マウンドでの表情はおだやかだった。連打を浴びたとき、若いときにマウンドで見せたような不安な表情、
うろたえた表情を見せることはない。
落ち着き払ったような表情で、ミスをした選手を激励しているようにも見える。
右肩痛など故障で苦しんだ2年間を乗り越えて大人になって戻ってきた。

7回2失点。前田健と並んでチームトップの7勝目となった。これで自身も5連勝だ。
「こんなことはなかった。怖いぐらいです」と謙遜してみせるのも大竹のいう謙虚な人間性を物語っていた。
終盤の7回になっても最速タイとなる149キロ。
「(終盤は)1人1人ずつ打ち取ることを考えて投げました」。試合に集中しているからこそ出せる球速だった。

野村監督も大竹の好投を手放しで喜んだ。
「辛抱強くなった。いろいろ苦労もあったから。(6回の)最大のピンチも乗り越えてくれた」と絶賛する。
マエケン同様のエース級の扱いだ。過去の苦悩を乗り越えて、大竹が大人へ変貌した姿を見せ続ける。

2012年6月27日 日刊スポーツ掲載
6月26日
大竹寛 22期 現:広島
対読売戦 先発登板
今季7勝目

GIANTS
CARP
【G】●ホールトン、高木京、福田、高木康、田原−阿部
【C】○大竹、今村、Sミコライオ−石原
▼本塁打 岩本3号 堂林7号(C)

★大竹寛 投球結果
11試合7勝2敗0S
7イニング 打者28 球数108 被安打7 奪三振3 与四死球0 失点2 自責点2 防御率2.34

★大竹寛 打席結果
2打数 0安打 打点0 打率.077


大竹7勝「怖いぐらいです」
広島大竹寛投手がチームトップタイとなる7勝目を挙げた。
6回1死一、二塁のピンチを切り抜けた上に、7回に最速タイとなる149キロを記録するなど、粘り強い投球を見せて7回2失点。
自身も5連勝となった。「こんなことなかった。怖いぐらいです」と謙遜しながらも勝利の余韻に浸っていた。
右肩痛などで苦労した2年間を乗り越えたことで大人の投球を実践してみせた。

2012年6月26日 日刊スポーツ ネット配信

大竹 5連勝で7勝目「援護が多いので、野手に感謝です」

広島の大竹は緩急を付けて丁寧に打たせて取り、7回2失点でチームトップの前田健に並ぶ7勝目を挙げた。
巨人戦は前回登板で、3回でKOされていたこともあり「払拭するような投球をしたかった。良かった」と笑顔をのぞかせた。

これで自身5連勝。6月は無傷の4勝で、月間MVPの可能性も十分だ。
それでも「好結果が出ているが、援護が多いので、野手に感謝です」と控えめだった。

2012年6月26日 スポニチ ネット配信
須永英輝 24期 現:読売
須永「1歩前進できた」
4か月ぶり硬球でネットスロー開始
3月に左ひじ内側側副じん帯再建手術を受けた巨人・須永英輝投手が26日、
東京・よみうりランド内のジャイアンツ球場で、ネットスローを開始した。
5メートルの距離だが、1球1球丁寧に30球。
これまではスポンジボールだったが、約4か月ぶりに硬球を投げ、
「まだ(ヒジは)気にはなりますが、投げられたことで、1歩前進できたと
思います」と笑顔をみせた。

2012年6月26日 スポーツ報知 ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 6月26日
広島 18:00
大竹寛×Gホールトン
石井義人 17期 現:読売
6月24日
1軍出場選手登録抹消
須永英輝 24期 現:読売
須永、4か月ぶり投球再開
「ひじの状態は大丈夫」
左ひじ内側側副靱帯再建手術から復帰を目指す巨人・須永英輝投手が
23日、約4か月ぶりに投球を再開した。
G球場室内練習場で、硬式球より軽いテニスボールを使って
5メートルの距離からネットスロー。
「肩の筋肉が落ちている感じはありますが、ひじの状態は大丈夫です。
焦ってもマイナスなので、慎重にやっていきたい」と話した。

須永は宮崎キャンプ中の2月下旬に右肘を痛めて帰京し、数回の
精密検査を経て3月12日に手術。
その後は2軍でリハビリを続けていた。

2012年6月23日 スポーツ報知 ネット配信
交流戦
6月17日

大竹寛 22期 現:広島
対埼玉西武戦 先発登板
今季6勝目

CARP 11
LIONS
【C】○大竹、岸本、中田、今井−石原
【L】●岸、武隈、十亀、岡本篤、大石、山本−炭谷、星孝
▼本塁打 天谷3号 堂林5号(C)

★大竹寛 投球結果
10試合6勝2敗0S
5イニング 打者24 球数107 被安打5 奪三振2 与四死球4 失点0 自責点0 防御率2.30


大竹、5回無失点で6勝目!観戦の両親に白星贈る
広島の大竹は毎回のように走者を背負ったが、味方の好守にも救われ5回無失点で6勝目を挙げた。
右腕は「野手には点を取ってもらったし、守備も助かりました」と感謝しきりだった。

出身地の埼玉県での試合ということもあり、両親が観戦に訪れていた。父の日に目の前で“白星”というプレゼントを渡すことができ、
「久しぶりに見に来てくれて、勝てて良かった」と笑顔を見せた。

2012年6月17日 スポニチ ネット配信


大竹、観戦両親に白星プレゼント
広島大竹寛投手(29)は粘投でチームトップタイの6勝目を挙げた。2回以外は毎回得点圏に走者を置きながらの投球。
5回も1死一、二塁のピンチを迎えたが、上本を空振り三振、ヘルマンを中飛に打ち取り勝ち投手の権利を得た。
5回までに107球を投げ、5安打4四球無失点。
「僕は今日は喜んでいる場合じゃない。5回で(マウンドを)降りて、中継ぎに申し訳ない」と、
両親が見守る中での勝利にも気を引き締めた。

2012年6月17日 日刊スポーツネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 6月17日
所沢18:00
L岸孝之×
大竹寛
大竹寛 22期 現:広島
大竹「黒田魂」
見習い交流戦勝って締める!
「黒田魂」で勝つ。
17日の西武戦(西武ドーム)に先発する広島・大竹寛投手が、
交流戦最終戦を勝利で締めくくることを誓った。

チームが16日の同戦に勝てば、17日は3年ぶり3度目の
交流戦勝ち越しがかかるマウンドになる。13日に日米通算150勝を
達成した心酔する先輩、ヤンキース・黒田の姿が刺激だ。

「黒田さんにとってはまだまだ通過点と思いますが、すごいことだと
思います。投手としてのお手本とさせてもらっているし、
僕もまだまだ努力しないと
いけない」

精神面の弱さに課題があった右腕にとって、黒田の広島時代に同行した
自主トレは成長への糧だった。黒田の著書「決めて断つ」も熟読する。
チームも自身も、3連勝中と勢いが出てきた。
相手主砲・中村が戦線離脱したが、大竹は「だからと言って
特に変わらない」と油断を排除した。

2012年6月16日 スポニチ掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹埼玉出身も所沢は遠いので…

広島大竹寛投手が15日、地元登板?に意気込んだ。
17日西武戦(西武ドーム)で先発予定。
埼玉出身ながら、出身地の八潮市は埼玉県の東端に位置し、
所沢市は真逆の西端に位置する。「こっち側にはあまり来ないですからね。
(QVCマリンがある)幕張の方が、家からは近いですよ」と苦笑い。
だが、「そこは素直に、地元ということでね」と気合注入。
交流戦は3試合に登板し、2勝0敗、防御率1・78と好調を
維持している。「バッターに向かう気持ちを大事にして、
試合に勝てるような投球をしたい」と語った。

2012年6月15日 日刊スポーツ ネット配信
三軍戦
6月13日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対宮崎梅田学園戦 2番手登板

宮崎梅田学園
HAWKS 10 16
【H】三浦、南、有馬、近田、鈴木−飯田

★南貴樹 投球結果
0/3イニング 被安打0 奪三振0 与四死球2 失点2 自責点2
イースタンリーグ
6月11日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対北海道日本ハム戦 3番手登板

FIGHTERS
LIONS
【F】○斉藤、糸数、植村、根本、S榊原−近藤
【L】●藤原、宮田、坂元、岡本洋−岳野、武山
▼本塁打 市川2号 杉谷2号(F)林崎3号(L)

★坂元弥太郎 投球結果
1 1/3イニング 打者8 球数19 被安打4 奪三振0
与四死球0 失点1 自責点1 防御率10.93
大竹寛 22期 現:広島
大竹耐えた 7回途中無失点で5勝目

広島大竹寛投手がチームトップタイの5勝目を挙げた。
今季初の中5日での登板。毎回走者を出しながらも、緩急をつけた投球で
7回途中まで無失点で切り抜けた。
「いつも通り1つずつアウトを取ることを心がけた。走者を出しても
同じように投げました」。
次回登板予定は17日西武戦。再び中5日ということを考慮して
98球で交代となった。右肩痛から復活した男がフル回転状態に入ってきた。

2012年6月12日 日刊スポーツ掲載
交流戦
6月11日

大竹寛 22期 現:広島
対オリックス戦 先発登板
今季5勝目

BUFFALOES
CARP
【C】○大竹、菊地原、岸本、今村−石原
【Bs】●マクレーン、小松、中山、海田−斎藤、横山
▼本塁打 堂林3号(C)

★大竹寛 投球結果
9試合5勝2敗0S
6 2/3イニング 打者27 球数98 被安打5 奪三振5
与四死球3 失点0 自責点0 防御率2.54
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 6月11日
三次18:00
大竹寛×Bsマクレーン
今成亮太 26期 現:阪神
今成9回2死14球目で猛打賞
<楽天8−3阪神>◇6日◇Kスタ宮城
阪神今成亮太捕手が、日本ハム時代にプロ初先発した08年7月9日
ロッテ戦以来、4年ぶり2度目の猛打賞をマークした。
2回に楽天田中から右前打を放ち、7、9回には二塁打。
6点を追う9回は2死からファウルで粘り14球目をとらえた。
「何とか塁に出ようという気持ちだった」と振り返った。

2012年6月7日 日刊スポーツ掲載
交流戦
6月5日

大竹寛 22期 現:広島
対北海道日本ハム戦 先発登板
今季4勝目
史上326人目 球団12人目の1000投球回達成!
(3回裏)

CARP 12
FIGHTERS
【C】○大竹、岸本、菊地原、河内−石原
【F】吉川、●土屋、榊原、乾、森内、宮西−鶴岡、大野
▼本塁打 赤松1号 岩本1号(C)


★大竹寛 投球結果
試合4勝2敗0S
6 2/3イニング 打者30 球数117 被安打9 奪三振7 与四死球1 失点3 自責点3 防御率2.93


広島 今季最多の12点で快勝!大竹は4勝目
広島が今季最多の12得点で快勝した。3回に日本ハムの吉川が東出への危険球で退場すると、
赤松の2ランなど打者一巡の猛攻で7点を挙げ、8回には石原の右翼線二塁打などで4点を加えた。
大竹は7回途中3失点で4勝目。日本ハムは救援陣が崩れ、大敗を喫した。

2012年6月5日 スポニチ ネット配信

大竹4勝目 野手への感謝と反省
広島大竹寛投手が7回途中3失点で降板しながら4勝目を挙げた。味方打線の援護を受けて粘りの投球を見せた。
「野手に大量点を取ってもらった。回の途中で降りたのは悔しい」と野手への感謝と自身の反省を忘れない。
昨年5月28日の日本ハム戦(札幌ドーム)では打球を右手小指に受けて粉砕骨折。苦難を乗り越え戻ってきた。
「マウンドで投げられる喜びを感じて投げた」。球団12人目の1000投球回を達成したこともあり、笑顔を見せていた。

2012年6月5日 日刊スポーツ ネット配信
6月5日
鈴木健氏 8期
夢の対決!鈴木健×野口茂樹

交流戦のシリーズ企画「夢の1打席対決」が試合前に行われ、西武OBの鈴木健元内野手(42)と中日OBの
野口茂樹元投手(38)が対決した。鈴木氏は初球の121キロ速球を見送ったが、2球目を打ち左中間を深々と破って勝利。
「久々の地元、西武ドームでの打席だったのですが、野口君がバットを振ったところに投げてくれたので、当たりました。
本当に良かったです。当たらないと思っていましたから」と胸をなで下ろした。
野口氏も「久しぶりに真新しいマウンドで投げられて気持ち良かったです。気持ち良く打たれましたし、いい経験をさせていただきました」
と満足そうにコメントした。

2012年6月5日 日刊スポーツネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 6月5日
札幌ドーム
18:00
F吉川光夫×
大竹寛

大竹、ハムから1000投球回だ
広島大竹寛投手が因縁のマウンドに上がる。5日の日本ハム戦(札幌ドーム)で先発する。
昨年5月28日の同戦で打球を右手に当て、右手小指を粉砕骨折し4カ月間、戦線を離脱した。
「1軍の試合で投げるチャンスがあることがうれしい。
けがして、リハビリして、なんとかここまで来られたなという感じ」と感慨にふけった。
また、あと3イニングを投げれば、球団12人目となる1000投球回数を達成する。

2012年6月4日 日刊スポーツ ネット配信