テニス部情報

平成18年度〜平成20年度

無断転載禁止!
         
平成20年度
第31回全国選抜高校テニス大会
女子個人1回戦
3月24日

★女子個人1回戦
高崎 0−8 今西
(京都外大西)
女子団体2回戦
3月23日
浦和学院2−3柳川(福岡)
★女子団体2回戦
浦和学院 2−3 柳川
(福岡)
高崎 7−6 定兼
岡本・内山 0−6 角田・千葉
栗原 6−3 浜田
浜田・田辺 1−6 平原・池田
増田 0−6 大石
女子団体1回戦
3月22日
浦和学院5−0星陵(石川)
★女子団体1回戦
浦和学院 5−0 星陵
(石川)
高崎 6−4 吉田
岡本・内山 6−1 村上・浅野
栗原 6−1 横野
浜田・田辺 6−3 村田・織田
増田 6−1 干場
3月21日
選抜高校テニスきょう開会式
春の高校テニス日本一を競う「第31回全国選抜高校テニス大会」は21日、主会場となる福岡市博多区の博多の森テニス競技場で
開会式が行われた。終了後には組み合わせ抽選会が行われ、22日から始まる団体戦の対戦相手が決まった。

開会式では、出場する男女各50校の選手たちが堂々の入場行進。
続いて、初出場・小豆島高の大山まどか主将(2年)が力強く選手宣誓した

女子団体1回戦
3月22日
浦和学院−星陵(石川)
第31回全国選抜高校テニス大会
3月21日
熱戦の舞台 選手体感、選抜高校テニスきょう開会式

春の高校日本一を競う第31回全国選抜高校テニス大会(読売新聞社など主催)は21日、
福岡市の博多の森テニス競技場センターコートで開会式が行われる。
20日には出場する男女各50校の選手が、博多の森テニス競技場で1時間半ずつ練習を行い、
ボールの弾み方を確認したり、会場の雰囲気を感じたりした。

組み合わせは、3月21日に福岡市の博多の森テニス競技場で行われる開会式後の抽選会で決まる。
団体戦は同22〜26日に博多の森で、個人戦は同24〜27日、福岡県志免町の九州国際テニスクラブで行う。
第31回全国選抜高校テニス大会

出場予定メンバー
順位 指名 学年
No.1 高崎奈美
No.2 栗原史織
No.3 増田佳緒理
No.4 岡本佳純
No.5 内山束紗
No.6 浜田爽花
No.7 田辺知世
No.8 田島杏奈
No.9 田島李奈

※大会までにメンバーは変更になる場合もあります
第31回全国選抜高校テニス大会
(3月・福岡)
テニス部女子 出場決定!
浦和学院・秀明英光は連続 川越東・山村学園は初出場

福岡県で3月に開催される「第31回全国選抜高校テニス大会」の出場校が6日決まった。
県内からは、男子が秀明英光と川越東、女子が浦和学院と山村学園の計4チームが出場する。

3年連続22回目の出場を決めた浦和学院の高崎奈美主将は「全国大会は技術より気持ちが
強いチームが勝つ。野球じゃなく『テニスのウラガク』の名を全国に広めたい」。
中村聡利監督は「相手あってのスポーツだからこそ、大切な各プレーの基本に忠実に戦いたい」と語った。

2009年2月7日 読売新聞 一部抜粋
第31回全国選抜高校テニス大会
(3月・福岡)
テニス部女子 関東 上位校として出場へ!

全国大会の選考委員会は2月6日に開かれ、男女50校が選抜される。
開会式と組み合わせ抽選会は3月21日、福岡市の博多の森テニス競技場で行われ
団体戦が同22〜26日に同競技場で、個人戦は同24〜27日に福岡県志免町の九州国際テニスクラブで開催される。
テニス雑誌情報
現在発売中のテニスマガジン(2月号)の「がんばろう部活(第2回)」コーナー(P44〜49)で
浦和学院高校テニス部が紹介されています

顧問の先生の熱心な指導、部員達のがんばりが伝わってきますので是非ご覧下さい

『テニスマガジン』2月号
ベースボールマガジン社刊
12月20日発売 定価 700円

連載 がんばろう部活!
仲間と歩む3年間 第2回 浦和学院高校(埼玉県)
平成20年度関東選抜高校テニス大会
12月25日〜27日
茨城県神栖市海浜運動公園テニスコート
テニス部 女子
準優勝

全国選抜大会
(3月・福岡)へ出場!
12月27日
★女子 決勝
浦和学院 0−5 富士見丘
(東京)
高崎 1−6 江口
岡本・内山 4−6 下川・幸村
栗原 3−6 高橋
浜田・田辺 6−7 大岩・北沢
増田 6−7 多胡
12月26日
★女子 準決勝
浦和学院 3−2 東京学館
(千葉)
高崎 0−6 鳰川
岡本・内山 6−2 笠原・星野
栗原 6−3 吉田
浜田・田辺 6−0 林・佐川
増田 3−6 濱野
12月25日
★女子 2回戦
浦和学院 4−1 早稲田実業
(東京)
高崎 6−2 川原
岡本・内山 6−2 吉田・牧
栗原 4−6 松本
浜田・田辺 6−4 間中・片岡
増田 6−3 大矢
12月25日
★女子 1回戦
浦和学院 5−0 清真学園
(茨城)
高崎 6−0 山本
岡本・内山 6−0 大嶋・富山
栗原 6−0 小島
浜田・田辺 6−4 村上・太田
増田 6−0 上野
浦和学院 登録メンバー
監督 中村   聡利
No.1 高崎  奈美A
No.2 栗原  史織A
No.3 増田佳緒理@
No.4 岡本  佳純@
No.5 内山  束紗@
No.6 田辺  知世@
No.7 田島  杏奈@
No.8 田島  李奈@
○内の数字は学年
高校新人大会
男子団体 4校決勝リーグ
11月4日
秀明英光 川越東 浦和学院 昌平
秀明英光 4−1 4−1 5−0
川越東 1−4 3−2 5−0
浦和学院 1−4 2−3 3−2
昌平 0−5 0−5 2−3
2年連続19度目の優勝
関東高校選抜大会(12月・茨城)出場権獲得

11月2日
★女子 決勝
浦和学院 3−2 山村学園
高崎 2−6 神保
岡本・内山 3−6 今永・下里
増田 7−6 田島
浜田・田辺 7−6 久松・吉田
栗原 6−0 内河
★準決勝
浦和学院 3−0 伊奈学園
高崎 6−2 深井
岡本・内山 6−3 松本・久山
増田 6−0 藤井
浜田・田辺 2−4
(打ち切り)
渡・金子
栗原 3−1
(打ち切り)
山田
★準々決勝
※埼玉平成のメンバーが
発表されていないため不明
浦和学院 3−0 埼玉平成
高崎 6−0
岡本・内山 6−3
増田 6−0
浜田・田辺 1−0
(打ち切り)

浦和学院 1−4 秀明英光
弘岡 6−4 喜多
芳賀・植田 3−6 鈴木・斉藤
山村 0−6 川崎
中村・吉田 3−6 権・小堺
江本 2−6 大城
浦和学院 2−3 川越東
弘岡 7−5 山本
芳賀・植田 3−6 井下・古谷
山村 4−6 斉戸
中村・吉田 7−6 篠崎・町村
江本 4−6 辻本
浦和学院 3−2 昌平
弘岡 6−1 石井
芳賀・植田 4−6 坪井直・坪井正
山村 6−1 川田
中村・吉田 3−6 井上・泉
江本 6−1 伊藤
11月2日
★男子 準決勝
浦和学院 3−2 昌平
弘岡 6−2 石井
芳賀・植田 4−6 坪井直・坪井正
山村 6−1 川田
中村・吉田 3−6 井上・泉
江本 6−1 伊藤
★準々決勝
浦和学院 3−2 早大本庄
弘岡 6−2 上田
芳賀・飯川 3−6 高橋・青木
山村 6−4 富田
中村・植田 5−7 中島・松村
江本 6−2 富池
11月1日
▼男子団体 3回戦
浦和学院 5−0 正智深谷
▼男子団体 2回戦
浦和学院 5−0 大宮西
▼女子団体 3回戦
浦和学院 4−0 熊谷商
▼女子団体 2回戦
浦和学院 5−0 西武文理
10月6日
▼男子シングルス準決勝
弘岡 5−7 大城
(秀明英光)
▼男子シングルス3位決定戦
弘岡 6−3 山本
(川越東)
▼男子ダブルス準決勝
弘岡・江本 4−6 鈴木・大城
(秀明英光)
▼男子ダブルス3位決定戦
弘岡・江本 6−1 小堺・権
(秀明英光)
10月6日
▼女子シングルス準決勝
増田 4−6 神保
(山村学園)
高崎 6−2 深井
(伊奈学園)
▼女子シングルス決勝
高崎 6−1 神保
(山村学園)
▼女子シングルス3位決定戦
増田 6−2 深井
(伊奈学園)
▼女子ダブルス準決勝
栗原・増田 4−6 神保・久松
(山村学園)
高崎・岡本 6−2 深井・山田
(伊奈学園)
▼女子ダブルス決勝
高崎・岡本 4−6 神保・久松
(山村学園)
▼女子ダブルス3位決定戦
栗原・増田 6−3 深井・山田
(伊奈学園)
10月5日
▼男子シングルス準々決勝
弘岡 6−2 小堺
(秀明栄光)
10月5日
▼女子ダブルス準々決勝
栗原・増田 6−3 須長・田村
(早大本庄)
高崎・岡本 6−4 鎌田・應本
(細田学園)
10月4日
▼男子ダブルス準々決勝
弘岡・江本 6−0 山本・古谷
(川越東)
10月4日
▼女子シングルス準々決勝
栗原 1−6 神保
(山村学園)
増田 6−4 田島
(山村学園)
高崎 6−1 久松
(山村学園)
「彩夏到来 08 埼玉総体」
8月2日〜8日 大宮第2公園テニス場他

出場選手団(浦学関係者のみ)
監督 中村聡利 遠藤真理子
選手(男子)
後藤俊輔 弘岡竜治 江本壮之介 町田祐介 斉藤祐輔
選手(女子)
高崎奈美 出嶋麻里子 栗原史織 佐藤美英 岡本華奈
8月6日
天沼テニス公園
★男子ダブルス 2回戦
町田・弘岡 3−8 遠藤・中野
(岡山・関西)
★男子ダブルス 1回戦
町田・弘岡 8−3 佐々木・嵯峨
(秋田・秋田)
8月6日
埼玉県営大宮第二公園テニス場
★女子シングルス 1回戦
高崎 5−8 藤川
(佐賀・致遠館)
8月5日
埼玉県営大宮第二公園テニス場
★男子シングルス 2回戦
後藤 1−8 伊藤
(長野・松商学園)
★男子シングルス 1回戦
弘岡 4−8 荒木
(宮崎・日向学院)
後藤 9−8 嶋田
(奈良・奈良育英)
8月3日
結束強めた感謝の気持ち
男子 団体


昨年の4強以上を目指した男子の浦和学院は、準々決勝で
第1シードの湘南工大付と対戦、1ゲームも奪えなかった。
中村監督は「経験しているものが違う。相手が1枚も2枚も
上だった」と完敗を認めた。
今大会では、16強だった全国選抜大会でけん引役を務めた
ダブルスが振るわず、代わってシングルスの後藤・弘岡がチームを
引っ張った。2回戦・3回戦では力強いプレーで勝利をもぎ取った。
「テニスが出来ることに感謝して、地元開催で支えてくれる人たちに
感動を伝えろ」。
予選途中から監督が選手に言い続けてきた言葉は、
チームの結束を強めた。
悔しさ半分の町田主将は「まとまりがあるチームで、浦和学院を
全国にアピールできると思った」と残り半分の充実感を語る。
試合終了後、監督はコートで1人1人と感謝の握手を交わした。

2008年8月4日 埼玉新聞掲載

男子団体
8月3日
★準々決勝
浦和学院 0−2
単0−1
複0−1
湘南工大付
(神奈川)
町田・斉藤 3−6
4−6
田川・只木
後藤 0−6
0−6
守屋
弘岡 打ち切り 渡辺
★3回戦
浦和学院 2−1
単2−0
複0−1
関西
(岡山)
町田・斉藤 3−8 矢武・田中
後藤 8−2 遠藤
弘岡 8−4 中野

8月2日
★2回戦
浦和学院 2−1
単2−0
複0−1
明石城西
(兵庫)
町田・斉藤 3−8 浅井・土井
後藤 8−4 井原
弘岡 8−1 中本
★1回戦
浦和学院 3−0
単2−0
複1−0
平工
(福島)
町田・斉藤 8−1 中田・小沢
後藤 8−2 小川
弘岡 8−2 野口
女子団体
8月3日
★3回戦
浦和学院 1−2
単1−1
複0−1
湘南工大付
(神奈川)
佐藤・岡本 6−8 金山・山口
高崎 9−8 降旗
栗原 5−8 原谷

8月2日
★2回戦
浦和学院 2−1
単1−1
複1−0
泉館山(宮城)
佐藤・岡本 8−0 今野・日下
高崎 8−2 清水
出嶋 0−8 和田
★1回戦
浦和学院 3−0
単2−0
複1−0
長崎東(長崎)
佐藤・岡本 8−0 佐藤・井ノ上
高崎 8−3 柴山
栗原 8−4 田中

先ぽう役コンビ 最高のスタート

団体戦複の佐藤・岡本コンビが1・2回戦ともに8−0と
最高のスタート。2人とも「満点ではない」と控えめに話すが、
日に焼けた表情は笑顔が絶えなかった。
レシーブやボレーが決まった佐藤は、「高校生活最後の大会は
悔いを残したくない」。岡本も「ダブルフォルトがなかったことが
うれしい」とプレーに自信が出てきた。
「自分たちが頑張ればシングルスの2人が楽になるという
(先ぽう役の)自覚が出てきた。県大会以上の力が
発揮できている」と、遠藤監督は高く評価した。

2008年8月3日 埼玉新聞掲載
全国高等学校総合体育大会 埼玉県予選
埼玉高校総体出場権獲得!
団体:男女
男子シングルス:後藤 弘岡
男子ダブルス:町田・弘岡組
女子シングルス:高崎
男子団体
6月15日
決勝
浦和学院 0−3 秀明英光
町田・斉藤 0−2
5-7,2-6
鈴木・大城
後藤 0−2
6-7,2-6
喜多
弘岡 1−2
6-0,6-7,2-6
川崎
2位決定戦
浦和学院 2−0 川越東
町田・斉藤 2−0
6-4,6-2
那須・井下
後藤 2−0
6-3,6-2
山本
弘岡 打ち切り
6-0,5-5
辻本
女子団体
6月15日
決勝
浦和学院 0−3 秀明英光
岡本・佐藤 0−2
3-6,1-6
鈴木・辻村
高崎 0−2
3-6,4-6
多田
出嶋 0−2
0-6,1-6
小川
男子団体
6月14日
2回戦
浦和学院 2−0 伊奈学園
町田・斉藤 2−0
6-3,6-2
吉島・羽田野
後藤 2−0
6-4,6-3
鶴見
弘岡 打ち切り 牧野
1回戦
浦和学院 3−0 春日部
町田・斉藤 8−1 川上・松本
後藤 8−2 西
弘岡 8−2 出越
女子団体
6月14日
2回戦
浦和学院 2−0 伊奈学園
岡本・佐藤 2−0
6-2,6-2
横山・須貝
高崎 2−0
7-6,6-1
深井
出嶋 1−4
打ち切り
塚田
1回戦
浦和学院 3−0 川口東
岡本・佐藤 8−1 内田・跡部
高崎 8−1 高橋
出嶋 8−3 佐藤
関東高校テニス大会(6月7日〜9日・茨城県神栖市)
団体:男女
男子単:弘岡(浦和学院)
男子複:町田・弘岡(浦和学院)
女子複:岡本・佐藤(浦和学院)
男子 団体 登録メンバー
監督 中村聡利
弘岡 竜治(2年)
後藤 俊輔(3年)
町田 祐介(3年)
江本壮之介(2年)
斉藤 祐輔(3年)
女子 団体 登録メンバー
監督 遠藤真理子
出嶋麻里子(3年)
高崎 奈美(2年)
栗原 史織(2年)
岡本 華奈(3年)
佐藤 美英(3年)
6月8日
男子シングルス
1回戦
弘岡 3−6 鈴木
(足利工大附)

男子ダブルス
1回戦
弘岡・町田 2−6 山田・竹口
(法政二)
6月8日
女子ダブルス
1回戦
岡本・佐藤 3−6 大竹・関
(東京・富士見丘)
6月7日
男子団体
2回戦
浦和学院 1−2 東海大相模
(東京)
町田・斉藤 6−4 辻田・島崎
弘岡 3−6 竹島
後藤 1−6 菊地
1回戦
浦和学院 3−0 桐蔭学園
(神奈川)
町田・斉藤 6−4 近藤・増田
弘岡 3−6 山田
後藤 6−4 清水
6月7日
女子団体
2回戦
浦和学院 0−3 湘南工大附
(神奈川)
岡本・佐藤 2−6 金山・山口
出嶋 0−6 原谷
高崎 3−6 降旗
1回戦
浦和学院 2−1 慶應義塾女子
(東京)
岡本・佐藤 6−0 近藤・増田
出嶋 5−7 山田
高崎 3−6 清水
全国高等学校総合体育大会
埼玉県予選会
埼玉高校総体(8/2〜8・大宮第2公園テニス場他)
出場権獲得!
男子シングルス:後藤 弘岡
男子ダブルス:町田・弘岡組
女子シングルス:高崎
男子団体
6月14日
1回戦
大宮第2公園
浦和学院 3−0 春日部
女子団体
6月14日
1回戦
大宮第2公園
浦和学院 3−0 川口東
男子シングルス
6月3日
6位決定戦
弘岡 2−0
(7-5,6-0)
山本
(川越東)
7・8位決定戦
弘岡 2−0
(6-3,6-2)

(秀明英光)
女子シングルス
6月3日
6位決定戦
出嶋 1−2
(6-2,0-6,1-6)
深井
(伊奈学園)
男子ダブルス
6月2日
決勝
町田・弘岡 0−2
(5-7,1-6)
川崎・喜多
(秀明英光)

男子シングルス
6月2日
5〜8位位決定戦
弘岡 0−2
(1-6,1-6)
後藤
女子ダブルス
6月2日
3位決定戦
岡本・佐藤 1−2
(6-2,5-7,3-6)
神保・久松
(山村学園)

女子シングルス
6月2日
5〜8位決定戦
高崎 2−0
(6-0,6-0)
深井
(伊奈学園)
出嶋 2−0
(7-6,6-2)
岡崎
(東農大三)
5・6位決定戦
高崎 2−0
(6-1,6-4)
出嶋
男子ダブルス
6月2日
決勝
立教新座高校
町田・弘岡 0−2 川崎・喜多
(秀明英光)

6月1日
準決勝
町田・弘岡 2−0
(6-2,6-3)
小堺・大城
(秀明英光)
準々決勝
後藤・斉藤 4−8 鈴木・権
(秀明英光)
町田・弘岡 8−1 那須・斉戸
(川越東)
2回戦
町田・弘岡 8−0 冨田・斉藤
(秀明英光)
後藤・斉藤 8−5 大竹・石畑
(立教新座)
女子シングルス
6月1日
準々決勝
高崎 0−2
(2-6,4-6)
神保
(山村学園)
出嶋 0−2
(0-6,0-6)
鈴木
(秀明英光)
2回戦
栗原 0−8 神保
(山村学園)
岡本(華) 2−8 高崎
増田 3−8 小川
(秀明英光)
橋口 1−8 深井
(伊奈学園)
出嶋 8−4 柴田
(川越女子)
1回戦
栗原 8−0 小林
(秀明英光)
岡本(華) 8−4 久松
(山村学園)
高崎 8−2 山田
(伊奈学園)
増田 8−1 高田
(淑徳与野)
橋口 8−1 几内
(東農大三)
池田 0−8 深井
(伊奈学園)
岡本(佳) 6−8 須長
(早大本庄)
出嶋 8−2 新井
(東農大三)
佐藤 3−8 柴田
(川越女子)
内山 3−8 鈴木
(秀明英光)
男子シングルス
5月31日
準々決勝
弘岡 0−2
(4-6,2-6)
大城
(秀明英光)
後藤 0−2
(3-6,3-6)
喜多
(秀明英光)
3回戦
弘岡 8−5 牧野
(伊奈学園)
後藤 8−2 小堺
(秀明英光)
江本 8−9 喜多
(秀明英光)
2回戦
谷口 5−8 石畑
(立教新座)
町田 6−8 斉藤
(秀明英光)
弘岡 8−5 倉林
(早大本庄)
山村 5−8 鶴見
(伊奈学園)
後藤 8−0 川上
(春日部)
江本 8−0 伊藤
(昌平)
女子ダブルス
5月31日
準決勝
岡本・佐藤 1−2
(6-3.6-7,4-6)
辻村・多田
(秀明英光)
2回戦
栗原・岡本 1−8 鈴木・小川
(秀明英光)
出嶋・高崎 6−8 神保・久松
(山村学園)
岡本・佐藤 8−1 深井・横山
(伊奈学園)
1回戦
田辺・増田 0−8 鈴木・小川
(秀明英光)
栗原・岡本 8−1 藤井・小島
(山村学園)
出嶋・高崎 8−2 阿部・田中
(川口県陽)
橋口・池田 5−8 塚田・須貝
(伊奈学園)
岡本・佐藤 8−1 几内・笠井
(東農大三)
関東高校予選
関東高校テニス大会出場権獲得!(6月7日〜9日・茨城県神栖市)
団体:男女
男子単:弘岡(浦和学院)
男子複:町田・弘岡(浦和学院)
女子複:岡本・佐藤(浦和学院)
5月12日

★男子
▼団体準々決勝
浦和学院 2−0 東農大三
▼同準決勝
浦和学院 2−1 川越東
▼決勝
浦和学院 1−2 秀明英光
町田・斉藤 4−8 小堺・大城
弘岡 9−7 川崎
後藤 1−8 喜多
5月12日

★女子
▼団体準々決勝
浦和学院 2−0 細田学園
▼同準決勝
浦和学院 2−1 山村学園
▼決勝
浦和学院 0−3 秀明英光
岡本・佐藤 8−9 鈴木・辻村
出嶋 1−8 多田
高崎 4−8 小川
4月29日

★男子
▼シングルス準々決勝
弘岡 8−2
(秀明英光)
▼同準決勝
弘岡 8−1 鈴木
(秀明英光)
▼決勝
弘岡 6−8 川崎
(秀明英光)
▼ダブル決勝
町田・弘岡 8−4 小堺・大城
(秀明英光)
★女子
ダブルス決勝
岡本・佐藤 3−8 鈴木・小川
(秀明英光)
4月27日

★男子
▼ダブルス準々決勝
町田・弘岡 6−3 井下・篠崎
(川越東)
▼同準決勝
町田・弘岡 8−4 鈴木・権
(秀明英光)
★女子
▼シングルス準々決勝
出嶋 8−9 神保
(山村女)
高崎 6−8 鈴木
(秀明英光)
▼ダブルス準々決勝
出嶋・高崎 4−6 辻村・多田
(秀明英光)
岡本・佐藤 6−1 藤井・小島
(山村女)
▼同準決勝
岡本・佐藤 8−1 辻村・多田
(秀明英光)
平成19年度
第30回全国選抜高校テニス大会
期日/3月21日(金)〜27日(木)
会場/博多の森テニス競技場、今津運動公園テニスコート、九州国際テニスクラブ
3月25日
★個人男子2回戦
弘岡 2−8 広田(龍谷)
3月25日
★個人女子2回戦
出嶋 8−6 二条(高松北)

★個人女子3回戦
出嶋 3−8 桑田(早実)
3月24日
★男子3回戦
浦和学院2−3長尾谷
弘岡 3−8 月村
町田・齋藤 8−3 梶原・大西
後藤 4−8 山崎
谷口・福田 8−4 石郷岡・芳賀
江本 6−8 高橋
3月24日
★女子3回戦
浦和学院1−3松商学園
出嶋 0−8 阿部
橋口・佐藤 8−2 滝澤・黒澤
高崎 3−8 渡邊
岡本・池田 4−8 片倉・上田
栗原 3−3
打ち切り
大間知
3月23日
★男子2回戦
浦和学院3−2高松北
弘岡 3−8 平井
町田・齋藤 5−8 梁元・小竹
後藤 8−3 藤田
谷口・福田 8−3 野田・川波
江本 8−6 溝内
3月23日
★女子2回戦
浦和学院−岡山学芸館
出嶋 2−8 大竹
橋口・佐藤 8−6 鈴木・櫻井
高崎 6−8 後藤田
岡本・池田 8−0 三木・藤井
栗原 8−3 内田
3月22日
★男子1回戦
浦和学院5−0金沢伏見
弘岡 8−2
町田・齋藤 8−3 水上・山田
後藤 8−0 木戸
谷口・福田 9−7 玉谷・仲村
江本 8−0 辻村
3月22日
★女子1回戦
浦和学院5−0済美
出嶋 8−6 幸島
橋口・佐藤 8−3 高須・白谷
高崎 8−3 西地
岡本・池田 8−1 光宗・高田
栗原 8−4 中村
3月21日
開幕!
春の高校テニス日本一を決める「第30回全国選抜高校テニス大会」は21日、福岡市博多区東平尾公園の
博多の森テニス競技場で午後3時より開会式が行われ、男女計100校の出場校が入場行進した。
引き続いて組み合わせ抽選会が行われ、各校の対戦相手が決まった。

大会は22日から、同競技場と今津運動公園テニスコートで団体戦が一斉に始まる。
男女とも有力校が集まり、第30回の記念大会にふさわしい好試合が期待される。
決勝は26日、博多の森テニス競技場で行われる。

一方、個人戦は24〜27日、福岡県志免町の九州国際テニスクラブで行われる。
団体戦で2回戦に進出した男女各32校の登録順位1位の選手が出場し、それぞれの優勝者は全米オープンジュニアに派遣される。
▼浦和学院 男子
「遠征で培った精神力」

9年連続22回目の出場となる常連校に立ち塞がる壁はベスト4。
昨年も準々決勝で姿を消した。
中村聡利監督は「現チームは昨年より劣る。
持てる力を出し切り、目標はベスト8入り」と謙虚に語る。
しかし、得意の速いサーブでチームを引っ張る町田主将は
「一戦必勝だが、出るからには全国制覇したい」と先輩たちの
記録を塗り替えようと意気込む。
2007年度県高校新人大会個人戦で優勝した弘岡選手は
1年ながら既にチームの要。
「声を出して全力プレーでチームを勢いづかせたい」と
自覚十分だ。「シングルスで1番期待できる」
(中村監督)と信頼は厚い。フォアハンドを得意とする
後藤選手は「去年の先輩以上の成績を目指す」とこちらも
気合十分だ。
ダブルスで出場するサウスポーの福田選手も面白い存在だ。
目標を控えめに語る中村監督だが、「チームは長野や
三重などへの遠征で強豪校と練習試合を繰り返し、アウェーで
戦う力がついた」とちらりと自信をのぞかせた。
遠征で培った精神力と持ち前の”攻撃テニス”を武器に、
初のベスト8超えを目指す。

出場予定選手は次の通り。
★2年…後藤俊輔・町田祐介・谷口祐太郎・
斉藤祐輔・福田雄太
★1年…弘岡竜治・江本壮之介・飯川拓矢・
植田修麻
▼浦和学院 女子
「団結力で初V挑む」

2年連続21回目の出場を、5年ぶりの県1位で飾った。
井上智子監督は「やってくれそうな雰囲気はある」と
期待を寄せる。
チームを引っ張るのは前回大会を経験した2年生の5人。
岡本主将はチームの特徴を「団結力が強い」ことをあげる。
シングルスで先鋒を務める出嶋選手は167センチの長身を
生かした強烈なサーブとスマッシュが武器。
2007年12月の関東選抜高校テニス大会のシングルス戦は
1勝3敗と負け越した。
「悔しい思いをしたので、全国では思いっきりやるだけ」と燃える。
関東選抜で、リードを奪いながらも勝ちを手に出来ない試合が
目立った佐藤選手。こちらも「全国では最後まであきらめずに
頑張りたい」と雪辱を誓っている。橋口選手と池田選手も力強い
プレーでチームを勢いづける。大会初出場の1年生コンビ、
高崎・栗原両選手がどこまで力を伸ばせるかも楽しみだ。
過去、全国選抜の最高成績は第12回の準優勝。
井上監督は「2位もベスト8も同じ。やるなら全国制覇。
選手に意地を見せて欲しい」。
チーム一丸となって初優勝に挑む。

出場予定選手は次の通り。
★2年…出嶋麻里子・橋口香織・岡本華奈・
佐藤美英・池田愛理・道山理萌
★1年…高崎奈美・栗原史織・親川いずみ
第30回全国選抜高校テニス大会
テニス部 男女出場!


2月9日
選抜高校大会、柳川男女など出場校100校決まる

第30回全国選抜高校テニス大会(読売新聞社など主催)の出場校を決める選考委員会が8日、福岡市の読売新聞西部本社で
開かれた。昨秋の9地区大会の成績を参考に、話題性を考慮した「ドリーム枠」を含む男女各50校を選んだ。

組み合わせ抽選会は、3月21日の開会式に続いて行う。団体戦は22〜26日、福岡市の博多の森テニス競技場などで、
個人戦は24〜27日、福岡・志免町の九州国際テニスクラブで行う。


 ◇第30回全国選抜高校テニス大会出場校(※はドリーム枠、〈 〉内数字は出場回数)
男 子 女 子
【北海道】 札幌日大(北海道)〈9〉 札幌藻岩(北海道)〈28〉 札幌日大(北海道)〈6〉 札幌西(北海道)〈1〉
【東北】 東陵(宮城)〈4〉 仙台三(宮城)〈2〉 東陵(宮城)〈3〉 泉館山(宮城)〈1〉
岩手(岩手)〈8〉 青森山田(青森)〈3〉 聖霊女短大付(秋田)〈12〉 盛岡一(岩手)〈2〉
【関東】 湘南工大付(神奈川)〈20〉 足利工大付(栃木)〈11〉 早実(東京)〈3〉 湘南工大付(神奈川)〈14〉
東海大菅生(東京)〈8〉 東京学館浦安(千葉)〈7〉 富士見丘(東京)〈15〉 東京学館浦安(千葉)〈6〉
法政二(神奈川)〈9〉 秀明英光(埼玉)〈2〉 浦和学院(埼玉)〈21〉 東海大相模(神奈川)〈24〉
浦和学院(埼玉)〈22〉 早実(東京)〈13〉 伊奈総合(埼玉)〈8〉 藤代(茨城)〈3〉
太田(群馬)〈3〉 ※幕張総合(千葉)〈1〉 東京学館(千葉)〈8〉
【北信越】 敦賀気比(福井)〈9〉 松商学園(長野)〈15〉 仁愛女(福井)〈28〉 松商学園(長野)〈16〉
金沢伏見(石川)〈1〉 東京学館新潟(新潟)〈9〉 星稜(石川)〈22〉 富山国際大付(富山)〈15〉
富山国際大付(富山)〈9〉 長岡大手(新潟)〈3〉
【東海】 名古屋(愛知)〈20〉 鈴鹿(三重)〈2〉 椙山女学園(愛知)〈17〉 名経大高蔵(愛知)〈24〉
四日市工(三重)〈27〉 静岡市立(静岡)〈5〉 県岐阜商(岐阜)〈16〉 静岡市立(静岡)〈16〉
名経大市邨(愛知)〈3〉 日大三島(静岡)〈18〉 四日市商(三重)〈9〉
【近畿】 明石城西(兵庫)〈16〉 長尾谷(大阪)〈3〉 長尾谷(大阪)〈5〉 華頂女(京都)〈27〉
関西学院(兵庫)〈11〉 清風(大阪)〈30〉 園田学園(兵庫)〈29〉 大産大付(大阪)〈1〉
東山(京都)〈17〉 初芝橋本(和歌山)〈3〉 栗東(滋賀)〈11〉 平城(奈良)〈6〉
立命館宇治(京都)〈2〉 ※履正社(大阪)〈3〉 明石城西(兵庫)〈2〉 立命館宇治(京都)〈3〉
【中国】 関西(岡山)〈27〉 岡山理大付(岡山)〈19〉 岡山学芸館(岡山)〈7〉 美鈴が丘(広島)〈8〉
修道(広島)〈14〉 下関西(山口)〈1〉 西京(山口)〈11〉 開星(島根)〈3〉
西京(山口)〈11〉 ※米子西(鳥取)〈1〉
【四国】 高松北(香川)〈15〉 高松南(香川)〈3〉 高松北(香川)〈15〉 済美(愛媛)〈11〉
城南(徳島)〈2〉 徳島商(徳島)〈2〉
【九州】 柳川(福岡)〈30〉 鳳凰(鹿児島)〈8〉 柳川(福岡)〈30〉 宮崎商(宮崎)〈7〉
龍谷(佐賀)〈9〉 大分舞鶴(大分)〈8〉 鳳凰(鹿児島)〈15〉 致遠館(佐賀)〈2〉
海星(長崎)〈15〉 別府青山(大分)〈9〉 鹿児島純心女(鹿児島)〈12〉 大分舞鶴(大分)〈1〉
九国大付(福岡)〈19〉 折尾愛真(福岡)〈9〉 高鍋(宮崎)〈3〉
※八幡南(福岡)〈1〉
関東選抜高校テニス大会
12月25日〜27日
茨城県神栖市海浜運動公園
12月27日
★男子
▼7・8位決定決勝戦

浦和学院4−1早稲田実
弘岡 6−3 栗谷
町田・齋藤 2−6 加藤・豊田
後藤 6−1 坂田
谷口・福田 6−2 平林・岩崎
江本 6−0 竹丸
12月27日
★女子
▼5・6位決定決勝戦
浦和学院3−2東海大相模

出嶋 6−7 本多
橋口・佐藤 4−6 小林・齋藤
高崎 6−4 上野
岡本・池田 6−1 山田・川口
栗原 6−1 岡野
12月26日
★男子
▼5・6位決定1回戦
浦和学院2−3法政二
弘岡 3−6 山田
町田・齋藤 6−2 森下・伊藤
後藤 2−6 菊地
谷口・福田 3−6 川村・竹口
江本 6−4 渋谷
12月26日
★男子
▼7・8位決定準決勝
浦和学院4−1前橋育英
弘岡 6−3 陶山
町田・齋藤 6−2 川田・北浦
後藤 6−0 九條
谷口・福田 6−3 前田・根本
江本 3−6 中澤
12月26日
★女子
▼5・6位決定1回戦
浦和学院3−2東京学館
出嶋 6−3 鳰川
橋口・佐藤 3−6 刈込・鈴木
高崎 3−6 吉田
岡本・池田 6−0 指本・佐藤
栗原 6−1 笠原
12月25日
★男子
▼1回戦
浦和学院4−1太田
弘岡 4−6 吉間
町田・齋藤 6−3 松澤・佐々木
後藤 6−0 長澤
谷口・福田 6−4 久保田・間々田
江本 6−1 船津
12月25日
★男子
▼準々決勝
浦和学院1−4東海大菅生
弘岡 2−6 竹島
町田・齋藤 5−7 島崎・辻田
後藤 1−6 菊地
谷口・福田 3−6 齋藤・菅野
江本 6−2 対馬
12月25日
★女子
▼1回戦
浦和学院3−2作新学院
出嶋 2−6 石井
橋口・佐藤 6−1 阿部・木村
高崎 3−6 渡辺
岡本・池田 6−1 松島・菊田
栗原 6−1 山口
12月25日
★女子
▼準々決勝
浦和学院1−4富士見丘
出嶋 1−6 大竹
橋口・佐藤 5−7 板橋・鈴木
高崎 0−6
岡本・池田 6−0 谷川・多田
栗原 2−6 菅原
登録メンバー
男子 女子
監督 中村聡利 監督 井上智子
@ 弘岡竜治 1年 @ 出嶋麻里子 2年
A 後藤俊輔 2年 A 橋口香織 2年
B 町田祐介 2年 B 高崎奈美 1年
C 江本壮之介 1年 C 栗原史織 1年
D 谷口祐太郎 2年 D 岡本華奈 2年
E 飯川拓矢 1年 E 佐藤美英 2年
F 齋藤祐輔 2年 F 池田愛理 2年
G 福田雄太 2年 G 道山理萌 2年
H 植田修麻 1年 H 親川いずみ 1年
高校新人大会
11月5日
男子団体9連覇!
関東高校選抜大会(12月・茨城)出場権獲得!
決勝トーナメント順位
1位 浦和学院 3勝
2位 秀明英光 2勝1敗
3位 川越東 1勝2敗
4位 伊奈学園 3敗

▼ 決勝トーナメント
浦和学院 3−2 川越東
浦和学院 3−2 秀明英光
浦和学院 5−0 伊奈学園
11月4日
女子団体5年ぶり優勝!
関東高校選抜大会(12月・茨城)出場権獲得!
男子団体は決勝リーグ進出!

▼女子団体 準々決勝
浦和学院 5−0 淑徳与野
▼ 準決勝
浦和学院 3−2 伊奈学園
▼ 決勝
浦和学院 3−1 秀明英光
出嶋 1−6 小川
橋口・佐藤 6−2 小林・醍醐
高崎 6−4 鈴木
岡本・池田 6−1 市川・山田
栗原 5−3
(打ち切り)
辻村
▼男子団体 準々決勝
浦和学院 4−1 立教新座
▼ 準決勝
浦和学院 5−0 昌平
高校新人大会
10月8日
▼男子シングルス決勝
弘岡 6−4 鶴見
(伊奈学園)
▼準決勝
弘岡 6−4 後藤
▼3位決定戦
後藤 2−6 辻本
(川越東)

10月7日
▼男子シングルス準々決勝
弘岡 6−2 牧野
(伊奈学園)
後藤 6−3 冨田
(秀明英光)
10月8日
▼女子シングルス準々決勝
出島 0−6 小川
(秀明英光)
橋口 3−6 深井
(伊奈学園)
▼女子ダブルス決勝
岡本・佐藤 6−4 鈴木・小川
(秀明英光)
▼準決勝
岡本・佐藤 6−1 出島・高崎
▼準々決勝
岡本・佐藤 6−3 岡崎・新井
(東農大三)
出島・高崎 6−3 藤井・今永
(山村女)
平成19年度全国高等学校総合体育大会
佐賀総体
期  日 競 技 7月29日(日)〜8月5日(金)
会  場 競 技 佐賀県立総合運動場庭球場
佐賀県立森林公園テニスコート
▼団体戦登録メンバー ○内の数字…学年
No.1 笹井 正樹 B
No.2 渋木 翔大 B
No.3 濱中 重宏 B
No.4 長久保大樹 B
No.5 関根 文徳 B
★男子ダブルス
1回戦
8月2日
渋木・濱中 8−3 山中・山口
長崎・海星
2回戦
8月3日
渋木・濱中 8−0 安藤・朝居
岐阜・麗澤瑞良
3回戦
8月3日
渋木・濱中 1−8 奥・長尾
大阪・長尾谷
★男子シングルス
8月1日
1回戦
渋木 8−4 濱口
(北海道・札幌日大)
笹井 8−0
(鳥取・鳥取西)
濱中 2−8 石井
(佐賀・龍谷)
2回戦
渋木 8−4 高木
(佐賀・龍谷)
笹井 8−5 塩田
(福岡・柳川)
3回戦
渋木 1−8 星野
(千葉・東京学館浦安)
笹井 8−5 野口
(茨城・霞ヶ浦)
8月 3日
4回戦
笹井 8−6 遠藤
(三重・四日市工)
8月 4日
準々決勝
笹井 5−8 井上
(神奈川・湘南工大付)
悔しくも悔いなし

初の決勝進出まであと1歩だった。男子団体の浦和学院は準決勝で3年連続準優勝の強豪・長尾谷に1−2で惜敗。
就任4年目の中村監督は「勝ちたかったが、1年生からチームを支えた選手達が、1つになって戦ってくれた。
良くやったと思う」とさっぱりした表情だった。
準決勝は1−1から第1シングルスの笹井が「3回戦、準々決勝とみんなに迷惑をかけた。
このままじゃ終われない」と食い下がった。0-1の第2セット、3-3から相手のサービスゲームを始めてブレイク。
このセットをものにした。
最終セットも一進一退の攻防。タイブレークまでもつれたが、最後は笹井が力尽きた。
「相手が足をつっていることを意識しすぎ、気持ちで引いてしまった」と責任を背負い込んだ。
それでも3回戦で地元の龍谷(佐賀)を下して勢いに乗ると、続く準々決勝の東京学館浦安(千葉)も撃破。
突出した選手はいないものの、総合力で過去最高の4強入りと結果を残した。
主将の長久保は「力は出し切ったし、気持ちが分かり合えるチームで、もう1年ぐらいやりたかった」と名残惜しそうだった。


2007年8月1日 埼玉新聞掲載
★男子団体
準決勝
7月31日

浦和学院1−2長尾谷
浦和学院 単0−2 長尾谷
複1−0
渋木・長久保 6−1 工藤・高木
6−2
笹井 4−6 長尾
6−4
6−7
濱中 2−6
2−6
★男子団体
準々決勝
7月30日

浦和学院2−1東京学館浦安
浦和学院 単1−1 東京学館浦安
複1−0
渋木・長久保 6−2 増尾・八角
7−5
笹井 6−4 星野
1−6
0−6
濱中 6−2 越智
6−2
★男子団体
3回戦
7月30日

浦和学院2−1龍谷
浦和学院 単1−1 龍谷
複1−0
渋木・長久保 8−3 高木・石井
笹井 1−8 伊藤
濱中 8−2 広田
★男子団体
2回戦
7月29日
浦和学院3−0東京学館新潟
浦和学院 単2−0 東京学館新潟
複1−0
渋木・長久保 8−4 小柳・樋口
笹井 8−2 桑原
濱中 8−1 斉藤
7月13日
県高体連より栄光賞が発表され
浦和学院高校男子テニス部が表彰されました!
高校学校総体
6月17日
男子団体 優勝!
6年連続17度目

男子団体
決勝
浦和学院 単1−1 秀明英光
複1−0
渋木・長久保 6−4 湯原・鈴木
7−6
笹井 6−2 江原
0−6
0−6
濱中 6−1 川崎
6−1
校学校総体
女子団体 準優勝!

6月17日
女子団体
決勝
浦和学院 単1−1 秀明英光
複0−1
高崎・出嶋 2−6 富崎
6−7
堀之内あ 0−6
6−2
2−6
堀之内さ 6−2 鈴木
6−2
高校総体出場権獲得!
7月29日〜8月6日 佐賀県
団体 男子
高校学校総体
6月16日
男子団体
1回戦
浦和学院 3−0 慶応志木
準決勝
浦和学院 2−0 早大本庄
高校学校総体
6月16日
女子団体
1回戦
浦和学院 3−0 所沢北
準決勝
浦和学院 2−0 山村女
関東高校大会
(6月9〜11日 大宮天沼公園テニス場)
6月11日
▼男子シングルス 2回戦敗退者
笹井
▼同 準々決勝
濱中 6−7 星野
(東京学館浦安)
渋木 2−6 鈴木
(足利工大付)
▼男子ダブルス 2回戦敗退者
関根・町田組
相沢・古舘組
▼同 準々決勝
笹井・長久保 6−2 八角・松根
(東京学館浦安)
▼同 準決勝
笹井・長久保 2−6 高梨・石黒
(東海大菅生)
▼女子シングルス 2回戦敗退者
堀之内あ
6月9日
▼男子団体 準々決勝
浦和学院 2−0 法政二
▼同 準決勝
浦和学院 0−2 東海大菅生
6月9日
▼女子団体 準々決勝
浦和学院 0−2 富士見ヶ丘
高校学校総体
高校総体出場権獲得!
7月29日〜8月6日 佐賀県
シングルス男子:笹井・渋木・濱中
ダブルス男子:濱中・渋木組
6月5日
男子
▼シングルス 3位決定戦勝
渋木 6−2 濱中
6−1
▼同 5位決定戦
鶴見 2−8 湯原
(伊奈学園)
▼ダブルス 2位決定戦
笹井・長久保 1−6 江原・川崎
(秀明英光)
3−6
▼同 3位決定戦
笹井・長久保 6−2 千葉・田村
(早大本庄)
6−3

女子
▼ダブルス 3位決定戦
堀之内あ・堀之内さ 1−6 新井・神保
(山村女)
6−3
6−3
男子
ダブルス:渋木・濱中組 優勝
シングルス:笹井 準優勝


6月4日
▼シングルス準決勝
渋木 1−6 江原
(秀明英光)
2−6
笹井 3−6 濱中
7−6
7−6
▼同 決勝
笹井 2−6 江原
(秀明英光)
2−6
▼ダブルス 決勝
渋木・濱中 6−3 江原・川崎
(秀明英光)
1−6
7−6
▼同 3位決定戦
笹井・長久保 6−2 千葉・田村
(早大本庄)
男子
6月3日
▼シングルス準々決勝
渋木 8−4 熊谷
(伊奈学園)
笹井 8−2 後藤
濱中 8−4 湯原
(秀明英光)
▼ダブルス準々決勝
笹井・長久保 8−3 弘岡・江本
渋木・濱中 8−1 湯原・森
(秀明英光)
関根・町田 4−8 千葉・田村
(早大本庄)
相沢・古舘 2−8 江原・川崎
(秀明英光)
▼同 準決勝
渋木・濱中 6−3 笹井・長久保
1−6
7−6
女子
6月3日
▼ダブルス準々決勝
戸倉・出嶋 3−8 林・鈴木詩
(秀明英光)
岡本・佐藤 5−8 新井・神保
(山村女)
堀之内あ・堀之内さ 8−5 辻村・小川
(秀明英光)
▼同 準決勝
堀之内あ・堀之内さ 6−4 大須賀・鈴木直
(秀明英光)
3−6
2−6
関東高校予選
男女団体共に関東高校大会出場決定!
男子
5月13日
▼団体準々決勝
浦和学院 3−0 慶応志木
▼団体準決勝
浦和学院 3−0 早大本庄
▼団体決勝
浦和学院 単1−1 秀明英光
複1−0
長久保・関根 8−5 湯原・森
濱中 3−8 江原
笹井 8−4 川崎
女子
5月13日
▼団体準々決勝
浦和学院 2−0 埼玉平成
▼団体準決勝
浦和学院 2−1 山村女
▼団体決勝
浦和学院 単0−2 秀明英光
複0−1
高崎・戸倉 3−8 鈴木・大須賀
堀之内あ 6−8 鈴木直
堀之内さ 6−8
関東高校大会
(6月9〜11日 大宮天沼公園テニス場)出場

男子 シングルス
濱中・笹井・渋木
男子 ダブルス
笹井・長久保組・相沢・古舘組・関根・町田組

女子 シングルス
堀之内あ
女子 ダブルス
堀之内あ・堀之内さ組
関東高校予選
男女ともシングルス上位4人、ダブルス上位3組が関東高校大会((6月9〜11日 大宮天沼公園テニス場)出場
男子
5月2日
▼シングルス決勝
濱中 5−8 江原
(秀明英光)
▼同3位決定戦
笹井 8−1 渋木
▼同4位決定戦
渋木 8−2 長久保
▼ダブルス決勝
笹井・長久保 8−6 相沢・古舘
▼同3位決定戦
関根・町田 6−3 湯原・森
秀明英光
女子
5月2日
▼シングルス準決勝
堀之内あ 8−9 鈴木直
(秀明英光)
▼同3位決定戦
堀之内あ 8−2 新井
(山村女)
男子
4月30日

▼シングルス準々決勝
後藤 0−8 江原
(秀明英光)
渋木 8−6 富田
(秀明英光)
笹井 8−5 馬場
(伊奈学園)
濱中 8−2 長久保
▼同準決勝
渋木 2−8 江原
濱中 8−5 笹井
▼同5−8位決定戦
後藤 7−5 富田
長久保 6−0 馬場
▼ダブルス準々決勝
関根・町田 6−2 濱中・渋木
相沢・古舘 6−3 後藤・斉藤
弘岡・江本 6−2 湯原・森
秀明英光
笹井・長久保 6−0 江原・川崎
(秀明英光)
▼同準決勝
相沢・古舘 8−3 関根・町田
笹井 ・長久保 8−6 湯原・森
女子
4月30日

▼シングルス準々決勝
堀之内さ 6−8 鈴木直
(秀明英光)
堀之内あ 8−5 わ村
(秀明英光)
▼ダブルス準々決勝
堀之内あ・堀之内さ 6−1 戸倉・出嶋
岡本・佐藤 6−4 大須賀・鈴木直
▼同準決勝
堀之内あ・堀之内さ 8−4 岡本・佐藤
▼同決勝
堀之内あ・堀之内さ 6−8 林・鈴木詩
(秀明英光)
▼同3位決定戦
岡本・佐藤 2−6 小島・岩武
(伊奈学園)
平成18年度
第29回全国選抜高校テニス大会(3月21日〜27日・福岡)
男子個人戦
3月26日

▼3回戦
笹井 8−3 山下(札幌藻岩)
▼4回戦
笹井 3−8 長尾(長尾谷)
女子個人戦
3月26日

▼3回戦
堀之内あ 8−4 酒井(柳川)
▼4回戦
堀之内あ 1−8 大竹(富士見丘)
男子団体準々決勝
3月25日
浦和学院1−3柳川(福岡)
▼団体準々決勝
浦和学院 単1−2 柳川
複0−1
笹井 0−2 片山
古舘・相沢 0−2 金・片谷
濱中 2−0 福本
長久保・関根 0−2 田村・遠藤
渋木 0−1
(打ち切り)
塩田
女子団体準々決勝
3月25日
浦和学院0−4園田学園(兵庫)
▼団体準々決勝
浦和学院 単0−2 園田学園
複0−2
堀之内あ 0−2 松島
岡本・原 0−2 内仲・廣瀬
堀之内さ 1−2 鍋谷
戸倉・池田 0−2 森・貝塚
出嶋 0−1
(打ち切り)
安部
24日から行われる予定でした個人戦は天候不良のため
25〜27日、九州国際テニスクラブで行われることになりました
男子団体3回戦
3月24日
浦和学院3−2清風(大阪)
▼団体2回戦
浦和学院 単2−1 清風
複1−1
笹井 9−7 黒田
古舘・相沢 3−8 石橋・野村
濱中 8−4 中岡
長久保・関根 8−1 上村・金森
渋木 2−8 志村
女子団体3回戦
3月24日
浦和学院3−1華頂女(京都)
▼団体2回戦
浦和学院 単2−1 華頂女
複1−1
堀之内あ 8−3 松本
出嶋・佐藤 1−8 安井・北村
堀之内さ 8−5 青木
戸倉・池田 9−7 奥田・宮崎
岡本 1−2
(打ち切り)
青山
男子団体2回戦
3月23日
浦和学院5−0東大津(滋賀)
▼団体2回戦
浦和学院 単3−0 東大津
複2−0
笹井 8−3 田中
古舘・相沢 8−3 南・白根
濱中 8−1
長久保・関根 8−0 高橋・角南
渋木 8−1 日野
女子団体2回戦
3月23日
浦和学院4−1筑紫女(福岡)
▼団体2回戦
浦和学院 単2−1 筑紫女
複2−0
堀之内あ 8−4 溝口
出嶋・原 8−4 大谷・古賀
堀之内さ 8−2 松下
戸倉・池田 8−1 川原・古閑
岡本 6−8 小林
3月22日
浦和学院3−2関西学院(兵庫)
▼団体1回戦
浦和学院 単3−0 関西学院
複0−2
笹井 8−2
長久保・古舘 2−8 秦・喜多
濱中 8−4 笠井
相沢・関根 3−8 六車・北村
渋木 8−3 松本
女子団体1回戦
3月22日
浦和学院5−0作新学院(栃木)
▼団体1回戦
浦和学院 単3−0 作新学院
複2−0
堀之内あ 8−5 横田
出嶋・佐藤 8−1 山口・大塚
堀之内さ 8−3 小林
戸倉・池田 8−3 野村・磯ヶ谷
岡本 9−7 渡辺
男子団体2回戦
3月23日
浦和学院−東大津(滋賀)
女子団体2回戦
3月23日
浦和学院−筑紫女(福岡)
▼大会展望
女子…初戦から力が発揮できれば8強入りも
男子…笹井・濱中を軸に1回戦を乗り越えれば8強も可能
出場校紹介『浦和学院高校 男子』
8年連続21回目の出場と大会の常連校。今年の出場メンバーのうち、7人が前大会を経験しており、精神的にも安定している。
シングルスの笹井正樹選手(2年)は、軽快な足さばきと反応の良さを活かして、2006年度の県高校新人戦個人戦で優勝した。
濱中重宏選手(同)も、同個人戦決勝で笹井選手に敗れたものの、06年度の関東地区大会団体戦では持ち前の
強いサーブとストロークを武器に無敗でチーム3位入賞に貢献した。
ダブルス勢も、183センチの長身を活かした守備に定評がある長久保大樹主将(同)やストロークに力がある渋木翔大選手(同)ら
の実力は高い。
昨年は7人が1年生で初戦敗退に終わったが、中村聡利監督(31)は、「2年生も浮き足立ってしまった。
(大会経験者が中心の)今年はそれぞれが役割を心得て戦えている」と期待を寄せる。
初戦は、前大会ベスト4の関西学院(兵庫)。互いに勝ち進めば3回戦で昨年夏のインターハイで負けた清風(大阪)とぶつかる。
選手らは「去年の悔しさをぶつけたい」と優勝を目指す。

★出場予定選手
笹井正樹(2年) 濱中重宏(2年) 渋木翔大(2年)
長久保大樹(2年) 古舘拓也(2年) 相沢順平(2年)
関根文徳(2年) 後藤俊輔(1年) 町田祐介(1年)
出場校紹介『浦和学院高校 女子』

2年ぶり20回目の出場。2005年までは12年連続出場だったが、06年にその「伝統」が途絶えた。
「昨年の悔しさをバネに」を合い言葉に、チーム一丸となって上位進出を狙う。
井上智子監督は「昨春はラケットに振り回される選手もいた。個々人のレベルの底上げが必要だ」と、この1年間は技術の
基礎固めと筋力アップを徹底してきた。その結果各選手のサーブやストロークの球威がました。
06年の新人戦では前年に敗れた伊奈総合に雪辱を果たした。「全国大会で勝負をしたいという気合いで勝ち取った」と
選手達は口をそろえる。
シングルスで先鋒を努める堀之内あゆみ主将(2年)は06年の新人戦個人で準優勝。
パワーあるストロークが武器だ。堀之内主将は「最初のゲームで勝ってチーム全体を勢いづかせたい」と意気込む。
双子の妹さゆみ選手(同)も「姉に負けない」と活躍を誓う。
ダブルス勢は守備範囲が広く、相手に攻めるコースを与えない。原梨香子選手(同)はボレーに磨きをかけており、
「前衛でプレッシャーをかけ、相手を封じたい」と自信を見せる。

★出場予定選手
堀之内あゆみ(2年) 堀之内さゆみ(2年) 原梨香子(2年)
戸倉瑤子(2年) 出嶋麻里子(1年) 岡本華奈(1年)
橋口香織(1年) 佐藤美英(1年) 池田愛理(1年)
関東大会
(12月25日〜27日・茨城県)
男子…3位
女子…9位以内が確定
男女共に来年3月福岡で行われる全国高校選抜大会出場権獲得!
12月27日
★男子団体
▼準決勝
浦和学院 2−3 東海大菅生
▼同 3位決定戦
浦和学院 3−0 足利工大付
12月27日
★女子団体
▼5位決定戦1回戦
浦和学院 2−3 藤代
▼同 7位決定戦3回戦
浦和学院 3−2 作新学院
▼同 7位決定戦
浦和学院 2−3 前橋育英
12月25日
★男子団体
▼1回戦
浦和学院 4−1 霞ヶ浦
▼同 準々決勝
浦和学院 3−2 東京学館浦安
12月25日
★女子団体
▼1回戦
浦和学院 4−1 東京学館
▼同 準々決勝
浦和学院 1−4 湘南工大付
男子メンバー表 女子メンバー表
No.1 笹井正樹 2年 No.1 堀之内あゆみ 2年
No.2 濱中重宏 2年 No.2 堀之内さゆみ 2年
No.3 渋木翔大 2年 No.3 出嶋麻里子 1年
No.4 後藤俊輔 1年 No.4 岡本華奈 1年
No.5 長久保大樹 2年 No.5 橋口香織 1年
No.6 古舘拓也 2年 No.6 原 梨香子 2年
No.7 相沢順平 2年 No.7 戸倉瑤子 2年
No.8 町田祐介 1年 No.8 佐藤美英 1年
No.9 関根文徳 2年 No.9 池田愛理 1年
高校新人大会
★男子
8年連続19度目の優勝!
11月5日

▼団体決勝
浦和学院 単3−0 立教新座
複2−0
笹井 6−1 富田
渋木・長久保 6−1 都築・森田
濱中 6−0 牧山
古舘・相沢 6−1 箭柏・大畑
後藤 6−4 山脇
関東大会(12月24日〜27日・茨城県)出場権獲得!

準決勝
浦和学院4−1早大本庄

11月4日

男子団体
4回戦
浦和学院5ー0県陽
準々決勝
浦和学院5ー0春日部

11月3日
男子団体
3回戦
男子
浦和学院5ー0独協埼玉
高校新人大会
★女子
準優勝!
11月5日
▼団体決勝
浦和学院 単0−3 秀明英光
複1−1
堀之内あ 2−6
原・橋口 3−6 鈴木詩・大須賀
堀之内さ 6−7 鈴木直
戸倉・佐藤 6−1 小林・正野
出嶋 3−6 辻村
関東大会(12月24日〜27日・茨城県)出場権獲得!

準決勝
浦和学院4−1伊奈学園

11月4日
女子団体
4回戦
浦和学院5ー0越谷総合
準々決勝
浦和学院5ー0川越女

11月3日
女子団体
3回戦
女子
浦和学院5ー0和光国際
高校新人大会結果
(9月30日・10月1・2日)
★男子
▼シングルス準々決勝
濱中 6−1 熊谷
(伊奈学園)
渋木 6−1 富田
(秀明英光)
笹井 6−0 後藤
▼同準決勝
濱中 6−3 渋木
笹井 6−3 馬場
(伊奈学園)
▼同決勝
笹井 6−4 濱中
▼同3位決定戦
渋木 5−7 馬場
▼ダブルス準々決勝
濱中・渋木 6−2 古舘・関根
町田・相沢 6−4 後藤・斉藤
笹井・長久保 6−2 福富・斉藤
(東農大三)
▼同準決勝
濱中・渋木 6−2 田村・千葉
(早大本庄)
笹井 ・長久保 6−0 町田・相沢
▼同決勝
濱中・渋木 6−0 笹井・長久保
▼同3位決定戦
町田・相沢 2−6 田村・千葉
高校新人大会結果
(9月30日・10月1・2日)

★女子
▼シングルス準々決勝
堀之内あ 6−1 藤井
(山村女)
堀之内さ 4−6 鈴木直
(秀明英光)
▼同準決勝
堀之内あ 6−3 鈴木直
▼同決勝
堀之内あ 3−6
(秀明英光)
▼ダブルス準々決勝
堀之内あ・出嶋 1−6 新井・藤井
(山村女)
堀之内さ・原 6−7 大須賀・鈴木詩
(秀明英光)
平成18年度全国高等学校総合体育大会
『06総体THE近畿』
(8月5〜8日・兵庫)
【男子】
★団体
登録No. 氏名 学年
濱中重宏
笹井正樹
渋木翔大
長久保大樹
古舘拓哉
8月2日
1回戦
浦和学院 複0−1 清風
単0−2
渋木・長久保 8−9 的野・小市
濱中 3−8 猿渡
笹井 7−9 山下
【男子】
★シングルス
8月5日
1回戦
笹井 8−4 築地
(鳳凰)
濱中 3−8 野口
(東山)
2回戦
笹井 2−8 杉本
(長尾谷)

★ダブルス
8月6日
1回戦
渋木・濱中 8−4 金・小野田
(柳川)
【女子】
★シングルス
8月5日
1回戦
堀之内あ 8−0 川上
(名経大高蔵)
堀之内さ 2−8 末次
(柳川)
2回戦
堀之内あ 5−8 須賀
(筑陽学園)

★ダブルス
8月6日
1回戦
福寿・出嶋 5−8 浜田(真)・浜田(愛)
(長崎・佐世保北)
県学校総体高校の部

※高校総体(8/5〜8・兵庫)出場権獲得者
【男子】
★団体
★シングルス:濱中・笹井
★ダブルス:濱中・笹井組
【女子】
★シングルス:堀之内あ・堀之内さ
★ダブルス:福寿・出嶋組
男子団体5年連続16度目の優勝
6月18日
▼男子団体1回戦
浦和学院 3−0 与野
▼男子団体準決勝
浦和学院 3−0 川越東
▼男子団体決勝
浦和学院 単2−0 早大本庄
複1−0
渋木・長久保 6−2 中橋・千葉
6−1
濱中 6−3 茂木
6−1
笹井 6−0 倉林
6−4
▼女子団体1回戦
浦和学院 2−1 大宮
▼女子団体準決勝
浦和学院 0−3 秀明英光
6月13日
▼女子シングルス4位決定戦
出嶋 0−2
(秀明英光)

6月12日
▼女子シングルス準決勝
堀之内さ 0−2 松重
(秀明英光)
堀之内あ 2−0 出嶋
▼女子シングルス決勝
堀之内あ 1−6 松重
(秀明英光)
2−6
▼女子シングルス 3位決定戦
堀之内さ 2−0 出嶋
▼女子ダブルス決勝
出嶋・福寿 1−6 小島・中野
(伊奈学園)
4−6
▼女子ダブルス 3位決定戦
堀之内あ・堀之内さ 2−1 請・新井
(山村女)

6月11日
▼女子シングルス準々決勝
堀之内さ 8−5
(山村女)
出嶋 8−5 宮代
(大宮)
堀之内あ 8−3 小島
(伊奈学園)

6月10日
▼女子ダブルス準々決勝
出嶋・福寿 8−2 大須賀・鈴木詩
(秀明英光)
堀之内あ・堀之内さ 8−5 松重・堀中
(秀明英光)
▼女子ダブルス準決勝
出嶋・福寿 5−7 堀之内あ・堀之内さ
6−3
6−3
濱中重宏 単・複で2冠!
6月12日
▼シングルス準決勝
濱中 2−0 茂木
(早大本庄)
笹井 2−0 大野
(細田学園)
▼シングルス決勝
濱中 2−6 笹井
6−3
6−4
▼男子ダブルス決勝
濱中・渋木 7−6 竹沢・熊谷
(伊奈学園)
6−0
▼男子ダブルス 3位決定戦
笹井・長久保 0−2 小川・富田
(立教新座)

6月11日
▼男子ダブルス準々決勝
濱中・渋木 8−1 坂野・上村
(西武台)
笹井・長久保 8−4 中橋・千葉
(早大本庄)
▼男子ダブルス準決勝
濱中・渋木 6−4 小川・富田
(立教新座)
7−6
笹井・長久保 7−6 中橋・千葉
(早大本庄)
3−6
5−7

6月10日
▼男子シングルス準々決勝
濱中 8−5 竹沢
(伊奈学園)
渋木 5−8 茂木
(早大本庄)
笹井 8−3 湯原
(秀明英光)
春季関東大会
男子シングルス
6月4日
▼1回戦
濱中 2−6 太刀岡(法政二)
笹井 1−6 星野(東京学館浦安)
女子シングルス
6月4日
▼1回戦
堀之内あ 3−6 吉田(作新学院)
男子ダブルス
6月4日
▼1回戦
笹井・長久保 3−6 太刀岡・栗山(法政二)
濱中・渋木 2−6 鷹觜・竹島(東海大菅生)
男子団体
6月3日
1回戦
浦和学院 複1−0 作新学院
単2−0
渋木・長久保 6−4 平元・村山
濱中 6−4 佐々木
笹井 6−3 中村
2回戦
浦和学院 複1−0 山梨学院
単0−2
渋木・長久保 6−2 矢崎・望月
濱中 4−6 中山
笹井 3−6 遠藤

浦学登録メンバー
監督 中村聡利
NO.1 濱中 重宏 2年
NO.2 笹井 正樹 2年
NO.3 渋木 翔大 2年
NO.4 長久保 大樹 2年
NO.5 古館 拓也 2年
女子団体
6月3日
1回戦
浦和学院 複1−0 山梨学院
単2−0
出嶋・福寿 6−0 佐藤・山口
堀之内あ 6−2 飯沼
堀之内さ 6−4 嶋田
2回戦
浦和学院 複0−1 富士見丘
単0−2
出嶋・福寿 1−6 市川・内田
堀之内あ 1−6 大竹
堀之内さ 4−6 滝村

浦学登録メンバー
監督 井上智子
NO.1 堀之内 あゆみ 2年
NO.2 堀之内 さゆみ 2年
NO.3 出嶋 麻里子 1年
NO.4 福寿 満希 3年
NO.5 原 梨香子 2年
関東高校予選
5月15日
男子団体 2年ぶり15度目の優勝!

男子団体決勝
浦和学院 単2−0 早大本庄
複1−0
長久保・渋木 8−5 中橋・千葉
濱中 9−8 茂木
笹井 8−1 田村
同 準決勝
浦和学院 2−1 立教新座
女子団体準々決勝
浦和学院 2−0 西武台
同 準決勝
浦和学院 0−2 伊奈学園
同 3位決定戦
浦和学院 0−2 山村女

団体男女ともに関東高校大会(6月3〜5日 千葉)
出場権獲得!
関東高校予選

5月4日
濱中・渋木組 優勝!
笹井・長久保組 準優勝!
▼男子ダブルス 決勝
濱中・渋木 9−8 笹井・長久保
▼同 2位決定戦
笹井・長久保 9−7 竹沢・熊谷
(伊奈学園)

濱中・渋木組・笹井・長久保組関東大会
出場権獲得!
(6月3〜5日・千葉)
関東高校予選
5月3日
濱中 優勝!
笹井 準優勝!
▼男子シングルス 準々決勝
濱中 8−4 坂野
(西武台)
後藤 3−8 浜野
(東和大昌平)
笹井 8−0 茂木
(早大本庄)
▼同 準決勝
濱中 8−2 浜野
笹井 8−6 大野
(細田学園)
▼同 決勝
濱中 8−2 笹井

濱中・笹井
関東大会出場権獲得!(6月3〜5日・千葉)
関東高校予選
5月3日
堀之内あ 準優勝!
▼女子シングルス 準決勝
堀之内さ 0−8 松重
(秀明英光)
堀之内あ 8−4 宮代
(大宮)
▼同 決勝
堀之内あ 2−8 松重
▼同 3位決定戦
堀之内さ 5−8 宮代
▼同 4位決定戦
堀之内さ 3−8 鈴木直
(秀明英光)

堀之内あ 
関東大会出場権獲得!(6月3〜5日・千葉)
関東高校予選
4月30日
▼女子シングルス 準々決勝
堀之内さ 8−4 中野
(伊奈学園)
堀之内あ 8−5 小島
(伊奈学園
関東高校予選
4月29日
▼男子ダブルス 準決勝
濱中・渋木 8−2 竹沢・熊谷
(伊奈学園)
笹井・長久保 8−2 小川・富田
(立教新座)
▼同 準々決勝
濱中・渋木 6−2 中橋・千葉
(早大本庄)
笹井・長久保 6−1 井原・辻
(慶応志木)

決勝は浦学同士での対戦となります!