(プロ)
平成24年9月〜


無断転載厳禁!

ファームの個人成績発表内容は各球団により異なります
試合結果も翌日発表になることもあります
3軍戦は数日遅れて発表になる場合もあります
ご了承ください

須永英輝 24期 現:読売
[ジャイアンツ日記]須永
左肘じん帯再建手術から復帰を目指す須永が、ブルペンで首をひねっていた。
「やっぱり雨の日は肘が硬い感じがするんです」。
現在はブルペン投球できるまでに回復したが、天候によってコンディションが違うらしい。
年明けからは肘に負担がかかるため自粛していた変化球を投げ始める。
「キャンプは初日からフルでいきたいです」。気持ちは天気にも負けないようだ。

スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹、元NHKキャスター・杏里夫人と挙式
カムバック選手賞を受賞した広島・大竹が16日、広島市のグランドプリンスホテル広島で
元NHKキャスターの杏里夫人(29)と挙式した。
交際8年の末に1月22日に入籍し、自己最多の11勝。
松田オーナー、野村監督ら約150人から祝福を受け「たくさんの方が集まってくれてありがたい」と
感慨深げ。12日の契約更改では初の年俸1億円に到達し、笑いが止まらなかった。

2012年12月17日 スポーツ報知掲載


広島大竹、幸せ披露宴で「よだれかけ」
カムバック賞を獲得した29歳の広島大竹寛投手が同い年の杏里夫人と、広島市内のグランドプリンスホテル広島で結婚披露宴を行った。
松田オーナーら150人以上が出席。浦和学院時代の恩師森士監督(48)からは 「背番号以上勝てると確信している」と
17勝以上の勝ち星を“指令”された。
大竹は「責任感が増えました。1人じゃないし、結婚して杏里も支えてくれる」。杏里夫人も「私も一緒に戦っています」と話した。

2012年12月17日 日刊スポーツ掲載


「普段の彼は赤ちゃん」大竹 元NHKキャスターと挙式
今季11勝を挙げてカムバック賞に輝いた広島・大竹が、今年1月に結婚した杏里夫人(29)と挙式・披露宴を行った。
松田元オーナーら約170人が2人の門出を祝福。

出会いから8年。NHK静岡放送局でキャスターを務めていた杏里夫人は「普段の彼は赤ちゃん。家にいる時は
最上級のおもてなしで迎えたい」とニッコリ。
照れ屋の大竹は「式をやるのも反対だったけど、一生に一度。公私で責任が増えた」と気を引き締めた。

2012年12月17日 スポーツニッポン掲載


広島・大竹挙式!元キャスター美人妻にデレデレ
1月に入籍した広島・大竹が、杏里夫人(29)と挙式、披露宴を行った。
「野球(の成績)もあって、しっかり式を迎えられてよかった」。
キャリアハイの11勝(5敗)を挙げたオフに、160人以上を招いて 幸せいっぱい。
大竹が「料理をもっと早くして」と要望すれば、夫人も「野球は頑張っているけど、服を脱ぎ散らかしたり、赤ちゃんみたい」。
元NHK静岡放送局キャスターの美人妻とさっそく“夫婦げんか”も披露していた。

2012年12月17日 サンケイスポーツ掲載


大竹が挙式で誓い 家庭も野球も大黒柱
広島の大竹寛投手(29)が16日、広島市南区のグランドプリンスホテル広島で、
元NHK静岡放送局キャスターで妻の杏里さん(29)との
挙式・披露宴を行った。

出会いから8年、遠距離恋愛を実らせ、今年1月に入籍。広島の松田元オーナー(61)、野村謙二郎監督(46)、
鈴木清明球団本部長(58)、前田健太投手(24)ら球団関係者や、浦和学院の恩師・森士監督(48)など
約150人が駆けつけ、盛大に祝った。

挙式は吹き抜けになっている1階中央の水盤ロビーで行われた。
新婦の杏里さんが鮮やかな純白のウエディングドレスで登場すると、タキシード姿の大竹が緊張気味に手を取って神父の前に誘導。
一般の人たちも見つめる中、永遠の愛を誓うと、指輪を交換し、キスをした。

披露宴では森監督があいさつに立ち、「背番号(17番)以上の勝ち星を挙げて欲しい」とエール。
松田オーナーは「いい結婚式だった。いい嫁さんをもらった」とうれしそうに式場を後にした。

披露宴を終えた大竹は「一生に一度だし、たくさんの人に集まってもらい、うれしいなという気持ち。
これだけやったので、プライベートも仕事も責任感が増したと思った」と笑みを浮かべた。

杏里さんは「これからも2人で一緒にやっていきたいですね」と頬を緩めつつ、
「野球では頑張っているけど、普段の生活は赤ちゃんみたいに服を脱ぎっぱなしなので直して欲しいですね」と注文も付け加えた。

2012年12月17日 デイリースポーツ掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹、遠距離恋愛実らせた元キャスターの夫人と挙式
広島の大竹寛投手が16日、広島市内のホテルで、今年1月に入籍した、元NHKキャスターの杏里さんとの挙式・披露宴を行った。
出会いから8年、遠距離恋愛を実らせ、2人は人生の節目の日に笑みを振りまいた。

広島の松田元オーナー、野村謙二郎監督ら球団関係者と、浦和学院の恩師・森士監督ら約150人が出席した。

大竹は今季、ここ数年悩まされた数々の故障から復活。11勝をマークして、セ・リーグのカムバック賞を受賞した。

2012年12月16日 スポーツナビ掲載


大竹挙式!松田オー ナーら150人
カムバック賞を獲得した広島大竹寛投手(29)が杏里夫人(29)と16日、広島市南区のグランドプリンスホテル広島で結婚式を行った。

松田元オーナー(62)ら 150人以上が出席した。
今季自己最多の11勝を挙げた大竹は「野球があって生活がある。しっかり結果も出して迎えられた。
1人じゃないし、杏里も支えてくれた」と夫人への感謝を口にした。

年末には米国西海岸への新婚旅行に行く予定だ。

2012年12月16日 日刊スポーツ ネット配信
契約更改
氏   名 球団名 増減 更改日
南  貴樹 31期 福岡ソフトバンク −9% 11月4日
赤坂 和幸 28期 中日 ±0% 11月13日
須永 英輝 24期 読売 −15% 11月14日
坂元弥太郎 21期 埼玉西武 −12% 11月22日
今成 亮太 26期 阪神 +16% 11月30日
石井 義人 17期 読売 +206% 12月6日
大竹  寛 22期 広島 +154% 12月12日
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹 復活11勝、11年目念願の1億
右肩痛を乗り越えて念願の大台だ!広島大竹寛投手が12日、マツダスタジアムで契約更改に臨み、3500万円増の年俸1億円でサインした。
右肩痛を克服して3年ぶり3度目の2桁勝利となる自己新の11勝を挙げ、カムバック賞を受賞した。
10年の9500万円から減り続けた年俸を大台まで引き上げた。来季目標は、自身初の2年連続の2桁勝利だ。(金額は推定)

落ち着いた中にも笑顔を見せる。3500万円アップで念願の1億円。大竹は希望に満ちあふれた表情で会見場に現れた。

「うれしいですね。大台をもらえて来季への自信につなげていきたい。1億円プレーヤーになりたかった。そこは評価してもらったと思う」

本当は年俸をもう少し上げてもらいたい気持ちもあった。しかし、大台という響きをかみしめて快くサインした。
今季は自己最多の11勝と3年ぶりの2桁勝利をマークした。防御率も2.36と自己記録を更新。右肩痛から復活して、カムバック賞を受賞した。

右肩の痛みに2年間、苦しんできた。10年に9500万円となった年俸は6500万円まで下り続けた。
今季開幕時も右肩の違和感と戦っていたことをしみじみ振り返った。

「春先は力を入れて投げられなかった。しっくりきていなかったが、そんなことを言っていられなかった」

不安から解放されたのは今季初登板だった。地元開幕戦となった4月3日巨人戦で7回無失点に抑えて初勝利。そこから快進撃は始まった。
「巨人戦で勝てたのは自信になった。手ごわい相手にやれたのはよかった」ときっかけをつかんだ。

今オフには右肩と右肘の検査をして現状では異常なしという診断を受けた。
「大丈夫とは思っていない。そう思う余裕はない。じっくり肩をつくっていく」と細心の注意を払っていく。
目標は自身初の2年連続2桁勝利と200投球回、チーム初のCS進出に導くことだ。

「2年連続でよかったことがない。力を安定して出せれば。これからが大事です」

来季は残り17日で国内FA権を取得する。先発ローテーションで日本人最年長となる男は飛躍を止めるつもりはない。

2012年12月13日 日刊スポーツ掲載


大竹、初の年俸1億円 5年ぶり開幕投手にも意欲
広島・大竹寛投手が12日、プロ11年目で初の年俸1億円に到達した。マツダで契約更改交渉に臨み、3500万円アップでサイン。
自己最多の11勝を挙げたカムバック賞右腕の念願がかなった。

喜びをかみ殺しても、自然に笑みがこぼれた。「推定1億円です! 時間はかかりましたけど、1億円プレーヤーになりたかった」と破顔一笑。
10年の年俸9500万円から右肩痛などで2年連続ダウン更改した分、喜びもひとしおだった。

来季はエースの前田健がWBCに出場する見込みだけに「そこに向けていい状態に持っていくのは当然。2年続けて結果を出したい」と
自身5年ぶりの開幕投手にも意欲的。30歳になる節目の年は、順調なら4月14日に国内FA権を取得。
年内には杏里夫人との挙式も控え、バラ色のオフを迎えている。

2012年12月13日 スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹喜ぶ「1億円プレーヤー」
広島大竹寛投手(29)が12日、広島市内のマツダスタジアムで契約更改に臨み、3500万円増の1億円でサインした。

今季は右肩痛から復活して24試合に登板して11勝5敗、防御率2・36だった。3年ぶり3度目の2ケタ勝利を挙げた。
初めて大台に乗せたことに「もっと上げてほしかった」と苦笑いしながらも、「1億円プレーヤーになりたかった。
その部分では評価してもらったと思う」と喜んでいた。

2012年12月12日 日刊スポーツ ネット配信


大竹「早く1億円プレーヤーになりた かった」…広島
広島の大竹寛投手が12日、広島市のマツダスタジアムで契約更改交渉し、3500万円増の年俸1億円 でサインした。

今季は自己最多の11勝(5敗)を挙げ、防御率 2・36。右肩痛を乗り越え、3季ぶりに2桁勝利と規定投球回をクリアし、
カムバック賞に輝いた。
「ことしやらなければ、野球人生終わりかなと思っていた。1年間1軍でできたのは大きい。
早く1億円プレーヤーになりたかった」と話した。(金額は推定)

2012年12月12日 スポーツ報知 ネット配信
3時間半ルール結論出ず
電力事情踏まえ見極め プロ野球実行委

プロ野球の実行委員会が10日、東京都内で開かれ、節電対策のため、試合開始から3時間半を超えて新しい延長回に入らないという
特別ルールを撤廃するかどうかについて議論したが、結論は持ち越した。

この日行われたセ・リーグ理事会では同ルールから延長12回制に戻すことで合意したが、パ・リーグ理事会では方向性が出なかった。
今後の電力事情を踏まえ、慎重に見極めることになった。

プロ野球では昨年の東日本大震災を受け、昨季から「3時間半ルール」を適用した。

2012年12月10日 スポーツニッポン ネット配信
石井義人 17期 現:読売
石井、ほぼ倍増3300万円にW感謝 「拾っていただいた」
巨人・石井義人内野手(34)が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉を行い、1700万円増の3300万円でサインした。
今季は代打の切り札として4割5厘をマーク。中日とのCS最終SではシリーズMVPを獲得する活躍が評価された。
「(戦力外から)拾っていただいた。本当に感謝してます」と頭と目尻を下げた。

ちょうど1年の月日が流れた。契約交渉の席で気がついた。「同じ日なんですね。まさか、またここにいるとは思っていなかったです」。
昨年のこの日、トライアウトを経て、球団事務所で契約を結んだ。
「最初、けが(腰痛)で迷惑かけてしまった。後半は恩返しできた1年だったかなと思います」と振り返った。

今季、最も印象に残るプレーに挙げたのが、5月23日の西武戦(西武D)。
1点リードの8回1死三塁 で、一塁方向へ決めたスクイズだった。
「今まで(スクイズを)やったことなかったので、自分の中で一番のいい経験でした」。
古巣への意表をつく小技が、チームの交流戦Vへ弾みをつけた。

横浜(現DeNA)で1度、西武で2度、そして巨人と計4度の日本一になった。
「もう一度、日本一になりたい。ないだろうけど、たとえ4番でも、与えられた場所で結果を出したい」。
気持ちは、5度目の頂 点へ切り替わっていた。

2012年12月7日 スポーツ報知掲載
石井義人 17期 現:読売
石井「倍以上」3300 万円で更改
巨人石井義人内野手(34)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、1700万円アップの3300万円で更改した。

会見での開口一番「3300万。倍以上ですね」と満面の笑みで話した。代打で活躍し、CSファイナルステージ第5戦で
サヨナラ打を放 ち、MVPにも輝いた。
MVPの賞金は「奥さんにわたしました。奥さんなしには取れなかったので」とまた笑顔で話した。
昨年は西武から 戦力外を通告され、巨人と契約を交わしたのがちょうど1年前の12月6日だった。
「昨年、悔しい思いをして、その中でジャイアンツに拾っていただいたので。自分のできることができれば
チームに貢献できると思ってやってきました」と、1年を振り返った。(金額は推定)

2012年12月6日 日刊スポーツ ネット配信


巨人・石井 1700万増に充実感
巨人・石井義人内野手が6日、東京・大手町の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1700万増の3300万円でサインした。

昨オフに西武から戦力外通告を受け、今季が移籍1年目。特に後半は、代打の切り札として活躍した。
第5戦で代打サヨナラ打を放ったCSファイナルSではMVPに輝いた。

「昨年、悔しい思いをした。(巨人に)拾っていただいた。自分のできることができれば貢献できると思っていた」と充実感を漂わせた。
大幅にアップした年俸の使い道については、「コツコツためていかないと。積み立てしていきます」と堅実だった。

2012年12月6日 デイリースポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹 虎の西岡つぶす
広島大竹寛投手(29)が「虎の西岡つぶし」を誓った。
1日、広島市内で行われたイベントに参加し、警戒する選手を問われ「阪神に入った西岡君です」と即答した。
「塁に出せば点に絡む嫌らしい選手」と分析。
苦い思い出は西岡がロッテ時代の08年6月11日。好投を続けながら、5回1死一、二塁で西岡に左越え適時二塁打を浴び、
8回まで投げながら0−1で敗戦投手となった。通算成績でも7打数3安打と打たれており
「このオフに対策を考えます」。CS争いのライバル阪神の新顔に闘争心をみなぎらせていた。

2012年12月2日 日刊スポーツ掲載
今成亮太 26期 現:阪神
今成が100万増720万でサイン
阪神今成亮太捕手(25)が30日、兵庫・西宮市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、100万円増の年俸720万円でサインした。
今季はシーズン途中に日本ハムからトレード移籍。持ち前の勝負強い打撃 で60試合で打率2割9分2厘と高打率を残した。
「1軍に多く帯同した。来年に向けて頑張ろうという気持ちになった」と納得の表情を浮かべた。(金額は推定)

2012年11月30日 日刊スポーツ ネット配信
清水崇行 12期 現:読売2軍打撃コーチ
来季より登録名変更
来季より登録名を「清水崇行」から「清水隆行」に変更
須永英輝 24期 現:読売
来季より背番号変更
背番号37から66へ変更
石井義人 17期 現:読売
【オレンジ魂】石井義人、代打の「打撃つかんだ」
V戦士たちが、今季のターニングポイントとなった「あの一球、あの一言」を振り返る連載の第2弾は、石井義人内野手です。
昨オフ、西武から戦力外通告を受け、トライアウトを経て巨人に入団。
戦力が豊富な新天地では少ないチャンスの中で結果が求められたが、8月10日のヤクルト戦(東京ドーム)が大きな分岐点となった。
今季、代打での打率は.450(37打数15安打)。このハイアベレージのきっかけとなったのは、8月10日のヤクルト戦だった。
東京ドームのお立ち台で絶叫する石井がいた。
「代打の1打席でどうやって結果を出すか、ずっと悩んでいた。今まで(先発して)4打席とかあったのとは違って
1回しかないから。あそこで1本出てすごく気持ちが楽になった」
同点の7回二死一、二塁。カウント1−2から増渕の143キロの直球を右前に運んだ。
「あの試合で自分のバッティングをつかめました」。17度目の代打起用で初の決勝打。この一打で心身ともに吹っ切れた。
層の厚い巨人では最初から代打要員だった。だからこそ、どうすればより一打席に集中できるかを考えた。
5回を過ぎたあたりか ら、集中力を徐々に高めていった。相手投手の球数を頭に入れながら、ベンチ裏に下がり、
ジョギングや柔軟体操で体をほぐしていく。相手の控え投手、継投のタイミングを常に考えながら動く。
「座ると体が重くなる感じがする」。試合中、ほとんどベンチに腰を落ち着かせることはなかった。
初の決勝打から2カ月余りがたった10月21日。中日とのCSファイナルステージ第5戦(東京ドーム)でもヒーローになった。
同点の9回一死満塁から代打で三塁手の頭上を越えるサヨナラ打。3連敗スタートだったチームの苦境を救った。
一振りにかける代打稼業。試行錯誤を繰り返しながら、これまでとは異なる準備で乗り越えた。
地道な作業が大一番で実を結んだ。

2012年11月23日 サンケイスポーツ掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹にカムバック賞!
広島大竹寛投手が21日、都内で行われたコンベンションで、カムバック賞を受賞した。
広島では02年の前田智徳外野手(41)以来、10年ぶりの受賞。
右肩痛から復帰し、自己最多の11勝を挙げた右腕は、「1年間やれたので、素直にうれしい。
ケガをしてから、支えてもらった方たちのおかげです」と感謝の言葉を口にした。

2012年11月21日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
大竹代表戦「ピリピリいい経験」
広島大竹寛投手(29)が19日、充実の1週間を振り返った。
18日のキューバ戦(札幌ドーム)では不慣れな中継ぎを務めながら、代表戦2試合で3回を無失点に抑える好投を見せた。

 「すごくいい経験が出来た。緊張感があって、ピリピリしながら投げた。やっぱり、こうじゃないといけないと、あらためて思った」。
今季は右肩痛から復活し、自己最多の11勝を挙げカムバック賞を受賞したが、あらためて投げる喜びと責任を痛感していた。
この日は、札幌から空路で東京へ移動した。

2012年11月19日 日刊スポーツ ネット配信

大竹寛 22期 現:広島
大竹0封、浩二ジャパン連勝だ
広島大竹寛投手が来年3月のWBCでのセットアッパーに名乗りを上げた。
18日のキューバとの強化試合第2戦(札幌ドーム)で、16日の第1戦に続いて救援登板。
1回を無失点に抑えて勝利投手となり、2試合計3イニングを無失点とした
。試合は8回、代打で登場した広島堂林翔太内野手(21)の中越え三塁打をきっかけに先制し、快勝。赤ヘルコンビが猛アピールした。

札幌に雪が降っても、札幌ドームの大竹の投球には熱気がこもっていた。額から汗を流しながら、表情を変えることなくキューバ打線に立ち向かった。

7回から5番手としてマウンドに上がる。先頭のアブレウに外角のスライダーを引っ張られて左前打で出塁を許したが、慌てない。
犠打で1死二塁となり、代打トマスをシュートで右飛。マンドゥレイは高め143キロの直球で三ゴロに仕留めた。1回を1安打無失点。
ベンチに戻って緊張から解放され、笑顔を見せた。

味方が8回得点し、勝利投手になった。
「慣れない所だったけど、しっかりやることだけを考えた。結果が出てよかった。走者を背負って粘り強く投げられた」。
16日は2回無失点と完全に封じた。2試合通算3回無失点。生き残るために猛アピールをした。

心の準備はできていた。2試合登板もあることは事前に伝えられていた。山本監督から「球威は落ちたけど、2試合お疲れさま」と声をかけられた。
テストの第1関門で、まずは及第点 を得た。

憧れの代表ユニホームだった。プロ入り後6年目の07年に五輪候補として名を連ねたことはあったが、選出は今回が初めてだった。
13日に初めて腕を通し、「うれしくて自分の写メを奥さん(杏里さん)に送りました」と、照れ笑いしていた。

シーズン終了後、過去に痛めた右肩の状態を確認した。秋季練習、日南キャンプ、ブルペンと2度の紅白戦で熱心に調整を続けていた。
「アピールして代表に残りたい」と、気持ちを入れて調整してきた。

今季11勝してカムバック賞を受賞した大竹が夢をかなえるための完璧なデモンストレーションを見せた。
この日の先制点もチームメート堂林の三塁打がきっかけ。本戦でのジャパン入りが有力な前田健、今村に
負けじと、赤ヘルコンビが存在感を見せつけた。

2012年11月19日 日刊スポーツ掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹粘った1回1安打無失点
中1日で2戦目の登板となった大竹寛投手(29)が粘りの投球で1回1安打無失点に抑えて勝利投手となった。
先頭のアブレウに左前打を打たれたが、その後は落ち着いた投球で後続を断った。今季は先発で11勝して、強化試合では2度の中継ぎ登板だった。
「慣れない所だったけど、しっかりやることだけを考えた。結果が出てよかった」とホッとしていた。
2試合通算で3回無失点。本戦出場へ向けて猛アピールした。

2012年11月18日 日刊スポーツ ネット配信
11月18日
大竹寛 22期 現:広島
侍ジャパンマッチ2012
対キューバ戦 2番手登板

日本
キューバ
【日】澤村、村中、西村、森福、○大竹、涌井、S山口−嶋、中村
【キ】アルバレス、ゴンサレス、●ヒメネス、ヌニェス、ガルシア、イエラ、O・デスパイエ、
P・フェルナンデス、イノホサ−ラロサ、モレホン
▼本塁打 グリエル1号(キ)

★大竹寛 投球結果
2試合1勝0敗0S
1イニング 打者4 球数18球 被安打1 奪三振0 与四死球0 失点0 自責点0 防御率0.00
鈴木健 8期
憧れのスターと練習
埼玉西武元選手 鈴木健氏が野球教室 蓮田・黒浜小
プロ野球埼玉西武ライオンズと東京ヤクルトスワローズで活躍した元選手の鈴木健氏(42)が、
蓮田市立黒浜小学校に招かれ、野球教室を開いた。

講師の鈴木氏は、背番号「8」を付けたライオンズ時代のユニホーム姿で、待っていた1年生の前に登場。
身長187センチの堂々とした風格が醸し出す雰囲気に「カッコいい。僕も野球選手になりたい」と辻村叶君。
現役時代を知らない子どもの目から見ても、スター性は健在だった。

軟式ボールを使い、キャッチボールからスタート。
「ボールを遠くへ投げるときは、助走した方が良いよ」と実際にボールを投げる手本を見せた。
約25分の「ボール投げ教室」はあっという間に終了。
その後も学年別に次々と教室を開催した。
3・4年生はボール投げとバッティング、5・6年生はベースボール教室を行い、児童たちは楽しく学んでいた。
教室終了後は6年生と一緒に給食を取った。
「黒浜小の子どもたちはとても元気がありました。これをきっかけに野球が好きになればいいな」と話した。

鈴木氏は越谷市出身。同市内の小中学校を卒業後、浦和学院へ進学。夏の全国高校野球選手権には2度出場。
高校通算ホームラン83本は、当時の日本最多記録を打ち立てた。1位指名を受け西武ライオンズ(当時)に入団。
4番打者として活躍し、優勝に大きく貢献したスター選手。

2012年11月17日 埼玉新聞掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹、日の丸舞台で2回パーフェクト
日本代表の広島勢も大活躍。今村猛投手(21)は5回のピンチで登板すると、
1球で火消しに成功するなど、2回6人斬りで勝利投手に。
2番手の大竹寛投手(29)も2回パーフェクトと鯉投の安定感が光った。大竹が見事な完全リレーを果たした。
2回を完全に抑えた先発・大隣の後を受け、3回から登板。先頭・セペダをチェンジアップで見逃し三振に斬ると、
ペスタノは142キロで空振り三振。
続くアルエバルエナに粘られたが、最後はシュートで遊ゴロに斬った。

「決め球のシュートがどれだけ通用するか」と話していた通り、内角をエグる強気の投球。
4回は内野ゴロ3つ、わずか5球で料理し、2回をピシャリ。最速146キロに最遅98キロカーブの緩急差で、
外野に打球を飛ばさせなかった。
「シュートでも打ち取れたし、緩急を付けた思い通りの力を出せた。自分の持ち味を生かした投球でうまく打ち取れた」。
今季は右肩痛を克服し、自己最多の11勝を挙げた。プロ初の日の丸舞台で復活の1年を笑顔で締めた。

2012年11月17日 デイリースポーツ掲載

走者許さぬ好投 大竹
日本は大隣(ソフトバンク)と大竹(浦和学院高出・広島)の好投が光った。ともに2回を1人の走者も出さない好投。
ダルビッシュ、岩隈の国際経験豊富な大リーガーが本大会の不参加を表明。投手陣は国内組での編成が濃厚なだけに、代表入りへ存在感を示した。

大隣は「僕にとって大事な試合。真っ直ぐとチェンジアップを組み合わせて抑えたい」と試合前から緩急を強く意識していた。
左腕は先頭打者のカスティーヨに対し内角速球で追い込むと、最後は外角へのチェンジアップで空振り三振。
4番のA・デスパイネには4球直球を続けて三振を奪った。力自慢のキューバ打線を巧みに抑えた。

大竹はスローカーブで簡単にストライクを取り、切れのある速球で凡打を重ねた。
「自分の持ち味を生かした投球ができた」と納得のコメントを残した。

球数制限のある本大会では先発投手と救援をつなぐ“第2先発”が重要になる。両投手とも、その役割を務められるだけの投球を見せた。
東尾投手総合コーチは「選考自体は非常に難しい判断になる」と話す。2人の好投は悩みを増す、うれしい材料となった。

2012年11月17日 埼玉新聞掲載

大竹寛 22期 現:広島
大竹2回完全「持ち味生きた」
広島大竹寛投手が、完全投球を引き継いだ。2回を6人で仕留めたソフトバンク大隣憲司投手(27)の後を継ぐと、
3回にセペダ、ペスタノを連続三振に打ち取るなど、2イニングで走者を1人も許さなかった。
「キューバの選手は力強く、スイングも速いので、甘いコースに投げないように気を付けた。
自分の持ち味を生かしたピッチングでうまく打ち取れた」と振り返った。

2012年11月16日 日刊スポーツ ネット配信
東尾投手コーチうれしい悩み…大隣、大竹ら本大会代表へ好投
日本は先発の大隣(ソフトバンク)が3三振を奪うなど2回を完璧に抑えると、2番手の大竹(広島)も2回をパーフェクト。
投球数に制限のあるWBCで山本監督が採り入れる「ダブル先発制」の候補に名乗りを上げた。

大隣は緩急を強く意識。左腕は先頭打者のカスティーヨに対し内角速球で追い込むと、最後は外角へのチェンジアップで空振り三振。
4番のA・デスパイネには4球直球を続けて三振を奪うなど力自慢のキューバ打線を巧みに抑え
「自分らしい投球ができた。アピールできたと自分では思っている」。

大竹はスローカーブで簡単にストライクを取り、キレのある速球で凡打を重ね「自分の持ち味を生かした投球ができた」と胸を張った。

結局、7投手をつぎ込み、ヒットを許したのは加賀と山口のDeNAコンビだけ。
「選考自体は非常に難しい判断になる」と話す東尾投手総合コーチにとって、うれしい悩みがまた増えた。

2012年11月16日 スポーツニッポン ネット配信
11月16日
大竹寛 22期 現:広島
侍ジャパンマッチ2012
対キューバ戦 2番手登板

キューバ
日本
【日】大隣、大竹、筒井、〇今村、加賀、大野―炭谷
【キ】 ●ペドロソ、マルティネス、ヒメネス、ゴンサレス―ペスタノ、ラロサ
▼本塁打 炭谷

★大竹寛 投球結果
1試合0勝0敗0S
2イニング 打者6 球数23球 被安打0 奪三振2 与四死球0 失点0 自責点0 防御率0.00
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹、キューバ斬りへ「力出し切る」
広島大竹寛投手が、キューバ打線をシュートでえぐる。今日16日の強化試合キューバ戦(福岡ヤフードーム)で、2番手で登板予定。
右の好打者がそろう打線に対し、「シュートをうまくいかしたい」と、胸元を果敢に攻め込むことを誓った。
“前哨戦”で適性を見せつければ、本戦での浩二ジャパン入りも見えてくる。

侍ジャパンの初陣でも、大竹は自分の投球スタイルを貫く。
右肩痛から復帰し、自己最多の11勝を挙げ、カムバック賞を受賞した今季。新たに見いだした投球スタイルを変えるつもりはさらさらない。

「練習試合だとは思っていない。明日は力を出し切るだけ。右打者にシュートをうまく生かしたい。
やるかやられるか。自分のスタイルで向かっていく」

強化試合だが、本番さながらのガチンコ勝負を挑む。キューバの練習を偵察した与田投手コーチからも、「えぐり指令」が出ている。
「インコースをどのように対応するか。問題はインコースの攻め方」。
シュートを操る大竹は、中軸のアブレイユや、A・デスパイネら右打者の内角を厳しく突く。
アピールに成功すれば、WBC本番での代表入りも現実味を帯びてくる。

練習前のミーティングで相手打線の特徴もインプットした。
「右バッターはパワーがあるし、スイングが速く、甘いところに行ったら持っていかれる」。
チーム宿舎でキューバ選手と同じエレベーターに乗り合わせると、「ブエノスディアス! コモエスタ」(おはよう。元気?)と声をかけた。
広島にはドミニカの練習生が多数所属し、スペイン語のあいさつ程度は理解する。気後れはない。

3人の広島勢の中では、最年長の大竹が先陣を切って登場することが濃厚だ。
入団時の指揮官である山本監督の初陣を飾るためにも、キューバ打線に真っ向勝負を挑む。

2012年11月16日 日刊スポーツ掲載


侍大竹エグる!キューバ斬り出陣じゃ
野球の日本代表は15日、ヤフードームで調整し、16日の第1戦に2番手で登板を予定する広島・大竹寛投手は
強力キューバ打線に対してシュート攻めを宣言した。右打者が並ぶパワフル打線だが、恐れることなく内角をえぐる考えだ。
「真剣勝負」で完全復活した今季を締めくくる。

赤い侍が“赤い稲妻”に真っ向勝負を挑む。16日に2番手で登板予定の大竹はヤフードームで調整。
ミーティングではキューバ打線をビデオでチェックし、対戦イメージを描いた。

「右打者が多い。パワーがある打者が多く、甘く入れば、持っていかれる。決め球のシュートがどれだけ通用するか、と思っている。
シュート投手ですから、自分の投球をしたい」

右の強打者ぞろいもなんの、逃げれば逆にやられる。シーズン同様、得意のシュートで積極的に内角を突き、踏み込ませない考えだ。

日本代表入りは高校生以来、プロでは初めて。「光栄。そうはないチャンス」とシーズンモードで、合わせてきた。
12日まで参加した日南・秋季キャンプでは紅白戦に2度登板。「体も肩もみっちりつくった」と、問題なく仕上げた。

「力み過ぎず、自分の普段の力を出して抑えたい。親善試合ですが、練習とは思っていない。真剣勝負で力を出し切る」と、力強く宣言した。

“先制パンチ”もきっちりかました。この日、練習中にエレベーターでキューバ代表とバッタリ出くわした。
カープにはドミニカ練習生が多く、スペイン語が少しは分かる大竹は「ブエノスディアス(おはよう)」とあいさつ。
相手からは「ビエン(いいね)」と返ってきた。「誰かは全く分からなかったですが」と国際舞台でも気後れしないのは頼もしい限り。

10年の春季キャンプで発症した右肩痛に苦しんだが、今季は完全復活。
開幕からローテを維持し、11勝(5敗)を挙げ、防御率2・36はリーグ6位。シーズン後にはカムバック賞にも輝いた。

「2年間、何もやっていなかった。なのに今年は結果も出し、しかも代表に選ばれた。うれしいの一言」

キューバを斬り、大満足の今季を最高の形で終える。

2012年11月16日 デイリースポーツ掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹けんか投法シュートでキューバえぐる
広島大竹寛投手は宝刀シュートでキューバ打線をえぐる。16日の「侍ジャパンマッチ2012」キューバ代表戦
(福岡ヤフードーム)で2番手で登板予定。
「右打者にシュートをうまくいかして、抑えられるか。やるかやられるか」と覚悟を口にした。
右肩痛から復帰し自己最多の11勝を挙げた生命線を、国際舞台でも駆使する。

2012年11月15日 日刊スポーツ ネット配信 
須永英輝 24期 現:読売
須永100万減 手術から復活期す
巨人須永英輝投手が14日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、100万円ダウンの600万円でサインした。
巨人の今年の契約更改1号だった。今年3月に左ひじの靱帯(じんたい)再建手術を受け、リハビリに費やす1年だった。
「1年間、何も出来ないのはプロ野球生活で初めて。悔しさもいろいろあった。球団の人からは左投手が足りないのでチャンスがあるから
頑張れとの言葉をいただきました。1年間投げられず、リハビリしている目の前で、みんなが試合や練習し、
野球に対して、もっと真剣になった」と話した。

キャッチボール再開まで4カ月を要し、今月から立ち投げを始めた。
「力も増え、指先にもかかるようになってきました。これを継続して、
どんどん力を入れられるように頑張りたい」と来季の完全復活へ意気込んだ。
(金額は推定)

2012年11月14日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
大竹「成長したところ 見せたい」
来春のワールド・ベースボール・クラシックに出場する日本代表山本浩二監督(66)は6日、
都内でキューバとの強化試合(16日=福岡ヤフードーム、18日=札幌ドーム)のメンバーを発表。
メンバー入りした広島大竹寛投手 (29)は「日の丸を背負う事はめったにないこと。今までやってきたことをマウンドで出して、
山本監督にも成長したところを見せたい。まずは目の前のキューバ戦で、しっかりと結果を出してアピールしたい」とコメントした。

2012年11月6日 日刊スポーツ ネット配信
11月16・18日 キューバ戦
「侍ジャパン」日本代表メンバー

投手 11山口俊、14沢村拓一、15村中恭兵、16加賀繁、17大竹寛、18涌井秀章、
19森福允彦、20筒井和也、21斎藤佑樹、22大野雄大、24今村猛、28大隣憲司、35西村健太朗
捕手 10阿部慎之助、27炭谷銀仁朗、37嶋基宏、52中村悠平
内野手 3井端弘和、5松田宣浩、6坂本勇人、13堂林翔太、25筒香嘉智、46本多雄一
外野手 1糸井嘉男、7長野久義、8大島洋平、9秋山翔吾、55T-岡田、61角中勝也
石井義人 17期 現:読売
アジアシリーズ参加メンバー
投手 高木康、沢村、宮国、西村、小野、野間口、高木京、福田、江柄子、小山
捕手 阿部、実松、加藤
内野手 寺内、藤村、坂本、亀井、村田、石井、古城、中井
外野手 長野、鈴木、松本哲、矢野、大田
大竹寛 22期 現:広島
大竹WBC親善試合へ調整
広島大竹寛投手(29)が1日、メンバー候補に挙がっているWBCのキューバとの親善試合(11月中旬)に向けてペースを上げてきた。
日南秋季キャンプの2日目にブルペン入り。スライダー、チェンジアップなどを含めて全球種を投げた。
「肩の調子はいいし、僕としては気持ちよく投げられた。あとは実戦の感覚を取り戻したい」と笑顔を見せた。
5日からの第2クールで行われる紅白戦で登板を予定している。

2012年11月1日 日刊スポーツ ネット配信
石井義人 17期 現:読売
代打石井「初日が出た」
巨人石井義人内野手(34)が、変わらぬ勝負強さを 発揮した。8回2死満塁、代打で登場。
150キロ台を連発する日本ハム増井の直球に食らい付きながら、5球目の外角フォークボールを適時内野安打した。
「初日が出た。気持ちを切り替えていくだけです」と、自身の今シリーズ初安打を前向きに解釈した。

2012年10月31日 日刊スポーツ掲載


代打職人・石井が全力疾走!執念の内野安打
巨人は先発ホールトンが3回途中5失点の乱調で敵地での初戦を落とした。5回には坂本のタイムリーなどで2点、
8回には 代打・石井の適時内野安打で1点を返したがそこまで。中継ぎ陣の暴投での2失点も痛かった。
松本哲は3安打、盗塁、美技で気を吐いた。坂本も猛打賞だったが、4番・阿部が負傷交代、高橋由、村田の5、6番が無安打で、
原監督は「あとは主役」と主軸を鼓舞した。

「何とかしたい」。その一心で石井は一塁ベースを駆け抜けた。4点ビハインドで迎えた8回2死満塁。
ボウカーの代打で打席に入り、増井の高めのフォークを打ち損じた。遊撃へのボテボテのゴロになったが、
鬼の形相で全力疾走すると、判定はセーフ。
執念で1点をたたき出した。

今回の日本シリーズで初めて出番が回ってきた。CS最終SでMVPに輝いた背番号33は決戦前に「CSでは3連敗からの優勝。
3年ぶり33度目の日本シリーズ。てことは…」とニヤリ。
「3」づくしだけに、大舞台での自らの活躍を予言していたが、東京Dではチームが快勝。
レギュラーシーズンで4割5厘の 高打率をマークした代打の神様にお呼びがかからなかった。それだけに、待ちに待った打席だった。

貴重な一打を生むために重視するのは皮膚感覚だ。 試合には常に4本のバットを用意。
重さも型も一緒だが「その日、その日のコンディションで、手のむくみは違う。同じ型のバットでも木目や
握った感覚が違うし、そのときに合ったのを選ぶ」と
繊細な感覚を大事にする代打職人。「もう負けないように、明日気持ちを切り替えていくだけだよ」。力強く言い切った。

2012年10月31日 スポーツ報知掲載
フェニックスリーグ
10月27日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対中日戦 2番手登板

DRAGONS
LIONS
【D】辻−田中、松井雅
【L】小石、坂元、岡本洋−中田、荒川
フェニックスリーグ
10月27日
今成亮太 26期 現:阪神

対読売戦 スタメン出場

TIGERS
GIANTS
【T】二神、白仁田−今成、岡崎
【G】江柄子、岸、土田、小野−河野、鬼屋敷
石井義人 17期 現:読売
仕事人・石井がハムキラー!
3年間3割5分4厘…27日、日本S開幕

CS最終SでMVPに輝いた巨人・石井義人内野手(34)が
25日、“ハムキラー”に名乗りを上げた。
昨年まで西武に在籍。日本ハム投手陣と対戦を繰り返してきた。
「とにかく(相性が)いいイメージしかない。勝負どころで
打席が回ってくるから、しっかり仕事ができるように頑張ります」。
最終Sでは第5戦でサヨナラ打を放った男が、頂上決戦でも
無類の勝負強さを発揮しそうだ。

絶対的な自信を持つ。対戦がなかった11年を除く08〜12年の
4シーズンで144打数51安打の打率3割5分4厘。
3本塁打、18打点。相手捕手の鶴岡には「『また義さんか』と
言われるよ」と余裕を漂わせた。

シーズン代打打率は今季リーグ1位で、球団記録となる4割5厘を
マークした。「もう一度、原監督を胴上げできるよう頑張るだけ。
やるしかないでしょ」。日本一のため一振りに、そのすべてを懸ける。

2012年10月26日 スポーツ報知掲載
フェニックスリーグ
10月24日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク

対北海道日本ハム戦 2番手登板

HAWKS
FIGHTERS
【H】吉本、南、清水、鈴木−高谷、山下
【F】谷元、根本、木田、乾、植村−近藤、荒張
▼本塁打 今宮(H)
石井義人 17期 現:読売
MVPは石井!第5戦サヨナラ男が賞金100万円ゲット
巨人が崖っ縁の3連敗から大逆転だ。クライマックスシリーズ(CS)最終ステージ(S)第6戦で2位・中日に快勝。
対戦成績を4勝3敗(アドバンテージ1勝含む)とし、3年ぶり33度目の日本シリーズ進出を決めた。
2回、無死満塁から寺内と長野の適時打で3点を先制。5回には村田が2号ソロ。
5回無失点のホールトンから沢村、山口、西村とつないで逃げ切った。セのCS最終Sが最終戦で決着したのは初めて。
パ・リーグ王者、日本ハムとの日本シリーズは、東京Dで27日から始まる。

予想していなかった。クライマックスシリーズのMVPに選ばれたのは、石井だった。ナインにもみくちゃにされてから、お立ち台に上がった。
東京Dはまだ、どよめいていた。「最高に気持ちいいです。やったぜ〜!」と絶叫。4戦目のヒーロー・沢村のセリフをマネして、笑いを取った。

あの一打がなければ、CS突破はなかった。第5戦。同点の9回1死満塁で代打の代打で登場し、左前へサヨナラ安打を放った。
「朝、夢じゃないのかなって思ったけど、棚に頭をぶつけて夢ではないことが分かった」。興奮のあまり、早口でエピソードを披露した。

一振りで賞金100万円をゲットした代打職人。
日本シリーズへ向け、「集中して戦っていきたい。もう一度、原監督を胴上げできるよう頑張るだけです」とナインの気持ちを代弁した。

[ジャイアンツ日記]石井
石井が、苦笑まじりに左のこめかみあたりをさすっていた。「ベッドの横にある電話台に頭をぶつけて、目が覚めちゃってさ…」。
予定より早く起きてしまったため、仕方なく眠い目をこすりながらテレビをつけた。
すると、昨夜(21日)のサヨナラ打の場面が、たまたま流れていた。
感激も新たに「本当に夢じゃなかったんだねえ」。今季最高の“目覚め”だったようだ。

2012年10月23日 スポーツ報知掲載
石井義人 17期 現:読売
MVPはサヨナラ打の石井 連日のお立ち台絶叫「やったぜー」
CSファイナルステージのMVPには、21日の第5戦でサ ヨナラ安打を放った石井が選ばれた。
一振りでの受賞に石井は「最高に気持ちいい。やったぜー」とお立ち台で2日連続の 絶叫。

興奮の前夜は夢じゃないかという気持ちでいたそうだが、一夜明けて「棚に頭をぶつけて夢じゃないと分かった」。
現実に立ち戻ったこの日、チームは3年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。

最終決戦は出番がなかったが「勝てるチームだと思っていたので、信じて見ていました。
(日本シリーズは)集中して頑張っていく。もう一度ここで胴上げがしたい」と代打の切り札は頂点を見据えていた。

2012年10月22日 スポーツニッポン ネット配信


MVPの巨人・石井、3連敗からの3連勝に「自分は信じていた」
巨人は22日、本拠地・東京ドームでの中日戦に4対2で勝利を収めた。
これで対戦成績は4勝3敗(巨人1勝のアドバンテージを含む)となり、27日から北海道日本ハムとの間で
行われる日本シリーズへの進出を決めた。

以下はクライマックスシリーズMVPに選ばれた石井義人のコメント。21日の試合でサヨナラ安打を放った。
「(MVPになった今の気持ちは?)最高に気持ち良いです。やったぜ!

(昨日はお立ち台で『勝たなければ意味がない』と話していたが、見事に勝利したが?)
そうですね。本当に強い気持ちで、今日勝てて良かったです。

(昨日のサヨナラヒットが流れを大きく引き寄せたように思うが?)
今日の朝なんですけども、夢じゃないかなという気持ちでいたんですけども、朝起きた時に棚に頭をぶつけて痛かったので、
夢ではなかったなというのが分かりました。

(シーズン中から代打の成績は4割以上あったが、どういう気持ちで臨んでいるのか?)
普段はなるべく打席に入るときは気合いを入れてるんですけども、それ以外のところは集中していない、ちゃらんぽらんな状態です。

(クライマックスシリーズの雰囲気はどうだったか?)
このクライマックスは、いつ出てもすごい緊張することだと思います。

(3連敗からの3連勝だが?)
とにかく勝てるチームだと思ってたんで、自分は信じて見てました。

(日本シリーズに向けて?)
とにかくどんな時でも集中して、頑張っていきたいと思います。もう一度、ここで胴上げできるように頑張ります。
応援の方、よろしくお願いします」

2012年10月22日 スポーツナビ配信

巨人・石井が最優秀選手「最高に気持ちいい」
巨人の石井が最優秀選手に選ばれた。最終戦は出番がなかったが、第5戦で代打でのサヨナラ安打が評価され
「最高に気持ちいい」とお立ち台で笑顔が広がった。

西武を戦力外となり、今季から巨人に加わった苦労人。代打の切り札は「どんな時でも集中していきたい」と日本シリーズを見据えた。

2012年10月22日 サンケイスポーツ ネット配信
石井義人 17期 現:読売
代打率4割超…巨人に神様!石井様
劇的なフィナーレを期待し騒然とする場内と対照的に、石井義人内野手 (34)は呼吸を整え、動きを止めた。9回1死満塁。
代打の代打を告げられ打席に入ると、 いつもの「儀式」に取りかかった。足場を慣らし、バットを顔の前に垂直に立てる。
そして数秒間、バットの「NPB」の刻印をジッと見つ めた。

石井 視点を定めるためだよ。ベンチから打席に行くと、明るさが違う。目が慣れるまでに 時間がかかる。
だから、一点を見て、ピントを合わせるんだよ。

代打を告げられグラウンドに立つ。いきなり強烈な照明の光を360度から浴び、違和感があるという。
1打席勝負の代打稼業で重要なのは「選球眼」と「初球からスイングすること」。考え抜いて見つけたのが、この「職人芸」だった。

この日のしびれるような場面でも、培った技が生きた。初球直球から思い切り強振(ファウ ル)。2球目は内角低めにストライク。
追い込まれたが、際どいコースでフォークも頭にあったため、打ちにいっても安打の確率が低いと判断して見送った。
ファウル後の4球目。内角直球に詰まったが、強く振り抜けたからこそ左前に落ちた。

原監督は「1打席のピンチヒッターの中で本当に素晴らしいですね」と絶賛した。今季リーグ戦では代打で37打数15安打の4割5厘。
プロ16年目の代打職人は「みんながつないで くれたので何とかしようと思った。多少プレッシャーはあったけど、良かったよ」と胸を張った。

▼プレーオフ、CSで逆王手をかけたのは3戦先勝時代が5度、4戦先勝になってからは10年ロッテに次いで2度目。
セ・リーグのCSで3勝3敗は初めてになる。
過去6度のうち77年阪急、10年ロッテの2チームが最終戦も勝ってシリーズ出場を決めている。
巨人は日本シリーズで逆王手を3度かけたことがあり、55年南海戦は○●●●○○→○、76年阪急戦は●●●○○○→●、
89年近鉄戦は●●●○○○→○。55年は1勝3敗、89年は0勝3敗から日本一になった。

▼巨人は代打石井の左前打でサヨナラ勝ち。 プレーオフ、CSのサヨナラ勝ちは11年ファイナルS<3>戦の
ソフトバンク以来7度目 で、巨人は初めて。
プレーオフ、CSで代打の サヨナラ打は初めてで、日本シリーズでは53年<1>戦村上(南海)
81年<1>戦井上(日本ハム)83年<6>戦金森(西武)
92年<1>戦杉浦(ヤクルト)97年<2>戦田辺(西武)の5人が記録。ポストシーズンで巨人選手の代打サヨナラ打は初めてだ。
この日の石井は代打谷の代打。日本シリーズでも「代打の代打」がサヨナラ打を放った例はなく、石井がポストシーズン史上初めてとなった。

2012年10月22日 日刊スポーツ掲載


巨人 石井 サヨナラ打を“予言” 18年前の夏の再現打
セ・リーグ クライマックスシリーズ 巨人3−2中日(10月 21日 東京D) 巨人の石井は予言していた。
試合前練習中のこと。場内BGMに体をほてらせた。「これ、俺が高校時代の熱闘甲子園のオープニング曲だ」。

流れたのはTUBEの「傷だらけのhero」。
94年夏の甲子園に浦和学院の1年でベンチ入りした石井は、宿舎のテレビの前でこの曲を聴き続けた。

初戦の姫路工戦は、2点を追う9回1死から代打・石井の中越え二塁打をきっかけに3点を奪い大 逆転勝利を収めた。
「う〜ん、思い出すね。きょうも代打で決めたろう!」。

16歳だった当時から代打での勝負強さは健在。「今の俺は“よだれだらけのhero”だけどね」と石井は照れ笑いした。

2012年10月22日 スポーツニッポン掲載

石井が決めた!原巨人、サヨナラ劇勝 で逆王手
逆王手だ!! セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(6試合制)第5戦は、レギュラーシーズン優勝の巨人が
同2位の中日を3−2のサヨナラ勝ちで破り、通算成績を3勝3敗(アドバンテージの1勝を含む)の五分 とした。
同点で迎えた九回一死満塁の好機で、代打の代打、石井義人内野手(34)が 左前へサヨナラ打。
3連敗スタートとどん底を味わったチームが連勝で逆王手。22日の最終戦も総力戦で挑み、日本シリーズ進出を 決める。
「落ちてくれ!!」。石井は、心の底から願いながら全力で一塁に走った。同点で迎えた九回一死満塁。
今季、代打打率・405を マークした男が、一振りで中日を粉砕。東京ドームに駆けつけた
4万5897観衆の絶叫にも似た大歓声がこだました。

「とにかく落ちてくれと。追い込まれてからは三振だけはやばいな、とドキドキしました。みんながつないでくれた。
何とかしようという思いでした」 全神経をこの1打席に注いだ。一死満塁でまずコールされたのは谷。
それを見て岩瀬から右の山井にスイッチした中日の策の前に、 原監督は迷わず代打の代打で石井をコール。
「谷さんは一番上の代打。ここで何とかする」。谷に代わっての指名に気合満点で打席 に向かった。
「代打の極意はとにかく初球からいくこと」。その言葉通り、1球目から積極的にバットを振った。
真っすぐで勝負を挑む山井に、真っ向から対抗。3球目にバットが折れるもお構いなし。
最後は1ボール2ストライクからの5球目、143キロの内角直球を左前にはじき返し、試合を決めた。
ここぞの一打は、こだわり抜いた打撃用手袋から生まれる。メーカー担当者から新品を渡されるたび、
全て自分の手にはめて感触を確かめる。同じ製品とはいえ、手になじむかが最大のポイント。
気に入らなければ新品でも突き返す。
自身の名前の義人、妻・由美さん(34)、愛犬の「きのこ」と「たけの こ」の頭文字と
背番号を取って「YYKT33」と刺繍された手袋。
打席で みつめることで落ち着ける。まさにミラクルを生む必勝アイテムだ。
サヨナラ勝利の舞台を整えたのは、ベンチで今か今かと出番を待っていた男たち。
九回先頭で代打・矢野が岩瀬の初球を中前打。続く古城がバントを試み2度失敗するも、追い込まれてから
執念の右前打で無死一、二塁とつないだ。
代打・寺内は1球目をきっちり転がし、一死二、三塁とチャンスメーク。
自らに課せられた仕事をそれぞれがきっちりこなしたことが、勝利につながった。
「しぶといというか、1打席のピンチヒッターですけど本当に素晴らしい。うちの選手もまだまだ見習う選手がいると思います」
原監督は、石井の一打を興奮気味に絶賛した。3連敗で崖っぷちに追い込まれた巨人だが、意地の2連勝で対戦成績は五分。
22日の最終決戦は、引き分け以上で日本シリーズ進出が決まる。希望をつないだ巨人。もちろ ん勝って決める。

2012年10月22日 サンケイスポーツ掲載


巨人逆王手!代打・石井がサヨナラ打! 原監督「本当に素晴らしい」
巨人がクライマックスシリーズ(CS)最終ステー ジ(S)で2位・中日にサヨナラ勝ちし、
3年ぶりの日本シリーズ進出へ、「逆王手」をかけた。
同点で迎えた9回1死満塁で代打・石井が左前にサヨナラ打。3連敗からの2連勝で、
対戦成績を3勝3敗(1勝アドバンテージ含む)の五分に戻した。
22日の第6戦、巨人が勝つか引き分ければ、日本シリーズ進出が 決まる。

ベンチ、スタンド、全員の気持ちは、みんな一緒だった。お立ち台に立つなり、石井が絶叫で代弁した。
「最高でーすっっ」。大歓声は地鳴りに変わった。

劇的すぎる幕切れが待っていた。9回1死満塁から「代打・谷」の代打で登場。
カウント1ボール2ストライクから、山井の内角直球を押し返した。
打球がふらふらと舞い上がり、左翼線にポトリと落ちた。

サヨナラだ。石井が右腕を突き上げたのを合図に、ナインが一斉にベンチを飛び出した。
「みんながつないでくれたチャンスだったので、思い切りいきました。なんとか落ちてくれと思って走りました」。
仲間たちにもみくちゃにされると、最後は興奮で顔を真っ赤にした原監督とがっちり抱擁。
指揮官は「しぶとさというか、1打席という代打の中で本当に素晴らしい」と褒めちぎった。

昨オフに西武を戦力外に。トライアウトで巨人入りが決まると、野球ができる喜びを痛いほど実感した。
以前は験担ぎにすがることなどなかったが、ワンプレーにかける思いの重さが決定的に変わった。
打席に向かう際にはエルボーガード、レッグガード、革手袋の順に身支度を整えることを崩さない。

「気休めですけど、自分の中で何かに寄りかからないと、不安になるんで」。
祈りを込めながら「義人」と「由美」夫人、愛犬「キノコ」「タケノコ」の頭文字
「YYKT」の刺しゅうが入った用具を装着する。
もはや気休めではない。最強の代打職人を支える大事な儀式だ。

ささやかな偶然にも後押しされた。試合前の練習中、東京ドームに「TUBE」の「傷だらけのhero」が流れた。
浦和学院高1年時に夏の甲子園に出場した際、「熱闘甲子園」(テレビ朝日系)のテーマ曲に使われた、思い出の1曲だ。

その大会では、1回戦の姫路工(兵庫)戦で9回に 代打で出場。二塁打を放ち、逆転勝利の足がかりをつくった。
「この曲だけは忘れないね」。二十数年の時を経て、当時の記憶に重ね合わせるかのように、
同じく負けられない一戦で、値千金の一打を生み出した。

最終Sはまさかの3連敗スタートだったが、土俵際から一気に押し返した。「とにかく気持ちでいけば勝てるし、
札幌に行ければいいですね」と石井。
原監督 も「重圧のかかった中で2試合戦って、非常にいい結 果で明日を迎える。
明日は逆にのびのびとね、しっかり戦っていきたい」と締めくくった。

日本シリーズをかけた中日との最終決戦は、伝説となった「10・8」の再現だ。すべてをかけた戦いで、すべてが決まる。

2012年10月22日 スポーツ報知掲載
石井義人 17期 現:読売
CS対中日戦
代打出場サヨナラタイムリー

DRAGONS
GIANTS 1X
【D】山内、三瀬、武藤、小林正、田島、高橋聡、●岩瀬、山井−谷繁
【G】内海、福田、○マシソン−阿部
▼本塁打 ブランコ1号(D)

CSセ・ファイナル、決着は最終第6戦へ! ジャイアンツ、9回ワンアウト満塁から代打・石井義人が詰まりながらレフト前へ落とし、
3−2でドラゴンズにサヨナラ勝ち。アドバンテージを含め3勝3敗
石井義人 17期 現:読売
代打の代打・石井が執念のサヨナラ打「何とか落ちてくれと」
巨人は代打の代打・石井が執念のサヨナラ打を放ち、アドバンテージの1勝を含む3勝3敗のタイとした。
1死満塁、カウント1―2から中日・山井の直球に詰まりながらも、打球は三塁後方にポトリと落ちた。

「何とか落ちてくれと、走っていた。流れがこっちに来てる。絶対勝つと思いました」

3連敗で後がない状況から2連勝。日本シリーズの出場権を懸けた戦いは最終第6戦にもつれこんだ。

「あした勝たないと意味がない。とにかく勝たないと」

お立ち台で石井が興奮気味にまくしたてた言葉はナイン全員の思いだった。

2012年10月21日 スポーツニッポン ネット配信


サヨナラ打の石井「とにかく思いきり」
2―2の9回1死満塁、代打で出た巨人の石井がサヨナラ打で試合を決めた。
原監督も「プレッシャーがかかった状況で、いい結果が出た」と称賛した。1死満塁で松本哲に代え、谷を送った。
中日が左の岩瀬から右の山井へ交代したところで、指揮官が石井を送り出した。
左の代打の切り札は「チャンスなので、とにかく思いきりいった」と、追い込まれながらも内角速球を左前へ落とした。

これでアドバンテージの1勝を加えて星を五分にし原監督は「明日は伸び伸びと戦いたい」と話した。

2012年10月21日 スポーツ報知 ネット配信

16年目石井「最高」サヨナラポテン打
2-2の九回1死満塁。代打・谷の代打として打席に入った石井が、中日の8番手・山井から左前へポトリと落ちるサヨナラ安打を放った。

 巨人はアドバンテージ1勝と合わせ3勝3敗のタイに持ち込み、日本シリーズ出場へ逆王手。
石井はナインにはもみくちゃにされ、原監督には抱きつかれながら感謝された。興奮のるつぼと化したグラウンドのお立ち台へ。
「最高で〜す!皆がいい形でつないでくれたので何とかしようと。(打球が)ホント、落ちてくれという気持ちで走ってました」と、
サヨナラの場面を振り返った。

浦和学院高から97年に横浜(現DeNA)に入団。03年に西武に移籍、今年から巨人のユニーホームに袖を通した。
プロ入り16年目のベテランは、「昨日(第4戦)から流れがこっちに来ているので絶対に勝つつもりでした。
明日勝たないと意味がないので、明日勝ちます」と話し、その声のトーンは上がりっぱなしだった。

2012年10月21日 デイリースポーツ ネット配信
フェニックスリーグ
10月20日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対広島戦 3番手登板

CARP
LIONS
【C】中ア、富永、池ノ内、福井、金丸−會澤、磯村
【L】小石、松下、宮田、坂元−中田、荒川、藤澤
フェニックスリーグ
10月16日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対LG戦 3番手登板

LIONS
LG
【L】平野、藤原、坂元、岡本洋−中田、荒川
【LG】ソ・ユンジュン、ベ・ウヨル、イ・ヒソン、
イ・ドンハク−チョ・ユンジュン
▼本塁打 斉藤(L)
大竹寛 22期 現:広島
堂林 キューバ戦侍ジャパン入りへ
大竹、今村も

広島・堂林が侍ジャパンの初陣となる11月のキューバとの
国際親善試合でメンバー入りしたことが分かった。
3年目の今季はチームでただ一人の全144試合に出場。
打率.242ながら、チームトップの14本塁打を放った。

今回のキューバ戦は若手に国際経験を積ませることを目的とした構成。
指揮する山本監督は堂林を春季キャンプで指導しており
「楽しみな選手よ」と豊かな才能に期待を寄せている。
また、大竹、今村の両投手もメンバー入りした。

2012年10月13日 スポーツニッポン ネット配信
フェニックスリーグ
10月13日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対オリックス戦 3番手登板

BUFFALOES
LIONS
【Bs】前田、山崎正、桑原−伊藤
【L】岩尾、松下、坂元−中田
石井義人 17期 現:読売
代打4割男・石井「無心」CSで安打量産狙う! 
巨人の石井義人内野手(34)が必殺代打人としてCS突破の原動力になる。
今季の代打打率4割5厘は今季リーグ1位(試合数の1/4以上の起用)で、79年の平田薫の4割を抜いて球団記録となった。
「勝負どころで打席が回ってくるからプレッシャーもあるけど、無心で打席に立つだけ」と短期決戦へ気持ちを高ぶらせた。

西武時代の08年と10年に2度、CSは経験済みで、7試合17打数9安打で驚異の打率5割2分9厘。
「(3度出場の)甲子園と一緒。1打席勝負。CSでも記録になるぐらい打ちたいね」と、貪欲に安打量産を狙う。
CS最終ステージでは、中日とヤクルトの勝者と対戦。
中日は山井、浅尾、田島、ソーサ。ヤクルトもバーネット、押本。両チームとも強力なリリーフ右腕がそろっている。
どちらと対戦することになっても左の代打は重要だ。
岡崎ヘッドコーチは「スタメンがすべてではない。後ろに控えている選手は、みんなスペシャリストだからね」。
一丸となって頂点に突き進む。

2012年10月13日 スポーツ報知掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹、右肩痛乗り越えカムバック賞!「来年はさらにレベルアップ」
広島の大竹寛投手が9日、2012年度カムバック賞を受賞した。
同賞受賞は、最近3年間は該当者がなく、08年の阪神・平野以来4年ぶりで、広島では02年前田智以来10年ぶり5人目。
大竹は右肩痛などで昨年、一昨年と1勝止まりだったが、今季は自己最多の11勝をマークした。

いつ再発するか分からない不安。この2年間は大竹にとって“爆弾”を抱えた右肩との闘いだった。
「いろんな方の支えのおかげでこの1年間投げ抜くことができました。感謝の気持ちでいっぱいです。マウンドでまたボールが投げられる
喜びをかみしめながら投げました」。カムバック賞は、その苦労を乗り越えた最大のご褒美だった。

09年に自己最多タイの10勝を挙げた大竹に、突如悪夢が襲った。10年の春季キャンプ中に右肩痛を発症。
その年は3試合の登板で1勝止まりに終わった。翌11年も右肩痛で開幕から外れ、1軍に合流したのは5月下旬。
しかし復帰2戦目の5月28日・日本ハム戦(札幌)で打球が右手小指に当たり、骨折。
長期離脱となり、シーズン終盤に再合流したが、6試合の登板で1勝に終わった。

再起を目指した昨オフは、複数の病院を巡り、右肩をケアする方法を学んだ。
今年の春季キャンプでも右肩の状態を見ながらの調整。
「完治は難しいので。正直付き合っていくという状態」だったが、開幕ローテ入りを果たすと、150キロ台の剛球が復活。
3年ぶりの球宴出場も決めた。

自己最多の11勝で、防御率も2・36。規定投球回数もクリアした。
「来年は自分自身もさらにレベルアップして優勝目指して頑張りたいと思います」。
30歳の大台に突入する来年は、さらに進化した大竹が見られるはずだ。

2012年10月10日 デイリースポーツ掲載


妻が支えた大竹カムバック賞
広島の大竹が9日、故障や病気などを乗り越えて再び実績を残した選手に贈られるカムバック選手賞を受賞した。

 大竹は右肩痛のためここ2年間はわずか9試合の登板だったが、今季は開幕から先発ローテ入りしてフル回転。
前田健、野村とともに3本柱として投手陣をけん引し、11勝5敗と自己最多勝利を更新する活躍を見せ、これが評価された。

2008年に阪神の平野が受賞して以後、昨年まで該当者なしが続いた。
球界では久しぶりの栄冠に輝いた大竹は「いろんな方の支えのおかげで、この1年間投げ抜くことが出来ました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
マウンドでまたボールが投げられる喜びをかみしめながら投げました」と喜びを爆発させた。

今季に懸ける思いは強かった。春季キャンプからは肩の状態や練習内容などを記した野球ノートを毎日書くことを始めた。
今まではすぐにやめていたが、シーズン最後まで“完走”。自分の体のために人一倍、気を使ったことが結果につながった。

また、オフに結婚した杏里夫人の支えも大きかった。「食事面などでサポートしてもらったので力になった。
バランスよく考えてやってくれている。家でリラックスしている時間も増えた」と充実した
生活を送ることでより一層、野球に集中することができた。

来季は12年目を迎える大竹。「来年は自分自身もさらにレベルアップして、優勝目指して頑張りたいと思います」と
悲願のリーグ制覇へさらなる進化で赤ヘル投手陣を支えていく。

2012年10月10日 東京スポーツ掲載
大竹寛 22期 現:広島
大竹にカムバック賞!08年以来
広島大竹寛投手が9日、カムバック賞を受賞した。
球界では08年の平野(阪神)以来の受賞で、球団では02年前田智以来、10年ぶり5人目。
「いろんな方の支えのおかげで、この1年間投げ抜くことが出来ました。
マウンドでまたボールが投げられる喜びをかみしめながら投げました。
来年は自分自身もさらにレベルアップして優勝目指して頑張りたいと思います」と喜んだ。
右肩痛などから復活した今季は、ローテーションを守り自己最多の11勝を挙げ、自己最高の防御率2.36をマークした。

2012年10月9日 日刊スポーツ ネット配信
フェニックスリーグ
10月9日
坂元弥太郎 21期 現:埼玉西武
対四国アイランドリーグ選抜戦
4番手登板

四国アイランド
LIONS
【四】岩根、木幡、井川−山城、屋宜
【L】中ア、前川、松下、坂元、田中−中田
▼本塁打 駒月(L)
大竹寛 22期 現:広島
10月5日
1軍出場選手登録抹消
大竹寛 22期 現:広島
大竹投球回クリアも12勝ならず
広島大竹寛投手が、今季最後の登板で結果を残せずに5敗目を喫した。6回に連打を浴びて、5回1/3を4失点で降板した。
「勝って終わりたかった」と悔しさをあらわにした。この試合で3年ぶりに規定投球回をクリア。
「先発として最低限のイニングを投げられたのは良かった」と自身に及第点を与えた。
自己最多の11勝を挙げたことで、来季以降の自信につながりそうだ。

2012年10月4日 日刊スポーツ ネット配信


大竹、12勝目成らず…規定投球回は3季ぶりに到達も
広島の大竹は6回途中4失点。「絶対に達成したい」と意気込んでいた規定投球回は3季ぶりにクリアしたが、
約1カ月ぶりの12勝目は成らなかった。

本来の球威を欠き、ピンチで粘れなかった。故障からの復活を印象付けた今季、最後とみられる登板で有終の美は飾れなかった。

2012年10月4日 スポーツニッポン ネット配信
10月4日
大竹寛 22期 現:広島
対東京ヤクルト戦 先発登板

SWALLOWS
CARP
【S】○村中、松岡、増渕、Sバーネット−中村
【C】●大竹、江草、福井−石原

★大竹寛 投球結果
24試合11勝5敗0S
5 1/3イニング 打者23 球数83 被安打7 奪三振4
与四死球0 失点4 自責点4 防御率2.36

打席結果
2打数 1安打 打点0 打率.139
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 10月4日
広島 18:00
大竹寛×S村中恭兵
9月25日
大竹寛 22期 現:広島
対読売戦 先発登板

GIANTS
CARP
【G】○宮國、S西村−阿部、實松
【C】●大竹、河内、今村−石原、倉
▼本塁打 大田2号 阿部27号(G)

★大竹寛 投球結果
23試合11勝4敗0S
7 1/3イニング 打者32 球数119 被安打6 奪三振5 与四死球3 失点3 自責点2 防御率2.20

打席結果
3打数 0安打 打点0 打率.118


★石井義人 打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.327

大竹「悔しいボールでした」
広島大竹寛投手が巨人の1発攻勢に泣いた。3回に阿倍の犠飛で先制されると、4回には大田に2号ソロ。
同点に追い付いた直後の8回には、先頭の阿部にカウント3ボール1ストライクから、決勝の27号ソロを浴びた。
大竹は「(阿部には)勝負に行ったんですが、力負けです。(大田には投げミスで)悔しいボールでした」と話し
「勝ちに持っていく投球ができなかった」と、チームの連敗を止められなかったことを悔やんでいた。

2012年9月25日 日刊スポーツ ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 9月25日
広島 18:00
大竹寛×G宮国椋丞
三軍戦
9月22日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対オリックス戦 先発登板

BUFFALOES
HAWKS
【H】南、清水、吉本、嘉弥真−笹沼、飯田、拓也

★南貴樹 投球結果
2 0/3イニング 被安打5 奪三振0 与四死球4 失点8 自責点8
今成亮太 26期 現:阪神
9月23日
1軍出場選手登録
石井義人 17期 現:読売
石井、代打V打!成功率4割5分2厘、 セ記録見えた!
ベン チに向かって、石井は一塁ベース上で右拳を突き上げ た。同点で迎えた7回1死一、二塁。
ソーサの8球目の149キロ直球を、左前にはじき返し、二塁走者の 坂本を迎え入れて勝ち越し。
「ランナーを進めること を、まず第一に考えていた。粘っている中で少しずつ タイミングが合ってきた。
いい場面で結果を出せて良 かったよ」。
当たり前のように、与えられた仕事を やってのけた。

どん底からはい上がった男が、代打として放った今季14本目のヒットで勝負を決めた。
昨年オフに戦力外となった西武でも04、08年にリーグ制覇を経験 した。
「実はオレ、意外に優勝してるんだぜ。また、 こうやって優勝争いの中でプレーできて、いま本当に 楽しいよ」。
今季の代打成功率は、79年に平田薫がつくった球団記録4割を大きく上回る4割5分2厘。
74年に大洋・長崎慶一がマークしたセ・リーグ歴代1位の4割6分9厘に迫る数字だ。
「自分は1度、死んでいる身」。巨人に救われた男が、無類の勝負強さでチームを勝利に導いた。

石井のV打を含め、7回に5連打を浴びせて4得点。藤村が“起点”となった。初回に犠打を決め、その後に2安打。
7回先頭の打席では四球を選び、難攻不落のソーサのリズムを崩した。
左手親指付け根の捻挫から復帰した亀井も、1死満塁から2点打。
阿部に代わってマスクをかぶった実松も、中前安打でダメ押しの9点目を叩き出すなど、伏兵も大活躍。
抜け目な い打線が、優勝を目前とするチームの力だ。

2012年9月19日 スポーツ報知掲載
石井義人 17期 現:読売
石井左前に勝ち越し適時打
◇セ・リーグ 中日5−9巨人(2012年9月18日 ナゴヤD)

巨人石井義人内野手が、勝ち越し適時打を放った。5−5の
7回1死一・二塁の場面で代打で登場。フルカウントからの
8球目を左前にはじき返した。
一塁ベース上でガッツポーズを作った石井は「ランナーを進めることを、
まず第一に考えていました。粘っている中で少しずつタイミングが
合ってきた。良い場面で結果を出せて良かったです」とコメントした。

2012年9月18日 日刊スポーツ ネット配信
9月17日
大竹寛 22期 現:広島
対東京ヤクルト戦 先発登板

SWALLOWS
CARP
【S】ロマン、日高、○押本、山本哲、Sバーネット−中村、新田
【C】大竹、今村、●ミコライオ−石原
▼本塁打 バレンティン28号(S)

★大竹寛 投球結果
22試合11勝3敗0S
7イニング 打者30 球数112 被安打9 奪三振0
与四死球1 失点3 自責点2 防御率2.18

打席結果
1打数 0安打 打点0 打率.129
大竹寛 22期 現:広島
9月17日
1軍出場選手登録
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 9月17日
広島 18:00
大竹寛×Sロマン
三軍戦
9月8日
南貴樹 31期 現:福岡ソフトバンク
対ツネイシ戦 3番手登板

HAWKS 11
ツネイシ
【H】鈴木、三浦、南、清水、柳川、吉本−猪本、拓也

★南貴樹 投球結果
1イニング 被安打1 奪三振0 与四死球1 失点0 自責点0
今成亮太 26期 現:阪神
9月9日
1軍出場選手登録抹消
大竹寛 22期 現:広島
大竹が出場登録外れる
血豆がつぶれた人さし指の治療で
広島の大竹が6日、痛めた右手人さし指の治療のため
出場選手登録を外れた。
先発した5日の中日戦(ナゴヤドーム)で血豆がつぶれ、
8回途中に降板した。
大野投手チーフコーチは「(登板を)1回飛ばして
しっかり治してもらう」と話した。

2012年9月6日 スポーツニッポン ネット配信
大竹寛 22期 現:広島
9月6日
1軍出場選手登録抹消
大竹寛 22期 現:広島
広島大竹 自己最多11勝ナゴヤ連敗止めた
CSも任せろ! 広島大竹寛投手が、チームのナゴヤドーム連敗を10で止めた。
7回1/3で7安打無失点で自己最多の11勝目を挙げた。最後は右手人さし指のマメがつぶれ降板したが、
今季中日戦は3戦3勝で対戦防御率は0・00。
初のCS進出となれば、第1ステージの舞台はナゴヤドームが有力。竜キラーへの期待は高まるばかりだ。

鬼門を突破した。そして、大竹は自分を超えた。チームは10連敗中のナゴヤドームでも、「逆に燃える」と意に介さなかった。
走者を出しながらも勝負どころで安打を許さない。最大のピンチ、2−0の6回2死満塁の場面も、
小田を148キロの直球で空振り三振に仕留めた。
3年ぶりの完封が見えていたが、右手人さし指の血マメがつぶれ7回1/3を7安打無失点でマウンドを譲った。

「(11勝は)通過点です。これからが大事なので、しっかり投げていきたいです」

中日戦は3戦3勝となり、自己最多の11勝目を手に入れたが冷静だった。
初のCS進出を争っており、「僕は10勝させてもらったので、とにかくチームが勝てばいい」と、
個人タイトルよりも心からチームの勝利を願っている。

09年に右肩を痛め、2年間のリハビリ期間で気付かされたことがある。
体に良いとされるものは、何でも取り入れた。ピラティスに、リンパマッサージ、合気道も習った。
酵素風呂と呼ばれる、ヒノキのおがくずと、薬草、野草酵素がブレンドされたヌカの中に体を埋めたこともある。

それでも患部の状態が上向かないときに、復帰を願うファンレターが届き、街を歩いていても「早く戻って来いよ」と声援を送られた。

「意外と自分って、応援されているんだなって。絶対にもう1回投げるまではやめないと思えました」

1軍で登板するどころか、自身の想像を超える大車輪の働きだ。
開幕直後は変化球主体のかわす投球で新境地を見いだしたが、夏場以降は150キロに迫る直球を連発。
復活した剛球に、投球術が加わり進化した姿を見せている。

今の最大の目標は初のCS進出。達成すればナゴヤドームが舞台となることが有力だ。
竜キラーの最高の恩返しは、この先に待っている。

2012年9月6日 日刊スポーツ掲載


「竜キラー」大竹 8回途中無失点で自己最多11勝目
2点リードの8回に右手のマメがつぶれて降板したが、広島・大竹が7回1/3を無失点で自己最多の11勝目を挙げた。

「調子は良くなかったが、粘り強く投げられた」。毎回のように走者を出したが、ピンチでシュートを軸に打たせて取った。
チームの中日戦の連敗を5で止めると同時に、昨季から続いたナゴヤドームでの連敗も10で止めた。
大竹はこれで中日戦は今季3戦3勝、計22回1/3を投げて防御率は0・00。
CSに進めば対戦の可能性の高い相手と球場だけに、もぎとった白星の価値は大きい。

2012年9月6日 スポーツニッポン掲載

大竹、自己最多の11勝目!中日戦連敗5で止めた
広島が中日戦の連敗を5で止めた。大竹が粘り強く投げ、8回途中まで無失点で自己最多の11勝目を挙げた。
打線は4回、堂林の左中間二塁打で2点を奪った。

大竹が8回途中まで無得点に抑えて自己最多の11勝目。背番号17は「調子は良くなかったが、粘り強く投げられた」と頬を緩めた。

毎回のように走者を出したが、ピンチで集中力が光った。
2点リードの8回に右手の豆がつぶれて降板したが、野村監督は「よくゼロで抑えてくれた」と賛辞を惜しまなかった。

チームは中日戦の連敗に加え、昨季から続いたナゴヤドームでの連敗も10で止めた。

2012年9月6日 スポーツ報知掲載

大竹血染め11勝!竜キラーじゃ5連勝
広島・大竹寛投手が人さし指の血マメをつぶしながら、7回1/3を無失点に抑え、自己最多11勝目を挙げた。
中日には今季1点も取られず3戦3勝で、09年から31回1/3イニング連続無失点。
竜キラーがナゴヤドーム連敗を10(2分けを挟む)で止めた。
4位・ヤクルトも勝ち1ゲーム差のままだが、復活右腕が再上昇への勢いを付けた。

“血染め”の112球の熱投で大竹が3位土俵際の鯉を踏みとどまらせた。再三のピンチを身上の粘り腰で耐えた。

初回1死一、二塁はブランコを中飛。井端を空振り三振。2‐0の六回、2死から連打と四球で満塁のピンチを迎えたが、
小田相手に宝刀シュートで追い込むと、最後は外角いっぱいのこの日最速148キロで空振り三振。こぶしを握り吠えた。

七回に人さし指に血マメができたが、気迫でゼロを並べ続けた。「行けると思った」と八回も続投。だがマメが破れた。
先頭に四球、続く井端を三ゴロに打ち取ったところで、「石原さんに気付いてもらった」とストップがかかった。

前回8月30日のヤクルト戦(神宮)で137球を投げてから中5日。7回1/3を7安打を許しながら、ド根性の無失点。
11年目にして自己最多の11勝目(3敗)を手にし「石原さんのリードに助けられた」と感謝した。

中日戦の連敗を5で止め、鬼門ナゴヤドームでの連敗も10で断った。今季は対中日3試合で3勝。
09年から31回1/3連続無失点の竜キラーは「たまたまです」と言うが「(鬼門と言われると)逆に燃える部分ある」。
CS進出の際は、戦いの舞台となる可能性が高いだけに、頼もしい存在となりそうだ。

大野投手チーフコーチは「今年の彼のテーマ通り、粘り強く投げた」と称えた。
大竹も「1人1人ずつの気持ちで打者を打ち取ろうと。僕はヒットは打たれるので、丁寧に投げる、それだけです」と力を込めた。

登板試合以外の日はベンチ裏で、常にヤクルトの勝敗をチェック。新聞でも3、4位のゲーム差を必ず見て気持ちを高めている。

10勝までは自らの復活を証明する意味もあった。「ここからの勝ち星はチームのため」。
悲願のCS出場が、右肩痛で2年間、ほぼ戦力となれなかった男にとっての一番の恩返しになる。

指先の回復が心配ではある。だが「(11勝は)通過点だし、これからが大事」とキッパリ。自身3連勝。
復活右腕・大竹の勢いはまだ加速する。

2012年9月6日 デイリースポーツ掲載
9月5日
大竹寛 22期 現:広島
対中日戦 先発登板
今季11勝目

CARP
DRAGONS
【D】●ソト、ネルソン−小田
【C】○大竹、今村、Sミコライオ−石原

★大竹寛 投球結果
21試合11勝3敗0S
7 1/3イニング 打者37 球数112 被安打7 奪三振5
与四死球4 失点0 自責点0 防御率2.16

打席結果
3打数 0安打 打点0 打率.133
大竹寛 22期 現:広島
予告先発 9月5日
ナゴヤD 18:00
Dソト×
大竹寛
大竹寛 22期 現:広島
大竹3年ぶり鬼門ナゴヤ
広島大竹寛投手が、3年ぶりのナゴヤドームのマウンドに立つ。
3日は名古屋市内のナゴヤ球場室内練習場でブルペン投球などで汗を流し、5日中日戦に向けて調整した。
09年9月3日同戦以来のナゴヤドームで、そのときは9回7安打1失点で完投勝利。
チームは今季1分け4敗と“鬼門”になっているが「あまり気にしない。むしろ、悪いイメージはありません」と力強く語った。

2012年9月3日 日刊スポーツ ネット配信